FXのおすすめ勉強法

バイナリー オプション 経済 指標 手法

バイナリー オプション 経済 指標 手法
■□■ 今日の為替相場の注目材料と指標ランク ■□■
更新履歴 :
★「スケジュール表と指標ランク」→【 6月5日14時30分にアップ 】→【 6月8日15時02分に最終更新 】
★「詳細情報や羊飼いの相場観」→【 6月8日5時48分にアップ 】→【 6月8日5時48分に最終更新 】

FXプライムbyGMO、ドル/円相場見通しやトレード戦略に関する無料オンラインセミナーを2022年6月8日(水)時から開催。

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】 バイナリー オプション 経済 指標 手法
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

【外為どっとコム】人気の高金利通貨でFXポイントプレゼントキャンペーンを実施!

※A 本広告は『外貨ネクストネオ』における1,000Lot以下のスプレッドを表示するものです。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。当社のスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.001(トルコリラ)として表現しております。提示スプレッドにつきましては、当社の都合により予告なく変更または中止する場合があります。なお、大口スプレッドおよびダイレクトカバーは本広告の対象外です(詳細はhttps://www.gaitame.com/products/nextneo/cover.html)。
当社広告表示値スプレッドの提示実績は、https://www.gaitame.com/products/nextneo/spread.pdf (PDF)をご参照願います。
※3 「スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2022年6月6日(月)午前9時00分~2022年7月2日(土)バイナリー オプション 経済 指標 手法 午前3時00分、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時)

■対象者
外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』にて対象通貨ペアの新規注文の取引をされた方
※『らくらくFX積立』での買付は対象外とさせていただきます。
※FXポイントをお受け取りになるためには事前に『らくらくFX積立』の口座開設が必要となります。

■対象期間
2022年6月6日(月)午前7時00分~同7月30日(土)午前5時55分

■エントリー方法
外為どっとコム ウェブサイト内の「人気の高金利通貨でFXポイントプレゼントキャンペーン」案内ページにある専用エントリーフォームより申し込みください。

バイナリー オプション 経済 指標 手法

水曜日FX

■□■ 今日の為替相場の注目材料と指標ランク ■□■
更新履歴 :
★「スケジュール表と指標ランク」→【 6月5日14時30分にアップ 】→【 6月8日15時02分に最終更新 】
★「詳細情報や羊飼いの相場観」→【 6月8日5時48分にアップ 】→【 6月8日5時48分に最終更新 】

【為替相場】本日の必見イベント&経済指標はコレだ!! >> FX経済指標通知システム
・08時50分: 日)第1四半期GDP【二次速報】
・16時35分: 日)黒田日銀総裁の発言
・17時30分: 英)建設業PMI
・23時30分: 米)週間原油在庫
・26時00分: 米) 10年債入札
※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない
→羊飼いのTwitterアカウント
その他、注目点及び懸念点など バイナリー オプション 経済 指標 手法
FRB関係者はブラックアウト期間(6月4日~FOMC終了)
米国の中長期国債の入札が相次ぐ(7日→3年債、8日→10年債、9日→30年債)
・9日(木)→ECB金融政策の発表
・10日(金)→米国の消費者物価指数の発表
・来週(15日)→FOMC金融政策の発表を控える(日本、英国、スイスの金融政策の発表もあり)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→来週・6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は10日の消費者物価指数がメイン)
・金融市場のリスク許容度
・欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→今週・6月9日に次回金融政策発表を予定)
・金融当局者や要人による発言(FRB関係者は来週にFOMCを控えてブラックアウト期間入り)
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月17日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・新型コロナウイルス感染症への懸念

詳細情報は ↓↓↓ 続きをどうぞ!(※「続き」以降の部分と2段階に分けて更新)
→【 詳細部分は、6月8日5時48分に追記済み バイナリー オプション 経済 指標 手法

■□■ 本日の為替相場の注目点とその見通し (客観的な視点) ■□■ ( ※毎日更新 )

米国の経済指標及びイベントは、
・23時30分: 米)週間原油在庫 バイナリー オプション 経済 指標 手法 バイナリー オプション 経済 指標 手法
・26時00分: 米) 10年債入札
に注目が集まる。
※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない

米国以外では、
・08時50分: 日)第1四半期GDP【二次速報】
・16時35分: 日)黒田日銀総裁の発言
・17時30分: 英)建設業PMI
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
FRB関係者はブラックアウト期間(6月4日~FOMC終了)
米国の中長期国債の入札が相次ぐ(7日→3年債、8日→10年債、9日→30年債)
・9日(木)→ECB金融政策の発表
・10日(金)→米国の消費者物価指数の発表
・来週(15日)→FOMC金融政策の発表を控える(日本、英国、スイスの金融政策の発表もあり)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向 バイナリー オプション 経済 指標 手法
・米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→来週・6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は10日の消費者物価指数がメイン)
・金融市場のリスク許容度
・欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→今週・6月9日に次回金融政策発表を予定)
・金融当局者や要人による発言(FRB関係者は来週にFOMCを控えてブラックアウト期間入り)
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月17日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・新型コロナウイルス感染症への懸念
などが重要となる。

本日の 米国の経済指標 は、注目度の高いものの発表はない。。
一方、 経済指標以外のイベント では、 10年債の入札 が予定されている。

本日は、 米ドル・日本円・ユーロの方向性 と バイナリー オプション 経済 指標 手法 主要な株式市場 及び 米国債利回りの動向 、 米国の金融政策への思惑 が重要となる。
その他、 明日に ECB金融政策の発表 バイナリー オプション 経済 指標 手法 を控える点 や 週末に 米国の消費者物価指数の発表 を控える点 、 金融市場のリスク許容度 、 欧州の金融政策への思惑(明日・6月9日に次回金融政策発表を予定) 、 原油と金を中心とした商品市場 、 金融当局者や要人による発言(FRB高官はブラックアウト期間) 、 日本の金融政策への思惑(バイナリー オプション 経済 指標 手法 来週に金融政策発表を予定) などにも注意したい。

★ 本日発表の注目材料の詳細
本日はなし
→ 今週後半の注目材料の詳細は水曜日・夕方の記事を参照


■□■ 本日のトレード用のエサ (羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

・23時30分: 米)週間原油在庫
・26時00分: 米) 10年債入札
※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない
→引き続き、イベントの配置と相場のバイアスがキモ
▼米雇用統計(先週3日
→良い結果→FRBが利上げに強気になりやすい思惑高まる→米国債利回り上昇&米株価指数下落 バイナリー オプション 経済 指標 手法
↓↓
▼米消費者物価指数(今週10日
→インフレ指標→内容次第で利上げに対する思惑が高まりやすい→注目度高い
↓↓
▼次回FOMC(来週14日15日

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる