ポジション取引戦略

FXの注意点やリスク

FXの注意点やリスク
必要証拠金とはFX取引を行うためにFX会社に預け入ればければならない最低限の証拠金をいいます。
現在、個人のFX取引では4%以上の証拠金を預け入れる必要があります。 引用元:ondaラボJAPAN 公式

5月31日(火)■『5月の月末要因』と『米国が連休明けとなる点』、そして『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』に注目!

経済指標及び要人発言以外では、
FXの注意点やリスク 米国が連休明け
・ 5月・月末(FXの注意点やリスク 5月31日が5月月末での最後の営業日)
・ バイデン大統領とパウエルFRB議長とイエレン財務長官の会合(米経済や世界経済の状況について)
・明日・1日(水)→6月入り、米ISM製造業指数、BOC金融政策、FRBがQTを開始
・2日(木)→英国休場(連休)
・週末・3日(金)→英国休場(連休)、米雇用統計、米ISM非製造業指数
・今週→カナダ(6月1日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
・今週→米国の主要企業の決算発表が多い(ピークアウト)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる、今週もFRB高官の発言多数あり)
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週はISM製造業指数と雇用統計がメイン)
・金融市場のリスク許容度 FXの注意点やリスク
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→6月17日に次回金融政策発表を予定)
・日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月9日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・バイデン米大統領の発言
・新型コロナウイルス感染症への懸念
などが重要となる。

本日は、 米国が休場明け かつ 5月・月末での最後の営業日 。
また、 バイデン大統領とパウエルFRB議長とイエレン財務長官の会合(米経済や世界経済の状況について) が行われる。

本日の 米国の経済指標 は、 シカゴ購買部協会景気指数 と 消費者信頼感指数 がメイン。
一方、 経済指標以外のイベント では、 バイデン大統領とパウエルFRB議長とイエレン財務長官の会合(米経済や世界経済の状況について) が予定されている。

本日は、 米ドル・日本円・ユーロの方向性 と 主要な株式市場 FXの注意点やリスク 及び 米国債利回りの動向 、 米国の金融政策への思惑 FXの注意点やリスク 、 5月の月末要因 が重要となる。
その他、 米国が休場明け となる点 や バイデン大統領とパウエルFRB議長とイエレン財務長官の会合(米経済や世界経済の状況について) 、 金融市場のリスク許容度 、 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目) 、 ウクライナ情勢 FXの注意点やリスク 、 原油と金を中心とした商品市場 、 米国の主要企業の決算発表(ピークアウト) 、 欧州の金融政策への思惑 、 日本の金融政策への思惑 などにも注意したい。


■□■ 本日のトレード用のエサ (羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

・10時30分: 豪)住宅建設許可件数
・10時30分: 豪)第1四半期経常収支
→発表での豪ドルが反応しやすい

・18時00分: 欧)消費者物価指数【速報値】 & 【コア】
→欧州勢が本格的に動き出すキッカケに

・21時30分: 加) GDP & 第1四半期GDP FXの注意点やリスク
→発表でのカナダドルへの影響は非常に大きなモノになりやすい

・22時45分: 米)シカゴ購買部協会景気指数
・23時00分: 米)消費者信頼感指数
・26時15分: 米) バイデン大統領とパウエルFRB議長とイエレン財務長官の会合(米経済や世界経済の状況について)
→ 米国が休場明け かつ 5月・月末での最後の営業日
また、 バイデン大統領とパウエルFRB議長とイエレン財務長官の会合(米経済や世界経済の状況について) も行われる
月末要因を筆頭に要注意


■ 5月30日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→カナダ(6月1日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
▼ 今週→米国の主要企業の決算発表が多い(ピークアウト)
▼ 5月の月末要因(5月31日が5月月末での最後の営業日)
▼ 6月の月初め要因(6月1日が6月月初めでの最初の営業日)
▼ 30日(月)→米国が祝日・休場
▼ 31日(火)→5月・月末最後の営業日
▼ 1日(水)→6月入り、米国のISM製造業指数の発表、BOC金融政策の発表、FRBがQTを開始
▼ 2日(木)→英国が祝日・休場(連休)
▼ 3日(金)→英国が祝日・休場(連休)、米国の雇用統計の発表、米国のISM非製造業指数の発表
▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる、今週もFRB高官の発言多数あり)
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週はISM製造業指数と雇用統計がメイン)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→6月17日に次回金融政策発表を予定)
▼ 日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月9日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ FXの注意点やリスク ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

FXの証拠金維持率とは。ロスカットやレバレッジ、必要証拠金との関係や計算方法も解説

黒川ヤスヒト

・ロスカットに関係のある証拠金維持率
「証拠金維持率」は、FX取引を行うなかで出てくる言葉です。数式による定義では 「証拠金維持率=純資産÷必要証拠金×100(%)」 のように表すことができます。FXでは、損失が広がると自動的にポジションを清算する「ロスカット」という仕組みがあります。証拠金維持率は、このロスカットの仕組みに関係のある数字です。この仕組みを知らなければ、いつのまにか損失が広がってポジションが無くなってしまった、というようなことになりかねません。

・レバレッジと必要証拠金
証拠金維持率の中身について、もう少し詳しくみていきましょう。 FX(外国為替証拠金取引)は、顧客が証拠金として資金を預け、その何倍もの金額で外国通貨を売買する取引 です。取引の対象となる外国通貨としては、ドルやユーロなどがよく知られています。

現在、個人の場合では預けた証拠金の25倍となる金額までの取引が可能となっています。25倍というような倍率は「レバレッジ」と呼ばれる数字です。レバレッジが25倍ということは言い換えると、 証拠金は取引する外国通貨の金額に対して、4%以上が必要 ということになります。

レバレッジはFX業者によって、1倍から25倍まで様々に選択することが可能です。「必要証拠金」とは、あるレバレッジのもとで、一定額の取引をするのに最低限必要な証拠金の額を指します。また「純資産」は数式で表すと「預託証拠金残高+約定評価損益-出金予約額」。預けた証拠金に、現在保有しているポジションの利益を加えたり、証拠金から損失の額を差し引いたりしたものです。つまり 損失が出ている場合には、預けた証拠金から損失分が差し引かれてしまう のです。

・損失が広がると証拠金維持率が100%を下回ることも
もう一度数式を確認してみましょう。「証拠金維持率=純資産÷必要証拠金×100(%)」という関係のなかでは、損失が広がると純資産の額は減っていきます。預けた証拠金から損失を差し引いた額が、必要証拠金を上回っていれば、証拠金維持率は100%を超えることになります。 損失が広がっていくと、純資産が必要証拠金を下回り、100%より小さくなること もある のです。

専用アプリで
スピーディーに取引

・当社約款で定める禁止行為に該当する場合
・本注意事項に違反する場合、その他当社からのご案内に従っていただけない場合等
・口座開設に書類の不備などで時間を要する場合があります。余裕を持って口座開設をお申し込みください。
・本特典の開催期間は、予告なく変更される場合があります。
・原則として、終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。
・Apple Inc.及びApple Japan合同会社は、本特典の主催者ではなく、本特典と一切関係がありません。
・情報の取り扱いについては当社 プライバシーポリシー に従います。

口座開設+お取引で最大50,000円キャッシュバックについて

■開催期間

口座申込対象期間:2021年4月19日(月) 0時00分〜2021年07月31日(土)23時59分 終了日未定

■対象者

■特典内容

■特典の付与時期

■その他のご注意事項

・本キャンペーンはLINE証券株式会社(以下、当社)が主催しております。
・本キャンペーンは米ドル/円の通貨ペアは対象外となります。
・ 新規注文のみ特典対象としてカウントいたします。決済注文は対象外です。
・以下の場合、特典付与対象外とします。
・口座申込みが口座申込対象期間外の場合
・新規取引が取引対象期間外の場合(取引対象期間中に注文を行い、取引対象期間外に約定された場合を含む)
・特典付与までに、取引口座を閉鎖された場合
・同一の方からの複数のアカウントによる応募、不正なアカウントからの応募、当社が不正とみなす行為(なりすまし、イタズラ等)が発覚した場合
・本キャンペーン期間前に口座を開設したことがある場合
・本注意事項に違反する場合、その他当社からのご案内に従っていただけない場合等
・口座開設に書類の不備などで時間を要する場合があります。余裕を持って口座開設をお申し込みください。
・本キャンペーンの開催期間は、予告なく変更される場合があります。
・本キャンペーンは、予告なく中止となる場合があります。
・Apple Inc.及びApple Japan合同会社は、本キャンペーンの主催者ではなく、本キャンペーンと一切関係がありません。
・情報の取り扱いについては当社 プライバシーポリシー に従います。

スプレッド縮小キャンペーンについて

■キャンペーン期間
2022年3月1日(火)AM9:00 〜 7月1日(金)AM3:00

■対象者
LINE FXでお取引されるお客様すべて

■特典内容
キャンペーン期間中のお取引について、以下の通り、対象通貨ペアのスプレッドを縮小いたします。
AM9:00 - 翌日AM3:00・原則固定 ※例外あり

【初心者向け】FXの始め方を解説!|FXはいくらから始められる?

松井証券 MATSUI FXは1通貨単位から取引できるので、少額からFXを始めたい方に最適のFX口座です。通常のFX会社であれば、1,000通貨単位や1万通貨単位が一般的なので、最低5千円前後の資金が必要です。しかし、1通貨単位のMATSUI FXであれば、100円からでもFXを始められます。加えて、スプレッドは業界でも狭い水準であり、取引手数料も無料です。また、松井証券は証券会社で株なども取引できるので、株とFXの両方を取引したい方にもおすすめです。

FXの最小取引単位とは

最小取引単位とは、取引するときに最低限必要な資金のことで会社ごとに決められています。FX取引における1回の売買に必要な最小取引単位は、「1000」もしくは「1万」の通貨がほとんどですが、松井証券のFXであれば1通貨単位で取引することができます。

最小取引単位について

1万通貨の場合、約4万円から取引できます。この単位は、初心者よりもどちらかといえば中上級者向けの通貨単位です。先程の4万円というのはドル/円を100円としてレバレッジを25倍に設定した場合の金額です。リスクを低くして、レバレッジを1倍で取引しようとすると100万円の証拠金が必要になり、より金銭的なレベルが高くなります。

このように、1回の取引金額が大きければ利益もリスクも大きくなるということです。1万通貨での取引は、しっかりと経験を積んだうえで資金的にも余裕のある人が向いているでしょう。

利益は大きくありませんが、同じように損失も少ないためリスクは小さくなります。あまりリスクを大きくせずにFXを始めたいというような初心者の方には1通貨から取引ができる松井証券のFXをおすすめします。

必要証拠金とはFX取引を行うためにFX会社に預け入ればければならない最低限の証拠金をいいます。
現在、個人のFX取引では4%以上の証拠金を預け入れる必要があります。

引用元:ondaラボJAPAN FXの注意点やリスク 公式

FXは少額資金でも取引が可能

FX会社各社の最小取引単位

主要FX会社5社の最小取引単位と、主要な通貨ペアである米ドル円 (USD/JPY)を取引するために
必要な最低資金を比較しました。

【外為どっとコム】人気の高金利通貨でFXポイントプレゼントキャンペーンを実施!


※A 本広告は『外貨ネクストネオ』における1,000Lot以下のスプレッドを表示するものです。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。当社のスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.FXの注意点やリスク 001(トルコリラ)として表現しております。提示スプレッドにつきましては、当社の都合により予告なく変更または中止する場合があります。なお、大口スプレッドおよびダイレクトカバーは本広告の対象外です(詳細はhttps://www.gaitame.com/products/nextneo/cover.html)。
当社広告表示値スプレッドの提示実績は、https://www.gaitame.com/products/nextneo/spread.pdf (PDF)をご参照願います。
※3 「スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2022年6月6日(月)午前9時00分~2022年7月2日(土)午前3時00分、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時)

■対象者
外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』にて対象通貨ペアの新規注文の取引をされた方
※『らくらくFX積立』での買付は対象外とさせていただきます。
※FXポイントをお受け取りになるためには事前に『らくらくFX積立』の口座開設が必要となります。

■対象期間
2022年6月6日(月)午前7時00分~同7月30日(土)午前5時55分

■エントリー方法
外為どっとコム ウェブサイト内の「人気の高金利通貨でFXポイントプレゼントキャンペーン」案内ページにある専用エントリーフォームより申し込みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる