FX取引データ

レジスタンスラインの引き方

レジスタンスラインの引き方
出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドライン、水平ラインの引き方

右の大きい 上昇トレンド は最初の安値オレンジ丸を結んでトレンドライン水色を引きましたが、 赤丸 の所でラインを少しブレイクしその後また大きく上昇しました。
2つ目の 赤丸 の所もラインをブレイクしたので、新たにトレンドラインを引き直してます。( 赤ライン
この赤ラインは確りと機能してますね!
青丸 のラインの所で確り反発して上昇しています
緑丸 以外では どこで買っても全て大きい利益を出せていますね!!

大口 や 投資家達 が引いているトレンドラインと同じようなラインが引ければ売買するポイントが同じになるので、その波に乗ることができ大きく利益を出す事が出来ます!
トレンドラインがあまり機能していないなと思ったら自分で調整していって下さい。
機能していないラインを引いていても意味ないので自分都合のトレンドラインはやめましょう。

基本的にトレンドラインを大きくブレイクしたらそのトレンドが終わり、トレンド転換の可能性が高いです。
上の 緑丸 の所も大きく下にブレイクし下降トレンドに転換してますね。
ただラインを多少ブレイクする事はよくあります。
これは だまし と呼ばれています。

だまし とは何かと言うと、テクニカル分析でラインの反発地点や売買サインが出たのにそれとは逆に相場が動く事です。
上の画像では 赤丸 の地点です。
ラインをブレイクしたので下降トレンドになると予想出来ますが、
実際にはならず一気に上昇し、トレンドは継続しています。
これがだましです。

なるべくだましには引っ掛からないようにしたいところですね。
だましの回避方法 はいくつかありますが、例えばラインにタッチしてすぐエントリーするのではなく確り反発を確認してからエントリーするとか、タッチした時はlot数を少なくして
損切ラインをあまり小さくしない等あります。

次は水平ラインについて説明していきます。

水平ライン

水平ライン とは反発している地点等を水平に結んだ線の事です。
この水平ラインは サポートライン下値支持線)、 レジスタンスライン上値抵抗線)の役割となります。

この水平ラインも 2本3本 と複数引く事が出来ます。
水平ラインが引けたらな レンジ相場もみ合い相場と判断する事が出来ます。

サポートライン =下値支持線とも言い、この価格より下落しないだろうと意識されているライン

上の画像の 赤線 が レジスタンスラインの引き方 サポートライン です。 青線レジスタンスライン になります。
両方とも オレンジ丸 の地点で確り反発していますね!
サポートライン にタッチしたら買い、 レジスタンスライン で売りの判断が出来ます。

そしてこのサポートラインレジスタンスラインは、 上抜けたり下抜けたりするとサポートラインが レジスタンスライン に切り替わり、 レジスタンスライン がサポートラインに切り替わる場合が多いです。

例えば上の画像の 赤丸 地点でレジスタンスラインを大きく上抜けてますね。
その後レジスタンスライン赤丸 レジスタンスラインの引き方 地点からサポートラインへ切り替わっていますね!
そして新たにレジスタンスラインを引く事が出来ます。
このように一度引いたラインはその後も使う事が出来ます。

何回もライン上で反発している水平ラインはかなり 重要 なものになるのでその先も意識される可能性が高いです!
値が重要な水平ラインに近づいてきたら反発の可能性を視野に入れておきましょう!

Pelican FX トレンドラインルール

Pelican Fx流トレンドラインルール1

トレンドライン

Instagramバナー

Twitterバナー

トレンドラインの基本的な引き方

Pelican Fx流トレンドラインルール1

ヒゲ同士を結ぶ

新高値/新安値をつけた場合

逆トレンド後のトレンドラインの引き方

トレンドラインの賞味期限

Pelican Fx流トレンドラインルール2

サポート/レジスタンスライン

Pelican Fx流トレンドラインルール3サポート・レジスタンスライン1

Pelican Fx流トレンドラインルール3サポート・レジスタンスライン2

Pelican Fx流トレンドラインルール3サポート・レジスタンスライン3

下位足のトレンドラインの引き方

Pelican Fx流トレンドラインルール マルチタイムフレーム分析

海外FX会社で有名なXMTrading。MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)が使える数少ない会社の一つ。
最大レバレッジ888倍。ゼロカットシステム(マイナス残高リセット)
1000通貨から取引可能。口座タイプ:マイクロ口座/スタンダード口座/ZERO口座
FX以外にも株価CFD、貴金属(金、銀)も取引できます。

MT4(メタトレーダー4)が使えるFX会社。
毎月スプレッド掲示率を公表し、レート配信の透明性があります。
203,000円のキャンペーン中!

LIGHT FX

Engulfing Candleは本当に転換ポイントになるのか

Engulfing Candleはあくまでローソク足のパターンの1つである。Engulfing Candleとはつまり、その時間軸で確定した値動きの1つであり、それ単体ではほとんど意味を成さない。相場のトレンドを把握し、そのトレンドが継続するポイント、値幅理論やあるラインに到達し値動きのターゲットに到達したと思われる状況でEngulfing Candlenパターンが出たら、信頼のあるポイントになる。

FXはライントレードだけで勝てる 線の引き方や手法を図解

FXはライントレードだけで勝てる 線の引き方や手法を図解

FUTAKOさんのゴールドチャート分析

出典:Twitter FUTAKO(@Futako1013)より
2022年3月15日

誰でも実践しやすい

チャネルラインの例

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

高い確率で機能する

どの時間足チャートでも有効

どんなトレードスタイルでも有効

ライントレードのデメリット

  1. ラインを引く場所に正解がない
  2. だましの可能性もある

ラインを引く場所に正解がない

だましの可能性もある

ライントレードのラインの引き方

水平線の引き方1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

水平線の引き方2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドライン

トレンドラインの引き方1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドラインの引き方2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドラインの引き方3

出典: レジスタンスラインの引き方 TradingView提供のチャートをもとに作成

チャネルライン

チャネルラインの引き方1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

チャネルラインの引き方2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ライントレードを使ったデイトレ手法の実践手順

4時間足で水平線を引く

米ドル/円4時間足チャート

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ライントレードの手順1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

1時間足でトレンド・チャネルラインを引く

ライントレードの手順2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ライントレードの手順3

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

15分足のローソク足を見てエントリー

トレンド反転のサイン「ピンバー・スパイク」

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンド反転の強いサイン「ラインの交差」

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

損切りは15分足の実体で判断

ライントレードの損切り目安

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

損切り後の即エントリー

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

利確はチャネルラインの反対側

ライントレードで成功するコツ

  1. ラインを引きすぎない
  2. ラインぎりぎりまで引き付ける
  3. ラインブレイク後すぐに目線を切り替える
  4. 上位足の流れに逆らう逆張りは控える
  5. 最高値・最安値を更新した直後は避ける
  6. ラインのクロス地点を狙う

ラインを引きすぎない

ラインぎりぎりまで引き付ける

ラインのクロス地点を狙う

ラインブレイク後すぐに目線を切り替える

下降トレンド

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ロールリバーサル(レジサポ転換)

レジスタンスラインの引き方 出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

上位足のトレンドに逆らう逆張りは控える

最高値・最安値を更新した直後は避ける

ライントレードで狙い目のチャートパターン

  1. レジサポ転換(ロールリバーサル)
  2. ダブルボトム・ダブルトップ
  3. 三角持ち合い
  4. 三尊・逆三尊

ロールリバーサル(レジサポ転換)

ロールリバーサル(レジサポ転換)

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ダブルボトム・ダブルトップ

ダブルボトム

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トライアングル(三角持ち合い)

トライアングル

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

三尊・逆三尊

三尊

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

FX初心者必見のレジスタンスライン、サポートラインの引き方


こんにちわ。COZYです。
今回は初心者必見のレジスタンスライン
サポートラインについてお話しして行きます。
そもそもこの2本ラインさえ引けてさえいれば
相場が今どういう状況であるのか?それを推し量る
事が出来ます。
裁量トレードをするうえではマストなライン考察になります
ので是非マスターしてくださいね。

サポートラインとは

サポートラインは下落する展開で抑えらる重要なポイント

このチャートのように一連の下落で跳ね返されている重要な
ポイントをさします。
チャネルラインのところでも申し上げたように
ラインを引く際に重要なポイントとして抑えて欲しいのは
”2点以上ロースクが当たっていること”
これが重要なポイントになります!
これに該当しないラインというのは基本的に機能しないもの
と思って頂いても差し支えないかと思います。
チャネルラインの詳細は

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインは上昇波を抑える需要なポイント

チャートでご覧頂いてお分かりの通りに
上昇波をせき止める値動きのラインになって
おります。
いわゆる抵抗線というやつになります。
これもサポートライン同様に2箇所以上に
ラインがローソクに当たっている重要なラインである
事がポイントになります。

レジスタンスラインとサポートラインの間で行き来している間はレンジ

レンジ相場での戦い方ですが

このチャートの様にレジスタンスラインとサポートライン
が綺麗に引かれている間の値動きをレンジとよびます。
上と下がしっかりと把握出来ているのならばこのレンジの
での戦い方は値幅を限定したスキャル参戦しかなさそう。

レンジブレイクするまで待つ

狭いレンジの中でスキャルで勝負するのも1つの方法では
ありますがやはりどちらかに抜けていく値動きを狙う
レンジブレイクが良い値幅を狙えるかと思います。
個人的にはそのレンジブレイク狙いの方が初心者には向くと
おもいますのでそちらを推奨したいですね。
レンジブレイクでの戦い方の記事ですが
2記事ほど書いております。

まとめます

ライントレーダーとして私はFXをやっているわけですが
最初の基本はこのレジスタンスラインとサポートライン
をうまく引けるのか?
にかかってくるかと思います。
それほど重要なものになりますので相場に挑む前には
是非引いてみてください。
これを引いて相場に挑むと値動きの方向性が掴みやすく
なりますよ!

サポートライン・レジスタンスラインの引き方【1】 トラップライン - プロになるためのデイトレード&スキャル入門

サポートライン・レジスタンスラインの引き方【1】 トラップライン - プロになるためのデイトレード&スキャル入門

おすすめタグ タグについて

よく使うタグ すべて表示

はてなブックマークで
関心をシェアしよう

同じページを読んだ人の
感想が集まります

記事へのコメント 1 件

TeddyKGB

TeddyKGB デイトレードでサポートラインやレジスタンスラインはどうやって引けばいいのか?ベテラン専業トレーダーが解説します。

  • お気に入りに追加 お気に入りを解除
  • ユーザーを非表示 ユーザーを表示
  • 通報する

リンクを埋め込む

プレビュー

usersに達しました!

サポートライン・レジスタンスラインの引き方【1】 トラップライン - プロになるためのデイトレード&スキャル入門

株や日経225先物のデイトレードではサポートライン、レジスタンスラインを引けることが重要となる。 . 概要を表示 株や日経225先物のデイトレードではサポートライン、レジスタンスラインを引けることが重要となる。 サポートライン、レジスタンスラインとは何だろう? サポートライン、レジスタンスラインとは、相場が反応するであろうラインのことである。 ラインといっても、そこでピッタリ反応するわけではないので、エリアといった方が適切だろう。 私はそれらのエリアで、少なくとも価格が反応すると考えている。 反応するとは、少なくともそこで一時停止するか、反転するかだ。 株・日経225先物デイトレードのプロセスは 準備する → 狙う → レジスタンスラインの引き方 撃つ といった感じになる。 ラインを引いてそのようなエリアを見つけるのは、そのうちの準備するのフェーズだ。 ラインを引くときに使うテクニックには次のようなものがある。 1.トラップライン 2.フィボナッチライン 3.ピボットナンバー 4.シメントリー ライン引きのコツは、

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる