成功事例

おすすめ無料FXチャートアプリ

おすすめ無料FXチャートアプリ
パソコンと違い、FXトレードのアプリを選ぶときは下記2点に注意することで、自分に合ったチャートアプリを選べます。

【2022最新版】おすすめFXチャートアプリ7つを比較!失敗しない選び方2つ

FXアプリおすすめ徹底解説

FXアプリを選ぶときのポイント2つ

パソコンと違い、FXトレードのアプリを選ぶときは下記2点に注意することで、自分に合ったチャートアプリを選べます。

  1. チャートが見やすいか
  2. アプリからでも情報量は十分か

気になる方はぜひチェックして下さいね!

【3分でFXチャートが読める】勝率UPするテクニカル分析5種類

1:チャートが見やすいか

スマホでチャートを見る際に、まず気をつけたいのが 見やすさ です。

パソコンに比べると画面が小さいスマホでは、チャートの見やすさの微妙な違いで取引のタイミングを誤り、利益獲得のチャンスを逃す場合も少なくありません。

2:アプリからでも情報量は十分か

重大なニュースや経済指標などの発表をきっかけに値が動くFXでは、値動きする前により多くの情報をFX会社が発信しているかもポイントです。

そのため、より多くの情報をアプリでも リアルタイム に提供しているFX会社を選ぶようにしましょう。

知名度抜群の人気FX会社! DMMFX

DMMFXのチャートアプリ

  • スワップポイントの売り買いが同じであるFX会社が良い人
  • スプレッドが狭いFX会社が良い人
  • 業界初!LINEでのサポートが24時間付いているFX会社が良い人

DMMFXのスマホアプリは、 テクニカル分析機能がトップクラス です。

・チャートアプリ機能

DMMFXでは、テクニカル系6種オシレーター系5種の中から複数を選択して表示できます。

また画面の 4分割 も可能なので、関連性の高い通貨ペアや同一通貨で違う時間足を表示させるなどより幅広い分析が可能です。

DMMFXのチャートアプリについて

【基本指標:テクニカル系】

  • SMA
  • EMA
  • おすすめ無料FXチャートアプリ
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • スーパーボリンジャーバンド
  • スパンモデル

【補助指標:オシレーター系】

  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • スローストキャスティクス
  • RCI

・チャートアプリのニュース・経済指標

DMMFXのチャートアプリのニュース

DMMFXのニュースでは、最新ニュースはもちろん、 要人発言やマーケットコメント まで網羅されています。

また、経済指標は重要度が三段階で表示され、前回の結果と今回の予想、すでに発表された指標については結果が表示されているので、FX初心者でもわかりやすくなっています

おすすめのFXアプリTOP6|スマホでFXを始めたい方向けに選び方から使い方まで徹底解説

ひろぴーさんの画像

GMOクリック証券

2位:LINE FX

FXアプリ_LINEFXの評価画像

通知機能 あり
チャート同時表示 4チャート
注文方法 7種類
トレンド系
テクニカル
4種類
オシレータ系
テクニカル
7種類
取扱通貨ペア数 23
即日での
口座開設
可能
公式サイト 公式サイトはこちら

特徴1:圧倒的に見やすいチャート

LINE FXはアプリでの取引に特化しており、 アプリ全体として非常に見やすいデザイン になっています。

肝心のチャートも1画面表示と4画面表示を切り替えることができ、複数のテクニカル指標を表示させてもゴチャゴチャしない点が特徴的です。

FXアプリ_LINEFXのチャート画像

特徴2:LINEで重要通知を知らせてくれる

LINE FX公式アカウントが LINEで重要通知を知らせてくれる機能 は、他のFX会社にはない大きな特徴です。

重要な経済ニュース価格の急変動などを即時にLINEで通知してくれるので、いつでもタイミングを逃さず有利に取引ができます。

FXアプリ_LINEFXの通知画像1

FXアプリ_LINEFXの通知画像2

LINE FXは、ユーロ円やポンド円などの 人気通貨ペアでスプレッド縮小キャンペーン を定期的に行なっている上、 スワップポイントも高水準 ですので、メインFX口座としても長く使っていけるでしょう。

スマホで「かんたん本人確認」をして申し込みすれば最短即日で取引を始められる点も大きな魅力です。

3位:MATSUI FX(松井証券)おすすめ無料FXチャートアプリ

FXアプリ_松井FX

通知機能 あり
チャート同時表示 4チャート
注文方法 4種類
トレンド系
テクニカル
11種類
オシレータ系
テクニカル
17種類
取扱通貨ペア数 20
即日での
口座開設
×
公式サイト 公式サイトはこちら

4位:外為どっとコム

FXアプリ_外為どっとコム

通知機能 あり
チャート同時表示 4チャート
注文方法 11種類
トレンド系
テクニカル
12種類
オシレータ系
テクニカル
10種類
取扱通貨ペア数 30
即日での
口座開設
可能
公式サイト 公式サイトはこちら

口座開設さえすれば誰でもニュースをみることができるので、 FXニュースを集めるためのアプリとして使っているトレーダーも多い です。

5位:DMM FX

FXアプリ_DMMFX

通知機能 あり
チャート同時表示 4チャート
注文方法 5種類
トレンド系
テクニカル
6種類
オシレータ系
テクニカル
5種類
取扱通貨ペア数 21
即日での
口座開設
可能
公式サイト 公式サイトはこちら

DMM おすすめ無料FXチャートアプリ FXのFX取引アプリは、何と言っても シンプルで操作性が高い ことが特徴です。

6位:FXブロードネット

おすすめ無料FXチャートアプリ おすすめ無料FXチャートアプリ おすすめ無料FXチャートアプリ
通知機能あり
チャート同時表示 1チャート
注文方法 7種類
トレンド系
テクニカル
9種類(Android版)
オシレータ系
テクニカル
11種類(Android版)
取扱通貨ペア数 24
即日での
口座開設
可能
公式サイト公式サイトはこちら

その中でもAndroid版の評判は高く、 アプリ内で自動売買「トラッキングトレード」を行うことが可能 です。

アプリで自動売買ができるFX会社は少ないため、自動売買を気軽に始めたい初心者には特にピッタリだと言えるでしょう。

FXアプリのおすすめ人気ランキング27選【徹底比較】

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 おすすめ無料FXチャートアプリ 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

自社施設

FXアプリとは?

FXアプリとは、FX業者が配信しているスマートフォンでFX取引ができるアプリのこと。

FXアプリを利用するためには、FX業者で取引口座を開設する必要があります。大きな魅力は、いつでも場所を選ばず注文やチャート分析ができること。FX取引の市場は、24時間動いているので、アプリがあれば日中忙しくても、時間を見つけて売買ができますよ。

また、経済指標などの情報を手軽にキャッチできるのもメリット。FXでは、経済指標や政治家の発言で市場が大きく動きます。FXアプリなら重要ニュースの通知機能もあるので、売買のタイミングを逃すことも防げるでしょう。

ただし、さまざまなテクニカル指標を使った複雑な分析は難しいのがデメリット。画面の大きさやアプリ自体の容量が問題で、PCと比べて機能は削られていることには注意してください。

FX業者を選ぶ注目ポイントは?

口座開設する業者を選ぶときは、売買コストや投資先の種類など業者のスペックを確認しましょう。

FXアプリの売買でかかるスプレッドや取扱通貨ペアの種類などは、業者によってルールが異なります。できる限りコストがかからず、いろいろな通貨に投資したいですよね。通貨ペアが多ければ多いほど、リスク分散できる投資先も増え、投資の幅も広がりますよ。

スプレッドが安いサービスであれば売買のコスト負担を減らせます。スプレッドは、買付レートと売却レートの差額で新規注文を出すたびにかかるコスト。この差額が狭いほど小さい値上がりで利益につながるので、スプレッドの狭さは事前に確認しておきましょう。

FXアプリの選び方

FXアプリを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

① 使いやすさで選ぶ。チャートの見やすさや注文の出しやすさをデモアプリで確認

FXアプリで取引するなら、画面の見やすさ・売買のしやすさをデモアプリで確認しておきましょう。

チャートや発注時の画面構成はアプリごとに異なります。使いづらいアプリを選んでしまうと誤タップしてしまい、注文を誤ってしまうことも。自分にとって使いやすいサービスなら、ストレスなくFX取引ができますよ。

使用感の確認はデモアプリがおすすめです。デモアプリは、仮想資金を使って本番の取引環境に近い状態で取引を体験できるアプリ。ただし、デモアプリがないサービスもあるので、公式サイトの操作マニュアルなどでの確認も検討してみてください。

② 機能性で選ぶ。取引ツールと通知機能に注目

テクニカル指標や描画ツールなどの取引ツールが豊富なサービスを選ぼう

投資先の売買判断を分析したいなら、テクニカル指標などの取引ツールが多いアプリがおすすめです。

テクニカル指標は、検討中の投資先が買われすぎているのかや、今後上昇していくのかを分析するチャートのこと。描画ツールは、投資先がどこまで値下がりするのかなどを調べるために、チャート上に補助線を引けるツールです。どちらも必ず分析どおりになるわけではありませんが、納得のいく投資先を見つける助けになりますよ。

ただし、テクニカル指標としてメジャーな指標はほとんどのサービスがそろえています。FXアプリを選ぶときは、対応している指標の種類も重要ですが、見やすさや複数の指標を同時展開できるかにも注目してみましょう。1つの画面内で複数の指標が使えたら、分析もはかどりますよ。

経済ニュースと価格の通知機能はマスト。ウィジェット機能があるとなおよし

相場急変時にもすぐに対応したいなら、経済ニュースと価格の通知機能があるか必ず確認しましょう。

FXでは、経済指標の発表などで相場が一気に動きます。発表された内容をすぐにキャッチして取引するためにも、重要な指標の発表を通知してくれる機能は必須。また、買いたい・売りたい通貨が目標の値段まで動いたときにお知らせしてくれる機能もあれば、売買のタイミングを逃すこともありませんよ。

ウィジェット機能があれば相場状況も手軽に確認できます。ウィジェット機能は、スマートフォンのホーム画面に通貨のレートなどを表示する機能。アプリを立ち上げなくても、気になる通貨の値動きをチェックできるので、ぜひ利用してみてください。

③ 入金依頼・出金依頼をアプリでできるかチェック

注文や分析のしやすさ以外にも、アプリからの入出金ができるか確認しましょう。

FX取引をするためには、取引資金の入金・出金は必須です。FXアプリのなかには、アプリ上で資金移動できないサービスがあります。いざというときに資金が足りず、思ったように取引ができないこともあるので注意してください。

また、リアルタイム入金や出金にかかる日数にも要注目。リアルタイム入金は、入金金額が即座に取引口座に反映されるサービスで、目をつけた商品の値下がりや万が一の追証にも対応できます。出金日数も業者ごとに異なるので、必要な日までに資金が振り込まれるよう、出金にかかる営業日も確認しておきましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる