テクニカル分析指標

サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール

サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
使用する時間足は特に指定はありませんが、5分足だとダマシが多い傾向にあるので15分足以上がオススメです。

サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール

ATR with valuesはローソク足をクリックするとその時のATRの値から、自動で買いと売りの利確と損切りラインを描写してくれます。

Schaff Trend Cycle(シャフトトレンドサイクル)は1990年代に開発された比較的新しいテクニカル指標です。 ストキャスティクスとMACDを組み合わせたオシレーターで、ダマシの少ないストキャスティクスという位置づけです。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、矢印を読み込むオブジェクト型対応の自動売買システムを使うようにして下さい。

Range Expansion Index(REI)はトム・デマークによって開発されたオシレーターで、 価格の変化のペースを測定して買われすぎ/売られすぎの状態をサブチャートに表示します。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール 指標の値は、-100から+100まで変化し、デフォルトでは8期間と短めに設定されていますが、RSIやストキャスティクスよりもダマシが少ないテクニカル指標です。

[jin_icon_checkcircle color="#e9546b" size="18px"]サインの出る回数 少

スキャルピングに向いている高速モードと通常のデイトレ向きのノーマルモードを実装したサインツールです。 通貨の強弱を色で教えてくれて、通貨の切り替えもクリックひとつでできる機能も実装されています。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

macd trailing stop vはMACDのヒストグラムの切替時にエントリーサインを出し、同時にトレイリングストップのラインも表示してくれるインジケーターです。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、トレイリングストップを活かすには裁量トレードをすることになります。

海外フォーラムで一時期バズったインジケーターです。 ATR、RSX、およびMACD、ボリンジャーバンド、移動平均線をロジックに取り入れています。 左上の黄色い表示パネルには常に指示がでていますのでエントリーに迷うことはありません。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

こちらは海外有料EAのInfinite Storm EAです。ロジックは公開されていませんが、パラメータが最適化された.setファイルが付いてきます。 1時間足での取引が推奨されているEAです。

[jin_icon_checkcircle color="#e9546b" size="18px"]サインの出る回数 多

[chat face="kame.png" サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール name="亀吉" align="left" border="gray" b

[jin_icon_checkcircle color="#e9546b" size="18px"]サインの出る回数 少

こちらは、スキャルピング用のEAにグリッドトレードを合わせたEAです。 事前に長期足のフィボナッチやエリオットで相場の方向を慎重に読むことが推奨されていますが、このEAは海外フォーラムで一時爆益報告が頻出した有料EAです。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール グリッドトレードなので損失も大きいですがリターンはそれ以上で、長期の方向の見極めさえできればとても優秀なEAです。

2本のEMAが作るバンドを短期のEMAがクロスしたら抜いた方向にエントリーサインが出る順張り系のサインツールです。 バンド内の色は上昇トレンドが緑、下降トレンドが赤でトレンド判断もわかりやすくなっています。 自動売買で拾えるサインがでますが、バッファ型ではないのでアラートで拾うか、オブジェクトで拾うタイプの売買ツールを使って下さい。

Pair Buttonsを適用すると通貨ペアと時間の一覧が表示され、ワンボタンで切り替えができるようになります。 スキャルピングでマメに通貨を切り替える必要がある場合におすすめです。

[jin_icon_checkcircle color="#e9546b" サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール size="18px"]サインなし [ji

フィボナッチをベースに未来の価格パターンを予測して描写してくれる『Secret Angle Method』という手法をサポートするインジケーターです。 利用方法については英語版ですがこちらから読むことが出来ます。

古典的なドテン手法であるドンチャンチャンネルを利用したインジケーターです。 タートルズが使った手法として有名になりましたが、当時のものにATRや移動平均リボンを加えて現代用にアレンジしています。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。インデックスがハイ92、ロー93という結構トンデモナイ値ですが。

Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジにラインを自動で引いてくれるインジケーターです。 マレーチャンネルは64期間のなかで高値と安値をとり、その中で価格を8つに分割して表示します。そして区切ったそれぞれの場所によって今後の価格の動きを予測します。

Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジラインを教えてくれるインジケーターです。 デフォルトでは64期間のなかで高値と安値をとり、高値から安値までの価格を8つに分割して表示します。 マレーチャネルは1/8に区切ったそれぞれの価格が抵抗帯として機能するという前提で取引を行います。

『Not So Squeezy』は海外で実際に販売されていた取引戦略に必要なインジケータのセットです。 インジケータの詳細な説明は、ダウンロードしたファイルの取扱説明書(英語)に記載されています。

ケルトナーチャネルは、3本の独立したラインで構成されるテクニカル指標です。 移動平均線と、その上下2本のチャネルラインで構成されており、チャネルラインの計算にはATRが用いられています。 1960年代にケルトナー氏によって発表され、1980年代に広まったボリンジャーバンドよりも歴史のあるインジケーターです。

Alan Hull氏が考案したハル移動平均線(Hull Moving Average)を使用したインジケーターです。 移動平均線はトレンド方向ごとに色が変わり、色が変わった箇所から水平線が横に伸びる仕様です。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

当日0時からの高値安値にバンドが引かれ、バンド内にフィボナッチを自動で引いてくれるインジケーターです。 高値安値が更新されるとフィボナッチは更新されていきます。 表示のONOFFはチャート左上のボタンで切り替えられます。

Zigzagの波に対してフィボナッチを自動であててくれるインジケーターです。 デフォルトでは1つのフィボナッチだけですが、設定すれば過去3つ分の波まで逆上って表示することができるようになります。 右下に表示のONOFFボタンもあります。

「ブログリーダー」を活用して、 kamekichiさん をフォローしませんか?

MT4・MT5インジケーター倉庫

にほんブログ村 カテゴリー一覧

ユーザの記事画像

watch_later ユーザの過去記事

フィボナッチをベースに未来の価格パターンを予測して描写してくれる『Secret Angle Method』という手法をサポートするインジケーターです。 利用方法については英語版ですがこちらから読むことが出来ます。

古典的なドテン手法であるドンチャンチャンネルを利用したインジケーターです。 タートルズが使った手法として有名になりましたが、当時のものにATRや移動平均リボンを加えて現代用にアレンジしています。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。インデックスがハイ92、ロー93という結構トンデモナイ値ですが。

Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジにラインを自動で引いてくれるインジケーターです。 マレーチャンネルは64期間のなかで高値と安値をとり、その中で価格を8つに分割して表示します。そして区切ったそれぞれの場所によって今後の価格の動きを予測します。

Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジラインを教えてくれるインジケーターです。 デフォルトでは64期間のなかで高値と安値をとり、高値から安値までの価格を8つに分割して表示します。 マレーチャネルは1/8に区切ったそれぞれの価格が抵抗帯として機能するという前提で取引を行います。

『Not So Squeezy』は海外で実際に販売されていた取引戦略に必要なインジケータのセットです。 インジケータの詳細な説明は、ダウンロードしたファイルの取扱説明書(英語)に記載されています。

トレンド発生サインツール「T3 vhf adaptive – Itrend」

T3 vhf adaptive - Itrend

さっそくチャートにインストールした画像が下記になります↓

T3 vhf adaptive – Itrendの特徴

矢印表示条件

サブチャートでは買いの勢いが強くなれば、青のヒストグラムがゼロラインよりも上にあり、逆に売り圧力が高くなれば赤のヒストグラムがゼロラインよりも上にあります。さらに 黄色点線よりもヒストグラムが上にあれば、方向性が高くなりメインチャートで相場の方向に対しての矢印が表示されます。

15分足チャート

使用する時間足は特に指定はありませんが、5分足だとダマシが多い傾向にあるので15分足以上がオススメです。

T3 vhf adaptive – Itrendの設定

パラメーター設定

メインチャートに矢印を表示するにはパラメーター設定で下記の項目を変更します↓

シンボルユーズ

下記の項目で他通貨のT3 vhf adaptive – Itrendをサブチャートを表示することができます。たとえば、ポンドドルでドル円の「T3 vhf adaptive – Itrend」を表示するには、下記の項目に直接通貨名「USDJPY」などMT4に表示されているチャート名を記入します。

シンボルユーズチャート

メインチャートがポンドドルの15分足でサブチャートがドル円の「T3 vhf adaptive – Itrend」を表示した状態です↓

T3 vhf adaptive – Itrendの組み合わせ

T3 vhf adaptive – Itrend単体でトレードするとレンジ状況ではダマシが多くなります。

MACDとの組み合わせ

そこでオシレーター系を組み合わせることがオススメです。
オシレーターであれば何でもいいのですが、ここはMACDとの組み合わせを見ていきます。

MACDでダマシを回避

単純にMACDのゼロラインより上でないと上昇矢印が出てもエントリーしないという条件を組み合わせると・・・

MACDのゼロラインより上であれば、T3 vhf adaptive – Itrendの矢印が点灯するタイミングで追加ポジションを取ることも可能です。また、この時 ボリンジャーバンドの角度やエクスパンションなどの状態も確認するとより確実に近くなります。

T3 vhf adaptive – Itrendのまとめ

Adxをベースにしたインジケーターは トレンド発生を検知するには最適 です。

ただし、 単体での使用は危険性が高いので今回紹介したMACDなど、トレンド系以外のオシレーター系との組み合わせがオススメ です。今回はMACDをフィルターとして使っていますが、その他にもRCIやRSI、CCI、パラボリックなどとの組み合わせ相性がいいと思います。

パラメーターの数値は使用する時間足によって変更すると絶妙なタイミングでエントリーすることも可能で、T3 vhf adaptive – Itrendをトレード根拠の一つとして使用することをオススメします。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

インディケータ・ツール

福寄儀寛氏が利用している3段オシレーターを表示したレンジ相場で利用するテクニカルチャートです。
表示するには以下の3つのインディケータも必要です。詳細をご確認ください。
・ FXTF-Fukuyori_SpearmanRankCorr.ex4(インディケータ)
・FXTF-Fukuyori_gaitame_Stochastic20tape .ex4(インディケータ)
・FXTF-Fukuyori_Bollinger Bands.ex4(インディケータ)

福寄儀寛氏が利用している5SMA(単純移動平均線の5本足)と20SMA(単純移動平均線の20本足)を表示したシンプルなテクニカルチャートです。トレンド相場にとくにおすすめです。こだわりの配色で見やすいチャートです。

GMMAチャートは6本ずつの移動平均線(EMA)で長期の投資家を鯨、短期の投機家を鰯にたとえ、6パターンのトレンドフォローの売買シグナルを視覚的に示すことができるテクニカルチャートです。(陳満咲杜氏監修)

「ひろぴー式MT4チャート」は、複数の移動平均線とRCIを組み合わせたトレーダー・ひろぴー氏オリジナルのチャート設定です。

ボリ平ドラゴン式チャートとは、ボリンジャーバンド、平均足、ドラゴン(一目均衡表の遅行スパン)の3つのテクニカル分析ツールを組み合わせた、トレーダー・ボリ平氏オリジナルのチャートテンプレートです。定型チャートを使うと簡単にチャートに表示することができます。

プライスアクションのサインをチャートに表示できるインディケータです。(陳満咲杜氏監修)

その他ツール

FXTF MT4では、遅行スパン・先行スパンの表示位置を修正した一目均衡表(FXTF Ichimoku)を初期設定から利用できます。定型チャート(FXTF Ichimoku)を使うと簡単にチャートに表示することができるのでおすすめです。

「FXTF Quick Buy」「FXTF Quick Sell」で発注するロット数(Lot)を事前に設定します。
※ こちらのスクリプトはロット数を設定するスクリプトであり、変更後のロット数の確認はできません。常にパラメーターの入力のLotの値は1.0と表示されます。例えば、2.0に設定しOKをクリックし、もう一度「FXTF_Default_Amount」を表示した際も値の表示は1.0の状態です。発注した際のロット数は2.0でOKをクリックしていれば、2.サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール 0での発注となりますが、もう一度「FXTF_Default_Amount」を表示し、1.0の値を見てOKを押してしまうと、ロット数1.0で設定されますのでご注意ください。
※スクリプト取引手数料がかかります。
詳細はFAQをご参照ください。

チャート操作ツール

チャートグループ
FXTF – Chart Group

情報表示ツール

MT4にHPやマニュアルのリンクを表示するインディケータです。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
※ダウンロードしたファイルはデータフォルダ内に格納してください。
・「FXTF_SupportToolPack.dll」
MQL4>Librariesに格納
・「FXTF_terminal_info.ex4」
MQL4>Indicatorsフォルダに格納

インディケータ

インディケータを追加する方法

FXTF MT4 PCインストール版を起動して「ファイル」>「データフォルダを開く」>「MQL4」>「Indicators」フォルダに、1.で保存した「○○○.ex4」ファイルをコピー&ペーストして格納します。
※「○○○.zip」ファイルの場合、zipファイルを解凍して、「○○○.ex4」ファイルを格納します。

定型チャート

定型チャートをチャートに表示する方法

定型チャートを追加する方法

FXTF MT4 PCインストール版を起動して「ファイル」>「データフォルダを開く」>「templates」フォルダに、1.で保存した「○○○.tpl」ファイルをコピー&ペーストして格納すると定型チャートに反映されます。
※「○○○.zip」ファイルの場合、zipファイルを解凍して、「○○○.tpl」ファイルを格納します。

EA(自動売買)

EA(自動売買)の適用方法

スクリプト

スクリプトの適用方法

スクリプトを追加する方法

FXTF MT4 PCインストール版を起動して「ファイル」>「データフォルダを開く」>「MQL4」>「Scripts」フォルダに、1.で保存した「○○○.ex4」ファイルをコピー&ペーストして格納します。

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール 日本投資顧問業協会 加入

オリジナルMT4インジケーター99個を無料ダウンロードできます!

MT4オリジナルインジケーター

【keys_ZigZag_break.ex4】
新ZigZagインジケーター
従来のZigZagのブレイクアウトから新しいZigZagへ。ブレイクアウトではアラートできます。フィボナッチ分析も可能にしました。 【keys_ZigZag_DowT.ex4】
ダウ理論を意識した押し安値/戻り高値インジケーター
ZigZagから押し安値/戻り高値を自動判定。トレンドを認識できます。 【ZigZag_RCI.ex4】
RCIをベースとしたZigZagインジケーター
RCIから高値と安値を出し、ZigZag化。さらにそのZigZagをブレイクしたかどうかに注目。 【keys_MACD.ex4】
ダイバージェンスやボリンジャーバンドの要素も入ったMACD
MACDはトレンドフォローとしても使えますし、逆張りでも使えそうです。手法も公開してます。 【keys_MACD_alert.ex4】
MACDに買い/売りシグナル表示
MACDとシグナル、2本線のクロスをサインとしてます。 【keys_ichimoku.ex4】
一目均衡表(三役好転など)
一目均衡表で出してほしいサインを全て出します。アラート付きです。今後は雲にも注目!? 【keys_Heiken_Ashi.ex4】
ロウソク足と平均足を切り替えるインジケーター
平均足はロウソク足と重なってしまうので、キーボードのショートカットキーで切り替えるインジケーターです。サクサク切り替わります。 【MTF_Heikin_Ashi_Smoothed_Bar.ex4】
平均足スムーズド(マルチタイムフレーム)
平均足の特徴を活かしつつ、さらに平滑化してダマシを除去。サブウィンドウ表示にして見やすくしています。 【Sakata_Gohou.mq4】
酒田五法(FXキーストンオリジナル)
三兵と三法のパターンをサイン化。包み足も分かりやすく表示。アラートでエントリータイミングも逃しません。 【MTF_GMMA.ex4】
GMMAパーフェクトオーダー
長期と短期合わせて12本のEMAを使った分析方法。大きなトレンドを把握するのに適しています。マルチタイムフレーム対応。 【keys_envelopes.ex4】
MT4エンベロープ(オリジナル機能付き)
移動平均線から一定幅の帯状にラインが引かれるインジ。標準のものを表示できますが、計算された独自の幅も可能。 【keys_ma.ex4】
移動平均線(タッチでアラート機能付き)
一般的な移動平均線にいろいろ機能が追加されてます。今後もご要望により改良を重ねます。 【keys_ma_cross.ex4】
2本の移動平均線MT4インジケーター!
ゴールデンクロスとデッドクロスでアラート。MACDの考えも入ってます。 【keys_DSMA.ex4】等
特殊な移動平均線特集
DSMA, GDEMA, HMA, ワイルダーMA, REMA, EPMA, MoMA, TTTのインジケーターを公開。 【MTF_MA_now.ex4】
右に少しだけ表示したインジケーター
今の移動平均線だけ分かればいいというときに使えるかと思います。 【Price_Action_PinBar.ex4】
プライスアクションのピンバーに特化したインジ(オリジナルサイン、アラート機能付き)
これでピンバーマスターに!?バイナリーオプションでも使ってください。 【price_action_ioi.mq4】
プライスアクションのioiパターンに特化したインジ(検証・アラート機能付き)
包み線とはらみ線が同時に出現したときがチャンス! 【keys_Thrust_Up_Down.ex4】
スラストアップとスラストダウンでレジスタンスとサポートを出すインジ
レジスタンスとサポートのブレイクで矢印が出ます。 【keys_NR7.ex4】
NR7を使った新非時系列チャート
NR7の特性をうまく利用し、高値と安値の判定など多様な使い方ができます。 【keys_Pivot.ex4】
FXキーストンオリジナルピボットインジケーター
日足、週足、月足だけでなく、1時間足のピボットなども表示可能。新しくR4やS4も設定。それぞれアラート、プッシュ通知、メール通知も可。 【keys_Pivot_now.ex4】
右に少しだけ表示するピボットインジケーター
シンプルに右だけ表示します。 【keys_Fibo_Pivot.ex4】
フィボナッチピボットインジケーター
日足、週足、月足のフィボナッチピボットも表示可能。フィボナッチ数も変更できます。それぞれアラート付き。 【keys_BBands_alert.ex4】
7つ+秘密手法を搭載したボリンジャーバンド
オリジナルの未公開手法も搭載したボリンジャーバンド。アラートで逃しません。 【keys_Bollinger_Bands.ex4】
FXキーストンオリジナルボリンジャーバンドインジケーター
ボリンジャーバンドにダウ理論を加え、サインを出すインジケーターに。アラートで知らせてくれます。 【keys_Bollinger_Label.ex4】
ボリンジャーバンドの状態を表示
上位足や下位足、通貨ペアの変更も可能。現在の状態を右隅に表示します。 【keys_MTF_BB_now.ex4】
MTFボリンジャーバンドを右だけに表示
フィボナッチも表示されます。パラメーターの設定で変更可能です。 【MTF_PerfectOrder_MA.ex4】
FXキーストンオリジナルMTFパーフェクトオーダーインジケーター
3本の移動平均線が揃ったときに矢印とアラート。しかもマルチタイムフレーム。さらに上位時間足だけを3つまで表示するバーのインジケーターも公開。 【PerfectOrder_Label.ex4】
パーフェクトオーダーをラベルで表示するインジケーター
現在の相場状況も一目で分かります。マルチタイムフレーム、他通貨ペアに対応。 【keys_ADX.ex4】
ADXでトレンドを把握し、MDIで方向を。
シンプルにサインだけを出すインジケーター。使い方次第では最強のインジケーターか? 【keys_Parabolic_SAR.ex4】
パラボリックから高値と安値を導き出し、Zigzagのインジケーターに。
ストップとリミットをどうしようかお考えの方に使ってみてほしいインジケーターです。 【keys_kagi.ex4】
昔から愛されるカギ足をインジケーターに
基本的なサインも追加しました。世界中で有名な「Kagi Chart」を使ってみましょう! 【keys_single_penetration.ex4】
ディナポリ手法をインジケーターに
押し目買い/戻り売りを狙い、損切りも明確です。DMAをボリンジャーバンドに替えることも可能。アラート付きです。 【keys_double_repo.ex4】
ディナポリのダブルレポをアレンジしたインジケーター サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
シンプルに分かりやすくしてみました。エントリーと損切りは明確に。アラート付きです。 【keys_tick_chart.ex4】
70ティックチャートを表示するインジケーター
「FXスキャルピング」(ボブボルマン著)の70ティックチャートを表示できます。 【keys_tick.ex4】
新ティックチャートインジケーター
今までのティックチャートとは違うテクニカル分析を使ったティックチャートです。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール 【keys_Fair_Value_Gap.ex4】
フェア・バリュー・ギャップのインジケーター
フェア・バリュー・ギャップ(FVG)からレジスタンスとサポートを導きだしました。 【keys_Trading_Stop.ex4】
平均足からできたトレーリングストップのようなインジ
平均足から作ってみたインジです。使えるのかどうか試してみてください。

テクニカル分析(オシレーター)

【keys_RSI.ex4】
アラート付きRSIインジケーター
RSIをオシレーターの逆張りとは考えず、押し目買いや戻り売りを意識し、サインを出します。 【keys_RSI3.ex4】
RSIインジケーター3
RSIに4つの手法を追加。ダイバージェンスのサインも出します。アラートもメール、プッシュ通知対応。 【keys_RCI.mq4】
アラート付きRCIインジケーター
RCIの過熱感をアラート。上昇と下降を色わけしてみました。 【keys_RCI2.ex4】
RCIのダイバージェンス/ヒドゥンダイバージェンスを表示するインジケーター
ダイバージェンスが発生したら矢印で表示。アラート機能付きです。 【keys_RCI3.ex4】
短期、中期、長期の3本のRCIの状態からサインを出すインジケーター
5つ以上の状態から選ぶことができます。アラート機能付き。 【keys_RCI4.ex4】
短期、中期、長期の3本のRCIの状態をバーで見るインジケーター
同じ向きになっているか分かりやすいです。アラート機能付き。 【keys_RCI5.ex4】
RCIの状態を矢印で見るインジケーター
RCI自体は表示させません。上下の矢印とアラートのみです。 【MTF_Indicator_Bar.ex4】
MT4マルチタイム・インジケーター・バー
MACD, ADX, CCI, RSI, 一目均衡表, ストキャスティクス, パラボリック, 平均足, ボリンジャーバンドに対応してます。1時間足チャートに日足のインジを表示することも可能です。 【keys_kairi.ex4】
移動平均線乖離率インジケーター
自動で乖離値境界を計算。チャート上に矢印も表示し、アラートで知らせてくれます。 【keys_stochastic.ex4】
新ストキャスティクスインジケーター
レンジで機能するストキャスティクス。アラート付きです。 【keys_CCI3.ex4】
CCI3インジケーター
CCIに4つの手法を追加。ダイバージェンスのサインも出します。アラートもメール、プッシュ通知対応。 【keys_Momentum.ex4】
モメンタムインジケーター
モメンタムを使った2つの手法からサインを出します。アラート機能付き。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール 【keys_ROC3.ex4】
ROC3インジケーター
8つの手法を検証するために作られたROCインジケーター。はたして結果は? 【keys_WPR3.ex4】
WPR3インジケーター
アンケートに書いてあったご要望に応えてみました。ウィリアムズ%Rのインジケーターです。 【keys_MFI3.ex4】
MFI3インジケーター
fxnav_RSI3のMFI版です。シグナルとのクロスでアラート等、密かにお薦めのインジケーターです。 【keys_TSI.ex4】
TSIインジケーター
モメンタムの改良版。買われ過ぎ、売られ過ぎのところでサインを出します。

チャート分析補助

【Elliott_zigzag.ex4】
エリオット波動MT4インジケーター
ZigZagをベースにしたエリオット波動インジ。今後も改良を加えます。 【keys_elliott_counts.ex4】
簡単にエリオット波動を描くインジケーター
メタトレーダー上でエリオット波動を描くのは一苦労。このインジを使えばキーボードを押すだけで数字とラインを引くことが可能です。 【keys_Channel_alert.ex4】
平行チャネルにアラートを付けるMT4インジケーター
トレンドのとき、そしてレンジ相場のときにも使う平行チャネル。簡単にアラートを追加します。 【keys_fibo_alert.ex4】
フィボナッチにアラートを付けるMT4インジケーター
フィボナッチを使っている方は必須のインジケーターです。価格ラベル付きです。 【keys_expansion_alert.ex4】
フィボナッチ・エクスパンションにアラートを付けるMT4インジケーター
エリオット波動分析で使われるエクスパンションにアラートを付けるインジケーター。リトレースメントとご一緒にいかがでしょうか。 【keys_fan_alert.ex4】
フィボナッチ・ファンにアラートを付けるMT4インジケーター
トレンドが発生したときに使いたいフィボナッチ・ファンにアラートを付けるインジケーター。 【keys_Strong_Weak.ex4】
NYタイムの強弱が分かるMT4インジケーター
指定した時間帯の通貨の強弱が分かります。NY時間に限らずロンドンや東京、オセアニア時間の最強通貨と最弱通貨も分かります。 【Miraiyosoku_Navi.ex4】
未来予測型MT4インジケーター
過去のチャートパターンを検出して未来の値動きを予測。すべての通貨ペア、足種に対応しています。 【SynchroChart_Line.mq4】
シンクロチャート
チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。 【keys_scalping_sign.ex4】
スキャルピング用インジケーター
超短期売買で勝負!ストップ位置とエントリー矢印だけのシンプルなインジ。 【Swing_Point_View.ex4】
スイングポイントビュー
ダウ理論でトレード!高値と安値をどこにするのかをインジケーターの判断に任せます。 【keys_ADX2.ex4】
ADXでレンジを特定
14期間のADXで14本連続で20以下ならレンジとしました。(デフォルト設定) 【keys_HLM_Line.ex4】
1日の最高値と最安値、中間値を知る!
1日の値動きが分かります。 【keys_volume.ex4】
出来高(ティック数)に注目!
個人的には注目しているティック数。アラート付きは便利かと思います。 【Line_switch.ex4】
ラインスイッチ
水平線、垂直線、トレンドライン、その他のオブジェクトもボタン一つで表示/非表示できます。 【keys_bar_counts.ex4】
FXキーストン・バーカウント
ローソク足の数を数えます。 【Pips_Ruler.ex4】
ピップ数定規
現在の価格から何ピップス離した価格位置を表示。損切りや利確、リスクリワードを考えるときに。 【keys_Rectangle_info.ex4】
長方形内のpipsが分かるインジケーター
長方形を表示するだけで簡単に表示されます。ティック数や価格、時刻、ロウソク足の本数も表示。 【keys_Japan_Time.ex4】
日本時間を表示するインジケーター
タイムフレームに合った日本時間を表示します。 【ForexExchange_JPN_Time.ex4】
日本時間を表示するインジケーター
FOREX EXCHANGE専用インジケーター。日本時間を表示します。 【keys_world_clock.ex4】
市場の時刻を表示するインジケーター
初期設定では東京、ロンドン、ニューヨークの時刻を表示します。 【TrendLine_Alert.ex4】【fxnav_AlertLine.ex4】
トレンドライン・水平線にタッチでアラート
ラインをブレイクしたときにアラート。メール、プッシュ通知にも対応しています。 【indi_on_off.ex4】
チャートのインジケーターを一時的に非表示にします!
ローソク足をきちんと見たいときに。 【all_charts_change.ex4】
時間軸/通貨ペアを変えると全てのチャートに反映!
これは非常に便利です。試してみてください。 【keys_palette.ex4】
水平線、トレンドラインなどのオブジェクトの色を変更するインジケーター
ワンクリックで色を変えることができます。 【keys_ClickScreenShot.ex4】
ワンクリックでチャート画像をデスクトップに保存するインジケーター
ファイル名は自動的に付けられます。 【keys_Chart_Shift.ex4】
[Tab]キーでチャートを切り替えるインジケーター
チャートの切り替えをキーボード操作に。 【keys_TimePair_Change.ex4】
[↑][↓]で通貨ペア、[←][→]でタイムフレーム(時間軸)を変更するインジケーター
思いのままにチャート変更できます。 【keys_select_all.ex4】【keys_deselect.ex4】
チャート上のオブジェクトを全選択/全解除するスクリプト
ショートカット設定(ナビゲーターショートカット)を使うと便利です。 【all_charts_set.ex4】
全てのチャートを同じチャート設定にするスクリプト
アンケートのご要望にお応えしました。一度使ってみてください。 【keys_Price_Label.ex4】
通貨ペア(銘柄)と価格を表示するインジケーター
価格の色は現在のローソク足の状態を表しています。 【gaitame_economic_indicator.ex4】
過去の経済指標が分かるインジケーター
キーボードを押すだけで過去にあった経済指標が分かります。 【keys_hot_corners.ex4】
マウスを動かし、MT4を操作するインジケーター
上、下、左にマウスを移動させるとチャートが整理されたり、ターミナルやナビゲーターが表示されたりします。 【keys_Crosshair.ex4】
十字カーソルを同期させるインジケーター
十字カーソルと同じ価格と時刻を表示します。

FX業者のツールをアシストするインジケーター

【EA_stopper.ex4】
EAを自動停止するインジケーター
ある価格を超えると動かしているEAが止まるインジケーター。 【EA_history_plot.mq4】
Victory EAをアシスト
MT4で売買されたデータをチャート上で表示するためのインジ。 【OANDA_OpenOrder_Assistant.ex4】
オアンダ・オープンオーダーをアシスト
ポジションがどれぐらいの大きさなのか、具体的な数値で比較するなら必要。 【keys_Entry_EA.ex4】
FXキーストン・エントリーEA
表示している通貨ペアのエントリー、持っているポジション、トレード履歴がこれ一つでOK。

バイナリーオプション分析補助

【Binary_Navi.ex4】
国内業者の判定時間を知らせるインジケーター
購入の締め切り、判定時刻など分かりやすく表記。アラートで知らせてくれます。 【Binary_Assistant.ex4】
バイナリーオプション用インジケーター
2時間の間はこの価格を超えないだろうというラインを自動的に引きます。 【vertical_clock.mq4】
2時間ごとにアラートを鳴らすMT4インジケーター
2時間ごとの縦線を自動的に引き、時間が来ればアラートが鳴ります。 【keys_binary_scalping.ex4】
バイナリーオプション&スキャルピング用インジケーター
スキャルピングのポイントとバイナリーを意識した2時間分のラインを引きます。 【keys_10pips.ex4】
10ピップスの価格変動でアラートするインジケーター
数値の変更はもちろん、相場に合わせて自動的に数値を算出。どこから10ピップスか決められます。 【keys_vertical_timer.ex4】
垂直ラインに到達するとアラートするインジケーター
時間になったらアラートを出せます。視覚的に分かりやすいかと思います。

FX「投資商材」徹底分析 利益に変わるブログ

取引チャート紹介,本当に価値のある投資,利用目的とは何か?FX「投資商材」徹底分析 利益に変わるブログではFXやバイナリーオプションなどのツールの比較,分析と商材についての投資手法や評判,実践,検証など利益に変わる情報を徹底分析しブログで配信いたします。

サイト内の商材と手法を検索

サイトコンセプトと検証内容

ブログの管理人プロフィール

利益に変わるブログ管理人

投資商材ブログを分類

ブログの役割をレポート配信

無料レポート

feedlyで更新ブログを閲覧

バイナリーのバンドウォークと回避をSBAサインツールで検証

バンドウォーク回避を狙うトレンドとは

平均足の色の転換ポイントで

エントリーすると 逆張り手法 転換点が

面白いように 狙い撃ち出来るようになります。

SBAサインツールバナー2

SBAサインツールは 逆張りで実践を 行う

バインリーオプション専用の

バンドウォーク回避インジケーターです。

SBAツールは逆張りで転換点を狙いますが

ルールに従いエントリーを行います。

「突然サイン表示・不安定な点灯」

といった 場面が無く回避され

ゆっくり エントリー準備を 行うので

慌てる 必要がなくなりました。

サインが出たらエントリーを行いますが

補助ツールとしても使えます。

相場の方向”トレンド”の確認ですが

トレンドの方向に 上手く乗り エントリーすると

安定したトレードを行えます。

SBAサインツールでトレンドの方向を確認

※インジケーターで表示されたSBA指標でバンドウォークを回避する

バイナリーでは終了5分前まで購入ができ、

購入した時点のレートに 対して終了時のレートが

上か下かで勝敗が決まるのがメリットです。

ボリンジャーバンドを指標にする場合

トレンドが「上昇」「下降」「レンジ」の

どれになっているのか推測 するには、

バンドの傾き方で判断できます。

SBAサインツールのポイント

※インジケーターの回避と転換やバンドウォークを説明

SBAのツールは

転換点と トレンドフォローで 押し目・戻り目

同時に狙える手法 およびインジケーターを考案

ビジュアルでサインが判断できるように

なっているところが良い サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール

トレード回数を増やすのではなく、

狙いを澄まして

勝ちやすいポイント 絞り 逆張りを実践できる

バンドウォーク サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール 回避インジケーターです

SBAサインツールのエントリーを動画で説明

SBAツールの逆張りとバンドウォークを説明

※SBAインジケーターの設定で回避方法も違います

SBAサインツールではトレンドの転換点を

3つの指標で 表示する回避インジケーターです。

3つの指標が一致しSBAのルールに合った

相場で エントリーを行います。

SBAツールの逆張りルールを説明する

①1つめのサブウィンドウに表示されている

白玉と赤玉が準備の合図になります。

②それら各玉いずれかが表示を始めストキャスティクスの

二本のラインが”80以上or20以下”でクロスし始めたら準備

③チャートの平均足の色が「白→赤または赤→白」に

変化を始めたら「ここが転換点」と判断しエントリー。

SBAサインツールの3つの確認ポイント

※3つの指標で回避するインジケーターがサインを表示します

サブインジの赤玉・白玉表示にて

トレンド転換の兆しを捉え、

ストキャスクロスの確認で狙い撃ち準備を行い、

平均足上の 大玉♢及び小玉出現、転換でエントリー実行

バンドウォークインジケーターの表示は

平均足とサブ画面の2つの指標で

注文の判断をしていきますが

インジケーターのルールに合致した時点での

エントリーを 心掛け高勝率を維持する

バンドウォークの判断が目標です。

SBAサインツールの矢印サイン

※表示された矢印を補助するというインジケーターです

矢印ひとつでエントリーする「無裁量」ではないので

同時に他の インジケーターも視野に入れながらの

「裁量」判断が求められます。

バンドウォークを回避するための改善策は、

相場のトレンドとインジケーターのローソク足が

どのような動きであるかを確認します。

玉表示→ストキャスクロス→平均足の色の転換

ゆっくりエントリーの準備が出来る所が

SBAツールの大きな特徴です。

バンドウォークを回避しポイントを狙うには

サインでバンドウォークを回避する方法

※SBAサインツールのインジケーターではありません

逆張り手法で5分足転換点狙いで、

1時間の取引チャンスは 平均3~5回以上で

サインが表示されるので

「逆張り」と「順張り」の判断や

レンジ・トレンドの見極めは 環境認識が出来て

始めて正確なエントリーが行えます。

回避し「 相場の転換点 」をピンポイントで示してくれる

矢印インジケーターとノウハウを

実装していて矢印は早すぎず、

遅すぎず勝率の高い逆張りエントリーが可能。

SBAサインツールのロジック

※バンドウォーク回避インジケーターの矢印は逆張りを表示します

SBAインジケーターで表示される矢印は

逆張りにおける一番の敗因は、

サインのみの判断では バンドウォークを

回避できないのです。

起こる原因としてボリンジャーの間隔が狭い相場は

ボラティリティーが低い状況です。

バンドウォークは強烈なトレンド状態であり、

決して逆向きに 折り返すことなく

その方向に突き進んでしまいます。

万能ではないインジケーターを使い

トレード時間が 限られている上に 強トレンド回避では、

エントリーチャンスにはあまり恵まれない

バンドウォークの状況を回避する場合は

負けるリスク を軽減する一方で、

チャンスを自ら 減らす行為とも言えます。

下記の画像をクリックすると SBAサインツール

逆張りインジケーターの特徴バンドウォーク回避 がわかります。

SBAサインツールの内容がわかる画像

無料プレゼント配布、特別情報提供

ただいま、 期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「 投資に対しての有益情報を提供 」などのコメントを

入力し フォームから メールアドレスの登録 をお願いします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる