無料講座

逆三尊よりもダブルトップ

逆三尊よりもダブルトップ
チャートパターン

ダブルボトム/トップのFXエントリー利確ポイントやダマシ回避方法、アダム&イヴを解説

チャートパターン

BitMEX(ビットメックス)などビットコインFXで、 ヘッドアンドショルダー や ダブルトップ ・ トリプルボトム 逆三尊よりもダブルトップ などのチャートパターンはテクニカルで重要な売買サインとなります。

FXで安定して高い利益率を維持するためには、
長い時間足で三尊やダブルトップ・トリプルボトムなどのわかりやすいテクニカルシグナルが発言した時のみロットを上げて勝負に出る 、ということを徹底することです。

ダブルトップ・ダブルボトムとは?

ダブルトップ・ダブルボトムは、三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)と同じ トレンド転換を表す代表的なチャートパターン の一つです。

ダブルトップ

ダブルトップとは高値天井圏で出現しやすいチャートパターンで、相場の天井からのトレンド反転示す 売りシグナル です。

ダブルトップは、最初の山(first peak)が形成された後の安値のライン(ネックライン neckline)を割り込んだときに完成し、売りポイント(conservative entry point)になります。

安値圏のダブルボトムは上昇トレンド転換のサインになりますが、 高値圏のダブルボトムはダマシになることが多いので注意 しましょう。

高値圏のダブルトップは下落トレンドへの転換のサインになりますが、 安値圏のダブルトップはダマシになることも多いので注意 しましょう。

ダブルボトム


引用元:投資の教科書

ダブルボトムは、1回目の安値(first valley)を割り込まず、はじめに反発した時の高値のライン(ネックライン neckline)を突破したところで完成し、買いポイント(conservative entry point)になります。

安値圏のダブルボトムは上昇トレンド転換のサインになりますが、 高値圏のダブルボトムはダマシになることが多いので注意 しましょう。

ダブルトップ・ダブルボトムのエントリーポイント

    逆三尊よりもダブルトップ
  • 底値圏のダブルボトムは買いサイン
  • 高値圏のダブルトップは売りサイン
  • ネックラインの突破や下抜けがパターン成立のサインで売買ポイント

ダブルトップ・ダブルボトムの利確ポイント

ダブルトップの利確ポイント


引用元info.monex.co.jp
二番天井を付けたあと反発したライン(ネックライン)の長さと同じ長さ間隔の位置を目標値とおくことが一般的です。

ちなみに、ダブルトップやダブルボトムのネックラインは、チャートパターンが成立するまでは強いレジスタンスラインとなりますが、
ネックラインを割ってしまうと、今度は強いサポートラインとなって跳ね返す力になるので意識しておきましょう。

チャートパターン アダムとイヴとは?

アダムとイヴとは


ダブルトップ・ダブルボトムの変形パターンに、アダム&イヴ(Adam and Eve Double Bottoms)というユニークな名前のチャートパターンがあります。
少し変わった二番底フォーメーションといえます。

カブーの株式投資 株式トレード勉強サイト

三尊天井(さんぞんてんじょう)とは、 高値圏で現れる売りシグナル のひとつで、「三つの山」のような形をしたチャートパターンのことをいうよ。
日本では、仏像(本尊)が脇侍を従えて3体並んでいるように見えることから 三尊(天井) 、
海外では、3つの山を人間の頭・両肩に例えて ヘッドアンドショルダーズ(トップ) と呼んでいるんだ。
また「3つの天井」という意味で、シンプルに トリプルトップ とも呼ばれているよ。

呼び名が多いこのチャートパターンだけど、これらが示しているのは共通して売りサイン。
もしこのチャートパターンが「高値圏」で現れたら、 下降トレンドの始まり を示唆しているんだ。
同じような売りシグナルに「ダブルトップ」というものがあるけど、それよりも 強い売りシグナル だと言われているよ。

ダブルトップとは ダブルトップとは、相場の天井を示す「売りシグナル」で、「M」の形をしたチャートパターンのことを言うよ。 天井が2つあることから「ダブルトップ」と呼ばれていて、高値圏からの相場転換を表す代表的なシグナルなんだ。 この「ダブルトップ」の発生条件は下記の通りだ.

三尊天井の発生条件

この三尊天井(トリプルトップ)の発生条件は下記の通り。
①株価が大きく上昇し、反転(一番天井)
②再び上昇し、前回の高値を超えてから反転(二番天井)
③三度(みたび)上昇に向かうも、一番天井を超えられずに反転(三番天井)
④ネックラインと呼ばれる戻り安値を下抜け
以上の4つが揃うことで、はじめて「三尊天井」が完成となるんだ。

投資家の心理

このようなチャートパターンは 投資家の心理 で考えると理解しやすいよ。
上昇を続けてきた株価が高値をつけると、ある程度の水準で「利益確定」や「空売り」が入ってくるよね。
それによって株価は「押し目」を作るんだけど、今度は「押し目買い」を狙ってまた買いの勢いが強くなり、更には「空売りの買戻し」も入るので、前回の高値(一番天井)を超えることがあるんだ。
(超えられなければダブルトップの可能性)
一見、ここまでは順調に上昇トレンドを継続しているように見えるけど、 黄色い上昇トレンドライン で反発できなかった時点で、かなり雲行きは怪しくなってきたと考えることができるよ。

三尊天井の目標値

この三尊天井だけど、売りのタイミングは ネックラインを割った地点 とされ、下落幅の目安は、高値からネックラインまでの 値幅と同じくらい が良いとされているんだ。
(このチャートにおいてのネックラインは、安値と安値を結んだ線)

例えば、二番天井が1,000円で、ネックラインが800円だった場合、値幅は200円だから「目標値」もネックラインから200円のところに設定すると良いよ。
(ネックライン800円-値幅200円=目標値600円)
ただし、これはあくまでも一つの目安なので、空売りを入れる方は「欲を見ず」適度な場所で買戻しをしてね!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる