高金利通貨でのFX

キャピタルゲイン

キャピタルゲイン
株式投資で資産の桁を増やすには
インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは?" /> 『投資をしながら自由に生きる』
著者:遠藤 洋 価格:1650円(税込) ISBN:978-4478114735

【専業投資家かぶ1000が教える】「インカム・ゲイン」と「キャピタル・ゲイン」ベストの運用法とは?

『賢明なる個人投資家への道』の著者・かぶ1000は、株式投資歴30年以上の専業投資家。中2のころから体育のジャージ姿で地元の証券会社に通い詰め、中高年の投資家にかわいがられ、バブル紳士にはお金儲けのイロハを教えてもらった。中3で300万円、高1で1000万円、高2で1500万円へと株式資産を増やし、会計系の専門学校卒業後、証券会社の就職の誘いを断って専業投資家の道へ。2011年に“億り人”になると、2015年に3億円、2019年に4億円を突破! アルバイト経験さえない根っからの専業投資家が、お金の知識と増やし方を徹底指南する! ● 値上がり狙いか、配当金狙いか 株式投資で利益(ゲイン)を得るには、おもに2つの方法があります。 1つは、株価の値上がりによる利益(キャピタル・ゲイン)を狙うもの。もう1つは、配当金による利益(インカム・ゲイン)を狙うものです。 私は値上がり益を狙った投資をしていますが、配当金狙いの個人投資家もいます。もちろん、その両方を狙う個人投資家もいます。株式投資の目的やそれぞれが置かれた状況によっても考え方は違いますから、一概にどちらがよいとは決められません。 それを承知であえていうなら、特に資金が小さいうちは値上がり益を狙った投資をメインにするべきでしょう。「配当利回り」の高い銘柄に投資しようとすると、選べる銘柄が限られてしまいます。 株価は企業の本質的な価値が上がるにつれて、上昇していくものですが、配当金をたくさん出す企業は成熟産業や斜陽産業が多く、大きな株価上昇は望み薄です。 これからの成長が望めなくなると、企業は将来の成長のための先行投資にお金を使うのではなく、株主に配当金を出すことによって株価を維持しようと考えるからです。 対照的に成長企業は配当金を出すくらいなら、将来のさらなる成長に先行投資しようとするので、無配(配当金ゼロ)の企業も少なくありません。GAFAMの一角を占めるグーグルを運営するアルファベット(GOOG)も旧フェイスブックのメタ(FB)も無配です。配当金ゼロでも、先行投資にともなう業績拡大によって、株価は右肩上がりを続けています。 加えて、配当利回りは未来永劫保証されているものではなく、企業の収益が悪化してしまうと配当金が減らされることがあります。これを「減配」といいます。配当利回りが高いという理由で人気の銘柄では、減配に転落すると株価は大きく下落する恐れがあります。 こうなるとインカム・ゲインも、キャピタル・ゲインも、同時に失いかねません。 東証一部の配当利回りは、平均1.7%。株式資産1億円を築いて「億り人」になったとしても、平均1.7%だと配当金は年間170万円程度です。しかし、そこから資産が増えて3億円になると、利回り1.7%でも配当金は年間500万円を超えます。これは会社員の平均的な年収に匹敵します。 ですから、値上がり益を狙う投資をして株式資産が増えるにつれて、自然に配当金が増えるというのがベストだと思っています。

キャピタルゲインとインカムゲインってなに?

キャピタルゲインとインカムゲインってなに?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

キャピタルゲインとは

what-is-capital-gain

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow キャピタルゲイン Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【集中投資でFIREした元会社員が教える】
株式投資で資産の桁を増やすには
インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは?

【集中投資でFIREした元会社員が教える】<br /></p>
<p>株式投資で資産の桁を増やすには<br />インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは? イラスト:伊藤ハムスター

株式投資のポイント

1つ目は、配当金狙いの投資をしてしまうと、すでに成長しきってしまった大企業が投資対象になってしまうからです。そうした大企業は高配当を続けている間はいいのですが、少しでも配当金が減ると多くの株主が売りに出て、株価が大きく下落するリスクをともないます。 また、配当金だけを気にして株式を買うと、企業の業績や成長性に目が向かなくなってしまい、業績が悪化しても気づかず持ち続け、資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

2つ目は、配当金を出す企業は、「利益を先行投資して将来的な業績を伸ばそうとする成長事業がない」ととらえることもできるからです。そもそも配当金というのは、その企業の利益から捻出されます。ぐんぐん伸びている成長企業であれば、利益が出たとしても配当金として株主に還元するより、優秀な人材の採用や広告宣伝、設備などに先行投資をして、将来の利益を最大化しようとします。

3つ目は、株式投資の本当の醍醐味は、配当金ではなく値上がり益にあるからです。株式の配当金は、せいぜい年間数%ですが、値上がり益は場合によっては年間で数倍にもなります。近年では年間100〜400銘柄ほどの株価が、1年で2倍以上に値上がりしているのです。

[著者] 遠藤 洋(えんどう・ひろし)
投資家・自由人
1987年埼玉県生まれ。東京理科大学理工学部電気電子情報工学科在学中の夏休み、家庭教師のアルバイトで貯めたお金を元手に知識ゼロの状態から投資をはじめる。すると、有名企業より小型株、分散投資より集中投資のほうが実は低リスク・高リターンであることに気づく。大学卒業後、ベンチャー企業に入社し、新規事業の企画・広告・採用等を経験。その約4年後、26歳のときに投資で得た資金を元手に独立。本質的な価値を見極め「1年以内に株価3倍以上になる小型株」へ集中投資するスタイルで、最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1760%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成。噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用してほしい」と頼まれたこともあるが、いまのところ外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医師、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1600人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。現在は投資をしながら1年のうち半分は国内外を旅して自由を謳歌しつつ、次世代を担う投資家や事業の育成に力を入れている。投資コミュニティixi(イクシィ)主宰。 『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円【実践バイブル】』 は、シリーズ10万部突破のベストセラーに!

【集中投資でFIREした元会社員が教える】<br /></p>
<p>株式投資で資産の桁を増やすには<br />インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは? 『投資をしながら自由に生きる』
著者:遠藤 洋 価格:1650円(税込) ISBN:978-4478114735

起業家(株主)はどこからリターンを得るのか?キャピタルゲインや株式上場(IPO)、M&Aによる売却などを解説

キャピタルゲインとは
キャピタルゲインとは、株式を売却した際に得られる売買差益のことです。
起業家やベンチャー企業に投資する投資家で、インカムゲインによるリターンを期待している人は、ほとんどいないでしょう。ベンチャー企業の配当は額は、投資家や起業家が負っているリスクに対して、小さすぎるということが多いからです。そうすると、ベンチャー企業の株式保有者(起業家や投資家)がリターンを得る手段は、キャピタルゲインということになります。キャピタルゲインは、保有している株式を売却した際に発生します。なぜ発生するかというと、例えば、会社の株式を100%保有している(借入や外部資本なし)として、資本金として100万円を出資し、3年後に、行っている事業の価値(借入無しのため=時価総額)が1000万円になっていると、売却時に、9900万円のキャピタルゲインを得られる、といったような仕組みです。
この、保有株式を売却することを、「エグジット」と呼びます。

キャピタルゲインの獲得方法「IPO(株式上場)とM&Aエグジット」

IPO(上場)とは
IPO(株式上場)とは、マザーズや東京証券取引所のような証券市場に、株式を公開することを言います。

M&Aで会社を売却する
一昔前までの日本では、M&Aというと、身売りや乗っ取りといったネガティブなイメージを持つ人も少なくなかったかもしれません。ただ、今はもうM&Aは、大企業においては非常に重要な成長戦略の1つとなっていますし、起業家や投資家にとっても、メジャーなエグジット手段です。
本当に売ることができるのか、そのような不安を抱える起業家の方は少なくないと思います。ですが、起業家の方が、しっかり時間をかけて作ってきた会社・事業は、衰退したり、大赤字を垂れ流しているというような状況でない限りは、市場でもそれなりの価値のあるものになるでしょう。誰が欲しいと思うのか、誰に買われるのか、それは、1つは「時間を買いたい企業」です。例えば、あなたが3年間かけて作ってきた組織や事業の周りで、同じ領域に新たに参入したい上場企業が出てきたとしましょう。ベンチャーは、上場企業などに比べて、スピーディな事業開発や適応力をもっているといえるでしょう。上場起業が、新しく、あなたの会社と同じ事業や組織を作ろうとすると、ここから5年や10年という時間軸を要する喪になる可能性があります。そういった場合、社内で新しく事業を開発していくより、あなたの会社を買収した方が早いのです。これが「時間を買う」という目的によりM&Aです。他にも、市場での支配力を強めるため、競合している企業から買収されるケースや、事業のシナジ-を見込んだ、周辺領域の事業を営む他社から買収されるケースなども想定できます。

IPOによるエグジットのメリット・デメリットとは

IPOのメリット
IPOのメリットは、株主にとってのメリット、企業へのメリットなのか、という点を分けて考えたほうが良いでしょう。
まず、企業へのメリットとしては、資金調達手段が多様化し、また、資金調達力も増大します。

IPOのデメリット
IPOには、それなりの準備やリソース、そして費用が必要となります。

M&Aによるエグジットのメリット・デメリットとは

M&Aのメリット
M&Aによるイグジットのメリットは、まず、IPOと比較して、成功する可能性が高い点です。
M&Aによるイグジットには、IPOで必要なような複雑な準備やコストは伴わず、FAや仲介会社を介して買い手候補企業を見つけ、買い手の交渉がまとまれば、それで終わりというシンプルなプロセスです。また、このM&Aによるイグジットのプロセスは、早ければで2~3カ月程度で完結することもあります。2~3年以上の準備期間が必要なIPOと比較しても、スピーディに進められるというのもメリットでしょう。
また、この際、上で述べたように、売却先となる買い手企業には、「時間を買う」「事業シナジーを創出する」というようなM&Aの目的がありました。そういった目的の下では、必ずしも、業績が好調で、大きく成長している企業、のみが買収対象であるわけではありません。そういった意味で、どんな会社にも売却できる可能性は大いにあるのです。

M&Aのデメリット
エグジット後(株式を100%売却後)、マネジメントから降りるケースや、継続してマネジメントに携わるケースがあります。後者の場合、既に株式はすべて譲渡しているので、経営に関する権限は小さくなります。基本的には、買い手の指示や計画に完全にしたがって経営していくことになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる