無料体験講座

投資におけるテクニカル分析で必須

投資におけるテクニカル分析で必須
各種お知らせ

Twitter、Google Cloud を使用したデータの有効活用で新たな高みに到達

2006 年に設立された Twitter は、常に新しい技術に目を向け、移り変わりの激しい時代のニーズに応える最新のプラットフォームを維持し続けています。こうした初期投資は、Twitter のプロダクト促進に役立ちましたが、最新のオープンソースに相当するものよりも先行していました。時代の変化に対応するためにより多くのオープンソース技術を活用したいと考えた結果、収集したデータをユーザー エクスペリエンスを最大化するために使用したいと考えました。そのためには、これまでの運用ツールのデータ処理技術をさらに短時間化し信頼性を向上させる必要がありました。Twitter の開発者が複雑な手作業を自動化し、自分たちの負担を軽減できるデータ処理技術を開発する必要があったのです。こうして、Twitter がツールをモダナイズし、プロダクトの進化や広告主とのパートナーシップに変革をもたらすような貴重な分析情報を得る機会が生まれました。Twitter は、業務全体のデータ処理のアプローチを標準化および簡素化する計画のもと、Google Cloud の BigQuery にオペレーションを順次移行しました。

複雑で競争の激しいプログラマティック広告の世界では、データ分析情報の関連性、品質、解釈は、企業が常に変化するニーズに対応するために不可欠です。大規模なデータ処理へのアプローチを合理化する能力は、Twitter が自社の目標を広告主やお客様の目標に合わせるという計画において、すぐに頼みの綱となりました。最近の広告データのオンプレミスから Google Cloud への移行により、Twitter はいくつかの Google Cloud ソリューション、なかでも BigQuery や Dataflow を活用してこの素晴らしい連携を促進させました。

BigQuery を活用して広告パートナーシップとデータ抽出を改善

広告主やお客様と企業の目標を一致させることは大きな課題ですが、Twitter のように何億人もの熱心なユーザーがいる企業にとって、すべてのグループのニーズをバランスよく満たすアプローチを開発および実行することは複雑なタスクであることが実証されています。Twitter 収益チームの Google Cloud 導入を担当するシニア データ サイエンティストの Pradip Thachile 氏は、このプロセスを、Twitter チームが広告パートナーと協力して、自社と広告パートナーの目標を中心とした仮説的アプローチを開発およびテストするための一種のフライホイールに例えています。Thachile 氏は、関係者全員のビジネス成長の最適化を視野に入れ、これらの目標を総合的に判断するうえで、BigQuery ソリューションが果たすべき本質的な役割を次のように述べています。「これらをすべて組み合わせることは、規模が大きい場合は簡単なことではありません。達成するためには、このような科学的学習フライホイールを構築できるようになるしかないのです。BigQuery は重要なコンポーネントです。というのも、BigQuery 投資におけるテクニカル分析で必須 による仮説から実際のアクションに移すまでの速度が非常に速いからです。」

Twitter のあらゆるデータを取り込み、移動させ、価値ある分析情報を抽出するための重要なサービスとして、BigQuery は近年の Twitter の社内生産性の最適化と収益拡大を支えるエンジンです。

Dataflow を使用した生産性の最適化と価値創出のためのデータ モデリング

フルマネージドのストリーミング分析サービスとして、Dataflow は Twitter の生産性向上に大きく貢献する時間節約ソリューションであることが証明されました。スケーリングのための手作業に費やす時間の短縮を通じて、Dataflow は Twitter における典型的なデータセットの動きをシームレスかつ巧みに整理し、テンプレート化することを容易にします。運用ツールのキャリブレーションに割く時間を減らすことで、Twitter のチームはデータの分析情報をさらに活用するための革新的な方法の調査と開発に関する、より価値の高いタスクに集中できます。

Google のデータに関する専門知識による信頼性の高いサポート

データに関する専門知識で知られる Google Cloud は、Twitter へのテクニカル サポートに大きく寄与しました。Twitter では、BigQuery の大量のデータ取り込み機能を活用する際、取り込みの速度に関するガイダンスとして Google Cloud プロダクト チームに日常的にアクセスしていました。大まかに言うと、Google Cloud のサポートチームは、Twitter のパフォーマンスを向上させるためのホワイト ペーパーやユースケースなど、貴重なリソースを提供しました。Thachile 氏は、Google Cloud のサポートの価値について、「Google Cloud は、非常に効果的かつ段階的なサポートのレイヤを提供してくれます。こちらが望むだけ問題の解決に協力してくれます」と説明します。

06/13 大阪 【テクニカル】”基礎から始める”チャート分析

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。 投資におけるテクニカル分析で必須
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる