テクニカル指標

FX口座おすすめ比較ランキング

FX口座おすすめ比較ランキング
よっくんさん|40代後半|男性|製造業|2021.01.06

【初心者向け】FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは?

②少額取引が可能
FXにはレバレッジという最大の特徴があり、個人口座の場合だと最大25倍までレバレッジをかけられます。これは投資するのに本来必要な資金の25分の1の資金で取引ができることを意味しています。たとえば、高金利通貨として近年人気があるメキシコペソ/円の場合、2,400円(1メキシコペソ=6円の場合。6円×10,FX口座おすすめ比較ランキング 000メキシコペソ÷25=2,400円)の少額で取引できます。米ドル/円の場合も、1米ドル=100円の時に10,000米ドルを4万円で取引できます。FX口座を開設して、メキシコペソ/円であれば1万円、米ドル/円であれば10万円ぐらいの金額を入金しておけば、比較的ゆとりを持ったお取引が可能となるでしょう。

③24時間取引できる
平日24時間取引できるのもFXの特徴の一つです。株の売買は通常、9時から11時30分、12時30分から15時までとなっていますが、外国為替は世界中の海外で常に取引されているので、24時間FXを取引することができるのです。また、ほとんどのFX会社が無料でスマホアプリを提供しているので、インターネット環境があればアプリを使っていつでもどこからでも取引が可能になります。

④手数料が無料
多くのFX会社で取引手数料は無料です。もちろん、みんなのFXでも口座開設手数料や取引手数料、ロスカット手数料など、すべて無料です。ただし、FX取引でかかるコストがゼロかと言うとそうではありません。外貨の売値と買値の差をスプレッドと言い、これが実質的な取引コストになります。このスプレッドが狭ければ狭いほど投資家にとってはコスト負担が少ないことを意味しています。各社スプレッドは異なりますので比較をするといいでしょう。なお、みんなのFXはFX業界の中で最も狭い水準のスプレッド(つまり取引コストが安い)をお客さまに提供しています。

FXのリスク

①ロスカットリスク
FXはレバレッジを利用することで、少ない資金で大きな収益を狙えることが魅力の一つですが、レバレッジには注意すべきポイントがあります。それは実際に取引する際のレバレッジ(実効レバレッジ)を高くし過ぎないということです。たとえば、米ドル/円の場合、先述の通り1米ドル=100円の時に10,000米ドルを取引するには4万円が必要です。しかし4万円はあくまで必要最低限の金額であって、もし4万円ちょうどで10,000米ドルを取引した場合、為替相場が予想した値動きに反した方向へ進むと、強制的に損切りされて取引が終了(強制ロスカット)になる恐れがあります。強制ロスカットと聞くとマイナスなイメージを抱く人もいるかもしれませんが、現実には、損失が膨らむ前に取引を自動的に強制終了させる安全装置の役割を果たしています。強制ロスカットは、為替差損の発生によってFX口座の純資産(口座残高+約定評価損益)が減り、純資産額が必要証拠金を割り込むと発生します。(FXが初めての方には難しいかもしれませんが、強制ロスカットの仕組みはしっかりおさえておきたいところです。以下のページにも図解つきの詳しい説明をご用意していますのでご覧ください。)強制ロスカットになる前に、万が一のときの損失額を小さくするために、自分で損失を確定する価格を決めて予約注文(損切の逆指値注文)を入れておくこともできます。

②為替変動リスク
国の通貨の価格は、さまざまな要因で変動します。自分の予想と反する動きになれば損失が発生します。この価格変動による損失のリスクを為替変動リスクと言います。

③金利変動リスク
FXでスワップポイントは、通貨ペアの対象となる国家間の金利差で決まります。取引開始した時点にはスワップポイントがプラスでも、その後、国家間の金利の差が逆転した場合はマイナスとなることもあり、スワップポイントを支払わなければならなくなることもあります。また、金利差縮小や金利の逆転によるスワップポイントの低下が、相場の下落につながることもあります。

④流動性リスク
各国の祝祭日や取引時間帯等によっては通貨の売買が活発ではなくなり、自分が希望している価格で取引が成立しづらくなることがあります。たとえば新興国の通貨の場合は、主要通貨と比べタイミングによっては売買の参加者や取引量が極端に少なくなることがあり、売り手または買い手がいないといった不均衡状況が発生し、円滑な取引が困難になる場合があります。これを流動性リスクと言います。

⑤スリッページリスク
注文時に指定したレートと実際に約定したレートとの間に生じる差をスリッページと言います。為替相場の急変動時には、スリッページが大きく開き、希望の価格と大きく乖離した価格で注文が成立することがあります。これをスリッページリスクと言います。スリッページリスクを回避するためには、約定率の高いFX会社を利用することが賢明です。約定率とは、お客さまが出した注文が、希望の価格通りに成立する確率を表していて、みんなのFXの約定率は99.9%(※)を誇っています。また、みんなのFXには「スリッページ設定」という機能があり、注文価格と約定価格との間の許容限度幅を予め設定することも可能です。スリッページ設定によって、意図しない価格で注文が成立するスリッページリスクをなくすことができます。
※約定率調査結果の詳細は「約定率について」にてご覧いただけます。

初心者向け取引スタイル

\中級者・上級者の取引タイプも確認/

FXで取引できる通貨ペア

基軸通貨と決済通貨

FXの取引では、数ある通貨ペアの中から収益が得られそうなものを選んで売買を行います。そもそも、この通貨ペアとは何を意味しているのか、もう少し詳しく説明をしましょう。
通貨ペアとは、売買する2ヵ国の通貨の組み合わせを意味します。米ドルと日本円の通貨ペアの場合は「米ドル/円」というように、「/」で区切って表記します。左側を「基軸通貨」、右側を「決済通貨」と呼んでいます。
「基軸通貨」とは、「決済通貨」を取引する際の基準として位置づけられている通貨のことです。したがって、1通貨単位の基軸通貨で、どれだけの決済通貨と交換できるのかをレートで示すことになります。仮に米ドル/円であれば、1米ドルを買うのに何円必要なのかという考え方になります。
なお、「米ドルは世界の基軸通貨」と呼ばれていますが、それはグローバルな金融取引において幅広く基準として用いられているからです。

通貨ペアの主な種類

・日本円と組み合わせになっている通貨ペア

米ドル/円
ドル円は世界第2位の取引量を誇る通貨ペアです。流動性が高く、価格は安定しており、スプレッドも狭いといった特徴があります。また、ニュースなどにも取り上げられることが多く、日本人にとって一番馴染み深い通貨ペアと言えるでしょう。

ユーロ/円
欧州連合(EU)で使われている通貨がEUR(ユーロ)です。ユーロは米ドルに次いで取引量が多いため、スプレッドが狭いです。欧州タイムと言われる16時前後からよく動く傾向があります。

ポンド/円
ポンド円は値動きの激しさが人気の通貨ペアになります。ドルやユーロといった主要通貨の中では1ポンドあたりの円価格が大きいため、ボラティティが高い通貨ペアになっています。

豪ドル/円
世界屈指の資源国であるオーストラリアの豪ドルは資源国通貨の代表格です。貿易取引の4分の1を占める中国の影響を強く受けます。中国関連の報道では安全通貨とされる円との通貨強弱次第で大きな値動きを見せます。

ニュージーランドドル/円
オーストラリアと地理的に近い位置にあり、経済モデルも似ています。二つの通貨を合わせてオセアニア通貨とも呼ばれています。また、NZドル円は豪ドル円との相関性が非常に高く、似た値動きをします。

スイスフラン/円
永世中立国であるスイスは欧州内の信用不安や地政学リスクが意識された場合、安全資産の逃避先となる特徴があります。同様に安全資産とされる円との通貨ペアであるため安定したレンジ相場を形成しやすい傾向があります。

カナダドル/円
世界有数の資源国のカナダは隣国にアメリカがあり、その景気や原油価格の動向に強い影響を受ける通貨です。一方ドル円に比べてトレンドが発生した際には長期にわたって継続する傾向があります。

南アフリカランド/円
高金利通貨として有名な南アフリカランド。金やダイヤといった鉱物資源に恵まれており世界有数の鉱山資源国でもあります。円との金利差も大きくスワップ投資を考えている方は押さえておきたい通貨ペアといえます。

トルコリラ/円
トルコ円は代表的な高金利通貨として投資家に人気がある通貨ペアです。
高いスワップポイントを獲得できる一方で政局や地政学リスクなどが存在しているため、急激な価格変動となることもあります。

メキシコペソ/円
新興国のなかでもIMFが定める安全基準を満たしているメキシコペソは価格変動が緩やかなのが特徴です。500円未満で取引を始められ、また、高金利通貨としても大変魅力があるので人気の高い通貨ペアになっています。

中国人民元/円
中国は管理変動相場制度を採用しており、値動きは比較的安定していると言えます。加えて、中国当局の政策によって方向性が決まってくる側面があるため、長期的な予想がしやすいのも特徴です。

香港ドル/円
ドルペッグ制が採用されており、米ドルと連動性の高い値動きを見せます。
米国の金融政策に強い影響を受けるため、香港経済より米国経済の動向に左右されやすいのも特徴です。

シンガポールドル/円
シンガポールには政策金利の概念が存在せず、通貨の目標レンジを金融政策手段としています。そのため、当局が発表するレンジ調整には毎回大きな注目が集まり、この通貨特性を生かしたトレードがポイントとなります。

ポーランドズロチ/円
日本ではズロチとユーロの相関性を利用した投資戦略が人気を博しています。また、各国中銀のハト派色に反する形で、安定した金融政策運営を示唆しており安定した金利見通しを立てられることも特徴として挙げられるでしょう。

ノルウェークローネ/円
証拠金の低さと財政健全国であることが大きな特徴です。結びつきの強い欧州各国の景気に影響を強く受けます。隣国ポーランドのズロチとも相関性が高く、ズロチ円と組み合わせて取引することで戦略の幅が広がります。

スウェーデンクローナ/円
スウェーデンはEU加盟国ですが、自国の通貨であるクローナが使われています。政治経済が安定していることから、選好するトレーダーは少なくありません。またドイツとの経済的な結び付きが強く、ドイツ経済に左右されることも特徴です。

・米ドルと組み合わせになっている通貨ペア

ユーロ/米ドル
世界一の取引量を誇る通貨ペアであり、取引参加者の多さ故にイレギュラーな動きを見せにくくテクニカル分析が有効に働く特徴があります。また、流動性の高さからスプレッドも狭く取引コストの低い通貨ペアです。短期間で売買するスキャルピング取引にも向いています。

ポンド/米ドル
ケーブルというニックネームで呼ばれるポンド米ドルは世界の第3位の取引量を誇る人気の通貨ペアです。また、他の欧州通貨ペア同様、ロンドン市場オープン時の16時前後に動意付く傾向がみられます。

豪ドル/米ドル
過去の値動きからトレンドが発生した際には長期にわたって継続する傾向が見て取れます。
そのためスイングトレーダーから一定の支持を集める通貨ペアということが出来ます。

ニュージーランドドル/米ドル
他のマイナー通貨に比べ中長期的に狭いレンジ幅で推移している一方、短期的には高いボラティリティで推移しています。そのため、これらの特徴を生かした戦略が支持を集めています。

米ドル/スイスフラン
米ドルとスイスフランはともに安全通貨同士の組み合わせになるため、緩やかに動く性質があります。投機目的としてよりも堅実に利益を狙いたい方向けの通貨ペアといえます。

・ポンドや豪ドル、スイスフランが決済通貨になっている通貨ペア

ユーロ/ポンド
両通貨とも欧州通貨で相関性は非常に高く、長期ではレンジで推移しやすい傾向があります。ただ、欧英それぞれの固有イベントも多く短期では通貨の強弱に明確な差が出ることも特徴です。

ユーロ/豪ドル
欧州通貨のユーロと資源国通貨の豪ドルは高いボラティリティと長期で見た際の比較的安定したレンジが取引戦略の幅を広げます。レンジ上限下限を狙いたい時におすすめの通貨ペアといえます。

ポンド/豪ドル
ポンド豪ドルは両通貨ともに値動きの激しい通貨となるだけに最大の特徴はボラティリティの高さにあります。ポンド円以上に値動きが激しく、短期間で高い収益を狙える特徴もあります。

豪ドル/ニュージーランドドル
両通貨ともにオセアニア通貨でその相関性は非常に高く、レンジで推移しやすい傾向があります。ただ、当然金融政策は別のため方針に乖離が生じた際には注目が集まります。

ユーロ/スイスフラン
ユーロスイスフランは値動きが控えめなため、大きな利益を狙うよりもコツコツ取引したい人向けの通貨ペアになっています。また、スイスフランは安全通貨のため、ユーロ安の場合には逃避先としてフラン高になりやすい傾向があります。

ポンド/スイスフラン
ボラティリティの高いポンドと安全通貨のスイスフランとの組み合わせです。ポンドスイスフランの特徴は値動きの激しさとスワップポイントの高さが魅力の通貨ペアになっています。

「みんなのFX」で取扱っている通貨ペア

FX口座おすすめ比較ランキング
usd/jpy eur/jpy gbp/jpy aud/jpy
nzd/jpy try/jpy mxn/jpy zar/jpy
CNH/jpy chf/jpy cad/jpy HKD/jpy
SGD/jpy PLN/jpy NOK/jpy SEK/jpy
eur/usd gbp/usd aud/usd nzd/usd
eur/gbp EUR/AUD GBP/AUD AUD/NZD
usd/chf eur/chf gbp/chf

クロス円とドルストレート

「クロス円」とは、米ドル以外の外国通貨と日本円との通貨ペアのことを指しています。つまり、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、豪ドル/ 円(AUD/JPY)、ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)、スイスフラン/円(CHF/JPY)、カナダドル/円(CAD/JPY)、南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、トルコリラ/円(TRY/JPY)、メキシコペソ/円(MXN/JPY)、中国人民元/円(CNH/JPY)、香港ドル/円(HKD/JPY)、シンガポールドル/円(SGD/JPY) はいずれも「クロス円」に該当するのです。
これに対し、米ドルと米国以外の外国通貨との組み合わせのことを「ドルストレート」と言います。ユーロ/米ドル(EUR/USD)、ポンド/米ドル(GBP/USD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、ニュージーランドドル/米ドル(NZD/USD)はもちろん、米ドル/円(USD/JPY) も「ドルストレート」に該当します。世界の基軸通貨である米ドルと直接(ストレートに)交換しているという意味合いから、「ドルストレート」と呼ばれています。

初心者が通貨ペアを選ぶ際に、重視すべきポイントとは?

①流動性が高い
流動性が高いとは、取引がどれだけ活発に行われているかを示すもので、流動性が高いほど自分が希望したレートで取引に応じる相手が見つかりやすい、つまり自分が意図した通りに取引が成立しやすいと言えます。逆に流動性が低いと、買いたくてもなかなか買えず、売りたくてもいっこうに売れないという状況に陥りかねません。
また、流動性の高い通貨はトレンド(値動きの方向性)が明確になりやすい傾向がうかがえます。対照的に流動性の低い通貨は値動きの方向感がなかなか定まらず、上下に乱高下する展開になることがあり、初心者向きとは言いがたいでしょう。

②スプレッドが狭い
初心者のみならず熟練のトレーダーにしても、できるだけスプレッドが狭いものを選びたいはずです。「スプレッドの幅が広い=取引コストが高い」ことを意味し、その分だけ利益が目減りするからです。
特に初心者は、予想どおりに為替相場が動いた場合であっても、まだ慣れていないので焦って利益確定を急ぎがちです。そうなると、大きな利益を狙いにくくなるので、スプレッドはできるだけ狭いほうがよいでしょう。各社のスプレッドの狭さがランキングされている比較サイトを見ると、お得に取引できるFX会社がわかります。

③情報が豊富
あまりにも情報が乏しいと手探りでトレードを進めることになり、非常にリスキーだと言えます。きちんと情報を掴んでおかないと、取引をはじめた途端に金融政策が見直されて為替相場が急激に変動するというようなことも考えられます。情報を入手しやすい通貨から取引を始めましょう。

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

海外FX業者はあえて金融庁ライセンスを取得していない

海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

とはいえ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、外国の金融庁のライセンス認可を受けて運営している。
れっきとした”登録業者“なので安心してほしい。

追証なし(ゼロカットシステム)で借金を背負うことがない

海外FXではゼロカットシステムのおかげで投資金以上の借金を背負うことはない

海外FX業者にはゼロカットシステムという神のサービスが存在している。

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)に戻してくれるサービスのこと。

つまり海外FXでは追証請求されることがなく、リスクが投資金までと限定されているわけだ。

有名な事例でいうと、スイスフランショックリーマンショックなど。

ゼロカットがない 国内FXではマイナスになった残高は追証請求され、絶対に支払わなければならない

“追証なし”という精神的余裕をもってトレードできるのは、アクティブなトレード・精神的安定の大きな助けになる。

証拠金が2倍になるほどの豪華なボーナスがある

海外FXのボーナスは超豪華

入金ボーナス

入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのが入金ボーナスだ。

この業者に10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与される。
つまり実質20万円の証拠金で取引を始められるということだ。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

新規口座開設ボーナスは入金なしでトレードできる

未入金ボーナスは口座開設するだけで受け取れるボーナス

自己資金を入金せずとも、未入金ボーナスを使えば無料でリアル口座の使い心地を試すことができる。

デモ口座とリアル口座では約定力に大きな違いがあるため、事前にリアルな約定力を知れるのは大きい。

ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者を知りたい方はこちら↓

取引の透明性が高いNDD方式を採用している

海外FX業者は透明性が高いNDD方式を採用している

基本的にはNDD方式は海外FX業者DD方式は国内FX業者 で採用されていることが多い。

NDD方式

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かるので、NDD方式ではトレーダーとFX会社はwin-winの関係となる。

NDD方式を採用している海外FX業者なら、透明性の高い環境で取引できる。

DD方式

トレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済

トレーダーの注文は通ったかどうかわからない、 完全ブラックボックスな注文方式 といえる。

仮に注文を通さなかった場合、 顧客とFX会社の利益は相反 してしまう。
悪いFX会社だと、不正な手(ストップ狩りや故意のリクオートなど)で顧客を負けさせようとしてくることさえある。

DD方式はかなり不透明な取引方式だ。

(※)NDD方式の業者なら取引制限なし

そのためNDD方式の業者では、スキャルピング・EAを利用した自動売買など無制限で取引できるのも大きな魅力だ。

海外FXはメリットがデメリットを遥かに凌駕する

国内FXと比べてスプレッドが多少広い点や突然の日本撤退のリスクなどのデメリットもあるが、管理人はデメリットを補ってあまりあるメリットが海外FXにはあると考えている。

【2022年6月】初心者におすすめFX口座を比較ランキング

DMMFX【DMM.com証券】の評判

国内FX会社トップクラスの口座開設数80万口座を突破 しました。人気の理由は、 平日24時間電話やLINE、AIでのサポートが受けられる ことです。また、提供している 21通貨ペア全て業界最狭水準のスプレッド(安いコストでの取引)である こと、取引すればするほど 現金化できるポイントが付与 されるのも人気の理由です。使いやすさや見やすさを追求した取引ツールも定評がありますが、不安な人のために無料のデモ口座も提供しています!
更に、 新規口座開設と新規取引で最大20万円のキャッシュバックキャンペーン実施中です。
運転免許証とマイナンバーのご用意が出来たら、先ずはDMMFXの口座を開設することを自信をもっておすすめします!
新規口座開設+新規取引で最大20万円のキャッシュバック!

chara

【DMM FXのデメリット】

取引通貨単位が1万通貨単位となっており 少額取引(1,000通貨単位取引)ができません。 また、 FX口座おすすめ比較ランキング スキャルピングといって、短い時間で何度も売買を繰り返す取引はできません。
DMMFXの評判を知りたい方はこちら

外為オンライン

取引単位 デモトレード
1,000通貨 あり
スプレッド(米ドル/円) サポート
1銭(原則固定) フリーダイアル
平日9:00~17:FX口座おすすめ比較ランキング 00
アプリ対応 通貨ペア
あり(iOS・Android) 26
  • 自動売買ツール人気第1位のiサイクル2取引が利用できる!
  • FXプロのレポートとニュース配信等情報量が豊富
  • 国内3番目に口座数が多く信頼性が高い(55万口座突破!)
  • わずか1分で登録完了!無料FXデモ口座でお試し取引が可能

chara

【外為オンラインのメリット】

chara

外為オンライン最大のメリットは 話題の自動売買ツール「iサイクル2取引」ができることです! 「iサイクル2取引ってなに?」という方も多いと思いますので簡単に説明をすると、外為オンライン独自のノウハウとシステム開発力によって誕生した自動売買ツールのことです。iサイクル2取引は、デモ運用で米ドル/円・NZドル/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドルすべて利益を出している実績があります!また、 初心者向けセミナーを頻繁に開催 しており、自動売買が不安な人もじっくり学んでから取り組むことが可能です。また 1,000通貨単位から取引ができる ので初心者の方も安心して取引が可能です。
新規口座開設と条件達成で最大15万円キャッシュバック!

【外為オンラインのデメリット】

スプレッドがやや広いのでコストが掛かります。 米ドル/円の場合、スプレッドが1.0銭と業界最狭水準0.3銭と比較すると約3倍の違いがありますが、自動売買サービスの相場として見ると平均的なスプレッドとなります。(例:ひまわりFXループイフダンの場合は2.0銭)
外為オンライの評判を知りたい方はこちら

選べる外貨

取引単位 デモトレード
1,000通貨 あり
スプレッド(米ドル/円) サポート
0.3銭(※例外あり)
※1shot 50万ドル以下の場合
AIプライヌお客様サポート
アプリ対応 通貨ペア
あり (iOS・Android) 20
  • 高金利通貨を含む20通貨ペアはスワップポイント高い
  • 高性能ツール「プライムチャート」はテクニカル指標54種類が可能
  • FX会社では珍しいスキャルピング公認
  • 豊富な独自マーケット情報と充実のオンラインセミナー

chara

【選べる外貨のメリット】

お問い合わせは、 「AIプライヌ」といってAIを使ったチャットサポートが可能です。 また、初心者の方にはインターネットさえ繋がっていればどこでも受講ができる 無料のオンラインセミナーでFXの基本を学ぶことができます。 口座スペックについては 高い約定力 なのでストレスなく思い通りの取引ができます。また、 スワップポイントが高い通貨(トルコリラ・メキシコペソ等)の取り扱いがあり スワップポイント狙いの取引にも向いています。取引ツールにはハイスピード注文機能といって、 ワンタッチで注文ができる機能があり 、急な値動きにもすぐに対応が可能です。また、 少額取引(1,000通貨単位)取引ができます ので初心者の方に向いている口座と言えます。今なら 新規口座開設+条件達成で最大11万円のキャッシュバックキャンペーン を実施中です!
FX口座おすすめ比較ランキング 新規口座開設+条件達成で最大11万円のキャッシュバックキャンペーン

chara

【選べる外貨のデメリット】

メジャー通貨である米ドル/円の通貨ペアで スプレッドが0.3銭(※1shot 50万ドル以下の場合)とやや広いです。 業界最狭水準が約0.3銭なので倍近いスプレッドとなっております。また、1万通貨単位以下のお取引の場合、 片道3銭(原則固定)の取引手数料が掛かりますので、長期取引に向いている口座であることがわかります。
選べる外貨の評判を知りたい方はこちら

FXネオ

FXネオ【GMOクリック証券】の評判

取引単位 デモトレード
1万通貨(南アランド/円・メキシコペソ/円は10万通貨) あり
スプレッド(米ドル/円) サポート
0.2銭(原則固定) 月7:00〜土7:00(米国夏時間は6:00まで)
アプリ対応 通貨ペア
GMOクリック FXneo (iOS・Android) 20
  • FX取引高8年連続国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 取引ツールの使いやすさ第1位(ネットリサーチ)
  • 高金利通貨を含む20通貨ペアは業界最狭水準のスプレッド
  • 業界最高水準の高金利スワップポイント
  • コールセンター着信状況も開示!繋がりやすい24時間電話サポート

chara

【FXネオのメリット】

8年連続取引高国内1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月) FXネオ最大のメリットは取引ツールの テクニカル指標や描写ツールの種類の多さ です。あらゆるトレーダーの分析ニーズにも応えるべく、38種類のテクニカル指標と27種類の描写ツールが利用可能です。取引高国内1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月) も納得の取引ツールです。 ユーザーサポートは平日24時間電話サポートが可能 で、電話が繋がりやすい時間帯をホームページで公開しているので初心者ユーザーには嬉しいサービスです。 スプレッドは業界最狭水準 です。 スワップポイントも業界最高水準の位置 におり、バランスの取れた口座といえます。2019年10月15日より米ドル/円のスプレッドが0.3銭⇒0.2銭(原則固定)へと変更!総合力アップに期待が高まります。更に、通常スプレットがトルコリラ/円で1.9銭⇒ 1.7銭(原則固定対象外) 、メキシコペソで0.4銭⇒ 0.3銭(原則固定) と縮小し企業努力も文句なし! 口座開設とお取引で最大30,000円のキャッシュバック特典実施中 です!
新規口座登録+新規取引で最大3万円のキャッシュバック!

chara

【FXネオのデメリット】

取引通貨単位が1万通貨単位となっており 少額取引(1,000通貨単位取引)ができません。 また、 100万円以上の金融資産をお持ちでないと取引ができない こともデメリットの一つです。 ロスカットには1万通貨あたり500円の手数料が掛かります 。余裕を持ったお取引をしましょう。
FXネオの評判を知りたい方はこちら

外貨ネクストネオ

外貨ネクストネオ【株式会社外為どっとコム】の評判

取引単位 デモトレード
1,000通貨 あり
スプレッド(米ドル/円) サポート
0.2銭 原則固定
(例外あり)
月7:00〜土7:00 (米国夏時間は6:00まで)
※午後11時~午前7時(夏時間の土曜日は午前6時)までは、一部のお手続きのみ受け付け
アプリ対応 通貨ペア
あり(iOS・Android) 30
  • 多彩で高品質なニュース配信と独自のマーケットレポートで情報量No1
  • バージョンアップを重ね使い勝手を追求した最先端の取引ツール
  • 高金利通貨も網羅した30通貨ペア全て業界最狭水準のスプレッド
  • 少額(1,000通貨)取引が可能!
  • 月曜日のオープンから土曜日朝のクローズまで24時間電話サポート

chara

【外貨ネクストネオのメリット】

平日24時間お電話(フリーダイアル)でのサポート 、パソコンの不具合や操作方法がわからなかった場合に 無料でリモートサポートを実施してくれる 初心者に嬉しいFX口座です。更に、 業界最高水準のニュース配信(4社)とアナリストや独自のマーケット分析レポート提供サービス でトレーダーをしっかりサポート!
取引ツールはトレーダーの意見を取り入れ、 デバイスに合わせた使い勝手の良い最先端のツールを提供 しています。もちろん、20種類と豊富な 通貨ペア全てが業界最狭水準 です。そして、なんといっても最大のメリットは 少額取引(1,000通貨単位)ができることです。 これだけのサービスレベルで少額取引ができる外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」は文句なしおすすめの口座です。
さらに、外貨ネクストネオ(外為どっとコム)ではキャンペーンが盛りだくさん! 「お友達紹介」で最大40,000円、新規口座開設+取引額に合わせて最大10万円のキャッシュバック などがあります!
先ずは新規口座開設 FX口座おすすめ比較ランキング

chara

【外貨ネクストネオのデメリット】

約定力が低くスリッページが発生しやすい(注文してから成立までの速度が遅いため、注文時の価格と約定時の価格に差異が生じること)です。 ですが、外貨ネクストの「マーケット注文」というサービスがあり、利益のスリッページであれば約定時のレートを適用し、損失のスリッページになった場合は約定を拒否することができる注文が可能です。また、 スプレッドが広がりやすいといった評判 もありますが、スプレッドが広がった場合に自動的に発注ができなくなる設定も可能です。
外貨ネクストネオの評判を知りたい方はこちら FX口座おすすめ比較ランキング

FX口座おすすめ比較ランキング

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

【2022年・初心者】FX口座おすすめ比較ランキング20社!評判・アンケート調査も掲載

FX口座おすすめ20選

1通貨単位から取引可能 最低でも1,000通貨からのFX会社が多いですが、SBI FX口座おすすめ比較ランキング FXトレードでは1通貨単位から取引可能です。経済的負担も少ないため、まずは 少額からFXをやってみたいという人に向いています 。 仮想通貨(暗号資産)の取引もできる SBI FXトレードでは、最近話題の仮想通貨の取引も可能です。ビットコインなど人気3銘柄の対円と対ドルでの取引ができます。仮想通貨にも興味のある方は、両方の取引ができるSBI FXトレードはおすすめです。 FXの積立がある SBI FXトレードは、外貨預金のように定期的に自動で外貨を購入できる積立FXがあります。1~3倍のレバレッジで、リスクを抑えて効率的に投資可能です。

SBI FXトレードのデメリット

ドル/円 ユーロ/円
1~1,000通貨 0.00~0.10銭
※原則固定
0.FX口座おすすめ比較ランキング 30銭
※原則固定
1,001~
1,000,000通貨
0.19~7.80銭 0.FX口座おすすめ比較ランキング 40~15.80銭
1,000,001~
3,FX口座おすすめ比較ランキング 000,000通貨
0.20~7.80銭 0.50~15.80銭
3,000,001~ FX口座おすすめ比較ランキング
10,000,000通貨
0.80~7.80銭 1.70~15.80銭

SBI FXトレードのスプレッド幅は、1,000通貨以上では表のように変動します。スプレッドは実質的な売買手数料なので、取引量が増えるとその分コストがかさむので注意が必要です。 システムトレードがない SBI FXトレードには、 システムトレードがないため自動売買ができません 。システムトレードは、事前に決めたルールで継続的・持続的に取引をする方法です。代用として、積立FXで自動購入ができます。

SBI FXトレードの評判と口コミ

男性アイコン

万年兼業トレーダーさん|40代前半|男性|接客業|2021.04.25

女性アイコン

ちえさん|40代後半|女性|専業主婦(夫)|2020.12.03

ヒロセ通商 | 豊富な通貨ペアや注文方法

  • 総合評価 ★★★★★
  • スキャルピングを行いたい方
  • 通貨ペアの数を重視する方
  • 注文種類の豊富さを求める方

お得なキャンペーン情報
・新規口座開設、入金、ポンド円の取引で最大50,000円キャッシュバック
・LION FXどんぶりフルセットプレゼント
・乗換2,000円キャッシュバック
・パスタセットプレゼントキャンペーン
・国産高級黒毛和牛プレゼント
・ユーロ米ドル取引最大100,000円キャッシュバック
・ポンド円取引最大300,000円キャッシュバック
・ポンド豪ドル300,000円キャッシュバック
・NZドル円取引最大100,000円キャッシュバック
・豪ドル円取引最大100,000円キャッシュバック
・ユーロ円取引最大100,000円キャッシュバック

ヒロセ通商のメリット

スキャルピングOKのFX ヒロセ通商では、超短時間で売買を繰り返すスキャルピングを認めています。最速0.001秒の速度で約定可能で、短期間で利益を狙いたい方にはおすすめのFXです。 50種類の通貨ペアを取引可能 ヒロセ通商では、50種類と取扱通貨ペアが豊富です。メジャーな通貨ペアから、人気の通貨ペア、マイナーな通貨ペアまでの幅広いラインナップ、取引手法に合わせて選べます。 27種類の注文方法 ヒロセ通商の注文方法は、27種類と多様です。取引手法や状況に応じて使い分けられます。多くの注文方法を活かして、常に取引画面を見ていなくてもチャンスを逃さず取引でき、またリスクコントロールも可能です。

ヒロセ通商のデメリット

取引に不利な時間帯がある ヒロセ通商は、スプレッドが広がりがちな時間があり、特に朝の時間に広くなります。時間帯によって、取引しにくさがあるFX会社です。 アプリの使い勝手がイマイチ 使い勝手の感じ方は個人差がありますが、アプリが見づらいという口コミが散見されました。文字が小さく見づらい、設定や入力が煩わしいという意見があります。

ヒロセ通商の評判と口コミ

男性アイコン

よっくんさん|40代後半|男性|製造業|2021.01.06

男性アイコン

名無しさん|50代以降|男性|エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)|2021.01.26

何と言ってもスプレッドが狭く約定力が高くてスリップしにくいので、スキャルピングに向いています。もちろんスキャルピングOKなので、初心者でも色々なチャレンジができ、中級者にも満足できるFXだと思います。
あと独自の食品キャンペーンも、長いお付き合いをする上で魅力的です。サバサバしたトレードに潤いをくれる、結構嬉しいキャンペーンになります。
また、入金だけでなく、時間帯限定ではありますが出金もリアルタイムなのが良いです。

他のFX会社でもそうですが、ヒロセは朝や指標でスプレッドが開きやすい会社です。
その認識で資金管理をしっかりしないと、チャンスを逃したり、最悪の場合はロスカットになりやすかったりします。
ヒロセに限りませんが、資金管理は余裕を持って行いましょう。
あと、メジャー通貨のスワップボイントが小さいように思います。
低レバ長期運用では地味に効いてくるので、それも念頭に置いておく必要があります。

外為どっとコム | 利用者は若年層の初心者が多数

  • 総合評価 ★★★★☆
  • 豊富なマーケット情報を閲覧したい方
  • スプレッドやスワップポイントを重視する方

お得なキャンペーン情報
・口座開設、入金、取引で最大103,000円キャッシュバック
・米ドル円取引でキャッシュバック
・高金利通貨取引でキャッシュバック
・スプレッド縮小キャンペーン
・スワップポイントキャンペーン

外為どっとコムのメリット

初心者に心強いサポート 外為どっとコムは、初心者向けののサポートが充実しています。24時間の電話サポートがあり、ウェブセミナーも毎週のように実施中です。利用者の50%以上が30代以下で、投資経験のない方が60%近くの初心者に人気のFX会社です。 豊富なマーケット・投資情報を配信 外為どっとコムは、マーケット情報を24時間配信しており、プロのノウハウやレポートの閲覧ができます。初心者でも分かりやすい、テクニカル分析のツールもあり、投資方針の参考にできる情報が豊富です。 業界トップクラスのスプレッドとスワップ 外為どっとコムは、スプレッドやスワップポイントが優秀で、業界トップクラスの環境で取引可能です。スワップポイントのみの受け取りができ、スプレッド縮小キャンペーンを頻繁に行っているので、お得に取引できます。

外為どっとコムのデメリット

アプリがイマイチ 外為どっとコムは、アプリの使い勝手が良くないとの口コミが見受けられました。チャートの複数表示した際の見づらさや動作が不安定という意見あり、アプリの使い勝手には不安が残ります。 約定率が高くない 外為どっとコムは、約定拒否やスリッページが多いとの口コミがありました。外為どっとコムも、約定率の高さはウリにしていないので、約定率を求める方には、マネーパートナーズやFXプライム by GMOがおすすめです。

外為どっとコムの評判と口コミ

男性アイコン

FXマニアさん|50代以降|男性|製造業|2020.11.28

始めてからまだ日が浅いのですが、当社を試みる前には確かに、FXは為替交換して元にもす時に為替のレートの変化によっては、初めの金額より増加するなんてことは経験したことがありますが、実は此の事自体がFX取引と言うんですね。 でも、為替レートの変化というものはそんなに変化量が多いものではありませんね。
それで当社を始めてレバリッジとか言うような方法で取引に妙味を持たせること自体面白く感じましたね。 何でもレバリッジは25倍までと制限があるようですし、損失してもそんなに大きな金額ではなさそうです。 従って、初心者のお金の利得を目的とした取引というのは面白そうですね。 而も、少額からできるというのがいいですね。

当業者は広告宣伝も上手で、特に初心者が始めるには最適かもしれません。 其れは何故なら判りやすい情報と取り付きやすい環境があるからでしょうか。 確かに、取引上のコスト面や情報の多さといったところは、当業者は初心者を含めた万人に向けでですが、ベテランになって激しい動きの相場で積極的に取引したい人や専門的な技術面での分析等を必要としている人や取引ツールにこだわりたい人、つまり中級から上級者のベテラントレーダーには外為どっとコムは物足りなさを感じ余りおすすめできないのでは、と感じています。

男性アイコン

ラッキーヂュさん|40代後半|男性|事務員|2021.02.05

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる