FXブログ

オススメインジケーターの組み合わせを紹介

オススメインジケーターの組み合わせを紹介
サイドスカートをはじめサイドウィンドウを大きく囲んでいるモール、さらにサイドミラーまでシルバーのクロームで仕上げられ、高級感を漂わせている。

「TradingView(トレーディングビュー)」の
有料機能を無料で使う裏ワザがあった!
大人気のチャート分析ツールを賢く使おう

大人気のチャート分析ツール「TradingView」が、トレイダーズ証券の[みんなのFX]と[LIGHT FX]で使える!

トレイダーズ証券の [みんなのFX] と [LIGHT FX] の2つの口座で、2021年8月28日(土)からチャート分析ツールの 「TradingView」 が提供されるようになりました!

TradingView

上のバナーは [みんなのFX] の公式サイトに掲載されているもので、「世界の利用者1500万人超」となっていますが、「TradingView」の公式サイトによると、「TradingView」のアクティブユーザーは月間3000万人

ハイスペックでありながら手軽に利用できるのが魅力で、アプリをインストールする必要がなく、ウェブブラウザ上で利用が可能。また、100種類以上の基本的なテクニカル指標だけでなく、「TradingView」のユーザーが作成した10万種類以上のテクニカル指標も使うことができます。

そして、FXの通貨ペアだけでなく、株価指数や個別株、CFDなど、世界中の主要な金融商品のレートやチャートを表示することができ、複数の銘柄を1つのチャート上に表示して比較したり、チャートの過去の値動きをリプレイしたりすることも可能。

これらの機能はすべて、無料の「Basic」プランで利用できますが、有料のプランを利用すると、さらに多くの機能が追加されます。有料プランは使える機能によって、「Pro」、「Pro+」、「Premium」の3種類が用意されています。

TradingView有料プラン

トレイダーズ証券で提供が始まった「TradingView」は、 [みんなのFX] や [LIGHT FX] に口座を持っていれば無料で使うことができ、さらに「TradingView」の有料版でしか使えない機能の一部も無料で提供されているとのこと。

トレイダーズ証券[みんなのFX』・TradingViewのメリット

有料版でしか使えない機能の一部も、トレイダーズ証券の「TradingView」で使える!

通常の「TradingView」では有料版でしか使えない機能でありながら、トレイダーズ証券の [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では使える機能を紹介しましょう。

● 1つのタブに「最大6枚」までチャートを表示できる

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、1つのタブに最大で6枚のチャートが表示できます。通常の「TradingView」では、無料版では1つのタブに1枚のチャートしか表示できず、有料版でも「Pro」なら2枚、「Pro+」でも4枚までしか表示できません。

トレイダーズ証券版TradingViewチャート画面

● テクニカル指標の「テンプレートを無限に保存」できる

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、複数のテクニカル指標の組み合わせをテンプレートとして、無限に保存することができます。

テクニカル指標は組み合わせて使うことも多いですから、複数のテンプレートを保存できた方が便利です。「TradingView」は、無料版でもかなり使えるツールですが、使い込もうと思うと、このあたりがネックになって、有料版のメリットを痛感するので、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] で無限にテンプレートを保存できるのは、かなり魅力に感じるでしょう。

● チャートの時間軸に「秒足」が使える

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、チャートの時間軸に無料で「秒足」を表示させることができます。通常の「TradingView」では、有料プランで最高ランクの「Premium」だけでしか「秒足」を利用することができません。

トレイダーズ証券版TradingView・秒足チャート

「TradingView」の「Premium」プランは月額で約60ドルかかるので、それなりに利益を上げられるトレーダーでないと、ハードルが高いですが、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」なら口座を開設するだけで利用できるので、初心者でも躊躇なく使うことができますよ!

● 「1つのチャートに26種類以上のテクニカル指標」を表示できる

[みんなのFX] オススメインジケーターの組み合わせを紹介 と [LIGHT FX] の「TradingView」では、1つのチャートに26種類以上のテクニカル指標を表示できます。通常の「TradingView」の無料版では、最大で3種類までしかテクニカル指標を表示できず、有料プランの最高ランクとなる「Premium」でも25種類までなので、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」は、「Premium」プランを超える数を表示できるということになります。

26種類以上のテクニカル指標を一度に表示することは、さすがにあまりないのかもしれませんが、通常の「TradingView」では4種類以上のテクニカル指標を表示させようと思えば、それだけで月額で約15ドルがかかることになります。4種類のテクニカル指標を表示させるシーンならありえそうなので、そう考えると、 [みんなのFX] [LIGHT FX] の「TradingView」を使うメリットは大きいのではないでしょうか。

● 広告の表示がない

[みんなのFX] と オススメインジケーターの組み合わせを紹介 [LIGHT FX] の「TradingView」には、広告の表示がありません

TradingViewの基本的な使い方を解説する動画も公開中。トレイダーズ証券のユーザーでなくてもためになる!

トレイダーズ証券[みんなのFX] の公式サイトでは、「TradingView」の基本的な使い方について解説する4本の動画を公開しています。各動画の内容は、下記のとおり。

TradingViewの基本的な使い方解説動画

トレイダーズ証券が提供する「TradingView」の説明にはなりますが、現役為替ディーラーがおすすめのテクニカル指標を紹介している動画の「トレードに必須!インジケーター&ストラテジー」などは、通常の「TradingView」を利用している方にも使える内容となっていますので、「TradingView」の初心者も参考になると思います!

トレイダーズ証券の「TradingView」では足りないところは、通常版や他社の「TradingView」で補うという手も

一方、通常の「TradingView」なら無料の「Basic」プランでも使えるのに、トレイダーズ証券が [みんなのFX] と [LIGHT FX] で提供している「TradingView」では利用できない機能もあります。

たとえば、チャートに表示できる銘柄は [みんなのFX] と [LIGHT FX] で取り扱いのある29の通貨ペア(米ドル/円ラージを含む)のみです。

テクニカル指標も通常の「TradingView」に搭載されたすべてではなく、トレイダーズ証券が厳選した87種類になります。とはいえ87種類でも、FX会社が独自に提供している取引ツールに搭載されたテクニカル指標の数に比べると圧倒的に豊富。特に、初心者にとってはテクニカル指標の数が多すぎても混乱しかねませんので、厳選されているのはむしろ、ありがたいことかもしれません。

いずれにせよ、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] が独自に提供している「シンプルチャート」と比較すると、「TradingView」のチャート機能は格段に豊富です。

シンプルチャートとトレイダーズ証券版TradingViewの違い

また、複数の銘柄を1つのチャートに表示して比較する機能も、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」には搭載されていません。さらに、トレードの練習や手法の検証などにも利用できる、チャート上で過去の値動きをさかのぼって再生する「バーのリプレイ」の機能もありません。

こうした、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では使えない機能は、通常の「TradingView」や、 サクソバンク証券 、 ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF GX] など、トレイダーズ証券以外で「TradingView」を利用できるFX会社に口座を開設して併用するのも良いかもしれません。

サクソバンク証券の「TradingView」はサクソバンク証券の口座と連携することで、サクソバンク証券で取り扱っている150通貨ペア以上を通常の「TradingView」を使って取引することができます。ほかにも、サクソバンク証券が取り扱う外国株式や株式CFDも、「TradingView」から取引できるようになっています!

ご自身のトレードのレベルや取引する銘柄に合わせて、いいとこどりで各社のTradingViewを利用すれば、無料でも十分にニーズを満たせる可能性があります。

「TradingView」が未経験の方は、まずは手軽に通常の無料版か、トレイダーズ証券の [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」で、使い勝手を試して魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

[みんなのFX]と[LIGHT FX]の両方で、最大5万3000円がキャッシュバックされる新規口座開設キャンペーンを実施中!

トレイダーズ証券[みんなのFX] では現在、新規口座開設と一定期間内の取引量に応じて、最大5万3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

トレイダーズ証券[みんなのFX』

まず、2022年6月30日(木)までにザイFX!を経由して [みんなのFX] に新規で口座開設を行い、申し込み日から60日以内に [みんなのFX] で5万通貨以上の新規取引を行うと、もれなく3000円がキャッシュバックされます。

さらに、2022年7月1日(金)午前5時50分までの新規口座開設と、口座開設を申し込んだ月の翌々月末最終営業日が終了するまでに30万通貨以上の新規取引を行うと、取引量に応じて1000円~最大5万円がキャッシュバックされます。

最大5万円キャッシュバックの新規口座開設キャンペーン・条件

トレイダーズ証券[LIGHT FX』

トレイダーズ証券の [みんなのFX] 、そして [LIGHT FX] の新規口座開設をお考えの方は、お得なキャンペーンの利用をお忘れなく!

>>> トレイダーズ証券[みんなのFX]の最新スペック詳細 はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください
>>> オススメインジケーターの組み合わせを紹介 トレイダーズ証券[LIGHT FX]の最新スペック詳細 はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

「3万円以上のG-SHOCK(ジーショック)」おすすめ6選&AmazonランキングTOP10!【2022年6月】

「CASIO G-SHOCK GMW-B5000GD-1JF」は、硬質なステンレス素材を用いてフルメタル化を実現したケース・ベゼルに、鮮やかな発色を実現するIPを施したモデル。ケースとバンドにヘアライン加工を施し、より高級感と落ち着きのあるメタルの質感を最大限に引き出しています。専用アプリケーション「G-SHOCK Connected」との連携により、インターネット上のタイムサーバーから正確な時刻情報を取得することも可能。世界6局の標準電波に対応するエリアでは、自動時刻修正を行い正確な時刻を取得する電波受信機能を備えています。また、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで、安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトや、ワールドタイムなども装備。時計としてのクオリティを追求し外装、構造、モジュールの進化に磨きをかけ、フルメタルケースで仕上げられたモデルです。

[カシオ] 腕時計 ジーショック 【国内正規品】Bluetooth 搭載 電波ソーラー GMW-B5000GD-1JF メンズ ブラック

CASIO G-SHOCK G-STEEL オススメインジケーターの組み合わせを紹介 GST-B100-1A

「CASIO G-SHOCK G-STEEL GST-B100-1A」は、G-STEEL初のアナログ表示によるクロノグラフを搭載したモデル。全てのインダイアルに耐衝撃構造を備えたアナログ表示を実現しています。9時位置に配置したアイコンとなるディスク針には、デュアルコイルモーターを採用することで針の動きや機能美を追求。アラームのオン・オフ機能や、ストップウオッチ、タイマーでの回転表現に加え、バッテリーインジケーターとしての役割も担います。ジェット機エンジンの重厚なブレードをモチーフにデザインを施し、ディスク針を動かす面白さと、文字板の組み合わせによるG-SHOCKならではのデザインに仕上げ、まさにタフな「クロノグラフ」となっています。

[カシオ]G-SHOCK G-ショック G-STEEL Gスチール スマートフォンリンクモデル GST-B100-1A 腕時計 メンズ [並行輸入品]

CASIO G-SHOCK MUDMASTER GWG-2000-1A1JF

「CASIO G-SHOCK MUDMASTER GWG-2000-1A1JF」は、瓦礫や土砂が山積・散乱するようなハードな環境での使用を想定したG-SHOCK「マッドマスター」シリーズ。土砂や泥濘の中での任務に求められる防塵・防泥構造はそのままに、新しく開発した外装技術でダウンサイジングを行い、装着感の向上を図っています。新開発のフォージドカーボンベゼルと、カーボンコアガード構造のケースを採用することで小型化を実現。ステンレス製のボタンパイプとシリコーン製の緩衝素材を組み合わせた新開発のマッドレジストボタンにより薄型化も実現しています。実用的で力強いデザインのG-SHOCKです。

[カシオ] 腕時計 ジーショック 【国内正規品】MUDMASTER 電波ソーラー GWG-2000-1A1JF メンズ ブラック

CASIO G-SHOCK G-SQUAD PRO GSW-H1000-1AJR

「CASIO G-SHOCK G-SQUAD オススメインジケーターの組み合わせを紹介 PRO GSW-H1000-1AJR」は、G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD(ジー・スクワッド)」から、初のWear OS by Google™を搭載したライン。ワークアウトに役立つ機能として、心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載。さらに、GPS衛星から位置情報を取得し、距離、速度、ペースなどを計測します。計測したデータは、全面液晶で高精細に表示。運動中に知りたい情報を手元で簡単にモニタリングできます。また、カシオオリジナルアプリを使えば、毎日のトレーニングやエクストリームスポーツ、アウトドアアクティビティなど幅広いシーンでの活用が可能。G-SHOCKのタフネス性能とスマートウオッチの機能性を兼ね備えた、マルチスポーツギアです。

[カシオ] 腕時計 ジーショック 【国内正規品】G-SQUAD PRO GSW-H1000-1AJR メンズ ブラック

CASIO G-SHOCK MT-G MTG-B1000D-1AJF

「CASIO G-SHOCK MT-G MTG-B1000D-1AJF」は、メタルと樹脂を融合した機能美と、Bluetooth接続と標準電波受信の2WAYを搭載し、コンパクト化したMTG-B1000シリーズのモデル。文字板の各パーツとバンド裏面でアクセントカラーを表現しています。バンド裏面には軽量かつ高い耐久性を誇るファインレジンパーツを組み合わせ、色鮮やかなカラーリングと軽量化、そしてタフネスを追求。また、ファインレジンの素材はステンレスに比べ熱伝導率が低いため、寒い冬でも手元に冷たさが伝わりづらく快適に装着することができます。メタルと樹脂を融合したMT-Gならではの仕様となっています。

[カシオ] 腕時計 ジーショック 【国内正規品】MT-G Bluetooth 搭載 電波ソーラー MTG-B1000D-1AJF メンズ シルバー

CASIO G-SHOCK GW-M5610BA-1JF

「CASIO G-SHOCK GW-M5610BA-1JF」は、ブランドカラーであるブラックをベースに、人気のブルーをアクセントカラーとして組み合わせた「ブラック×ブルーシリーズ」の腕時計です。ボディ・バンドには光沢感のあるブラックを採用。ベゼル上下の色埋め部や文字板の差し色に夏の空をイメージしたスカイブルーをあしらい、精悍でクールな表情に仕上げています。ベースモデルには、シンプルなフォルムが人気の電波ソーラーモデルのGW-M5610を採用。カジュアルからストリートシーンまで活躍できるカラーシリーズです。

シャープになった3代目BMW X1が新登場!X1初のEVモデル「iX1」もラインナップ。欧州での販売は2022年10月から

エクステリアはクリーンなホワイトカラーが用意され、エアインテークやサイドスカートはブルーで塗装されている。

ソリッドが際立つエクステリア

パーツの塗装はクロームカラー。ディテールの違いでキャラクターが分けられている。

BMW X1 xDrive30eでは、23iでは煌びやかに仕上げられていたディテール部分が全てブラックのパーツで統一され、シックで疾走感のあるイメージになっている。またフェイス下部のグリルの形状も変更。面積が増えよりワイドになっている。エアインテークの吸入口も空気が通りやすいように広く設計されている模様。

ミラー、グリルがブラックで塗装されたシックな塗装。

サイドスカートをはじめサイドウィンドウを大きく囲んでいるモール、さらにサイドミラーまでシルバーのクロームで仕上げられ、高級感を漂わせている。

ホイールは全モデル共通で17インチのライトアロイホイールが標準装備されている。xLineとM Sportには18インチの軽合金製ホイールが装着されているが、これらのモデルには19インチと、BMW X1では初となる20インチのホイールも用意されている。


高級レザーがなすインテリア空間

間接照明付きのスマホトレイ

リアシートを倒せばトランクを最大1,600Lまで拡大可能

4種類のパワートレイン

■BMW オススメインジケーターの組み合わせを紹介 X1 xDrive23i
100km走行あたり消費燃料:6.5L~7.2L
エンジン最高出力:160kW/218hp(最大150 kW/204 hpの内燃エンジンと最大14 kW/19 hpの電気モーターの組み合わせたもの)

■BMW X1 xDrive18i
100km走行あたり消費燃料:6.3L~7.0L
エンジン最高出力:100kW/136hp の3気筒エンジンを搭載。

■BMWX1 xDrive23d
100km走行あたり消費燃料:4.8L~5.4L
エンジン最高出力:155kW/211hp(最高出力145 kW/197psの4気筒ディーゼルエンジンと最高出力14 kW/19psのマイルドハイブリッドモーターを組み合わせたもの)

■BMW X1 sDrive18d
100kmあたり消費燃料:4.9L~5.5L
エンジン最高出力:110kW/150hp の4気筒ディーゼルユニットを搭載

新型BMW iX1 新型BMW X1

BMWが330万人以上の車両オーナーに向けて、搭載システムのソフトウェアアップデートを配信!

BMW M社の設立50年を記念して、M3、 M4に特別記念モデル“BMW M50 Jahre Edition“登場!

シャープになった? G20型BMW3シリーズ、本国でマイナーチェンジ 現行モデルと見比べてみる

template-parts/content/entry/content/content オススメインジケーターの組み合わせを紹介 [name] => post [template-slug] => template-parts/content/entry/content/content --> template-parts/content/share-buttons オススメインジケーターの組み合わせを紹介 [name] => [template-slug] => template-parts/content/share-buttons -->

template-parts/content/share-buttons [name] => [template-slug] => template-parts/content/share-buttons --> template-parts/content/entry-tags [name] => post [template-slug] => template-parts/content/entry-tags -->

template-parts/content/entry-tags [name] オススメインジケーターの組み合わせを紹介 => post [template-slug] => template-parts/content/entry-tags オススメインジケーターの組み合わせを紹介 --> template-parts/common/profile-box [name] => [template-slug] => template-parts/common/profile-box -->

著者プロフィール

MotorFan編集部

template-parts/content/entry/footer/footer [name] => post [template-slug] => template-parts/content/entry/footer/footer --> template-parts/content/prev-next-nav [name] => post [template-slug] => template-parts/content/prev-next-nav -->

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる