投資助言

株式ランキング

株式ランキング

今回ランキング第127弾として、10~20代の若手ジャニーズランキングを発表。
https://tpranking.com/young-johnnys

「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2022<北関東版>」発表

回答者数28,148名 ※詳細はページ下部よりダウンロード

回答者数9,942名 ※詳細はページ下部よりダウンロード

街の住みここちランキング<TOP10位>

■調査概要
◇調査方法 株式会社マクロミルの登録モニタに対してインターネット経由で調査票を配布・回収。
◇回答者 北関東(茨城県・栃木県・群馬県)居住の20歳以上の男女、2019年~2022年
合計28,148名を対象に集計を対象に集計。
[男女比] 男性48.5%:女性51.5%
[未既婚] 未婚35.7%:既婚64.3%
[子ども] なし46.9%:あり53.1%
[世代比] 20歳代14.7%、30歳代23.3%、40歳代25.7%、50歳代20.7%、
60歳以上15.6%

◇調査期間
2022年3月8日(火)~3月29日(火) :2022年調査(回答者数:9,株式ランキング 942名)
2021年3月17日(水)~3月30日(火):2021年調査(回答者数:8,225名)
2020年3月17日(火)~4月3日(金) :2020年調査(回答者数:7,221名)
2019年3月26日(火)~4月8日(月) :2019年調査(回答者数:2,760名)計28,148名

◇調査体制
調査企画・設問設計・分析:大東建託賃貸未来研究所 宗健(所長)、調査票配布回収:株式会社マクロミル

◇回答方法
街の住みここちランキングは、現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点 株式ランキング 満足:75点どちらでもない:50点 不満:25点 大変不満:0点)」の平均値から作成。住みたい街ランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成

解説者プロフィール

大東建託株式会社 賃貸未来研究所長・AI-DXラボ所長 ITストラテジスト・博士(社会工学・筑波大学)
麗澤大学客員教授
1965年北九州市生まれ。
1987年九州工業大学工学部卒業、株式会社リクルート入社。通信事業部、求人系インターネットサービス企画マネジャー、ForRent.jp編集長、ISIZE住宅情報編集長、R25式モバイル編集長などを経て、2006年株式会社リクルートフォレントインシュア代表取締役社長。
2012年リクルート住まい研究所長。
2018年7月より大東建託株式会社賃貸未来研究所長。 株式ランキング
2020年4月よりAI-DXラボ所長(兼担)。
2021年4月より・麗澤大学客員教授。

• 新聞・雑誌、テレビ・ラジオ等の報道関係者におかれましては、本リリースを掲載・報道または引用する場合には、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<北関東版>」「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2022< 北関東 版>」または、 「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2022< 北関東 版>」と出所の表記をお願いします。

【SalesNow DBレポート】旅行業界における2021年度売上ランキング100社をピックアップ

~ 日本中全ての企業約510万社の企業情報を網羅した調査レポート「SalesNow DBレポート」 ~

「データとテクノロジーで、ビジネスを加速させる。」をミッションに掲げ、日本全国約510万社の企業データを基盤に営業の効率化を支援する「SalesNow」を展開してきた株式会社QuickWork(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村岡 功規、以下「QuickWork」)は、日本最大級のデータベース「SalesNow DB」のデータを活用した「SalesNow DBレポート」から、今回は「旅行業界の2021年度売上ランキング100社」をピックアップしました。

  • 「旅行業界の2021年度売上ランキング100社」について

資料:令和3年版観光白書について 観光庁 令和3年6月

国内旅行需要を喚起するために、感染拡大防止策の徹底を図りつつ、政府は2020年7月よりGo Toトラベル事業を推進し、 国内需要は同年11月にかけて回復するも、同年12月には感染症拡大の影響から同事業を全国一律で一時停止しました。しかしこれまでの利用人泊数は少なくとも約8,781万人泊と言われており、一定の経済効果は見込めています。またコロナ禍において多くの企業においてテレワークが導入された影響から、どこでも場所を選ばずに働くことができるワーケーションを実施する方が増え、地方部においては、子連れワーケーションに対応すべく、行政と連携して保育園の枠を確保する等の取組も始まっています。さらに三密回避が求められることから屋外でのキャンプなどのアウトドアへの需要が高まっているなど、時代のニーズに合わせたニューノーマルな取り組みが今後の観光需要を満たすポイントになってくるかもしれません。

  • 旅行業界の主な企業4社をピックアップ

株式会社JTB
売上高:3721億1200万円(2021年3月期)
本社所在地:東京都

株式会社エアトリ
売上高:336億円(2021年9月期実績)
本社所在地:東京都

株式会社エアトリは、オンラインによる旅行事業を行う事業として2007年に創業。2011年に法人向け出張サービスを販売開始し、2012年には「EVOLABLE ASIA CO., LTD.株式ランキング 」(現連結子会社)をベトナム ホーチミン市に設立、ITオフショア開発事業を開始する。2016年3月に東京証券取引所マザーズに上場し、一年後の2017年3月に東京証券取引所第一部に市場変更。2018年5月には株式会社DeNAトラベル(現株式会社エアトリインターナショナル)を完全子会社化する。

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<甲信越版>」発表

住みここち1位は3年連続で山梨県中巨摩郡昭和町。昨年10位の長野県北安曇郡松川村が4位。
○1位は3年連続で山梨県中巨摩郡昭和町
「生活利便性」「物価家賃」因子で1位、「交通利便性」「行政サービス」因子で2位と、各因子別ランキングでの評価が高い山梨県中巨摩郡昭和町が、唯一偏差値70台の高い評価を得て今年も1位です。
○TOP5のうち4自治体が長野県
上位5位のうち2位~5位は全て長野県の自治体です。4位の北安曇郡松川村は、「静かさ治安」「親しみやすさ」因子の評価が高い村で、昨年10位からランクアップしています。

  • 「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2022」 主なポイント

住みたい街1位は新潟県新潟市、2位は東京23区。3位は2年連続で長野県松本市。
○昨年1位の新潟市中央区を含む新潟市が1位
昨年は甲信越内の自治体のみを対象として集計していましたが、今年は全国の自治体を対象とし、また行政区は一つの自治体として集計した結果、昨年1位だった新潟市中央区を含む新潟市が1位、東京23区が2位という結果になっています。
○今住んでいる街肯定派は74.4%
「住みたい街が特にない」56.1%、「今住んでいる街に住み続けたい」18.3%の合計が74.4%で、昨年に引き続き、今住んでいる街を評価する結果となっています。

  • 街の住みここちランキング2022<甲信越版>自治体TOP10 因子別順位

TOP10外の自治体 因子別順位トピックス
●「生活利便性」の2位は、長野県北佐久郡軽井沢町でした。
●「交通利便性」の3位は、新潟県南魚沼郡湯沢町でした。
●「行政サービス」の3位は、長野県上伊那郡南箕輪村でした。
●「静かさ治安」の3位は、山梨県北杜市でした。
●「親しみやすさ」の3位は、長野県北佐久郡軽井沢町でした。
●「物価・家賃」の2位は、長野県上伊那郡南箕輪村、3位は、新潟県妙高市でした。
●「自然・観光」の2位は、長野県北佐久郡軽井沢町、3位は、長野県諏訪郡下諏訪町でした。
●「防災」の2位は、新潟県南魚沼郡湯沢町でした。

  • 調査概要

•本リリースの一部また全部を、個人的な利用を目的とする印字・保存等、その他著作権法で認められる場合を除き、著作物等を著作権者等の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、他のウェブサイトに転載するなどの行為を禁止します。
•新聞・雑誌、テレビ・ラジオ等の報道関係者におかれましては、本リリースを掲載・報道または引用する場合には、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2022<甲信越版>」と出所の表記をお願いします。
•本調査の対象となった自治体には、詳細データを提供可能ですので、個別にお問い合わせください。
•学術研究目的の場合、本調査個票データについて提供できる可能性がありますので個別にお問い合わせください。
•「住みここちランキング」WEBサイトでは、「住みここち」と街づくりに関する学術論文や調査データの解説記事を掲載しています。詳細につきましては、WEBサイトをご覧ください。

『タレントパワーランキング』が10~20代の若手ジャニーズランキングを発表!WEBサイト『タレントパワーランキング』ランキング企画第127弾!!


今回ランキング第127弾として、10~20代の若手ジャニーズランキングを発表。
https://tpranking.com/young-johnnys


■調査方法
株式会社アーキテクトが実施しているタレントパワー定期調査から、2022年2月度調査のデータを使用

■調査時期
タレントパワーランキング調査は2月、5月、8月、11月に実施。

■ランキングの詳細


ランキングのTOP8は上表の通り。
詳しく知りたい方はこちら↓
https://tpranking.com/young-johnnys

ジャニーズJr.時代から映画やドラマの主演を務め、その圧倒的なビジュアルからは想像できない天然っぷりでバラエティ番組に引っ張りだこのタレントが1位にランクイン。
2位には、周りが感心するほどの振り切った王子様キャラで露出が増えているタレントがランクイン。 株式ランキング
3位以降には、バラエティ番組で冠を持つタレント、ジャニーズ初のYouTube活動が話題となったタレントなどがランクインしています。

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応を必ずお願いします。
○引用元が「株式会社アーキテクト」「タレントパワーランキング」である旨を明記
○タレントパワーランキングサイト「http://tpranking.com/」へのリンク設置

■キャスティングにお困りの方
「タレントパワーランキング」では、3カ月に1度、テレビ番組やCMのキャスティングに幅広くご活用いただけるタレント調査を実施しております。 株式ランキング
「タレントパワーランキング」データご購入・お問い合わせはこちら↓
株式会社アーキテクト マーケティング事業部
タレントパワーランキング担当:松岡
TEL:03-4213-7718
MAIL:[email protected]

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

TOPS 株式ランキング OF 2018: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2018年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~

- トータルデジタルでは「Yahoo! JAPAN」が1位、「Google」が2位で、それぞれ人口の54%にリーチ
- スマートフォンでは「Instagram」が昨年から利用者数が39%増え、TOP10入り
- スマートフォンアプリ1位は昨年に続き「LINE」、利用者数は5,500万人

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2018年の日本におけるトータルデジタルとスマートフォンでのインターネットサービス利用者数ランキング、「Tops of 2018: Digital in Japan」を発表しました。

2018年におけるトータルデジタルでのリーチ(利用率)TOP 10サービスをみると、Yahoo Japanが最もリーチが高く、54%(6,743万人)で1位となり、次いで、Googleが同じく54%(6,732万人)、3位はYouTubeで50%(6,276万人)となっていました。TOP 3サービスは人口の半分が毎月利用している規模となっていました(図表1)。

スマートフォンからの利用者数TOP 10サービスでは、そのうち9つのサービスが昨年から引き続いて利用者数を増やしていました。1位~4位のサービスの順位は昨年と変わらず、1位は「Google」、2位は「Yahoo! JAPAN」で両サービスとも利用者数が6,000万人を超えていました。昨年はTOP10圏外だったInstagramは9位にランクインし、TOP 10の中では増加率は最も高く39%となっていました(図表2)。

株式ランキング 20181225_01.jpg

20181225_02.jpg

20181225_03.jpg

当社アナリストのコヴァリョヴァ・ソフィヤは、次のように述べています。「2018年のインターネット利用状況として、昨年も利用者数が多かったサービスがスマートフォンの利用者数増加と共に更に伸びています。トータルデジタルでは、利用者数上位3サービスは日本人口の半数にリーチできるメディアとなりました。スマートフォンからのTOP 10サービスでは、昨年に続き大きな変化は見られず固定化してきている傾向がうかがえるものの、数年前から存在感を増していたInstagramは、今年に入ってTOP 10入りし、3,102万人が利用するメディアとなりました。2018年も継続してソーシャル動画アプリやフリマアプリなどが話題となり、着実に利用者数を伸ばしたサービスもありました。今後それらのサービスが更にユーザーを獲得することで、中長期でランキング上位に上がってくる可能性も十分あるでしょう。しかし、スマートフォン市場の成熟化が進むにつれて、伸長率は年々鈍化し、利用者数も急激に増えることは考えづらいと思います。一人の利用者がスマートフォンに費やす時間が急増することも考えにくく、利用者は可処分時間の中から利用するサービスを選択することになるでしょう。そして、上位のサービスの固定化が見られる反面、利用者のニーズが更に細分化して、一定の利用者やニーズに特化したアプリが今後伸びてくる可能性もあるでしょう。サービスを提供している企業としては、ユーザーが時間を費やしているサービスや、話題にしているコンテンツに対してアンテナを張り、それをもとに自社サービスの差別化を目指すことが一層重要になってきます。」

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings )について
ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、デジタル媒体の全てのコンテンツを、PC、モバイル、タブレット、およびOTTなどの全てのデバイスを横断して計測し、デジタルコンテンツ全体の視聴者のメディア接触と消費量を包括的に把握することを可能にします。媒体社はこのサービスを使うことで、デジタルメディアの消費状況全体を把握でき、広告販売における透明性のあるデータの開示や競争力のある広告メニューの開発をおこなえます。広告主、広告会社は広告購入における適切な予算配分計画をおこなえます。ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,800万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のデジタルメディアの視聴状況を性別、年齢層別に把握することが可能になります。日次データは3日後にはオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業はデジタルメディアの利用状況をすばやく知ることができます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/dcr.html

ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)について
ニールセン モバイル ネットビューは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

ニールセン ネットビュー(Nielsen NetView)について 株式ランキング
ニールセン ネットビューは、日本全国に4万名以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告しています。また、ニールセンの視聴率パネルは家庭のみならず、日本で唯一、職場にも2,200名以上のパネルを構築していますので、日本全体のPCでのインターネット利用動向を俯瞰することができます。同一条件で測定される視聴率情報であるがゆえに、自社サイトの利用状況や利用者属性の把握のみならず、競合サイトの利用状況との比較もでき、かつ、日本全体あるいは業界内での自社のポジショニングを確認することもできます。時系列データの抽出や、他サイトとの重複利用状況を抽出するなどの豊富なツールも実装されています。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。 株式ランキング
http://www.netratings.co.jp/solution/netview.html


【ニールセン デジタル株式会社 会社概要】
社名: ニールセン デジタル株式会社 英文社名: Nielsen Digital Co., Ltd.
本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
資本金: 1億円
設立: 1999年5月
代表者: 代表取締役社長 宮本 淳
主要株主: 米国ニールセン・カンパニー(The Nielsen Company)、株式会社ビデオリサーチ

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼された見解を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

ニールセン デジタル株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
ニールセン デジタルコンテンツ視聴率 Nielsen Digital Content Ratings
インターネット視聴率データ ニールセン ネットビュー Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ ニールセン モバイルネットビュー Nielsen Mobile NetView
インターネットユーザーデータベースサービス ネットビューライフスタイル パワードバイビデオリサーチインタラクティブ など

広告分析ソリューション
ニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratings
広告効果分析サービス ニールセン デジタルブランドエフェクト Nielsen Digital Brand Effect
デジタル広告モニタリングツール ニールセン デジタルアドインテル Nielsen Digital Ad Intelなど

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる