初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

クロス取引とは

クロス取引とは
外国為替 2022年05月26日 10:15

東京為替:ドル・円は127円58銭まで上昇、クロス取引に絡んだ円売りも

外国為替 2022年05月26日 10:15

東京為替:ドル・円は127円58銭まで上昇、クロス取引に絡んだ円売りも

© Reuters.

26日午前の東京市場でドル・円は127円50銭台で推移。
127円58銭まで買われている。
127円近辺から126円台後半には個人勢などのドル買い興味が残されているようだ。
仲値時点のドル需要はやや多かったもよう。
目先的にドルは底堅い値動きを維持するとみられる。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は127円12銭から127円58銭、ユーロ・ドルは、1.0678ドルから1.0706ドル。
ユーロ・円は135円87銭から136円55銭。

後場に注目すべき3つのポイント~急伸後の反動安こなす強い動き、ただ楽観シナリオ再考を迫る要因も

東京為替:ドル・円はしっかり、月末のドル需要で

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(前引け)

■eワラント売れ筋トップ5(2022/5/31 11:31現在)順位 銘柄名(権利行使価格) 前日比 レバレッジ 販売価格1 日経平均 マイナス3倍トラッカー (32,000円) .

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 クロス取引とは 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • クロス取引とは
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,365.00-4.43-0.02%
日経225先物 (F)27,365.0-35.0-0.13%
韓国総合株価指数2,678.17+8.51+0.クロス取引とは 32%
NYダウ33,212.96+575.77+1.76%
独DAX14,575.98+113.79+0.79%
S&P/ASX 2007,248.90-37.70-0.52%
米ドル指数101.648+0.343+0.34%
1,854.85-2.45-0.13%
原油 WTI118.23+1.05+0.90%
21.843-0.127-0.58%
米国綿花2番139.71+0.51+0.37%
排出権83.クロス取引とは 20-1.00-1.19%
米国シカゴコーン770.40-5.60-0.72%
米国コーヒー228.65+2.05+0.90%
ドル/円128.05+0.51+0.40%
ドル/ウォン1,236.09-0.26-0.02%
ユーロ/ドル1.0749-0.0027-0.クロス取引とは 26%
ユーロ/円137.66+0.20+0.15%
トルコリラ/円7.8144+0.クロス取引とは 0323+0.42%
豪ドル/円91.98+0.20+0.22%
ポンド/円161.54+0.18+0.11%
クロス取引とは
大塚ホールディングス4,383.0+6.0+0.クロス取引とは 14%
ソフトバンクグループ5,395.0+37.0+0.69%
トヨタ自動車2,126.50.00.00%
三菱UFJフィナンシャル・グループ734.9-3.4-0.46%
ブイ・テクノロジー2,909.0-6.0-0.21%
東芝5,780.0-48.0-0.82%
みずほフィナンシャルグループ1,531.00.00.00%

ドル安、リスク心理の高まりで月初めの下落に転じる

EU首脳、ロシア産石油禁輸で合意 年内に9割対象

インフレ「大幅」低下まで50bp利上げ支持=ウォラーFRB理事

ロシアに到達可能な長距離砲、ウクライナに供与せず=バイデン氏

急伸後の反動安こなす強い動き、ただ楽観シナリオ再考を迫る要因も

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

『お金』から見たWeb3.0の影響力と未来は。先駆者、ブロックチェーン推進協会理事岡部氏が語るこれからの社会の形

岡部典孝
JPYC株式会社 代表取締役
2001年 一橋大学在学中に有限会社(現株式会社)リアルアンリアルを創業、代表取締役/取締役CTO等経て取締役。2017年 リアルワールドゲームス株式会社を共同創業、取締役CTO/CFOを経て取締役。2019年 日本暗号資産市場株式会社(現JPYC株式会社)を創業、代表取締役。2020年 Links株式会社取締役。2021年 iU情報経営イノベーション専門職大学の客員教授、BCCC理事、DeFi協会・ステーブルコイン部会長。

INDEX

地域通貨の研究から「Web3.0」へ

――まずは岡部さんがWeb3.0のような世界観に興味を持ったきっかけを聞かせてください。

――Web3.0に関わるキャリアとしては、異色のキャリアに見えますね。

Web3.0で大きく変わる「お金の流れ」

――本題に入りますが、Web3.0とは世界に、どんな変化をもたらすのか聞かせてください。

特に大きな変化が起きるのはお金の流れです。例えば製品を販売し代金をお客さんがクレジットカードで支払う場合を見てみます。現在の商取引では、カード会社で処理され、製品の代金が入金されるまでに1ヶ月程度かかり、手数料もとられます。これだと、売上は立っているのにキャッシュフローが赤字になったり、悪ければ借り入れが必要になることさえあります。

その原因は、取引の途中に人が介在しているから。Web3.0の世界では、決済の処理も全てがデジタルで行われるため支払いのタイムラグもなくなり手数料も発生しません。発生するとしてもごく少額ですみます。納品した瞬間に代金が受け取れるため、商売がしやすくなり企業の成長に繋がります

――タイムラグのない処理は、キャッシュレス決済の延長線などでは難しいのでしょうか?

そして一つのプラットフォームに資産が集中するのも大きなリスクです。例えば今回のロシアのように経済制裁などによりプラットフォームが機能不全に陥ると、そのプラットフォームで資産を管理していた人は、資産は引き出せなくなるかもしれません。分散型のWeb3.0ではそのようなリスクを回避できるのも大きなメリットです。

――既にWeb3.0による金融の仕組みもあるのでしょうか。

今はDeFi(Decentralized Finance)という分散型金融の領域が一番盛り上がっていて、そこで使われているステーブルコイン(価格の安定性が実現するように設計された暗号資産)は既に20兆円以上の取引がされています。銀行とは違って24時間365日誰でもお金が貸し借りでき、手数料もごく少額しかかかりません。例えばPolygonあるいはShidenというネットワークですと、金額に関わらず一回の送金手数料は0.1円以下になることが多いです。(2022年5月現在)

しかし、Web3.0では人を介しないためお金の管理に人件費がかかりませんし、システムや維持費用もこれまでに比べて遥かに安価になります。それにより私たちは手数料を支払わなくて良くなり、みんなハッピーになると注目されているわけです。

変化する「お金」。消えていく現金と銀行の未来

――手数料を払わなくていいなら、みんなWeb3.0を使いますよね。そうなると、銀行など既存金融機関はどうなるのでしょうか。

これからWeb3.0が普及していくに当たって、既存の金融機関がどれほどのダメージを受けるかが一番のボトルネックだと思います。その危機を回避するために、多くの銀行がスタートアップに出資して新しいビジネスの形を模索しているんです。

――仮想通貨が普及していくということは、現金はなくなっていくのですか。

――仮想通貨だけを持っているのは少し怖いですね。

メタバースで変わる国や自治体のあり方はどう変わる?

――Web3.0の大きなテーマと言えば、メタバースもありますよね。メタバースで世の中がどのように変化するのか聞かせてください。

オンラインで仕事ができるなら通勤する必要もなく、満員電車に1時間も揺られる必要もありませんし、子育てや介護をしながら働くことだってできます。世界に目を向ければ、言語の壁があるとは言え、今は精度の高い自動翻訳もありますし、グローバルの壁はなくなりつつあるのです。

――ロボットが取引するとはどういうことでしょうか?

今はまだ金融業界に限った話ですが、今後はメタバース上で「小麦をいくらで買い付ける」という取引も、すべてロボットが交渉して決めるようになると思います。ロボットが正常に作動しているか、チェックするのが人の仕事になっていくでしょう。

――技術以外のハードルもあるのですね。

メタバースは多くの人に富を与えると同時に、管理も複雑になります。例えばメタバース上で発生した利益に対して税金をどこの国が徴収するか、国同士で利権争いにもなるでしょうし、国民の管理も大変です。マイナンバーなどで管理することで、国家に監視されやすくなるなど様々な問題を解決しなければいけません

――税金の話は国家間だけでなく、自治体でも課題にもなりそうですね。

――そう考えた時に、日本のWeb3.0の進捗度は海外と比べてどうなのでしょうか?

ただし、個人的には日本はもともとWeb3.0の概念に向いているとは思っています。日本は村のような小さなコミュニティを運営するのに長けていて、それは分散型の概念に近いんですね。一神教ではなく、いろんな宗教を信仰している人が同じコミュニティに属している国なので、Web3.0的な考え方を受け入れる土壌はあると思います。

早ければ5年後には実現するWeb3.0。鍵となるのはキラーアプリ

――どれもSFのような話ばかりでしたが、Web3.0はどれくらいの期間で実現すると思いますか?

早ければ5年もかからないと思います。例えばポケモンGOのようなキラーアプリが誕生すれば、Web3.0の世界も一気に広がるはずです。ポケモンGOにもポケコインという仮想通貨がありましたが、それで日々の生活もできるようになれば、社会は急速に変わるでしょうね。

――最後にこれからWeb3.0に参入するとしたら、狙い目の領域があれば教えてください。

ここがポイント

・「Web3.0」により大きな変化が起こるのはお金の流れ。決済処理もデジタルで行われるため支払いのタイムラグもなくなり手数料も発生しなくなる。
・ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨は、日常で使うには値動きが激しいため「ステーブルコイン」で取引価格の安定が図られている
・今後、メタバース上では「小麦をいくらで買い付ける」という取引も、すべてロボットが交渉して決めるようになる
・メタバース上で発生した利益に対して税金をどこの国が徴収するかや、国民の管理、監視社会にしないなど様々な問題を解決しなければならない
・日本は村のような小さなコミュニティを運営するのに長けていて概念が近いため、分散型のWeb3.0は向いている
・キラーアプリが誕生すれば、Web3.0の世界も一気に広がる

株式・FX市場情報

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる