FX戦略編

レベルや使い方、違いを徹底解説

レベルや使い方、違いを徹底解説
HubSpotのCMSは、予めSEO対策が考慮されているため、Webサイトを作成するだけでSEOを意識したコンテンツを作成できます。

4stepの仕組みを徹底解説!4stepを知り友達になろう

中高一貫校に留まらず、非常に多くの学校で使用されている数学問題集に4stepがあります。
この問題集は、多くの学校で使われている反面、多くの生徒に嫌われている問題集として有名です。
今回は3学期で4stepを配られ、わけがわからなくなっている人、既に4stepが嫌いになり、数学に絶望している人に
4step コワクナイヨ
ということをお伝え致します。4stepと仲良くなれないかもしれませんが、それなりのおつきあいが出来たら良いですね。

4stepの長所

問題数の多さ

4stepの長所といったら問題数の多さではないでしょうか
学年毎に違いますが、500-700題程度の問題数があります。
これは通常の学校配布の問題集と比べるとかなり多いです。
数学の基礎力を高めるには、ある程度の演習量が必要なので、その基礎力を鍛えるためにはある程度の問題数がなくてはなりません。
1冊で必要な量がカバーできればいうことはありません。

持ち運びの容易さ

もちろん問題数の多さで4stepを上回る問題集はいくつもあります。
有名なのはチャート式やFocus Goldなどでしょうか。これらは各学年1000題程度の問題数を誇ります。

と思う人がいるかもしれません。
しかしそれは現実(実物)を見ていない人です。
4stepはページ数でいえば200ページ弱の、非常に薄い問題集です。通常の教科書と比べてもほとんど大きさが変わりません。
それに対してチャート式やFocus系はどうでしょう?
解説を含めると800-1000ページ程度のボリュームになります。辞書みたいな厚みです。
そんな厚い問題集を学校から家へ持ち運んで問題を解く人は何割くらいいるでしょうか?
学校の先生はその辺懐疑的なひとが多いため
薄い問題集なら、生徒たちでも置き勉しないだろう
とい う 打算的な判断 で4stepを使うわけです。
確かに家→学校→塾と持ち運び楽ちんですね。

例題を見ずに問題が解けるような配置

また、4stepは問題数が多いわりに、チャート式のような例題に関する詳しい解説が載っていません。
解説が目に入ってしまうから、その場では解けるけど実際の試験で問題が解けない
という人にはおすすめです。
ガリガリ問題が解けます。

適切な難易度設定

4stepはA問題、B問題、発展問題、演習問題と難易度が別れています。
Aは教科書基礎レベル。Bは教科書章末レベル。発展は教科書レベル以上という感じです。
学校から指定がある場合は別ですが、自分の理解度に応じて
A問題だけは完璧にしよう
とか
Aは簡単だからBと発展だけやろう
というような使い分けが出来ます。

他の問題集も同じじゃないの?
と思う方もいると思いますが、チャート式などは範囲を細かく替えているので、簡単な問題と難しい問題が交互になったりすることもあります。
その点は4stepの方が使いやすいといえるでしょう。

4stepの短所

問題数の多さ

大学入試レベルの問題がない

4stepは大学入試レベルの問題はほとんど載っていません。
そのため、この4stepはあくまで受験の基礎固めとして使うことは出来ても、受験対応には向きません。
青チャートや黄色チャートと似た問題が載っているから、4stepでも受験勉強用の問題集として使えるのでは?
と思う人もいるかもしれません。
しかし問題数の関係でチャートのほうが難易度の高い問題が掲載されています。そのため、チャートで受験対応は出来ても4stepではそれが出来ません。
薄い問題集の弊害ですね。

解説が無いもしくは雑な解説

4stepを使っている学生の8割位が4stepを
どうしようもない問題集
となじります。
その要因の1つが解説です。
まず、4stepの解説は学校によっては配布しない場合があります。
その場合、自分の計算のやり方があっているかどうか確認することすら出来ません。
次に、解説が配られた場合ですが
4stepの解説はかなり雑です。
これは4stepが学校にしか販売されていない問題集であるということが大きく関係しています。
つまり4stepは
「学校の授業を聞いて、その範囲の問題を解きましょう。」というコンセプトの問題集といえます。
そのため、学校の先生は

「私の授業をきちんと理解している人ならば、一から十まで書いてある解説など必要ない。授業を聞いていないだけだ!」
的なことを言い出す始末です。
そのため4stepは
数学が苦手な人
学校の授業が分かりづらく、独習したい人
には全く持って不向きな問題集です。

4stepと付き合うためには

4stepは
数学が苦手でなく、きちんとした数学の授業がされていて、沢山問題を解きたい人
にはうってつけの問題集です。
しかし、一方で
数学が得意ではない。授業が分かりづらくついて行けない。
という人には全く持って不向きな問題集です。
しかも困ったことに4stepは学校指定の問題集なので、配られてしまったが最後、やらなくてはいけません。
試験に出るというのもそうですし、課題として4stepの問題を解かなくてはいけないケースも非常に多いです。
そんな4stepとうまく付き合うにはどうすればいいでしょうか?

SDGsとは?


UN Photo/Cia Pak

SDGsの17の目標

SDGsの169のターゲット

レベルや使い方、違いを徹底解説
1.1 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
1.3 各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度および対策を実施し、2030年までに貧困層および脆弱層に対し十分な保護を達成する。
1.4 2030年までに、貧困層および脆弱層をはじめ、すべての男性および女性の経済的資源に対する同等の権利、ならびに基本的サービス、オーナーシップ、および土地その他の財産、相続財産、天然資源、適切な新技術、およびマイクロファイナンスを含む金融サービスへの管理を確保する。
1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
1.a あらゆる次元での貧困撲滅のための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの多大な資源の動員を確保する。
1.b 各国、地域、および国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを設置し、貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援する。

世界におけるSDGsと達成状況

SDGsがパワフルなところは、この数値目標を定期的にモニタリングしていくことです。その進捗をモニタリングしていく枠組みとして、国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF:High Level Political Forum)というものがあります。

OECD 各国 アフリカ

日本におけるSDGs

「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。

今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。

一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。

二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。

三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。

来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

  1. SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進
  2. SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり
  3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

① 経済、ビジネスにおけるSDGs

ちなみにSociety5.0とは以下で表現されています。
狩猟社会(Society1.0)
農耕社会(Society 2.0)
工業社会(Society 3.0)
情報社会(Society 4.0) レベルや使い方、違いを徹底解説
超スマート社会(Society 5.0)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる