FXのおすすめ勉強法

AIで株価の行方を予測

AIで株価の行方を予測
株式会社アイフィスジャパン |利用推奨環境 |サイトポリシー |個人情報保護方針 |お問合せ |ヘルプ

AIで株価の行方を予測

データドリブンサイエンス部でビッグデータやAIに関わる専門部隊が立ち上げられたのは2015年のこと。グループ内に蓄積した証券に関わる膨大なデータを分析しながら、そのデータを大和証券の業務コンサルティングや、リサーチ/コンサルティング/システムの連携で活用することが大きな目的だった。とはいえ、発足当初は、プロジェクトマネージャーの加藤をはじめ数人からなる小さなチーム。少人数ながらデータ分析や勉強会に取り組み、業務に貢献する実績を積み重ね、社内での存在感を高めつつあった。
そんなチームに転機が訪れたのは、経済市場やマーケティングに強みを持つ吉田が加わってからのこと。
「オープンデータを活用して株価を予測できないか」。吉田が掲げたアイディアは、彼が証券システムの企画から保守に携わる中で、長年にわたって温め続けてきたものだった。株価予測であれば、他社でも同様の試みが行われていたが、それはニュースの内容などから株価の上下を予測する短期的なもの。しかし吉田が考えたのは、1ヶ月先の株価を予測するという難易度の高いものだ。まだ誰も成功したことがない、前人未到のプロジェクト。大和総研にしかできない新しい試みが、ここから始まった。

データドリブンサイエンス部 上席課長代理 吉田 寿久

AIで株価の行方を予測

データドリブンサイエンス部 課長代理 參木 裕之

その後、大学院で機械学習やデータマイニングの研究を行っていた參木がチームに参加し、モデルのブラッシュアップに携わった。試行錯誤しながら動いていたチームに対し、參木は細かいところに気が付き、粗削りなアイデアを整理整頓してまとめ上げるなど、チームを安定させた。「予想どおり、良いチームになった」と加藤は頬を緩める。
株価予測モデルの構築には、一般的なシステムとは異なる緊張感がある。成果が数値としてシビアに表れ、ユーザーの資産に直接的に影響を及ぼす。そのため、未完成なサービスを提供することなどありえない。限界まで汎化性能を向上させたい。普通のシステム開発であればありえないことだが、サービス開始の直前までモデルの精度向上に向けた取り組みは続けられた。
そして2017年5月12日、ついにサービスを開始。決算発表後の1ヶ月で株価が上昇する可能性が高い20銘柄の情報提供が開始された。それから約1ヶ月後。全銘柄の平均騰落率がTOPIX比で5.42%上回った。まさに成功と言って差し支えのない成果だ。業界には激震が走った。
プロジェクトの成功要因について、「大和総研だから実現できた」と彼らは口を揃える。大和証券の基幹システムを支え続けてきた地盤、データサイエンスのノウハウ、社員にチャンスを与える風土。どれが欠けても成功はありえなかっただろう。

AIが予想!今週の米国株10銘柄

Director of Data Science and AIで株価の行方を予測 Quantitative Analysis at TradeStation Technologies, Inc.

Eugenio Pérez

1989年にハーバード大学で経済学と東アジア研究の文学士号を取得。その後、1995年まで住友生命で米国株式の大規模ポートフォリオを管理し、東京とニューヨークに駐在。1998年にCFA Institute Chartered Financial Analyst®、GARP™ Financial Risk Managerを取得。アーンスト・アンド・ヤング、ドイツ銀行証券、エンロンに勤務。エンロンの破綻後は、規制緩和されたフロリダ電力会社の規制緩和部門でエキゾチックデリバティブの設計と取引を行い、後に規制緩和された電力会社の取引部門の定量チームの構築と管理を担当。

2006年には、債券ブローカーおよび裁量ヘッジファンドのAVM, L.P. / III Offshore Advisorsでコモディティのトレーダー兼リサーチャーを務める。2000年代初頭に彼自身の資金のために作成した進化した人工知能取引システムをコモディティに拡大。会社の資本の管理が順調に行われた後、Eugenioは外部顧客向けにIII Futures Neural Network L.P.ファンドを立ち上げる。
2017年9月にデータサイエンティストとして米TradeStation Technologies社に参画。

米国株AIシグナルに関する重要情報

米国株AIシグナルはTradeStation Technologies, Inc.が提供しています。 TradeStation AIで株価の行方を予測 Technologies, Inc. 又はその関連会社は、いかなる種類であれ、有価証券、有価証券デリバティブ、先物商品やデジタル資産の売買の申込や勧誘を行うものではなく、また、いかなる種類であれ、取引や投資に関する助言、推奨や戦略を提供したり、いかなる形式であれ、それらを支持するものではありません。実際のものか、過去データによるバックテストにより提示されたものかにかかわらず、過去の実績は将来の結果や成功を保証するものではありません。一般的に、アクティブトレーディングは、資産や投資・取引経験が少ない、あるいはリスク耐性の低いお客様には適していません。

国外上場有価証券取引に関する重要事項

  • 国外株式および国外ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国外株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じるおそれがあります。国外ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。また、国外株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。
  • 中国株式等の売買では、約定金額に対し0.25%(税込:0.275%)(最低手数料45香港ドル(税込:49.5香港ドル)、上限手数料450香港ドル(税込:495香港ドル))の売買手数料がかかります。また、中国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
  • 米国株式等の委託取引では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(ただし、手数料上限20米ドル(税込:22米ドル)AIで株価の行方を予測 AIで株価の行方を予測 )の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。店頭取引では取引手数料はかかりませんが、取引価格は当社が直近の米国金融商品取引所の終値等をベースとして合理的に算出した基準となる価格に、概ね1.5%(最大5.0%)の値幅を加減して決定いたします。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
  • お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

AIで株価の行方を予測

Yahoo!ファイナンス

株価 4,065 AIで株価の行方を予測 円 ( 2022/05/31 ) レーティング: ★★★★★ 情報・通信 更新日:2022/05/31
アナリスト予想
対会社予想
--
直近実績 (百万円) AIで株価の行方を予測
経常利益 (4Q)563
進捗率 評価なし
経常利益四半期進ちょく (百万円) AIで株価の行方を予測 AIで株価の行方を予測
第1四半期 中間 第3四半期 通期
今期 202303
進ちょく率
--
-- %
--
-- %
--
-- %
--
-- %
会社予想 -- -- -- (05/12) 102
コンセンサス予想 -- -- -- --
前期 202203
進ちょく結果
(08/12) 266
58.5 AIで株価の行方を予測 %
(11/10) 290
63.7 %
(02/10) 401
88.1 %
(05/12) 563
123.7 %
アナリスト予想 (コンセンサス)
日付 2022/05/31 1週前 4週前
経常利益予想
増益率
--
-- %
--
-- %
1,018
80.8 %
会社予想 AIで株価の行方を予測
2022/05/12
102
-81.9 %
AIで株価の行方を予測 AIで株価の行方を予測 AIで株価の行方を予測 AIで株価の行方を予測
202103 202203 202303
(会社予想)
--
月数 12 12 12 --
売上高 4,597 3,310
-28.0 %
4,157
25.6 %
--
-- %
営業利益 2,360 569
-75.9 %
120
-78.9 %
--
-- %
経常利益2,339 563
-75.9 %
102
-81.9 %
--
-- %
当期利益 1,660 411
-75.2 %
74
-82.0 %
--
-- %
4488
AIinside
9889
JBCCH
9928
ミロク情報S
3906
ALBERT
決算期 202303 202303 202303 202212
経常増益率
(会社予想)
-81.9 %
減益
5.4 %
増益
0.6 %
増益
51.0 %
増益
経常増益率
(コンセンサス)
-- % -- AIで株価の行方を予測 % 6.9 % 51.7 %
対通期予想進ちょく率 -- % ( 4Q ) -- % ( 4Q ) -- % ( 4Q ) 40.0 % ( 1Q )

新着コラム/レポート

新着コラム

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

新着レポート

一般社団法人 証券リサーチセンター

2022/05/31 15:AIで株価の行方を予測 00 現在

注目コラムランキング


IFIS アナリスト注目銘柄


金山敏之「投資のヒント」


石田信一「1日10分の投資術」


IFISトピックス


市川レポート 経済・相場のここに注目


TIWマガジン「投資の眼」


広木隆「ストラテジーレポート」


原田武夫グローバルマクロ・レポート


「新」法則で狙う暴落・暴騰銘柄レポート


ブリッジレポート

(C) 2007 IFIS Japan Ltd.All Rights Reserved.

株式会社アイフィスジャパン |利用推奨環境 |サイトポリシー |個人情報保護方針 |お問合せ |ヘルプ

本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社アイフィスジャパンは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社アイフィスジャパン及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

AIで株価の行方を予測

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、「LINE」上で取引ができるスマホ投資サービス「LINE証券」において、上場企業の決算や業績予想の修正の発表後即日に、AIによる短期的な株価トレンド予想、及び、売上高や営業利益などの数字とその背景を、分かりやすくまとめて「LINE」で通知する「決算ビジュアルレポート」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

「決算ビジュアルレポート」の提供開始により、「LINE証券」に口座を保有し、決算発表銘柄・業績予想の修正銘柄をお気に入り登録または保有しているユーザーは、発表後即日に、AIによる5段階の短期的な株価トレンド予想のほか *1 、売上高や営業利益の推移、配当、業績予想等の情報を、「LINE証券」公式アカウントに届くメッセージから確認することができます *2 。メッセージ内のリンクから直接取引画面にアクセスすることも可能です。これにより、ユーザーは、各企業の決算や業績予想の修正を細かくチェックしなくても、投資判断の手助けとなる情報を得て、タイミングを逃さず取引を行うことが可能となります *3 。

■「決算ビジュアルレポート」で提供される情報

■「決算ビジュアルレポート」を「LINE」で受取る方法
① 「LINE証券」のトップ画面の虫めがねの検索アイコンをタップし、「3,000円以下で買える」や「値上がり率」など、様々なカテゴリーから気になる銘柄を検索します。
② 銘柄名の左にある星の追加アイコンをタップし、銘柄を「お気に入り」に登録します。
③ 企業が決算や業績修正を発表をすると、「LINE証券」公式アカウントからメッセージが届きます。メッセージ内のリンクから「決算ビジュアルレポート」及び取引画面にアクセスすることが可能です。

■「お気に入り追加」と「Twitterシェア」でLINEポイントがもらえるキャンペーン開催!
「LINE証券」では、新たに追加した「決算ビジュアルレポート」をより多くのユーザ―にご利用いただけるよう、2020年4月2日(木)15:00〜2020年5月15日(金) 14:59 までの期間中に、お好きな株の銘柄を一つ以上お気に入りに追加した先着5万人のユーザーに、30LINEポイントをプレゼントする「お気に入り追加」キャンペーンと、「決算ビジュアルレポート」画面内のシェアボタンから、特定のハッシュタグを添えてツイートした先着5万名のユーザーで100万LINEポイントを山分けする「Twitterシェア」キャンペーンも開催いたします。ぜひ本キャンペーンをきっかけに、新たに追加された「決算ビジュアルレポート」サービスをいち早く体験ください。

■LINE証券株式会社の概要

(1) AIで株価の行方を予測 名称 LINE証券株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサルティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金 20,000百万円(2019年12月末時点)
(6) 設立年月日 2018年6月1日

【株式投資】人工知能(AI)による株取引のメリットと注意点

【株式投資】人工知能(AI)による株取引のメリットと注意点

・自動取引
指定した株価になったら買うまたは売る取引方法。株式投資は利益を上げると同時に、いかに損失を少なくするかが大事であり、個人の推測や情に流されずに売買を実行する方法として有益である。現在のところ、個人の行う取引において、AI(人工知能)を使った自動売買の仕組みは一般に採用されていないものの、株価の予測や動向予測においてAIを活用した分析・レポートを行い、売り時や買い時のアドバイスをしたり、ポートフォリオ構築の一助を担うサービスが導入されている。今後は取引そのものへのAI導入の可能性も注目を集めている。

・株価予想
個別銘柄の株価がこの先上がるか下がるかを予想するサービス。専用ソフトが多数リリースされている。無料で利用できるものから3万円程度かかるものまで、コストは異なる。過去の株価やチャートなどを重視する「テクニカル型」と、ファンダメンタルズやニュースなどテクニカル以外の要素を重視する「ファクター型」に分かれる。テクニカル型は予測結果が頻繁に変わる点がデメリットだ。

・顧客対応
証券会社では、チャットボットを利用して各種手続きや口座開設などへの問い合わせに対応している。コールセンターへの問い合わせは、混みあっている場合に待たされることがあるが、チャットボットならチャットで自動的に会話できるので待ち時間を短縮できる。

・不正検知
株取引で最も心配なのがセキュリティの問題である。金融業界では不正検知やサイバー攻撃防止に人工知能(AI)を活用している。人工知能(AI)が顧客のお金の流れを分析し、人間では気づかないパターンの変化を検知する仕組みだ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる