初心者入門

スキャルピングについて徹底解説

スキャルピングについて徹底解説
僕はひと月トレードして、勝てたのは2~3回、あとは全部負け
損失額は46000円です
毎月このぐらいのペースで負けることを考えたら怖くてエントリーできません
このロジックで本当に勝てる人がいるのか謎です

FXのスキャルピングに必要な技術と、失敗しないための手法を徹底解説!

できるだけ失敗しないコツは、①トレードする通貨ペア、②トレードする時間帯、③トレードの判断材料、④トレードのスタイルといった4つのポイントについてあらかじめ絞り込んでおくことが重要でしょう。それぞれについて、詳しく説明していきます。
①トレードする通貨ペア
スキャルピングに向いている通貨ペアはおのずと限られてくるものです。なぜなら、数秒〜数分の動きを捕らえて取引するため、コスト負担が重かったり、値動きが緩慢だったりすると、ほとんど利益を確保できないからです。

ユーロ/米ドルも比較的スプレッドは狭くなっていますし、世界的に最も取引量が多いことが安心材料。値動きの大きさという観点では、英ポンド/円に妙味がありそうです。
②トレードする時間帯
トレードの時間帯については、売買が活発で値動きが大きくなりそうなゾーンに絞り込むのが得策でしょう。米ドル/円なら、東京市場がオープンしている時間帯の中でも銀行が仲値(TTM=基準レート)を提示する前後に当たる9〜11時が特に活況となりやすいと言えそうです。

ユーロ/米ドルと英ポンド/円については、ロンドン市場がオープンするのがウインタータイムの期間中で日本時間の17時頃(サマータイム期間中は16時頃)ですから、そこが取引チャンスの起点となるでしょう。22時頃(サマータイム期間中は21時頃)にはニューヨーク市場でも取引が本格化するので、さらに24時頃まで好機が続きそうです。
③トレードの判断材料
トレードの判断材料については、スキャルピングでは必然的にテクニカル分析に的を絞ることになるでしょう。超短期的な為替レートの推移には、ファンダメンタルズ(経済環境)はほとんど関与しないからです。

数あるテクニカル分析の中でも、スキャルピングに適しているものが限定されてきます。隣接する高値同士・安値同士を結んだトレンドラインによる分析や、ボリンジャーバンドと呼ばれるテクニカル指標を用いた分析が特に有効だと言われています。
④トレードのスタイル
トレードのスタイルについても、しっかりと確立させたうえで取り組むことをおすすめします。その場の思いつきで様々なトレードスタイルを試しているのでは、なかなか安定した成果を上げられません。自分が得意とする取引のパターンを見つけ出し、一貫してそのトレードスタイルで望むのが鉄則です。

FXのエンベロープをプロが徹底解説|使い方・設定方法・手法

USD/JPY 5分足

【FXエンベロープ使い方③】利益確定の目安

FXエンベロープ設定方法

FXエンベロープ設定値【期間・種別・偏差】

設定項目意味推奨の設定値
期間移動平均線の期間12・20・24・25など
種別移動平均線の種別Simple・Exponential
偏差移動平均線との乖離率0.01〜3%

時間足乖離率
15分〜1時間足0.05〜0.40
4時間足〜日足0.60〜2.0

エンベロープの設定値が適切かどうかの検証法

FXスキャルピング用エンベロープ5分足・1分足設定例

FXで勝つ!エンベロープによる最強トレード手法

FXエンベロープ手法①レンジ逆張り

FXエンベロープ手法②レジスタンス・サポート逆張り

FXエンベロープ手法③バンドウォークからの順張り

FXのバンドウォークってなに?プロが見極め方・活用法を解説 FXでは時に「バンドウォーク」と呼ばれるテクニカル上の現象が発生します。 これはいったいどのうような相場の状態を表しているのでしょうか? ひとつ言えるのは、バン…

FXエンベロープ手法④RSIスキャ

  • 海外FXは出金しないと税金がかからない?専門家が解説します
  • FXBeyondに出金拒否はある?プロが安全性を調査しました

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる