FXのメリット

はじめての暗号資産はコインチェック

はじめての暗号資産はコインチェック

上図は1BTCあたり6,913,456円のレートで0.1 BTCの買い注文を入れる場面です。この時、概算として691,346円が必要になります。また、「レート」は手入力だけでなく、売買板から選択することもできます。売買板は目まぐるしく変動するため、慌てず注文を出し、取引成立まで気長に待ちましょう。

bitFlyerとCoincheckならどっちがいい?手数料や特徴について解説

bitFlyerとCoincheckを徹底比較

取り扱いの通貨はそれぞれ類似しておりビットコインやイーサリアム、ネムなどを取り扱っています。 通貨数はCoincheckが17種類と一歩リードしており、bitFlyerは15種類となっています。 取引通貨数はCoincheckの方が多いのですがメインの暗号資産は、両者ともに多岐にわたるため特に差はありません。それぞれの取引所でしか取引できない暗号資産もあるため、自分が取引したい暗号資産を扱っている方を選びましょう。

アプリで比較

次はアプリで比較しましょう。bitFlyerの提供するアプリは取引所と販売所の金額比較がしやすい設計です。実際の店舗でもビットコインを使っての決済が可能で、暗号資産に関連するニュースや、ビットコインをもらえるサービスがあるのが魅力です。 一方Coincheckが提供しているアプリはシンプルな画面で使いやすい設計になっています。電気やガス料金の支払いも行うことができます。

アイコン

アイコン

Google Playの評価を見てみると、bitFlyerは3.5、Coincheckは3.8の評価を得ています。どちらのアプリも使い勝手の良いつくりが好評ですが、迷ったらアプリダウンロード数1No.1のCoincheckを選ぶのがよいでしょう。

bitFlyerの特徴

bitFlyer

新井智美

ビットコインの取引量が国内でナンバーワンと言われているbitFlyerには、次のような特徴があります。

  • 安心のセキュリティー対策
  • ビットコインFXに挑戦できる

安心のセキュリティー対策

  • パスワードの共同チェック
  • アカウントロック機能
  • ログイン履歴の管理や自動タイマー

ビットコインFXに挑戦できる

bitFlyer Lightning

bitFlyerでは「bitFlyer Lightning」と言われるbitFlyer上で、FXに挑戦することができます。FX取引ではレバレッジをかけて取引を行えてレバレッジは最大2倍まで設定できます。レバレッジをかけて、上昇・下落の両方で利益を狙えるため、様々な戦略での投資ができます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)が無料でもらえる!おすすめのサービスやアプリを紹介

一番のオススメは「DMM Bitcoin」で実質無料で2,000円分のビットコインを入手する方法

ビットコインを無料でもらう方法で、一番のおすすめはDMM Bitcoinの2 ,000円キャッシュバックキャンペーン を利用する方法です。

ビットコイン(BTC)は以下の 2STEP で簡単にもらえます。

  1. DMM Bitcoinで 口座開設 をする
  2. 口座開設完了すると、とくべつな手続きなしで、1,000円分キャッシュバック

最短即日でビットコインがもらえる!DMM Bitcoin

DMMBitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーンを活用すれば、 新規口座開設するだけで2,000円分のキャッシュバックがもらえます。

買い物やサービスを利用すると、ビットコイン(BTC)がもらえる

なぜなら 利用者がサービスに申し込むことによって、広告費の一部が利用者に還元される仕組み だからです。

  • クレジットカードへの登録
  • ふるさと納税の利用
  • はじめての暗号資産はコインチェック
  • ショッピングサイトでの商品の購入
  • 不動産投資ローンの申し込みの完了
  • デリバリーサービスの利用

公共料金の支払いに応じて、最大支払額の7%分のビットコインがもらえる

コインチェックでんき

たとえば、 Coincheckでんきを利用すると公共料金の支払いに応じて、最大支払額の7%分のビットコインがもらえます。

  • ビットコイン付与プラン:支払った電気代に応じて最大7%のビットコインがもらえる
  • ビットコイン決済プラン:ビットコインで電気代を支払うと、最大 7%の割引が受けられる

手軽にビットコイン(BTC)がもらえる!おすすめのゲームアプリ2選

手軽にビットコインがもらえるゲームアプリは以下の2つ です。

  • アカウント登録だけでビットコインがもらえる「cheeese(チーズ)」
  • 価格予測が正解すれば、毎日ビットコインがもらえる「ぴたコイン」

アカウント登録だけでビットコインがもらえる「cheeese(チーズ)」

cheeese

cheeeseを利用すると、 アカウント登録をするだけで0.0001BTC(約350円分)のビットコインがもらえます。

価格予測が正解すれば、毎日ビットコインがもらえる「ぴたコイン」

ぴたコイン

リスクなく、遊び感覚でビットコインが手に入る ので、気軽にビットコイン投資を始めたい人におすすめでしょう。

貯めたポイントをビットコイン(BTC)と交換できる!おすすめのポイントサイト

貯めたポイントをビットコインと交換できるポイントサイトは以下の1つ です。

  • 海外のWEBサイトFaucet(フォーセット)を利用して、ビットコインをもらう

海外のWEBサイトFaucet(フォーセット)を利用して、ビットコイン(BTC)をもらう

Faucetとは蛇口という意味で、 「蛇口をひねるように仮想通貨を受け取れる」 という由来があります。

ビットコイン(BTC)を無料でもらう際の注意点3つ

ビットコインを無料でもらう際の注意点は以下の3つ です。

  1. もらったビットコインはコールドウォレットに保管する
  2. もらったビットコインが110万円分以内なら税金はかからない
  3. 取引金額分のビットコインをすべて無料サービスだけで稼ぐのは難しい

注意点1.もらったビットコインはコールドウォレットに保管する

コールドウォレットを使えば、 不正アクセスによる仮想通貨の盗難リスクを防ぎ、安全にビットコインを保管できる でしょう。

ビットコイン/仮想通貨投資の始め方を徹底解説|始める手順を初心者にもわかりやすく解説

仮想通貨の始め方

引用元:Trading View提供のチャート

このように、世界中の関心が高まり市場として現在も大きく伸びているので、非常に将来の市場も大きく期待できるというわけですね。

ブロックチェーンに対する理解を深めることができる

ブロックチェーン

  • 分散型台帳で監視を行い、取引を管理する仕組みでセキュリティが非常に高い
  • データ改ざんが事実上不可能と言われており、で安全性が高い仕組み

このブロックチェーンを使った「スマートコントラクト(契約の自動化)」は不動産の賃貸契約で利用されているだけでなく、世界の大手銀行でもブロックチェーンを活用したコスト削減を進められています。

少額から投資を始めることができる

1BTCの価格が350万(2021年1月)と出ているため、初心者が手が出しにくいと思っている人も多いと思いますが、 ビットコイン投資は少額から始めることができます。

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)はじめての暗号資産はコインチェック なら0.001BTCから購入可能

仮想通貨投資は現在において注目されている投資分野 ですので、まだ始めていない方は今日から始めてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ビットコインが無料で貰える仮想通貨の始め方

先ほどまでは仮想通貨投資を始めるために最適な取引所を紹介していましたが、ここでは無料でビットコインを貰える方法について紹介します。

リスクをかけずに仮想通貨投資を始める方法になりますので是非参考にしてください。

その方法とは ビットコインが貰えるポイントサイト「ビッコレ」を活用すること です。

ビッコレ

ビッコレでは他のポイントサイトとは違い買い物や広告案件によって手に入れた報酬を全てビットコインで支払われます。

そのため、 誰でも無料でビットコインを稼ぐことができる方法 なのです。

現在では登録だけで100円分のビットコインを無料で獲得することができますよ。

\ 無料で100円分のBTCもらえる!/

ビットコイン(BTC)/仮想通貨に関するよくある質問(Q&A)

初心者が仮想通貨投資を始めるのは危険ではないのですか?

本人確認を厳重に行っているからこそ、なりすまし等によるリスクを防いでいます。

また、以前はセキュリティが脆弱でハッキングという被害が多かった印象がありますが、 現在は多くの取引所で強固なセキュリティを実施しているので安全 です。

自分が保有している仮想通貨はコールドウォレットと言われるオフライン上に保管されるので、インターネット上の第三者からアクセスされる心配はありません。

いくらから仮想通貨投資を始めることができますか?

1BTCの価格が300万円以上で取引されていると聞くと、そんな大金出せないと思うかもしれませんが、 ビットコインは0.0001BTCなどのように指定できるため、少額でも購入できます。

仮想通貨投資は500円〜1000円で始められる

スマホからでも仮想通貨を始められますか?

特にbitFlyerや コインチェック はアプリの使いやすさに定評がありますので、まずは試してみるといいでしょう。

仮想通貨を始めるために必要なものは何ですか?

ビットコインの購入に手数料がかかりますか?

ビットコインの購入に手数料がかからないことが多いですが、 販売所の場合、スプレッドに差があるため、取引所で購入するよりも割高になってしまいます。

ビットコインや仮想通貨の手数料を確認頂けると、詳しいスプレッドの仕組みや手数料について理解することができます。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資の始め方まとめ

bitFLyer toppage

ビットコインや仮想通貨投資は数百円から取引ができるため、普通の株取引よりもハードルが低く、初心者の方でも始めやすいです。

しかし、価格変動が大きく、あまり大きな額から初めてしまうと、大損してしまう可能性がありますので、 まずは少額から取引を始めることをおすすめ します。

【スマホで簡単】コインチェックでビットコインを購入する方法【動画で解説】

Coincheck


コインチェックは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2019年1月11日に資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局に登録されました。

1. 17種類の仮想通貨の取り扱い

  • コインチェック取扱銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル(XRP)、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ベーシック・アテンション・トークン、IOST、ネム(XEM)、エンジンコイン、モナコイン、LISK、ファクトム、ステラルーメン、クアンタム、オーエムジー、パレット

2. わかりやすいインターフェース、多機能なアプリを提供

coincheck userbility

コインチェックの「販売所」はオンラインショップのような使い勝手で、仮想通貨を500円相当から売買できます。スマホアプリは操作性が高く、販売所にアクセスして仮想通貨を売買できる他、資金の入出庫、人気通貨別のチャット機能、貸仮想通貨機能など包括的に管理できます。価格の表示画面も見やすいと評判で、アプリの累計ダウンロード数は415万を突破しています(2021年6月末時点)。

3. レンディング・NFT・IEO等、多様なサービス展開

コインチェックは仮想通貨の運用サービスも豊富です。自動積立機能や貸仮想通貨(レンディング)は、長期投資家にとって便利なサービスです。2021年に盛り上がったNFT(ノンファンジブルトークン)について、コインチェックは独自のマーケットプレイスを開設しており、ゲーム内アイテムを仮想通貨で売買できます。さらに、投資家がプロジェクトの資金調達に携わることができるIEO(Initial Exchange Offering)プラットフォームを国内で初めてオープンしました。ユーザーにとってコインチェックは様々な収益機会にアクセスできる取引所となっています。

②コインチェックでビットコインを購入するための3ステップ

2-1. 口座開設

2-2. 日本円の入金

はじめての暗号資産はコインチェック
入金方法 概要 注意点
銀行振込(GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行) 入金額は無制限。振込手数料はユーザー負担だが、入金手数料は無料。 ・住信SBIネット銀行はユーザーIDの入力が必須。
・振込人名義はCoincheckアカウント名義と同一の必要がある。
コンビニ入金(ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマート) コンビニ店頭で決済。入金額は1,770円(最低金額1,はじめての暗号資産はコインチェック 000円+手数料770円)~30万円まで。 ・入金日から7日間、該当金額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができない。
・申請から3時間以内の支払い期限がある。
クイック入金(ペイジー決済) ネットバンキング・ATMから、24時間365日決済が可能。入金額は1,770円(最低金額1,000円+手数料770円)~999,999万円まで。 ・入金日から7日間、該当金額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができない。

Coincheck btc buy

なお、住信SBIネット銀行に振込する場合、同じ住信SBIネット銀行などのインターネットバンクからの振込であれば、振込における時間的な制約がないので便利です。

コインチェックアプリで銀行振込を行うには、ログインして下部のメニューから「入出金」→「銀行口座から入金」の順でタップします。そこで、コインチェックが指定する振込先の口座情報を確認しましょう。振込先の口座情報、ユーザーIDの入力(住信SBIネット銀行)には細心の注意を払いましょう。

2-3. ビットコインの購入

  • スマホアプリから利用できる「販売所」
  • *ブラウザ:初心者にもわかりやすい画面で手軽に購入できる「販売所」
  • *ブラウザ:お得な手数料でビットコインの購入ができる「取引所」

③アプリの販売所でビットコインを購入する

販売所のスプレッドに注意

CCC Spread


上図は同じタイミングの売買価格です。購入レートは(ビットコイン1BTCあたり3,706,724円)となっており、売却レートは(ビットコイン1BTCあた3,489,667円)となっています。この価格差はスプレッドと呼ばれ、在庫を調達しているコインチェックへの手数料を含んでいます。同じタイミングで売買を繰り返すと資産が目減りするため、くれぐれも注意しましょう。

④コインチェックの取引所でビットコインを購入する

  1. 「レート・注文量・概算」を設定
  2. 「売り・買い」を選択
  3. 「注文する」をクリック

CC 2021


上図は1BTCあたり6,913,456円のレートで0.1 BTCの買い注文を入れる場面です。この時、概算として691,346円が必要になります。また、「レート」は手入力だけでなく、売買板から選択することもできます。売買板は目まぐるしく変動するため、慌てず注文を出し、取引成立まで気長に待ちましょう。

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

(写真=PIXTAより引用)

  • おすすめの暗号資産取引所
  • 暗号資産取引所の選び方
  • おすすめのウォレットアプリ
  • 各社のキャンペーン情報

暗号資産(仮想通貨)取引所のおすすめ一覧【13選】

コインチェック

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • はじめての暗号資産はコインチェック
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エイジコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

トレードを円滑にする取引ツールとして「bit Flyer Lightning」があります。操作性や機能性、取引スピードに優れており、投資家にとって欠かせないツールと言えるでしょう。注文方法のバリエーションが豊富なので、アクティブな運営が可能です。

GMOコイン

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • はじめての暗号資産はコインチェック
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)

BITPOINT(ビットポイント)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

bitbank(ビットバンク)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • はじめての暗号資産はコインチェック
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)はじめての暗号資産はコインチェック

LINE BITMAX

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

また、LINE BITMAXでは、2020年から暗号資産貸出サービスを提供しています。暗号資産貸出サービスとは、ユーザーが保有している暗号資産をLINE BITMAXに貸し出し、貸借料を受け取るサービスです。1日から始められ、貸し出し期間中は毎日貸借料が貯まります。取引をしていないときにも、資産を増やすことができる魅力的なサービスです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる