無料体験講座

債券に代わるオルタナティブ投資とは

債券に代わるオルタナティブ投資とは
図表2 FED 及び 米国 商業 銀行の 米国債・ 政府 機関債 保有額 推移 " data-aos="fade-up" data-aos-delay="50" data-aos-easing="ease-in-out" data-aos-duration="600"債券に代わるオルタナティブ投資とは > 図表2 FED 及び 米国 商業 銀行の 米国債・ 政府 機関債 保有額 推移 Y軸: 10億ドル FED 及び 商業 銀行は、 過去 10年に亘り、 米国債と 政府 機関債の 保有額を 増加 さ せて いる。 出所: セントルイス 連銀

ブラックロック・ワールド債券ファンド(為替ヘッジなし)

世界主要国の国債等(国債、政府機関債、国際機関債)を中心に公社債に投資します。投資する公社債は、取得時において投資適格格付(BBBマイナス、Baa3または同等の格付、またはそれ以上の格付)が付与されているもの、または同等の信用度を有すると判断されるものとします。 国債の他、投資適格格付を付与されている社債、資産担保証券*等にも投資します。
*不動産ローンや自動車ローンの債権を裏付けとして発行された証券。その多くは政府系機関など信用力の高い発行体より発行されている。MBS(モーゲージ証券)、CMBS(商業用不動産ローン担保証券)、ABS(資産担保証券)などがあります。

投資リスク

投資リスク

ファンドの費用等

ファンドの費用等

分配金の履歴

支払日 分配金単価
支払日 分配金単価


『パフォーマンスの推移』『運用実績』『分配金の履歴』に記載のデータは過去の運用実績を示すものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
『運用実績』の トータルリターンは、税引前分配金を再投資したものとして算出した累積投資基準価額により計算しています。
『分配金の履歴』の表に記載の情報は、税引前分配金実績です。過去の分配金実績は、将来の分配金の水準を示唆あるいは保証するものではありません。

サステナビリティ特性

サステナビリティ特性

当指標は、ESG要因のファンドへの組み入れの有無、また組み入れの方法を示すものではありません。当指標は、ファンドの目論見書に投資目的に関わる記載が別途ある場合を除き、ファンドの投資目的を変更、またはファンドの投資対象を制限するものではありません。また、ファンドがESGやインパクトに焦点を当てた投資戦略やスクリーニングを行うことを示唆するものではありません。ファンドの投資戦略の詳細については、ファンドの目論見書を参照してください。

サステナビリティ特性に関するMSCIのメソドロジーは当ページ下部のリンクからご確認いただけます。

すべてのデータは、2021年9月30日 の保有状況に基づき、2022年4月7日 のMSCI ESGファンドレーティングから取得したものです。したがって、ファンドのサステナビリティ特性は、直近のMSCI ESGファンドレーティングとは異なる場合があります。

MSCI ESGファンドレーティングは、ファンドの65%以上(グロス・ウェイト)の保有銘柄がMSCI ESGリサーチの対象となっているファンドに付与されます(MSCIによるESG分析に関係しないと見なされる現金ポジションややその他の資産は、リサーチ対象銘柄のグロス・ウェイトを算出する際に控除されます。ショートポジションの絶対値は算出に含まれますが、リサーチの対象外として扱われます。)また、銘柄の保有状況は1年以内の基準日のものとし、ファンドには10銘柄以上が必要です。新規に立ち上げたファンドの場合、サステナビリティ特性は通常立ち上げから6か月後に開示されます。

ビジネス関与

ビジネス関与

ビジネス関与に関するMSCIのメソドロジーは当ページの下部にあるリンクからご確認いただけます。

上記の一般炭およびオイルサンドに関するビジネス関与エクスポージャーは、MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンドの売上構成比率が5%以上の企業を対象として算出し開示します。MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンド事業から売上のある企業へのエクスポージャー(売上構成比率が0%以上の場合)は以下のとおりです。一般炭 0.00% およびオイルサンド 0.00%

ビジネス関与指標は、MSCIが調査を実施し、対象となるビジネス活動に関与していると判断する企業のみを特定します。そのため、MSCIの調査対象外に追加のビジネス関与が存在する可能性があります。この情報は、ビジネス関与のない企業の一覧を作成する目的で提供されるものではありません。また、ビジネス関与指標は、MSCI ESGリサーチの対象となる保有銘柄がファンドの1%以上(グロス・ウェイト)を占める場合のみ表示されます。

ESGインテグレーション

ESGインテグレーション

ESGインテグレーションとは、ポートフォリオの長期的なパフォーマンスを向上させるために、従来の指標に加えて、環境、社会、ガバナンス(ESG)の重要な情報や知見を投資の意思決定プロセスに組み込むことです。ファンドの目論見書に別途記載がある場合やファンドの投資目的として明記されている場合を除き、当ステートメントは、ESG情報を投資プロセスの一部としてどのように考慮しているかを説明するものであり、ファンドがESGに焦点を当てた投資目的で運用されていることを示唆するものではありません。

取扱い金融商品取引業者

販売会社一覧

SBI証券
常陽銀行
第一生命
*確定拠出年金のみのお取り扱いです。
日本生命
*確定拠出年金のみのお取り扱いです。
マネックス証券
楽天証券
新生銀行

販売会社一覧

販売会社一覧

ここに記載する情報(以下「本情報」)は、1940年投資顧問法に基づくRIAであるMSCI ESG Research LLCが提供するものであり、その関連会社(MSCI 債券に代わるオルタナティブ投資とは Inc.とその子会社(以下「MSCI」)を含む)、または第三者(以下「情報提供者」)から入手したデータを含むことがあり、その全部または一部を書面による事前の許可なしに複製または再配布することは禁止されています。本情報は、米国証券取引委員会(SEC)またはその他の規制当局に提出されたもの、もしくは承認を受けたものではありません。本情報は、派生商品の作成またはそれに類する目的で使用することはできません。また本情報は、いかなる有価証券、金融商品および商品、または取引戦略の売買提供、勧誘または推奨を行うものではなく、将来的な業績、分析、予測または予想を示唆または保証するものではありません。ファンドによってはMSCI指数をベースとするもの、もしくはMSCI指数に連動するものがあり、MSCIはファンドの運用資産残高やその他の指標に基づいて報酬を得ることがあります。MSCIは、株価指数調査と本情報の間に情報共有の制限を設けています。本情報を使用して、売買する有価証券または有価証券を売買するタイミングを判断することはできません。本情報は「現状のまま」提供されており、本情報の利用者は本情報の利用に際して発生するもしくは発生しうるあらゆるリスクを負うものとします。MSCI ESGリサーチおよび情報提供を行う当事者は、明示的か黙示的であるかを問わず、あらゆる保証を明示的に否認します。また、本情報の誤りや脱落またはそれらに関連する損害について責任を負いません。上記は、適用法で除外または制限できない責任を除外しようとするものはありません。

  • ビッグデータを駆使した投信
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 新興国の成長を味方にする債券
  • おまかせバランス投信
  • ブラックロックのインサイト
  • ブラックロック・インベストメント・インスティチュート(BII)
  • ESG投資で変化する社会に備える
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 資産とウェルビーイングに関するグローバル調査
  • 人生100年時代に考えたいお金のこと

ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

オルタナティブ投資を取り巻く市場環境に変化の兆し

Marc_Gamsin.jpg

PDF版をご希望の方はこちら

空売りの機会が拡大

企業買収の活性化

クレジット戦略では相対価値の格差が不明確に

グローバル・マクロ戦略は政治的混乱を味方にできるか?

オルタナティブ カテゴリでよく読まれている記事

オルタナティブ カテゴリの新着記事

運用サービス

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
https://www.alliancebernstein.co.jp/

当資料についての重要情報

投資信託のリスクについて
アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。

災害リスクを証券化した「CAT債」…元本が毀損する災害規模は?

災害リスクを証券化した「CAT債」…元本が毀損する災害規模は?

前回は、災害リスクを証券化した「CAT債」の基本的な特徴についてお伝えしました。今回は、このCAT債で実際に元本が毀損する恐れのある災害規模とは、一体どれほどのものなのかを語っていただきます。※本連載は、英領バミューダに拠点を置く運用会社Eastpoint Asset Management Ltd.の共同CEO兼CIOである新原輝久氏に、CAT債についてお話を伺ったインタビュー記事です。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス)のダイレクター、幾田朋彦氏です。※ 本稿は2017年に掲載されたインタビュー記事をもとに、より最近の事情を反映すべく再編集されたものです。

東日本大震災で歴史上初「100%毀損」が発生した

幾田 自然災害と言うと、日本人にも馴染みあるのではないかと思いますが、例えば2011年の東日本大震災で影響を受けたCAT債はあったのでしょうか?

新原 CAT債の歴史で初めて個別銘柄が100%毀損したのが東日本大震災の時でした。逆に言えばそれまで一度も全損イベントはなかったのです。全損したのは全共連(JA共済)が発行したMutekiという銘柄1件で、地震加速度を基にしたトリガーをもつ債券でした。震災発生時にはその他の日本地震銘柄も同様に価格が下落しましたが、その後棄損に至らないことが認識されて値を戻しました。アメリカのハリケーンなど、元々日本地震と関連性のない銘柄群の価格の下げも、一時的なものに留まりました。

幾田 2017年や2018年も世界各地の様々な自然災害が話題となりましたが、CAT債市場への影響はいかがでしたか?

新原 CAT債市場も少なからぬ影響を被りましたが、通常の再保険などを含めた全体の中では、比較的穏やかな影響に留まったということができそうです。2017年は、アメリカを襲った3つの大型ハリケーンやカリフォルニア山火事などの災害が重なり、年間の合計保険損失としては2005年や2011年に匹敵する大災害年となりました。また2018年も前年対比で保険損失は半減しましたが、中規模の北米ハリケーン、カリフォルニア山火事、そして日本の台風被害などが被害をもたらしました。両年の特徴として、一つ一つの災害は巨大損失とまではいかなかったものの、累積合計した損失額は相当の水準に達したということが挙げられます。

幾田 実際に発生した災害が債券の価値に反映されるまでに、どれくらいのタイムラグが発生するのでしょうか?

新原 ハリケーンの風速や中心気圧、地震マグニチュードなどパラメーターを基にしたトリガーであればほとんどラグは発生しませんが、実際の保険損失額を基にしたトリガーの場合には、棄損額の確定という意味では数か月から数年かかることもあります。

CAT債市場は大災害が発生するたびに成長

幾田 先ほど170銘柄ほどが流通しているとおっしゃいましたが、発行市場の状況はいかがでしょうか。

新原 CAT債のマーケットは順調に拡大しており、2018年には約100億ドルの新規発行、年末の市場残高は約290億ドルとなりました。歴史的には大きな災害損失が発生する毎に、ひっ迫しがちな再保険市場の受け皿となる形でCAT債市場の成長が加速しています。2017-18年の災害年を経た後も、再度CAT債市場の拡大が見られており、このような傾向が続くことが見込まれます。

確認済売掛債権投資

世界 金融 危機後の 金融 政策と 規制により、 厳しい 投資 環境が 生まれました。 以下では、 論点を 米国の 債券 と マネー マーケットに 絞り、 ドルベースの マネー マーケット 投資家向け オルタナティブ 投資について ご説明 します。 社債 市場で 長期債の 発行が 増加 した 為、 質の 高い 短期 投資 商品が 供給 不足と なりました。 その 結果、 短期 金融 商品の 投資家は、 銀行 預金 や 米国債、 MMFに対する 投資を 増加 さ せて きました。 それらの 投資家にとって 検討に 値 する 商品の 一つが 確認済 売掛 債権 購入であり、 これは 売掛金 ファイナンスの 一形態で、 質の 高い 事業 法人の 信用 リスクを ベースと する 短期 変動 利付 商品です。

世界 金融 危機後の 銀行 規制 と 金融 政策により、 伝統的 債券 市場 及び マネー マーケットが 低金利 環境に 陥りました。 この 結果、 新発 社債が 短期債から 長期債へ シフト しました。 短期 変動 利付債の 発行が 減少 し、 長期 固定 利付債が 増加 したのです (図表 1)。

図表1 米国 社債の 発行 状況: クーポン 種別、 平均 満期 " data-aos="fade-up" data-aos-delay="50" 債券に代わるオルタナティブ投資とは data-aos-easing="ease-in-out" data-aos-duration="600"> 図表1 米国 社債の 発行 状況: 債券に代わるオルタナティブ投資とは クーポン 種別、 平均 満期 Y軸 (左 軸): 発行額 (10億ドル)、 Y軸 (右 軸) 平均 満期 (年) 固定 利付債の 発行が 増加 し 変動 利付債が 減少、 また 平均 満期が 伸長。 出所:SIFMA、Bloomberg 債券に代わるオルタナティブ投資とは Barclays指数

リターン 水準を 維持 する 為に、 投資家は より 長い デュレーションで 低い 利回りの 債券に 投資 することとなり、 リスク増と リターン減を 許容 せざるを得ませ んでした。 この トレンドを 許容 出来 ない 投資家は、 短期 金融 商品- 主に 銀行 債券に代わるオルタナティブ投資とは 預金 や 米国債、 MMF- から 得られる 魅力度の 低い リターンに 甘んぜざるを得ないのです。 短期 金融 商品の 低い リターンは、 中央 銀行 及び 商業 銀行の 米国債 投資 競争を 激化 さ せる 連邦 準備 制度 (FED)による 金融 政策 変更 と 商業 銀行の 再規制を背景に、 一段と 悪化 して います。 (図表 2)。

図表2 FED 及び 米国 商業 銀行の 米国債・ 政府 機関債 保有額 推移 " data-aos="fade-up" data-aos-delay="50" data-aos-easing="ease-in-out" 債券に代わるオルタナティブ投資とは data-aos-duration="600"> 図表2 FED 及び 米国 商業 銀行の 米国債・ 政府 機関債 保有額 推移 Y軸: 10億ドル FED 及び 商業 銀行は、 過去 10年に亘り、 米国債と 政府 機関債の 保有額を 増加 さ せて いる。 債券に代わるオルタナティブ投資とは 出所: セントルイス 連銀

より 悪い ことに、 マネー マーケット 改革- 世界 金融 危機時に 一部の プライム MMFが 償還 申込に 対応 出来 なかった こと [1]を きっかけと して、 2016年 10月に 米国 SECが 実施-の 結果、 MMFの 選択肢が 減少 して います (図表 3)。 また 更なる 懸念は、 MMFが 金融 機関の 中でも 商業 銀行の 負債性 商品に 高度に 集中 債券に代わるオルタナティブ投資とは 投資 して いる 点です。 この 様な 状況の 為、 政府 や 金融 機関の 信用 リスクに 依存 し ない、 質の 高い 短期 クレジット 商品を 見つける 事が 困難に なって います。

図表3 政府債 MMF vs プライム MMF 残高 推移 " data-aos="fade-up" data-aos-delay="50" data-aos-easing="ease-in-out" data-aos-duration="600"> 図表3 政府債 MMF vs プライム MMF 残高 推移 Y軸: 10億ドル マネー マーケット 改革により、 2016年末までに、 プライム MMFの 残高が 債券に代わるオルタナティブ投資とは 前年 末比 25% 減少 しました。 資金は 政府債 MMFへ シフト して います。 出所: 米国 投資 信託 協会

こう した 市場の 変化が、 投資家の ポートフォリオに 債券に代わるオルタナティブ投資とは 債券に代わるオルタナティブ投資とは ギャップを 生み出して います。短期 変動 利付債が 不足 し、 金融 機関の 信用 リスクが 過大と なって いるのです。 その 為、 多くの 投資家が 債券の 代替 資産を 求めて います。 そう した 投資家が 検討 すべき 新たな 投資 商品の 一つが 売掛 債権、 特に 確認済 売掛 債権です。 同投資 商品は、 債券に代わるオルタナティブ投資とは 短期 変動 利付で 質の 高い 事業 法人 クレジットへの 投資 機会を 提供 します。 これらの 特性により、 確認済 売掛 債権は、 機関 投資家にとって 銀行 債券に代わるオルタナティブ投資とは 預金 や 米国債、 また MMFに 代わる 魅力的な 代替 資産と 考えられます。

売掛 債権 ファイナンスは、 買掛金 及び 売掛金に 関連 する 資金 調達 と リスク 軽減の 手段を 広く 指す 言葉です。 売掛金 及び 買掛金に関する ファイナンスには、 債権 買取、 債権を 背景と する 融資、 債権 保証などの 形態が あります。 確認済 売掛 債権は その 一形態であり、 クレジット 投資の 魅力的な 代替 手段の 一つと 考えられます。

図表 4 確認済 売掛 債権 取引の 流れ " data-aos="fade-up" data-aos-delay="50" data-aos-easing="ease-in-out" data-aos-duration="600"> 図表 4 確認済 売掛 債権 取引の 流れ 出所:Fermat

図表 4は、 確認済 売掛 債権 取引の 流れを 例示 した ものです。 販売元 (債権者)が 購入者 (債務者)へ 商品を 販売 すると 売掛 債権が 発生 し、 融資 元 (通常は 銀行)は、 債権者が 保有 する 売掛 債権の 期日前の 買取に 合意 します。 確認済 売掛 債権の 場合、 債務者が 融資 元に対する 期日 全額 支払いを 確約 して おり、 これが 「確認済」の 意味 する ところと なります。 債券に代わるオルタナティブ投資とは 投資家は、 融資元から 確認済 売掛 債権を 購入 し、 期日に 債務者に 代わる 融資 債券に代わるオルタナティブ投資とは 元より 支払いを 受けます。

短期の 確認済 売掛 債権が 同一 企業の 長期 社債よりも 有利な 利回りを 示す ケースは、 往々に して みられます。 確認済 売掛 債権により、 伝統的 債券の イールド カーブに 打ち勝つことが出来るのです。

確認済 売掛 債権は、 リスク 調整後 利回りの 債券に代わるオルタナティブ投資とは 点で 魅力的な クレジット 投資です。 同一 企業の 確認済 売掛 債権と 社債を 比較 する ことで 相対 価値が 良く 分かります。 確認済 売掛 債権の 割引率は Liborに対する 上乗せ マージンの 形で 示されますが、 固定 利付 社債との 比較の 為、 社債の 利回りも スワップ カーブに対する 上乗せ スプレッドの 形で みて みます (例えば、 3年物 社債の 最終利回りが 1.3%で、 同期間の スワップ レートが1.1%の 場合、 スプレッドは 0.2%と なります)。 図表 5は、 典型的な 分析 結果の 事例で、 確認済 売掛 債権の 優位性が 確認 出来ます。

新たな市場レジームを乗り切る

米国のCPIインフレ率、FFレートと推定値:1995-2025年

将来の予測は実現しない可能性があります。出所:BII、米連邦準備理事会(FRB)、米労働統計局(Bureau of Labor Statistics)、BloombergとHaver Analyticsのデータを使用、2021年12月。注記:グラフは、米国のFFレート(オレンジ色の線)、前年比のヘッドラインCPIインフレ率(黄色)、およびFFレートのいくつかの予想経路を示しています。2022年から2025年までの米国のCPIは、ブラックロックの資本市場予測に基づく推定値です。オレンジの点線はブラックロックが予想するFFレートを示しています。紫の線は、政策金利の選択をインフレ率と需給ギャップの水準に結びつけた、単純な金融政策ルールによって示唆される経路を示しています。ピンク色の線は、現在の市場で予想されている経路を示しています。

投資を継続する

投資を継続する

資産クラス 戦略的見通し 戦術的見通し コメント
株式 ブラックロックは、戦略的な観点から、株式のオーバーウェイトを維持しています。低い実質金利、力強い成長、妥当なバリュエーションの組み合わせは、この資産クラスにとって好ましいものであると考えています。ベンチマークとなる指数にハイテクやヘルスケアなどのセクターが多く含まれていることから、気候変動を期待リターンに組み込むことで、先進国市場の株式の魅力を高めることができます。戦術的には、堅調な経済のファンダメンタルズと歴史的な低金利の中で、株式をオーバーウエイトしています。
クレジット バリュエーションが高いため、戦略的にはクレジットのアンダーウエイトを継続し、リスクを取る場合に株式を選好します。戦術面では、セクター間のスプレッドが低いことから、クレジットは中立とし、ハイイールドよりもEMの現地通貨建て市場を選好します。
国債 名目国債は、利回りが下限付近でポートフォリオの緩衝としての機能が低下しており、戦略的にアンダーウェイトとしています。アンダーウエイトの名国国債の中では年限の短いものを選好します。債務残高の増加は、低金利レジームのリスクとなる可能性があります。インフレ連動債を選好します。戦術的には、米国債について、FRBのテーパリングと利上げに向けて利回りが上昇するとの予想からアンダーウェイトを維持します。一方、金利エクスポージャーとして、またポートフォリオの分散を図るために、インフレ連動債を選好しています。
プライべート市場 - プライベート・クレジットを含む非伝統的な資産のリターンの源泉には価値の向上や分散効果が見込まれます。中立の見通しは、大半の投資家が保有しているよりも大幅に高い配分をベースとしています。機関投資家の多くは流動性リスクを過大視し、プライベート市場への投資を過度に抑えているとみられます。なお、プライベート市場は複雑な資産クラスであり、すべての投資家に適した投資対象ではありません。

各資産の戦術的見通し

Legend Granular

債券に代わるオルタナティブ投資とは 債券に代わるオルタナティブ投資とは 債券に代わるオルタナティブ投資とは
資産クラス 戦術的見通し コメント
株式
先進国市場 先進国株式をオーバーウェイトとします。堅調な経済成長を維持し、低い実質金利がバリュエーションを下支えすると考えます。幅広く投資することが望ましいでしょう。
米国 依然として強い業績のモメンタムを背景に、米国株式をオーバーウェイトとします。緩やかな政策の正常化が大きな逆風になるとは考えていません。
欧州 魅力的なバリュエーションを考慮して、欧州株式を引き続きややオーバーウェイトとします。新型コロナ感染者の増加により経済活動の再開が停滞することはあっても、経済成長が大きく道すじから外れることはないと考えています。
英国 英国株式を中立とします。株価水準は適正と考えており、また、欧州の株式を選好します。
日本 日本株をややオーバーウェイトとします。2021年のアンダーパフォームの後で、世界の景気が回復して企業収益が伸びると考えています。
中国 中国はやや緩和的な政策に移行するとみており、中国株式にややポジティブなスタンスを維持します。規制強化の動きは継続するものの、強まることはないと考えます。
新興国市場 新興国における経済活動の再開の動きはより困難を伴い、金融政策が引き締め方向であることを考慮し、新興国の株式を中立とし、先進国の株式を選好します。
日本を除くアジア 日本以外のアジア諸国の株式は中立。地域全体というよりも中国により絞ったエクスポージャーを選好します。
債券
米国債券 経済のファンダメンタルズとバリュエーションを考慮し米国債をアンダーウエイトとします。FRBのテーパリングとそれに続く利上げ対して、金利が上昇する方向にリスクが高まるとみています。
米物価連動国債 インフレは継続し新型コロナ拡大以前よりも高い水準に落ち着くと予想しているため、米国のTIPSをオーバーウェイトとします。金利エクスポージャーと分散効果の観点からTIPSを選好しています。
欧州の国債 欧州の国債をアンダーウェイトに引き下げます。利回りは上昇するとみていますが、現在の市場価格は、数年間にわたって金融政策に実質的な変化がないことを示唆している水準のようです
英国債 英国債を中立とします。英国の政策金利は他の先進国よりも早く上昇するとみていますが、供給が限られている中で、その後のペースに対する市場の期待は過大であると考えています。
中国国債 中国国債をオーバーウェイトとします。金融政策が緩和される可能性があること、金利が比較的安定していること、潜在的なインカムが見込まれることなどが、中国国債の魅力を高めています。
グローバル投資適格債 投資適格債は引き続きアンダーウエイトとします。ブラックロックは、イールドスプレッドがさらに縮小する余地はほとんどないと考えており、引き続き金利リスクを懸念しています。
グローバル・ハイイールド債 ハイイールドを中立とします。ハイイールドのスプレッドは縮小していませんが、それでもキャリーは魅力的だと考えています。株式でリスクを取ることを選好します。
新興国債券(ドル建て)ドル建ての新興国債券を中立とします。ワクチン主導の世界的な経済再開と、より予測可能な米国の貿易政策が下支えすると予想します。
新興国債券(現地通貨建て) 魅力的なバリュエーションと潜在的なインカムを考慮して、現地通貨建ての新興国債券をややオーバーウェイトとします。高い利回りは、新興国の金融政策の引き締めを反映していると考えています。
アジア債券 アジアの債券をオーバーウェイトとします。中国のバリュエーションは依然として魅力的であると考えます。中国以外では、アジアのソブリンやクレジットについてインカムとキャリーを理由に選好します。

過去のパフォーマンスは現在または将来の成果を示唆する信頼できる指標ではありません。指数に直接投資することはできません。注記:見通しは米ドルベースです。2021年12月時点。当資料は特定の時点における市場環境の評価を示すものであり、将来の成果の予想あるいは保証を意図したものではありません。当資料中の情報は、特定のファンド、戦略あるいは証券に関する投資アドバイスとして依拠すべきものではありません。

ベースケース:名目金利の新時代(ニューノミナル)

レアな組み合わせ

レアな組み合わせ

過去の実績は、現在または将来の結果を示す信頼できる指標ではありません。
指数は運用されておらず、手数料の対象ではありません。また、指数に直接投資することはできません。出所:BII、データはRefinitiv DatastreamおよびBloomberg、2021年12月。注記:このグラフは、1977年から2021年までの世界の株式と債券の米ドルベースの年間リターンを示しています。指数は、株式がMSCI All-Country World Index指数(1988年以前はMSCI World)、債券がBloomberg Barclays Global Aggregate Index指数(1991年以前はU.S. Aggregate)。

広範なシナリオが想定される

広範なシナリオが想定される

他のレジームについて

問われる安全資産としての国債
債務残高の増加に伴い、国債の安全性が疑問視されている。投資家は長期債を保有するリスクにより大きな対価を求める。イールドカーブは急激にスティープ化する。しかし、これは資産の相対シフトであり、株式は依然好調が見込まれる。

生産性の向上続く
持続的な設備投資が潜在的な成長を後押しすることで、マクロ環境はディスインフレーションの状態が維持される。FRBは忍耐強く、金利に対し中立以下に維持し、緩和的な政策を継続。イールドカーブはスティープ化する。実質金利が低い状態が続き、リスク資産が好調に推移する。

ブレーキを踏む
新型コロナの新たな変異株の影響等によって、経済再開の遅れにより、成長率は低下し、インフレ率は継続的に上昇する。中央銀行は、インフレ率の上昇に対して積極的な政策対応を取り、それに対する初動として利回りの急上昇が起きる。結果として高インフレを伴う景気後退を招く。金利の動きが株式に大きな打撃を与える。

インフレの暴走
インフレ期待値がポストコロナの混乱の中で固定されなくなる。ネット・ゼロへの移行に混乱が伴い、状況をさらに悪化させる。1970年代型のスタグフレーションが復活する。利回りは全体的に急上昇し、リスク資産は売られる。

停滞
成長率は低迷。労働市場には需給の緩みが残って、賃金の上昇を妨げるため、インフレ圧力が弱まる。中央銀行は経済成長とインフレを復活させることができない。イールドカーブはフラット化し、株式は業績の低迷により打撃を受ける。

典型的なリスクオフ
資産バブルの形成と崩壊。貿易戦争が再燃してグローバルな活動が損なわれる。中央銀行は対応に苦慮する。安全と思われる資産への逃避から長期利回りが急低下し、タームプレミアムは再びマイナスに転じる。リスク資産は打撃を受ける。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる