FXのご案内

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは?その仕組みと種類をわかりやすく解説

グローバル金融市場は、地球上で最も収益性の高い産業の一つです。 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 一部は同意しませんが、金融市場が資本を調達し、低価格で供給を確保し、信用を商品としてどのように繁盛さ「デリバティブ」という言葉は、過去数十年間で確実にその知名度を高めてきました。日本語では一般的に「金融派生商品」などと訳されますが、”ある原資産から二次的に発生する商品” という意味で、漢字にすると少々わかりにくいと感じるかもしれません。しかし、デリバティブの仕組みと種類を噛み砕いて見ていくと、実は非常にシンプルなことが分かります。端的に言えば、あらかじめ取引におけるリスクを下げたり、逆にあえてリスクを高めて、原資産以上の収益性を目指すことを目的として編み出されたのがデリバティブなのです。

  • 少ない資金で始められる
  • レバレッジを使用して高い収益を目指すことができる

デリバティブ取引とは?

デリバティブ取引とは、将来の特定の「日時」、「価格」で原資産を売買することを、二者間(買い手と売り手)であらかじめ約束する契約形態です。デリバティブの種類には、『先物(フューチャー)』『先渡(フォワード)』『オプション』『無期限(永久スワップ)』などがあり、仮想通貨取引にも適用されます。

デリバティブ取引について深く知るためには、まずこうしたデリバティブの定義をきちんと理解することが大切です。デリバティブとは、原資産を将来の日時・価格で売買するために、売り手と買い手の間で交わされる “約束” なのだと覚えておきましょう。

Crypto derivatives exchanges report

デリバティブ取引と現物取引の違い

現物取引は「スポット取引」とも呼ばれますが、その名の通り、現在の市場価格に基づいて資産を ”その場で(on spot)” 取引する仕組みです。取引の決済は、一般的に取引日から2営業日以内に行われます。

  • 売買する資産:ビットコイン取引に置き換えて考えてみます。現物市場では、トレーダーは実際にビットコインを保有し、それを元手として売買をします。つまり売買を行う際は、お金と現物(ビットコイン)をシンプルに交換する形になるということです。一方、デリバティブ市場では、トレーダーが実際に手元にビットコインを持っていなくとも、売買契約を結ぶことができます。この場合、先物やオプション、無期限などの手法を用いて、「手元にこれだけの資産がある」という仮定に基づき取引を行います。
  • 資産価格:現物取引では、トレーダーは現在の市場価格で資産を売買します。一方、デリバティブ取引は、現在の価格でなく、あらかじめ決められた「将来の予想価格」をもとに契約を結びます。先物取引を例に挙げると、結んだ契約が満期(決済日)を迎えた際、買い手は売り手から原資産を買い取る義務があります。この場合、前もって約束した「将来の予想価格」と「現在の市場価格」の差によって、売り手か買い手のどちらかに利益が出るという仕組みです。
  • 決済日:現物取引は、基本的に2日以内に決済されます。一方、デリバティブ取引は、あらかじめ約束された将来の特定の日時に決済を行います。しかし、仮想通貨デリバティブ取引では、デリバティブ市場に流動性をもたらすために、決済日前であっても仮想通貨または現金による決済を実行するものが多く、Bybitの「無期限契約」もこれにあたります。一般的な先物契約では、デリバティブの基本の仕組みに沿って、いかなる契約も期間満了のタイミングで決済されるというルールがあります。(※先物契約でも、満期を迎える前に、双方の合意の下で売買することは可能です)

デリバティブ取引の種類

Futures contract

先物取引(フューチャー)

先渡取引(フォワード)

オプション取引

  • コールオプション:あらかじめ決めた行使価格で「商品を買う権利」です。将来価格が上昇してしまう恐れがある場合は、コールオプションを購入します。
  • プットオプション:あらかじめ決めた行使価格で「商品を売る権利」です。売却を考えているけれど、将来価格が下がってしまう恐れがある場合、プットオプションを購入します。

Perpetual contracts

無期限契約

デリバティブ応用編:仮想通貨取引でどう使う?

保有ポジションのヘッジ

今後の値動きのモニタリング

  • レバレッジ(証拠金取引):デリバティブ取引は少額から始められ、レバレッジを使用すればさらに利益率を高めることができます。
  • 低額の手数料:デリバティブ取引では、注文コストや取引手数料が低く設定されています。
  • 価格変動リスクの軽減:ボラティリティの高い仮想通貨だからこそ、あらかじめ将来の取引価格(行使価格)を決めておくことで、価格変動によってもたらされるリスクを減らすことができます。
  • ヘッジ:資産の保護という観点から、デリバティブは効果的なリスク管理ツールとなります。ヘッジポジションを建てることで、将来の損失リスクに備え、うまく対応できます。
  • 投資戦略の多様化:デリバティブ取引には様々な利点があり、取引戦略の多様化を可能にします。「リスク管理」と「収益向上」を目的として設計されているため、組み合わせることで最適な投資戦略をカスタマイズすることもできます。
  • 高い流動性:デリバティブ市場の流動性は非常に高いです。ある調査によると、2020年5月には、仮想通貨デリバティブの日次取引高は6000億ドルを超えており、この勢いは機関投資家の参入という追い風を受けてさらに増しています。流動性の高い市場だからこそ、最適な価格で約定し、利益を最大化する機会も多くなります。

仮想通貨デリバティブ取引を行う注意点

ハイリスク:デリバティブ取引はレバレッジをかけて、手持ちの資産以上の取引を行うことができます。このため、強制決済のリスクも高まります。例えば、トレーダーがビットコイン先物を50,000ドルで購入し、レバレッジを使って10ビットコイン分をショートしたとします。この場合、1ビットコイン=48,000ドルまで下落してしまうと、トレーダーはポジションに対して10倍にあたる20,000ドルの損失を受けることになります。

相対取引(OTC)のリスク:OTCデリバティブの場合、取引所を介して取引が行われるわけではなく、買い手と売り手が個別に契約を結びます。そのため、取引相手に関する十分な調査を行うことができません。契約が遵守されるのかというリスクを常に孕んでいることを理解し、注意しながら取引を進める必要があります。

規制強化:世界のすべての国や地域でデリバティブ取引が合法化されているわけではありません。先物契約や無期限契約を行う際は、デリバティブ取引が法律で認められているかをしっかり確認しましょう。場合によっては契約が履行されず、損失を被るケースもあります。

仮想通貨デリバティブを活用するトレーダー

  • ハイリスク・ハイリターン:高いレバレッジをかけて、高い収益を追求するタイプの仮想通貨デリバティブ取引は、「ハイリスク・ハイリターン」を好むトレーダーに適しています。リスクをなるべく避け、慎重に投資したい場合には、低いレバレッジで取引を行うことを推奨します。
  • 市場分析:デリバティブ取引は、手持ちの証拠金と市場に対する知識量に左右される部分があります。そのため、テクニカル分析やファンダメンタル分析に精通しているトレーダーは、デリバティブ取引を自身の投資戦略にうまく利用しています。特に仮想通貨市場は様々な要因が価格に影響を与えるので、最新の市場動向は常にチェックしなければなりません。
  • 仮想通貨市場への理解:仮想通貨市場は従来型の金融とは違い、ブロックチェーンなどの最先端技術・システムの発展が市場動向に影響を及ぼします。この点では、仮想通貨デリバティブのトレーダーは市場分析に加えて、最新のプロジェクトや仮想通貨業界を取り巻く規制などに関しても常にアンテナを張っておくことが大切です。

機関投資家:機関投資家は、市場分析の独自ツールやリソースを保有しているため、仮想通貨のデリバティブ取引を行う上では理想的な立場にあります。機関投資家は、高いレバレッジを活用して利益を追求したり、ヘッジポジションなどの戦略を活用して取引リスクを調整したりすることに長けています。

マイナー(採掘者)または仮想通貨スタートアップ:ビットコインやアルトコインの採掘に携わるマイナーにとって、デリバティブへの投資は理にかなっています。マイニングの競争は激化しており、以前に比べて収益を得ることは難しくなっています。ここで、先物のようなデリバティブ取引でヘッジすれば、マイナーは収入源を拡大することができますし、資産の保護にもつながります。同様に、仮想通貨建て資産を用いるブロックチェーンプロジェクトや仮想通貨スタートアップも、リスク管理にデリバティブを利用することができます。

プロトレーダー:仮想通貨市場に造詣が深く、テクニカル分析やファンダメンタル分析を得意とするトレーダーもデリバティブ取引に向いています。市場動向をチェックしながら、投資戦略を立てていくことが不可欠です。

第3回 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 暗号資産を用いたデリバティブ取引や資金調達取引における規制に関する留意点

以上で例示した、法令により定められた規定のほか、金融庁により認定協会とされた(改正金商法78条1項)一般社団法人日本暗号資産取引業協会(以下、「JVCEA」といいます)の定める規定にも留意する必要があります。JVCEAは、「暗号資産関連デリバティブ取引に関する規則」等、暗号資産デリバティブ取引業に関連して新たに17の規則・規程を制定しました(「第1回 資金決済法・金商法等における改正の経緯と暗号資産交換業の登録申請等に関する留意点」2. 表No10)。

電子記録移転権利等に係る私募の要件、有価証券報告書の提出要件・免除要件、有価証券届出書等の開示内容等に関する規定を整備する

(1)電子記録移転権利の私募の要件

  1. 適格機関投資家私募
  2. 少人数私募
  3. 特定投資家私募
① 適格機関投資家私募

(1)適格機関投資家のみを取得勧誘の対象としていること
(2)発行者が有価証券報告書の提出義務を負っていないこと
(3)特定投資家向け有価証券でないこと
(4)財産的価値を適格機関投資家以外の者に移転することができないようにする技術的措置がとられていること

② 少人数私募

(1)取得勧誘の相手方の人数が50名未満であること(過去6か月通算)
(2)発行者が有価証券報告書の提出義務を負っていないこと
(3)特定投資家向け有価証券でないこと
(4)財産的価値を一括の移転以外に移転できないようにする技術的措置がとられていること、または単位の総数が50未満である場合に、単位未満の財産的価値を移転できないようにする技術的措置がとられていること

従前から私募においては転売制限が求められてきたところ、電子記録移転権利の転売制限としては、①の適格機関投資家私募および②少人数私募ともに、「技術的措置」をとることが求められていることが大きな特徴です。「技術的措置」の詳細については法令の文言のみでは明らかでないものの、金融庁「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」V-2-3(1)④においては、「適格投資家以外の者に移転することができないようにする技術的措置としては、例えば、電子記録移転有価証券表示権利等を表示する財産的価値の譲渡につき発行者又は私募の取扱いを行う金融商品取引業者の事前承諾が要件とされており、かつ、当該承諾を行う者において、あらかじめ譲受人が適格投資家であることが適切に確認されない限り、譲渡の効力が生じないような措置等が考えられる」として、「技術的措置」の具体例があげられており参考になります。

(コメントの概要抜粋)
「従来の当事者の意思決定を契約的に制限する方法での譲渡制限と異なり、権利の「移転」を技術的措置により制限することを求めているが、一般的に財産権の譲渡は当事者の意思によって成立するので、これらは対抗要件具備の問題として理解してよいか。」

(金融庁回答抜粋)
「技術的措置により移転を制限することが求められているのは、「財産的価値」であって「権利」ではありません。また、対抗要件具備について技術的措置による制限を求めているものでもありません。」
(「令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等」に対する、金融庁「コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方」(令和2年4月3日)コメントおよび回答No149)

(コメントの概要抜粋)
「一定の者ないしは一定の場合以外に移転することができないようにする「技術的措置」とは、どのような措置を行えばよいか。例えばアカウント開設時に要件を満たしているかを確認し、要件を満たした者が開設したアカウントのみが財産的価値を保有できるような措置を講じていればよいか、それとも財産的価値自体に移転が制限されるプログラムを書き込むことまでが必要か。」

(金融庁回答抜粋)
「個別事例ごとに実態に即して実質的に判断されるべきものと考えられますが、必ずしも技術的措置を財産的価値自体に内在するよう設計する必要はないと考えられます。例えば、技術的にアカウント保有者を適格機関投資家に限定する措置がとられており、財産的価値を当該アカウント保有者以外の者に移転することが技術的に不可能な場合には、基本的には、当該技術的措置がとられているものと考えられます。」
(「令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等」に対する、金融庁「コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方」(令和2年4月3日)コメント及び回答No150)

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

“日本初”ビットコイン先物eワラント!ビットコイン相場に少額から投資ができる!

2021年2月15日より、『 ビットコイン先物リンク債プラス 5 倍トラッカー 』 及び 『 ビットコイン先物リンク債マイナス 3 倍トラッカー 』 (以下、総称して 『 ビットコインレバレッジトラッカー 』 という。)を取扱いしております。

『 ビットコインレバレッジトラッカー 』 はシカゴマーカンタイル取引所(以下、「 CME 」という)に上場している特定の限月の米ドル建ビットコイン先物を対象とする e ワラントで、ビットコイン先物価格上昇時に値上がりが見込める「プラス 5 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 倍トラッカー型」とビットコイン先物価格下落時に値上がりが見込める「マイナス 3 倍トラッカー型」の取引が可能となります。

ビットコインレバレッジトラッカーの特徴

1ビットコイン相場を対象とした国内唯一の証券化商品 (※2021年2月時点、eワラント証券調べ)

2ビットコイン先物の変動幅のほぼプラス 5 倍、マイナス 3 倍の値動き(一定数量保有時)

3レバレッジ投資でありながら追証はなく、最大損失は投資元本に限定

4先物を対象としており、ハッキングや盗難リスクなくビットコイン相場に投資をすることができる

51万円程度の少額からビットコイン相場に参加することができる

6証券口座でビットコイン相場に投資をすることができる

ビットコインの背景

ビットコインは、用途の多様化や世界的な低金利で暗号資産の需要は高まっており、2021年1 月には史上最高値を更新するなど、注目は高まっています。本商品の取扱開始を通じて、従来の暗号資産投資家に加え、株式や FX 投資家の皆様にも、より手軽かつ多様な用途で暗号資産相場への投資機会を提供します!

株式会社マネーパートナーズ

勇気あるペンギンたちのように、私たちは、業界内でいち早く、FX専業初の上場、取引手数料無料、100円でできるFX、FXゲームの開発などに次々と取り組み、ときには常識はずれでも、チャレンジを繰り返してきました。私たちは知っています。First Stepを踏み出すことから生まれる価値、そしてその新しい第一歩こそが大切なことを。だからこそ、Customer Firstの理念のもと、強力なパートナーになる覚悟があります。あなたを支える、私たちがいます。あなたの、ファーストに。

端から端まで見渡せるワンフロア―!

会社データ

◆金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引及び有価証券関連業務
◆外国通貨の売買、売買の媒介、取次ぎもしくは代理業務
◆金融商品取引業
◆商品先物取引業、資金移動業

【加入協会等】
・日本証券業取引協会
・金融先物取引業協会
・日本商品先物取引協会
・日本資金決済業協会 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは
・日本暗号資産取引業協会
・プライバシーマーク取得企業

※金融商品取引業の登録番号 関東財務局長(金商)第2028号
資金移動業の登録番号 関東財務局長第00022号
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00001号

アメリカに旅行に行く際には、日本円をアメリカドルに両替すると思います。
例えば出発時に、「100円=1ドル」の為替レートで「1万円」両替したら、「100ドル」ですよね。
数日滞在後、帰国する際に残っていた「100ドル」を日本円に変えようとしたら、
「105円=1ドル」になっていたとしましょう。
すると、両替によって「1万500円」を手にすることになり、「500円」の利益が出たことになります。

差額で利益を出すことはできますが、運用資金が少額では利益も少額です。
そこで出てくるのがレバレッジ(てこ)。
てこの原理のように、証拠金として小さな資金を預け入れることで、
大きな金額を動かせるのです。
これを使えば、資金効率を最大25倍まで高めることが可能。
1万円の証拠金で25万円分の運用ができるということです。

2007年6月 大証ヘラクレス(現JASDAQ)市場に
FX専業会社として初めて上場

2008年10月 持株会社体制への移行
株式会社マネーパートナーズグループ、
株式会社マネーパートナーズ、
株式会社マネーパートナーズソリューションズの3社体制

2010年11月 「Hyper Speed NEXT」取引ツールのサービス開始

2012年5月 持株会社「株式会社マネーパートナーズグループ」が
東証第2部に上場

2013年5月 持株会社「株式会社マネーパートナーズグループ」が
東証第1部に上場

2013年7月 「外貨両替・受取サービス」を羽田空港・中部国際空港にて
サービス開始

2014年9月 「マネパカード(海外専用のトラベルプリペイドカード)」の
サービス開始

2015年6月 「外貨両替・受取サービス」が「ANAショッピング+」と
提携開始

2016年3月 大和ネクスト銀行と提携カード「DAIWA SMART DEPOSIT」スタート

2016年12月 2016年オリコン 日本顧客満足度調査 FX取引 第1位を獲得

2017年4月 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは ビットコイン取引所「Zaif」とマネパカード連動サービス開始
株式会社日本旅行との提携カード「日本旅行マネパカード」開始

2017年9月 仮想通貨交換業者として登録
マネパカード口座数10万口座突破

2018年1月 2018年オリコン顧客満足度調査 FX取引 第1位を獲得
「パートナーズFX」が9年連続約定力No.1を達成(矢野経済研究所調べ)

2018年4月 旅を愛する人にオトクな「Peach Manepa Card」開始

2018年8月 LINEのAIアシスタント「Clova」に為替・仮想通貨レート配信スキルを
提供開始

2019年1月 オリコン顧客満足度調査 FX取引『顧客満足度 第1位』を獲得
10年連続「約定力」No.1獲得(矢野経済研究所調べ)

2020年1月 オリコン顧客満足度調査 FX取 証券会社引『顧客満足度 第1位』を
獲得
11年連続「約定力」No.1獲得(矢野経済研究所調べ)

CFD商品に関する FAQ

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる