オプション取引

分析方法も解説

分析方法も解説
多種多様な販売場所の中から、どれを選ぶのか。その選択・設定にあたっては、需要のある層に確実に製品・サービスを届けるという面だけでなく、製品・サービスに対するイメージも考慮する必要があります。「コンビニに行けば置いてある物」と「デパートや専門店にしか置いていない物」とでは、物に対して人々が抱くイメージが大きく異なるためです。
また、大規模流通にはのせず、地域ごとに取引先を限定したり、代理店方式を採り入れたりして、選択的・排他的な販売場所を設定する方法もあるでしょう。この場合、戦略的な販売管理がしやすく、顧客とのコミュニケーションをとりやすいという利点があります。
クリアするべき販売量や販売エリア、市場でのシェアのほか、価格やブランドイメージのコントロールのしやすさなどを考慮して、販売場所を総合的に検討していくことが大切です。

ICP発光分光・質量分析:原理解説

ICP(高周波誘導結合プラズマ)は英文のInductively Coupled Plasmaの頭文字をとったものであり、発光分光分析法の一つの手法です。分析試料にプラズマのエネルギーを外部から与えると含有されている成分元素(原子)が励起されます。その励起された原子が低いエネルギー準位に戻るときに放出される発光線(スペクトル線)を測定する方法です。発光線の位置(波長)から成分元素の種類を判定し、その強度から各元素の含有量を求めます。プラズマの生成には、アルゴンガスを流し、トーチ管の先端部においたワークコイルに高周波電流を流します。高周波電流によりトーチ管内に生成される電磁場によりアルゴンガスが電離されプラズマを生成します。このプラズマは高い電子密度と高温(10000K)を持ち、このエネルギーにより試料を励起発光させます。溶液試料は霧化された状態でトーチ管の中央の細管よりプラズマ内に導入されます。

3.ICPの分析化学的特長

  1. 多元素同時分析、逐次分析が可能
  2. 検量線の直線範囲が広い
  3. 化学干渉、イオン化干渉が少なく高マトリックス試料の分析が可能
  4. 高感度である(検出下限は大半の元素に対して10ppb以下)
  5. 測定可能元素が多い、原子吸光法で困難なZr、Ta、希土、P、Bなども容易に分析できる
  6. 安定性がよい

1) 分析方法も解説 シーケンシャル型


図1 シーケンシャル型ICP発光分光分析装置

2) 多元素同時分析型(マルチチャンネル型)

5. 応用例

1) 鉄鋼分析 分析方法も解説 ICP発光分光分析の主要な応用分野のひとつが素材分析です。鉄鋼資料の分析を行った例を示します。

  • 装置: シーケンシャル型ICP発光分光分析装置SPS3000型
  • 試料: JSS鉄鋼標準試料150番台(強靭鋼)0.5gを塩酸―硝酸の混酸に溶解し100mLとしたもの
  • 標準液: 純鉄(99.99%)0.5gを溶解し100mLとしたものをブランクとし、これに測定元素8元素の標準液を添加したものとで検量線を作成した(マトリックス合わせ法)
  • 分析条件: このような高マトリックスの試料ではマトリックス元素(この場合は鉄)などによるスペクトルの重なりが発生することがあるためスペクトルプロファイルを確認し、もっとも最適な分析波長を選択し測定を行う。
  • 分析結果: 測定した3件の試料についての結果と標準試料としての認証値を表に示す。非常に良好な一致を示していることがわかる。
  • 分析結果: 測定した3件の試料についての結果と標準試料としての認証値を表に示す 非常に良好な一致を示していることがわかる

2) バストネサイトの分析

  • 分析条件: バストネサイト 0.5gをフッ化水素酸、硝酸、過酸化水素水で処理し溶解し100mLとした。
  • 分析結果: 希土類以外の元素と希土類の分析結果を表に示す。含有量30%の酸化セリウムから含有量0.11%の酸化ユーロピウムまで定量できている。

3) 毛髪分析

  • 装置: 多元素同時型ICP発光分光分析装置 Vista-PRO
  • 試料: 毛髪を洗浄後 0.5g秤量しこれを分解容器中で硝酸により分解しこれを10mLとしたもの
  • 分析結果: スペクトルプロファイル、分析結果の一部を示す。

環境水の模擬資料として塩化ナトリウム3%溶液の4時間連続噴霧測定を、 アルゴンガスを半減した低消費プラズマを構築するためのシステム Active Flowを用いて行いました。

損益分岐点とは|計算式や分析・活用方法も解説

固定費と変動費の集計

固定費と変動費の集計

2.限界利益率を計算する

限界利益率=1ー(変動費÷売上高)

限界利益率の計算

限界利益率の計算

3.損益分岐点を求める

損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率

損益分岐点売上高の計算

損益分岐点売上高の計算

エクセルを使ったグラフの作り方

1.グラフ作成に必要な数字を入力

まずは下図のように売上高と総費用、固定費を売上が「0」のケースと最大のケースでそれぞれのセルに入力します。ここでは上記の計算で用いた数値をそのまま使用します。

グラフ作成に必要な数字の入力

グラフ作成に必要な数字の入力

2.グラフの作成

グラフの作成

グラフの作成

グラフ(未完成)

グラフ(分析方法も解説 未完成)

3.グラフを見やすくする

このままではグラフが塗りつぶされて分かりにくいので、グラフの塗りつぶしをなくします。

グラフの塗りつぶしをなくす

グラフの塗りつぶしをなくす

グラフの枠線設定

グラフの枠線設定

グラフ(完成)

グラフ(完成)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる