初心者にもわかる

逆三尊よりもダブルトップ

逆三尊よりもダブルトップ
10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

FXの準備3 基礎の基礎の基礎編

FXさま~っと叫びたくなるほど どっぷり浸かってます。 逆三尊よりもダブルトップ 塩漬けならぬ FX漬け! ほら、知ったかぶりの業界用語。 今日の勉強はいよいよThe FXって感じでむずかしかった。 まずはもっとも大事(だよね?)な相場分析。 相場分析は大きく分けて2つ。 ○ファンダメンタル分析 経済指標などの世界動向をもとにした分析 ○テクニカル分析 チャートをもとにした分析 へ~、あのむずかしそうな 人生で初におめにかかるグラフ=チャートだけかと思ってた。 ちゃんとあるんですね。 文字になったような情報が元の分析方法も。 ファンダメンタルはファンドとメンタルを合わせた言葉だから 経済と心理っていう意味らしいです。 で、FXで使われるのはさまざまな通貨ペアです。 ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、スイスフラン円…。 ちなみに今、円高っていってるのは ドルやユーロに対してってことで 豪ドル円に対しては円安なんだって。 ここでまたむずかしい単語がでてくるのです。 ○ボラティリティ=値動きの幅 ○スプレッド=売買手数料 あっ、スプレッドはきのうも学んでますね。 ボラティリティって通称ボラ。 魚じゃないけど動くから、ある意味、生き物っぽい。 話は戻って通貨にはそれぞれ特徴があって 世界で一番取引されてるのはユーロドル。そりゃそうだ! で2番目がなんとドル円。すごい。 逆三尊よりもダブルトップ 見たか~、円の実力。日本人の底力~。 先人の皆さま、ありがとう! どの通貨でやるか決めるときに要チェックなのが さきほどのボラとスプレッド。 もちろん、初心者向けには ファンダメンタル情報も豊富な ドル円、ユーロ円、豪ドル円あたりがおすすめらしい。 メキシコの通貨とかやばそうだもんね。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ テクニカル分析 ○ローソク足(ろーそくあし) これ、読めなかったからね。マジで。 青が陽線(始値<終値)、赤が陰線(始値>終値)で 上下に伸びてるのが『ヒゲ』で最高値・最安値です。 ほひほひ~。これだけで精いっぱい感が高いです。 そしてこのヒゲの形で先を読む=分析するのです~。 例えば青いヒゲが下にぐ~っと伸びてたら 「(買い方)下に押さえこまれたけど、 そこから売り方(押さえてたヤツラ)を押さえこんで、 買い方がどんどん押し戻した」→上げやすい と読む。 ん~、これだけだと「なんのこっちゃ!?」ですが とにかく長いヒゲはなんかある兆候だぞ、と。 チャートはいつもジグザグしてるけど ここになんらかの分析をかけて 『今、どういう状況にあって』 逆三尊よりもダブルトップ 『これからどうなるのか』を知ること。 これが目的なわけです。 ほかにもいくつか見極めポイントやテクニックがあって たとえば三尊天井とかダブルトップ、逆三尊、ダブルボトム、 逆三尊よりもダブルトップ トレンドラインが三角になる三角持ち合いなど。 抵抗線の存在も大切です。 そういうのわかってチャートを見ると なんか少しだけ親近感が。 でも、まだ引っ越してきたばかりの町の住人さんくらいな感じ(涙)。 先生いわく 『人の気持ちがチャートに現れる』 『チャートの形から群集心理を読む』 『チャートが語りかけてくる』など わたしにはありがたいお言葉を頼りに、想像力を働かせて 技術や知識をカバーできればうれしいのですが。 さらにむずかしいのは これらのテクニカル分析のためにある 「テクニカルツール」。 道具はなんでも使いこなせてはじめて役に立つものですから きっと大工道具のように「あれ、それ」みたいな 単語にならないよう、ボキャボラリー増やします。 テクニカルツール其の壱「トレンド系」 ・移動平均線 ・一目均衡表 ・MACD ・ボリンジャーバンド テクニカルツール其の弐「オシレータ系」 ・RSI ・ストキャスティング それぞれに特徴があり、使い方があり(当然ですね) その簡単な説明を見たのですが わたしの率直な感想は今のところ 「状況に応じて、こうしたツールを活用して いかに効率よく分析して相場動向を察知できるか」 が大切なのだろうな、と。 たとえば大工道具の「打つ道具」に例えると イメージしやすいかも。 かなづちなのかハンマーなのかドリルなのかみたいな。 まちがってもノコギリはないだろうだし、 ペンチや定規も違うだろって。 そこまでまちがうことはないだろうけど。 FXに詳しくなろうとするあまり、 まちがってこういうツールを極めようとする人がいると思うんだけど 大工さん、道具作るのが目的じゃなくて、家建ててますから~。 でもまぁ、分析好き(わたしもけっこう好き)や グラフ好き、数字好き、記録好きな人は陥りやすいので 自分への戒めも込めて気をつけましょう。 というわけで。 昨夜。NHKで地震のことやってました。 観た方、いらっしゃいます? そのなかで3.11の2日後に起こった富士山直下型の地震で 近々富士山が噴火するかもしれないという話。 チリで起こった噴火のメカニズムで妙に納得したわたしは 本気で不動産投資の方向を再検討するべきか悩んでます。 悲しい事実ですが、栄えた国は滅びゆくのが歴史。 その理由はさまざまですが、わたしたちは事実を知ってます。 そんななかでこれからなにを将来に求め、託し、委ねるのか。 わたしたちは今、なにをするべきなのか。 思わず考えるきっかけをくれた番組でした。 とりあえず、備蓄の水を入れ替えよう。 ガソリンも満タンにしとこうっと。 オヤスミナサイ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる