外国 為替 取引 と は

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは
本業でのキャッシュの流れ を示しており、企業がキャッシュを生み出す能力である。営業活動によるキャッシュ・フローの表示は、詳細な表示である 直接法 と簡便な表示である 間接法 の2種類があるが、実務上では間接法が多く利用されているため、今回は間接法を前提としている。ただ、結果的に小計以下は同じ数値となる。企業にとって本業から得るキャッシュがマイナスとなっている場合には、投資資金を自己資本でまかなうことができず、財務面に関しても借入の返済原資がないこととなる。逆にプラスの場合は、本業から生み出したキャッシュで投資を実施し、借入金の返済原資も確保できることとなり、企業にとってはプラスであることが望ましい。与信管理上では、 マイナスの場合の内容吟味 が重要となってくる。

キャッシュフローとは?キャッシュフローが大事な理由や計算方法、見方などまるっと解説します!


キャッシュフローの概要と利益との違いを理解していただいたところで、 「なぜキャッシュフローが大事なのか?」 について説明したいと思います。
もう一度、前章の具体例(B)を見てみましょう。

<利益> 200万円−100万円= 100万円
<キャッシュフロー>▲100万円

利益が出ていても倒産することがある

つまり利益ばかりに目を取られ、キャッシュフローの管理をおろそかにしてしまうと、 「いつの間にか倒産の危機!」なんてことになりかねない のです!

特に起業時は多くのキャッシュを投資に回していたり、そもそも資金的に余裕がなかったりで、この事態に陥りやすいです。 「起業時はキャッシュフローが大事」 といわれるゆえんです。

キャッシュフローの計算方法・見方

  • 月間のキャッシュフロー = 当月末キャッシュ − 前月末キャッシュ

仕入れの増加や設備投資などでもキャッシュフローはマイナスになるため、お金が減ることは必ずしも悪いことではありませんが、上述の通り 「キャッシュが無くなり支払いができなくなると倒産する」 ことになりますので、よくよく注意するようにしましょう。

キャッシュフロー計算書 会計期間中のキャッシュの増減を数値で示した計算書類。 過去のキャッシュの流れを可視化するのが目的 。貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)と合わせて「財務三表」と呼んだりする。
資金繰り表 一定期間のキャッシュの流れを把握するための資料。過去のキャッシュフローを把握する 「実績の資金繰り表」 と、これから(将来)を見る 「計画の資金繰り表」 の二つがある。

お金管理の第一歩は「会計ソフト」から!


ここまでキャッシュフローの基本をざっと説明してきましたが、特に経営初心者の方にお伝えしたいのは 「日々のお金の流れをチェックする習慣をつけよう」 ということです。

初めての会計ソフトは定番の「弥生会計」がおすすめ


数ある会計ソフトの中でお勧めしたいのが、22年連続で売上No.1を記録し、会計ソフトメーカー別販売本数シェアでも一位の 「弥生会計」 です。

弥生会計が人気の理由、それは 圧倒的な使いやすさ にあります。「借方・貸方」といった会計知識のない方でも使いやすい画面設計はもちろん、電話・メール・チャットによる徹底したサポート体制など、初めてでも簡単&安心に使い続けられる仕様になっています。

なお小規模事業向けのラインナップには、記帳のしやすさに重点を置き、初めての会計ソフトとしてお勧めの クラウド版「弥生会計 オンライン」 と、資金繰り表の作成など、より高度な資金繰り管理ができる デスクトップ版「弥生会計」 キャッシュフローとは の二つがあります。やりたいことに合わせて選ぶとなお良いでしょう。

「弥生会計 オンライン」ではキャンペーンを開催中!

「弥生×創業手帳 キャンペーン」では、1年以内に会社設立される or2017年1月以降に会社設立された方を対象に、 「弥生会計 オンライン」 ベーシックプラン(電話・チャット等のサポート付プラン)の 通常30,000円(税抜)が2年間無料に。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる