高金利通貨でのFX

番安い取引所を徹底比較

番安い取引所を徹底比較
メールアドレスとパスワードを入力。

スプレッド比較 – 国内仮想通貨取引所ランキング【2022年3月版】

暗号資産投資家でもあり、Head of Owned Media Divisionでもあります。オーストラリアのシドニーより、海外の暗号資産に関する情報や英語文献をもとに日々リサーチを行なっています。 2012年から共同通信社で宮内記者会の記事インターンとして参画し、その後は小学館のCanCamで編集アシスタントを経験します。大学卒業後は、メルセデス・ベンツ日本の文献課に所属し、車種カタログやそのほか英語文献などの添削・編集業務を行いました。2017年に電通へ入社し、海外ネットワーク強化のためのマーケティング・コミュニケーションを担当し、ウェブ電通報をはじめとするオウンドメディアに日本語と英語の両方で記事執筆・投稿を行いました。

bitbank (ビットバンク)

bitbank (ビットバンク) は、リップル社公式の取引量ランキング「XRP Market」の過去30日間統計において、11,749,018,567.14USD を記録し、XRP (番安い取引所を徹底比較 リップル) の取引量世界No.1に選ばれました。

取引手数料も安く、Maker (指値注文) で-0.02%、Taker (成行注文) で0.12%となっています。そのため、Makerを活用すれば手数料で報酬を受け取ることも可能です。このようにbitbankは取引にかかるコストが総じて小さいので、短期トレードで頻繁に取引を繰り返す投資スタイルの方におすすめです。

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の仮想通貨取引所です。取引量、ユーザー数、資本金と、いずれの点でも国内では最大級の規模を誇っています。アルトコインも取引所形式で購入でき、様々な投資戦略に対応できます。

bitFlyerは「取引所」と「販売所」が併設している仮想通貨取引所で、全体で14種類の仮想通貨を取り扱っています。ビットコイン (BTC) のスプレッドは前述したbitbankに次いで狭くなっています。

GMOコイン

GMOコインは、取引所、販売所に加えて、暗号資産FXによるトレードも可能です。暗号資産FXでは、取引所形式では利用できないIFDやOCOなどの注文方法が使えたり、レバレッジをかけることで下落局面でも売りから利益を出せたりといったメリットがあります。また、ステーキングのサービスを行っていることも特徴です。ステーキングとは、ビットコインにおけるマイニングのようなプロセスで、暗号資産(仮想通貨)を保有しているだけで報酬を受け取れる仕組みです。現在対応している通貨はテゾス (XYZ) のみですが、保有数量や日数に応じて年利3~6%の報酬が得られます。

仮想通貨取引所のスプレッドとは

ビットコイン (BTC) を例にみてみましょう。1BTCの買値が400万円で、1BTCの売値が389万円だとします。この価格で1BTCを購入すると、売値より11万円分多く支払ったことになります。よって、実際に1BTCを売るときに売値が400万円よりも上がらないと、利益は出せません。

銘柄別の仮想通貨取引所のスプレッド比較表

上記の比較表からわかるように、同じ銘柄であっても取引所によってスプレッドは大きく異なります。2021年6月14日時点で、ビットコイン (BTC) のスプレッドが最も小さい取引所はbitbank、最も高い取引所はCoinceckでした。また取引所か販売所かによってもスプレッドは大きく異なることに注意しましょう。販売所のスプレッドが取引所よりも高く設定されていることが上の表からわかると思います。

仮想通貨取引所のスプレッド比較まとめ

  • ユーザー体験
  • 取引の質やボリューム
  • セキュリティや運営会社の信頼性
  • サービスを利用する上での利便性
  • 日本語対応やカスタマーサービスの充実度 ..etc

暗号資産投資家でもあり、Head of Owned Media Divisionでもあります。オーストラリアのシドニーより、海外の暗号資産に関する情報や英語文献をもとに日々リサーチを行なっています。 番安い取引所を徹底比較 2012年から共同通信社で宮内記者会の記事インターンとして参画し、その後は小学館のCanCamで編集アシスタントを経験します。大学卒業後は、メルセデス・ベンツ日本の文献課に所属し、車種カタログやそのほか英語文献などの添削・編集業務を行いました。2017年に電通へ入社し、海外ネットワーク強化のためのマーケティング・コミュニケーションを担当し、ウェブ電通報をはじめとするオウンドメディアに日本語と英語の両方で記事執筆・投稿を行いました。

Bybit vs Binance|どちらがおすすめ?2つの取引所を徹底比較

Bybit vs Binance|どちらがおすすめ?2つの取引所を徹底比較

Bybit サポート

これはBinanceにはないサポートですね。

クレジットカードでの日本円の入金が可能

Binanceだと直接入金できず、国内の取引所を経由するので手間がかかります

  1. 国内の取引所へ入金
  2. 仮想通貨を購入する
  3. 購入した仮想通貨をBinanceへ送る

この3つの作業が必要なので、 取引に慣れていない人にとっては面倒 です。

Bybitではこの作業が不要なので、入金までがスピーディー

  • 銀行振り込み:3.5%(2,000円以下なら一律で2,000円)
  • クレジットカード払い:3.5〜6.5%(1,000円以下なら一律1,000円)

直接入金だと、安い入金額でも1,000〜2,000円ほど取られます

ボーナスをもらえるキャンペーンが多い

入金ボーナスや友達紹介特典、利回りアップのサービスなど、キャンペーンが盛り沢山 。入金するだけで、タダで仮想通貨をもらえます。

Bybit 入金ボーナス

入金や取引をくり返す人にとっては、嬉しい特典。報酬によっては、 もらった仮想通貨を日本円としてすぐに出金できる場合もあります

Binanceに比べて、 Bybitは“使いやすさ”や”お得さ”といった点で優れた取引所 です。

仮想通貨の種類やサービスの豊富さで選ぶならBinance

Binanceは、 仮想通貨の取り扱いが一番多く、さまざまなアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に投資できます

資金運用の選択肢が多い

仮想通貨を預けると、銀行よりも利率が高く結構おいしい運用方法 です。

預けて稼ぐ”ステーキング”というサービス1つ見ても、商品数は100以上

Binance ステーキング種類

仮想通貨を運用して、利益を上げてみたい人にはBinanceがおすすめ です。

DeFiサービスやNFTゲームの利用に必須

持っていると、 Binanceでの取引手数料が安くなります

手数料を支払う仮想通貨としても、BNBは使われます。しかも、 BNBでの手数料は数十円とかなり安い値段 です。

また、稼げるゲームとして話題の "NFTゲーム"の中には、BNBを手数料として支払う ものも. 。放置で稼げると話題の「ボムクリプト」にも使われています。

数多くの新規プロジェクトに投資できる

新規のプロジェクトは、 最初に価格が高騰しやすいため、利益を得やすい仕組み

しかも、 番安い取引所を徹底比較 審査に通ったプロジェクトのみが公開されているので、初心者でも利用しやすい のが特徴です。

Binance ローンチパッド

Binanceは世界一の取引所なので、多くのプロジェクトが集まります。

新規プロジェクトに投資して、利益を上げようと狙っている人はBinanceで口座を解説しましょう

取引所は自分の資産を預ける場所でもあるので、 実際に使ってみて判断しましょう

まずは口座開設

  • スマホ
  • メールアドレス
  • 本人確認書類(パスポートや運転免許証)

本人確認書類のアップロードなどが必要なので、 スマホでやった方が手続きはスムーズに終わります

Bybitだと本人確認が不要 で、取引を始められます。

Bybitの口座開設のやり方

Bybit トップ画面

メールアドレスとパスワードを入力。

Bybit 登録手順

利用規約とプライバシーポリシーに同意の横のチェックが入っているか確認して、「続ける」を押しましょう。

Bybit 登録手順2

制限国に住んでいるか聞かれるので、「いいえ」を選択。

Bybit 居住国の制限

次に出てくるスライドパズルが終わると、メール認証を行います。

Bybit スライドパズル

Bybit メール認証

コピーした後、貼り付け入力。手続きを進めると登録が完了し、取引ガイドが出てきます。

Bybit 取引ガイド

セキュリティ対策として本人確認や2段階認証も行いましょう 。これをやっておくと、パスワードが流出しても不正利用を防ぎやすいです。

Bybit セキュリティ対策

Binanceの口座開設のやり方

Binance 登録手順

居住国を選択して、「承認」を押します。

Binance 居住国設定

「個人アカウントの作成」を選択。

Binance メール登録

Binance メール登録2

手続きを進めても、「verify failed, please reload and try again」というエラ〜メッセージが出たら、時間を空けて試しましょう。 Binanceが混雑している可能性があります。

1日以上、アカウント作成ができないタイミングがあったので、しばらく待ってもできない場合は後日行いましょう。

Binance 登録メール

Binance 電話番号

Binance モバイル認証

SMS(メッセージアプリ)に6ケタのコードが届くので、入力して「提出」を押す。

アルトコインへの投資を始めてみよう

海外の取引所を利用すれば、国内では取り扱いのなかったアルトコインに投資できます 。他にも、貸付や預け入れなど仮想通貨の資産運用を試してみましょう。

仮想通貨・ビットコインの取引手数料を徹底比較【最新版】おすすめランキングからコストを安く抑えるコツを紹介

仮想通貨 取引所 手数料

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

bitFlyer

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

・ Bybitは 「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
・ 最大100倍のハイレバ可能で追証なし、 口座開設はたった1分で完了
・ 日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

手数料の安い仮想通貨海外取引所を徹底比較!おすすめ取引所のランキングから手数料を抑えるためのポイントまで紹介

海外仮想通貨取引所 手数料

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,番安い取引所を徹底比較 000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

bitFlyer

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

・ Bybitは 「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
・ 最大100倍のハイレバ可能で追証なし、 口座開設はたった1分で完了
・ 日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

【投資家300人にアンケート】愛用しているおすすめの国内仮想通貨取引所!

1位 Coicheck(コインチェック):90票(30%)
2位 bitFlyer(番安い取引所を徹底比較 ビットフライヤー):61票(20.3%)
3位 GMOコイン:43票(14.3%)
4位 楽天ウォレット:40票(13.3%)
5位 DMM Bitcoin:25票(8.3%)
6位 bitbank(ビットバンク):17票(5.7%)
7位 SBI VCトレード:6票(2.0%)
8位 LINE BITMAX:5票(1.7%)
9位 Zaif:5票(1.7%)
10位 BITPoint(ビットポイント):3票(1.0%)
その他:5票(1.7%)

■愛用取引所ランキング1位:Coincheck(コインチェック)

愛用されている理由
1位:有名で信頼できる・友人,知人に勧められた
2位:初心者でも見やすくて使いやすいから
3位:仮想通貨の取扱数が豊富だから

また「マネックスグループが運営しているため安心」「友人・知人や周りの人におすすめされた」といった理由が露出の多さに説得力を加えています。
愛用されている理由第2位「使いやすい」第3位「取扱通貨数が多い」の機能面は、愛用し続けるという投資家の持続に影響を与えています。
「有名」「使いやすい」「取扱通貨数が多い」この3つが揃っているためCoincheckは愛用取引所ランキングNo.1となっています。

■愛用取引所ランキング2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

愛用されている理由
1位:有名で信頼できる・友人,知人に勧められたから
2位:Tポイントが使える・ポイントサイトと連携しているから
3位:使いやすい・小額から始めやすい

■愛用取引所ランキング3位:GMOコイン

愛用されている理由
1位:一部上場企業で安心できる・友人,知人に勧められたから
2位:手数料が安い為
3位:口座開設が1番早いから

■愛用取引所ランキング4位:楽天ウォレット

愛用されている理由
1位:楽天ユーザーだから,楽天経済圏でまとめているから
2位:ー
3位:ー

■愛用取引所ランキング5位:DMM Bitcoin

愛用されている理由
1位:登録,入会キャンペーンが豪華だったから
2位:DMMグループが有名で安心できるから
3位:ー

DMM Bitcoinを愛用している理由として1番多かったのが、「最初の登録,入会キャンペーンが豪華だったから」というのが挙げられています。確かにDMM Bitcoinは「新規口座開設で1000円プレゼント」というキャンペーンを常日頃からやっています。ただ、もちろんこれは使い始める入り口でしかないですが、結局使い続けている理由としては「DMMグループだから安心感がある」といったものが多く、その次に「使いやすい」といった理由が挙げられています。
新規キャンペーンで登録し、安心できるし使いやすいから愛用し続けるというのがDMM Bitcoinでは多いようです。

■仮想通貨投資家が持っている口座数と相関関係

番安い取引所を徹底比較

合計222人
50万円未満:171人(77.0%)
50万円以上〜100万円未満:31人(14.0%)
100万円以上〜300万円未満:16人(7.2%)
300万円以上〜500万円未満:3人(1.4%)
500万円以上〜1000万円未満:1人(0.5%)
1000万円以上〜3000万円未満:0人
3000万円以上〜5000万円未満:0人
5000万円以上〜1億円未満:0人

合計78人
50万円未満:47人(60.3%)
50万円以上〜100万円未満:13人(16.7%)
100万円以上〜300万円未満:6人(7.7%)
300万円以上〜500万円未満:4人(5.1%)
500万円以上〜1000万円未満:6人(7.7%)
1000万円以上〜3000万円未満:1人(1.3%)
3000万円以上〜5000万円未満:0人
5000万円以上〜1億円未満:1人(1.3%)

■仮想通貨投資家のメイン取引所を乗り換え経験とその理由

乗り換えたことがない:277人(92.3%)
1度だけ乗り換えたことがある:20人(6.7%)
2度乗り換えたことがある:3人(1.0%)

■【メイン取引所乗り換え理由紹介】
・30代男性 会社員 番安い取引所を徹底比較 仮想通貨歴約2年
GMOから始めて、取引できるコインが少なくて、コインチェックに乗り換えた。そこでネム騒動に巻き込まれて、補償はしてくれたけど、こんなセキュリティのところでは取引できないと思って、ビットバンクに移った。

・40代男性 会社員 仮想通貨歴3年以上
国内の仮想通貨取引所では、コインチェック、ビットフライヤーの2か所で口座開設しています。数年前まではコインチェックを使用し得いたのですが、例のネム流出事件があり、痛い思いをしました。その後問題もなく改善されているとは思いますが、今は、ビットフライヤーにしています。いまのところ、不満はありません。

・20代 男性 無職 仮想通貨歴3年以上
始めた頃に、何もわからずにCMをしていたコインチェックの口座を開設し、アルトコインを購入したんですが、ハッカーにより盗まれてしまい信用を無くしました。
その後、いろいろ調べてビットバンクに行きつきました。何故ビットバンクかというと金融庁?の登録に入っていたからです。信用も含め、その後ビットバンクを使い続けています。
ちなみにその時コインチェックは入ってなかったです。コインチェックは取引所ではなく、販売所なので最初から上乗せされた額の価格になっていますし、売る時もかなりコインチェック側に取られるので極悪です。一生使わない。

・50代 女性 会社員 仮想通貨歴3年以上
取引したい通貨がなかったので。当初OMGの扱いがGMOだけだったので。

・20代 男性 会社員 仮想通貨歴3年以上
最初はコインチェックだったがネムの盗難被害に遭い、当時手数料が無料だったビットバンクに変更。その後FXも始めたためGMOに変更。

■回答頂いた仮想通貨投資家の属性
今回アンケート調査にご協力を頂いた方々の属性です。
・年代
・性別
・職業
・年収
・仮想通貨投資歴
・仮想通貨保有額
・仮想通貨を除く金融資産保有額

200万円未満:70人(23.3%)
200万円以上〜400万円未満:89人(29.7%)
400万円以上〜600万円未満:73人(24.3%)
600万円以上〜800万円未満:50人(16.7%)
800万円以上〜1000万円未満:11人(3.7%)
1000万円以上〜1200万円未満:4人(1.3%)
1200万円以上〜1500万円未満:1人(0.番安い取引所を徹底比較 3%)
1500万円以上〜2000万円未満:0人
2000万円以上:2人(0.7%)

3ヶ月以内に仮想通貨投資を始めた:37人(12.3%)
6ヶ月以内に仮想通貨投資を始めた:40人(13.3%)
1年以内に仮想通貨投資を始めた:85人(28.3%)
2年以内に仮想通貨投資を始めた:45人(15.0%)
3年以内に仮想通貨投資を始めた:36人(12.0%)
3年よりも前に仮想通貨投資を始めた:57人(19.0%)

暗号資産に魅力を感じたため:94人(31.3%)
単純に興味があったから:68人(22.7%)
テレビやネットで騒がれているのを見て:39人(13.0%)
友人に勧められて:30人(10.0%)
お金を増やせればなんでもよかった:27人(9%)
暇で特にやることがなかった為:13人(4.3%)
生活のレベルをあげる為:11人(3.7%)
老後の生活資金に備える為:6人(2.0%)
いざというときのためにお金を持っておくため:6人(2.0%)
その他:6人(2.0%)

50万円未満:218人(72.7%)
50万円以上〜100万円未満:44人(14.7%)
100万円以上〜300万円未満:22人(7.3%)
300万円以上〜500万円未満:7人(2.3%)
500万円以上〜1000万円未満:7人(2.3%)
1000万円以上〜3000万円未満:1人(0.3%)
3000万円以上〜5000万円未満:0人
5000万円以上〜1億円未満:1人(0.3%)

100万円未満:99人(33.0%)
100万円以上〜300万円未満:71人(23.7%)
300万円以上〜500万円未満:27人(9.0%)
500万円以上〜1000万円未満:33人(11.0%)
1000万円以上〜3000万円未満:21人(7.0%)
3000万円以上〜5000万円未満:3人(1.0%) 番安い取引所を徹底比較
5000万円以上〜1億円未満:4人(1.3%)
暗号資産(仮想通貨)以外はほぼない:42人(14.0%)

■アンケート調査の概要
調査概要:暗号資産(仮想通貨)投資家の国内取引所事情の調査
調査人数:300名
調査対象:仮想通貨投資を行っている20代〜70代男女の投資家
調査期間:10月8日〜10月18日
調査方法:インターネット調査

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる