バイナリー オプション

テクニカルインジケーター

テクニカルインジケーター
鈴木拓也

テクニカルインジケーター

NK2251!: 日経225先物 6/1(水)日中 デイトレ シナリオ

現状は60分足、15分足共にトレンドレス この状況を基に A:27,テクニカルインジケーター 320を上回る:27,250を上回れば15分足のボトム27,160が確定し、高値切り上げ、安値切り上げの上昇トレンドに転換、 27,320を上回れば60分足のボトム27,140が確定し、上昇トレンドに転換、75MA上で上有利と考えて、 27,320を上回り5分足のあや押しからの買い場探し B:27,320~27,140:60分足、15分足の共にトレンドレスで様子見 C:27,140より下:60分足が下降トレンドに転換、75MA下で下有利と考えて、5分足のあや戻しからの売り場探し

BTCUSD: 【予想的中】BTCやはり上昇【2022年5月30日】

ごきげんよう surumegohanことshowです。 前回のアイデア投稿によるBTCの大きな変化。 一晩あけて一気に上昇しましたね。 仮に私の 前回のアイデア投稿をみて、仕掛けていた方はおめでとうございます 。 4時間足がBBを離れすぎていますが、昨晩から仕込んでいたならまだ静観。 日足のエクスパンションが発生していないのでまだいけるかもしれません。 週足は当たり前ですが月曜日なので陽線形成、このまま6月の月足はあげてほしいものです。

XAUUSD: 【為替・FX】XAU/USD 金・ゴールドの今週のポイント

《XAU/USD 週足》 BBブレイク&回帰 ①4年ぶりのBBセンターブレイク ②トレ転? ③MA200はまだ抜いていない ④MA200抜くまではレンジ予想 ⑤抜いたら本格的なトレ転 ⑥ポイントは1670ブレイク 《XAU/USD 日足》 難易度高すぎ見なくてOK ①何も効いていないチャート ②強いて言うならセンターライン ③ ②の天井化でちょっと面白い展開 《XAU/USD 4時間足》 MA200に期待中 テクニカルインジケーター ①上に傾きつつあるチャート ②MA200の天井化が今後の注目点 ③丁度日足のBBセンターと同値 ④そのまま下落できると結構いい感じ 《XAU/USD 1時間足》 こっちは上のチャート ①完全に上に傾むいたチャート ②MA200の床化 ③1時間のMA200 VS.

テクニカルインジケーター TSLA: 【TSLA】ついに$700割れ!どこで買い増しする?

Teslaの値動きを振り返ります。 ■チャート ついに$700を大きく割ってしまいました。 週足でも100日移動平均線を下抜けし、まだまだ底が見えません。 個人的には$550まで落ちてくるんじゃないかと思い、一旦買い増しを控えています。 ■S&P500 ESG指数から除外 S&P Dow Jones.

BNBBUSD: STEPN用ギャンチャート

ステップンのトレードの参考に(゚Д゚)ノ ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

4385: トレンド転換を見抜け ~チャートの注目ポイント~

(4385)メルカリ 日足チャート」 このチャートは今、物凄く分かりやすい下降トレンドとなっています。 移動平均線大循環分析で見ると、第4ステージを継続しています。 一時的に第5ステージになるものの、直ぐに第4ステージに逆行する動きになっています。 いわゆる、ステージの「4→5→4の戻り売り」パターンとなっています。 このような分かり易い下降トレンドは、売りでしっかりと獲りたいところです。 ただ、ポイントとしては、そのトレンド転換するところをいち早く察知することができれば、早く仕掛けることができます。 では、トレンド転換を察知するにはどうすれば良いのでしょう。 それは、常にトレンドラインを引く習慣を持つということです。 ラインを引くことで、トレンドの変化をいち早く察知することができます。 ここでは、ステー.

USDJPY: 【為替・FX】USD/JPY ドル円の今週のポイント

《ドル円 日足》 ①BW終了 ②最大調整幅121円付近 ③まずはBBセンターまでの乖離埋め ④その後MA200まであるか 《ドル円 4時間足》 下方向だが勢いなし ①相場は下方向 ②MA200もブレイク ③ただ勢いがない ④今週は一旦MAの天井を試しに行くかも ⑤白の水平線に注目 《ドル円.

NI225: 日経225先物 5/31(火)日中 デイトレ シナリオ

現状は上昇トレンドの60分足の調整中 この状況を基に A:27,420より上:上昇トレンドの60分足の調整終了からの再上昇開始と考えて、5分足のあや押しからの買い場探し B:27,420~27,000:上昇トレンドの60分足の調整終了と考えて、支持帯からの上昇で買い場探し C:27,000より下:上昇トレンドの60分足の調整が押し過ぎで、75MA下になり、トレンドレスと考えて様子見

SHCOMP: 大転換の予兆か?上海総合指数

上海総合指数のチャートを見てみましょう。 移動平均線大循環分析では第6ステージです。 第6ステージは上昇相場の入り口です。 このまま順行するか、逆行するか・・・ 大循環MACDはダイバージェンスです。 大循環ストキャス(ストキャスティクス)は20がトップゾーン入りです。 個人的には面白い形のチャートになってきていると思い注目しています。

GSTUSDT: GSTのギャンチャート(゚Д゚)ノ

ステップンのトレードの参考に(゚Д゚)ノ ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

YETI: $YETIで勉強

1.窓開け大きく下落後、上昇して引ける。平均の3倍の出来高。翌日に出来高増の陽線。 2.数日大きく下落、支持され上昇に転じる。 3.決算日に高値から大きく売られ、その後も数日売られる。 4.安値付近で2日大きな陽線。高値で大陰線後に大陽線。その後出来高が減少。 5.高値でまた大陰線。 6.高値付近で陰線、出来高は減少。 ↑ 1.大きく下げたが機関の買い集めにも見える。 2.下落が続き安値付近で機関の買い。 3.大きく下落したが、上髭がでて買いもあったように見える。 4.テクニカルインジケーター 高値付近では売り圧力があるが、下落後に買いがしっかりと入る。出来高が減少してきている。 5.売り圧力がまだある。 テクニカルインジケーター 6.陰線はでてるが出来高が減少。売り圧力が弱まった。 いろんな視点からの話が聞きたいです😁 ※短い文にするため言葉がおかしくなってる可能性があり.

BTCUSD: 今日のBTC(・ω・)ノ

ビットコは一旦いい所を抜けたのでこのまま復活していきそうな雰囲気 他のアルト達も調子が戻ってきたようですね。ただGST弱www ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切な.

ZIM: $ZIM(ipo)で勉強

1.下降トレンドをブレイク。 2.高値で出来高増の陰線、上値引け。 3.大陰線後に大陽線。 4.売りが続くが、安値付近で出来高が減少。 5.出来高伴う陽線後、終値が狭まる。 ↑ 1.機関の買いが見られる。 2.10dSMA反発、陰線だが上値で引ける。 3.大きく売られるが安値で買いが入る。 4.また売られるが、売り圧力がなくなる。出来高減少し売り枯れにみえる。 5.安値付近で買いが入る。その後、終値の動きが狭まる。 いろんな視点からの話が聞きたいです😁 ※短い文にするため言葉がおかしくなってる可能性があります。 ※縦点線は買いポイント。 ※白い縦線は機関の買い予想。

NK2251!: 日経225先物 5/31(火)日中 デイトレ シナリオ

現状は上昇トレンドの60分足の調整中 この状況を基に A:27,420より上:上昇トレンドの60分足の調整終了からの再上昇開始と考えて、5分足のあや押しからの買い場探し B:27,420~27,000:上昇トレンドの60分足の調整終了と考えて、支持帯からの上昇で買い場探し C:27,テクニカルインジケーター 000より下:上昇トレンドの60分足の調整が押し過ぎで、75MA下になり、トレンドレスと考えて様子見

GMTUSDT: GMTギャンチャート(゚Д゚)ノ

ステップンのトレードの参考に(゚Д゚)ノ ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

BTCUSD: 日足BB収束判定出てますが・・・

謎の穴の中から『かいたんへ~た~くそ~』と言う会の情報によりますと・・・・ 日足BB収束判定出てます BBの上側と下側の角度に大きく差があるので高確率で下にブレイクする見込まれます しかし、週足BBも収束判定が出ているので大きく崩壊しないと思われます 結果、下振れ以後はどてんロングです 大きく動くのは週足BBがブレイクするまで待つ必要があります ※短期の上げ下げは理論通りにはならない確率が高いのでどうなるかわかりません ※万一この予想が当たる事がありましても、たまたま当たっているように見えているだけですので、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります ※使用してるインジケーターはLOG計算しているので通常のインジケーターと値が若干異なります ※かいたんの予想はリアルタイムどころか.

SPX: MACDと一目均衡表の意外な関係

一目均衡表のオシレーター(インジケーター)を作ってながめていたのですが、意外なことがわかってきました。 上段がS&P500指数のチャートと一目均衡表、 中段が 終値ー先行スパン1 下段がMACD です。 すべてパラメーターは標準値です。 終値と先行スパン1との関係を強調するために、上段の一目均衡表は先行スパン1を強調し、 遅行スパンを消去しています。 テクニカルインジケーター わかったのは、 株価が先行スパン1とクロスするときと、MACD線が0ラインとクロスするときがほぼ等しい.

FXテクニカルインジケーター種類と活用法まとめ

テクニカルインジケーターバナー


テクニカルインジケーターは、相場の値動きの傾向を統計学的にまとめて指標化したものです。

これは、たくさんの市場参加者が注目しているテクニカルということは、
そのポイントでの為替相場の値動きにテクニカルが効きやすくなる可能性が高まるからです。

多くの市場参加者が意識しているポイントでは、売買の攻防も大きくなる傾向だからです。

テクニカルインジケーターの種類

トレンド系テクニカルインジケーター

オシレーター系テクニカルインジケーター

  • MACD(Moving テクニカルインジケーター Average Convergence Divergence Trading Method)

その他のテクニカルインジケーター

相場の戻りを測るテクニカル。
フィボナッチ数列という自然界で意識されやすい数列を用い、
相場の戻り転換の目安をつけることができる。

テクニカルインジケーターは自作することも可能で、
様々なカスタムインジケーターがインターネット上で公開されていたり、
有料で販売されていたりもします。

テクニカルは組み合わせて利用する

トレンド系とオシレーター系で種類がわかれることもあり、
それぞれカバーしている相場状況が違うことからも
複数のテクニカルインジケーターを組み合わせて使用するのが推奨されることが多い。

また、
テクニカルインジケーターのサインに頼り過ぎてトレードするのも、
相場分析力向上を足止めしてしまう場合もあるので、
あくまでも「トレード根拠のひとつ」として使用するのがおすすめです。

インジケーターを活用した取引方法

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

『FXインジケーターのおすすめ6種類』を現役トレーダーが解説

鈴木拓也

鈴木拓也

トレンド系のおすすめインジケーター3種類

移動平均線

移動平均線

また、移動平均線には、期間が短い短期線と期間が少し長い中期線の2つを使った「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」と呼ばれる手法があります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

短期線が中期線を下から上に抜けていくと「ゴールデンクロス」と呼ばれ、 買いのサイン となります。

逆に、短期線が中期線を上から下に抜けていくと「デッドクロス」と呼ばれ、 売りのサイン になります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

  • 1σ=68.26%
  • 2σ=95.44%
  • 3σ=99.74%

しかし、だからと言って、レートがバンドの外に抜けたから逆張りでエントリーするのは誤った使い方です。

ボリンジャーバンドの正しいトレード手法は、上下のバンドの幅が狭くなった状態「スクイーズ」から、一気にバンドが広がる「エクスパンション」を狙った手法です。

ボリンジャーバンド

スクイーズの状態は、次にトレンドが発生する準備段階なので、 エクスパンションが発生した直後にエントリーする ことによりトレンドで利益を得ることが出来ます。

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表の雲は抵抗帯や支持帯としての機能を持ちますので、 雲でレートが反転する可能性 があります。

雲は一目で大きさや厚さが判断できますが、雲の厚さが厚いほど、より強力な抵抗帯や支持帯として働きます。

鈴木拓也

鈴木拓也

FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる