海外バイナリーオプション

強気相場と弱気相場

強気相場と弱気相場
原油相場が強気と弱気の間で揺れ動いている(写真はイメージ)

(4月12〜16日米国株式市場)今週の合戦の振り返り!米国主要株価指数は堅調、公共事業・素材セクターが相場を牽引。経済指標・小売売上高が上昇で実体経済回復が顕在化。

前日比で0.2%以上のマイナスを前日以上の出来高ともなって記録した日(つまり大口が資金を抜いた日)を「売り抜け日」とカウント。4-5週間で4-5日あれば天井から下落の可能性あり。「フォロースルー日」を迎えたらカウントはリセット。「フォロースルー日」は下落局面で前日比プラスで引けた日から4-7営業日後に出来高を伴って大幅に上昇した日のことを指す。こちらは成長株発掘のオニール氏のマーケットの方向性の考え方を参考にしています。

セクター別(4/9 close to 4/16 close)

S&P500

  • エヌビディア(NVDA)+10.5%
  • テスラ(TSLA)+9.27%
  • ウェルファーゴ(WFC)+8.25%

セクター別騰落率

業種別騰落率

  • Utilities(公共事業)+3.65%
  • Materials(素材)+3.44%
  • Health Care(ヘルスケア)+2.88%

Sectors & Industries Overview

Fidelity:Sectors & Industries Overview

セクターETF騰落率

  • Commodity:UCO+11.08%, USO+6.25%
  • Global:NUGT+7.37%, JNUG+6.52%

セクターETF騰落率

米国連邦準備制度理事会(FRB)の動向

FRBの金利動向に気をつける

今週は金融政策運営について大きなサプライズはなし。現在のインフレ圧力は一時的な現象との認識変わらず。

ブレイクイーブンインフレ率

[ブレイクイーブンインフレ率=市場が期待するインフレ率]

この1年間、「 5年ブレークイーブンインフレ率 」と「 強気相場と弱気相場 10年ブレークイーブンインフレ率 」は上昇基調です。

過去1年の5年と10年の期待インフレ率

1週間の五年と10年の期待インフレ率の推移

10年債と5年債金利の推移

(※ドルインデックス=複数の主要通貨に対する、アメリカ合衆国ドルの為替レートを指数化したもの)

ドルインデックスの推移

プットコールレシオ

  • プット(Put)=投資家が株式相場下落を期待
  • コール(Call)=投資家が上昇を期待

S&P500指数とナスダックのプットコールレシオの推移

  • S&P500は2021年1月1日比 -7%(投資家は安心)
  • NASDAQは2021年1月1日比 -37.11%(投資家は安心)

Volatility index(VIX指数/恐怖指数)

VIX」とは市場で取引されている価格から逆算された「株式市場のボラティリティ」のことを指します。

[S&P500指数とNASDAQのVIX指数の推移]

SP500とナスダックのVIX指数の推移

空売り比率 (Short Volume)

「空売り比率(ショートボリューム)」はNYSE(ニューヨーク証券取引所)で空売りされている株式の数を、NYSEの「総出来高」との割合で示したものです。

この比率が高ければ、投資家が株式市場を ネガティブ に見ていることを意味します。 特に暴落局面で注視するのが有効です。

弱気相場が底をつける時とは、空売りの急増を示す数値(大規模な投機筋の動き)が、通常2回か3回現れると成長株発掘の著名投資家・オニール氏は言及しています。

S&P500指数の空売り比率

S&P500指数のショートボリュームの推移

4月に入ってからは安定的に推移しています。 空売り比率は「現在残っている空売残」ではないので注意。空売残は「Short Interest」と言います。

弱気相場とは何ですか?

弱気相場とは何ですか?

他の注目すべき弱気相場の例は株式市場から来ています。 大恐慌、2008年の金融危機、またはコロナウイルスのパンデミックによる2020年の株式市場の暴落はすべて注目に値する例です。 これらの出来事はすべてウォール街に大きな損害を与え、全面的に株価に影響を与えました。 ナスダック100、ダウジョーンズ工業株30種平均(DJIA)、SP 500指数などの市場指数は、このような時期に大幅な価格下落を経験する可能性があります。

弱気相場と強気相場の違いは何ですか?

注目すべき違いの1つは、クマ市場が長期間の統合、つまり横向きまたはレンジング価格アクションを持つ可能性があることです。 これらは、市場のボラティリティが非常に低く、取引活動がほとんど行われていない時期です。 同じことが強気市場にも当てはまるかもしれませんが、この種の行動は弱気市場でより一般的である傾向があります。 結局のところ、長期間にわたって価格が下落することは、ほとんどの投資家にとってあまり魅力的ではありません。

他に考慮すべきことは、そもそも資産のショートポジションに入ることが可能かどうかです。 証拠金やデリバティブを使用して資産をショートさせる能力がない場合、トレーダーは現金または安定したコインで売ることによってのみ市場で弱気な見方を表明することができます。 これは、購入意欲がほとんどない、より長く引き出された下降トレンドにつながる可能性があり、その結果、ゆっくりとした問題のない横向きの価格行動が発生します。

弱気相場で取引する方法

弱気相場の場合、これはバウンスでロングポジションに入るでしょう。 この動きは、弱気相場ラリーまたはデッドキャットバウンスと呼ばれることもあります。 多くのトレーダーが短期的なバウンスを長くする機会に飛びつく可能性があるため、これらの逆トレンドの価格変動は、悪名高いほど不安定になる可能性があります。 ただし、弱気相場全体が終了したことが確認されるまでは、バウンス直後に下降トレンドが再開すると想定されています。

これが、成功したトレーダーが(最近の高値付近で)利益を上げ、弱気トレンドが再開する前に終了する理由です。 そうでなければ、弱気相場が続く間、彼らはロングポジションで立ち往生する可能性があります。 そのため、これは非常にリスクの高い戦略であることに注意することが重要です。 最先端のトレーダーでさえ、落下するナイフを捕まえようとすると大きな損失を被る可能性があります。

結びの考え

弱気相場とは何か、トレーダーが自分自身を守り、弱気相場から利益を得る方法について説明しました。 要約すると、最も簡単な戦略は、弱気相場で現金を維持し、より安全な取引機会を待つことです。 あるいは、多くのトレーダーはショートポジションを構築する機会を探します。 私たちが知っているように、取引に関しては市場動向の方向に従うのが賢明です。

原油相場が「強気」と「弱気」で揺れ動いている理由

原油相場が強気と弱気の間で揺れ動いている(写真はイメージ)

こちらはJBpress Premium会員(有料会員)限定のコンテンツです。
有料会員登録(月額 550円[税込]、最初の月は無料) をしてお読みください。

  • プレミアム限定の記事配信
  • プレミアム専用記事レイアウト
  • 印刷に最適な画面提供

あわせてお読みください

本日の新着

オリジナル海外コラム バックナンバー

Sponsored

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

ディズニーが動画ストリーミング開始…サーバー接続問題が発生

韓国でワクチン接種後に9人感染…全員がファイザーワクチン

BTS、米中の争いに巻き込まれる

今年始まった世界貿易戦争、影響は来年から本格化の見込み

Airbnb、来年上場計画…企業価値310億ドル

ピックアップ記事

ランキング

おすすめ記事

人気記事ランキング

プライバシーと Cookie: このサイトは Cookie を使用しています。このサイトの使用を継続することで、その使用に同意したとみなされます。
Cookie のコントロール方法を含む詳細についてはこちらをご覧ください。 Cookie ポリシー

ファイナンシャルニュースジャパン

記事・写真・コンテンツなどの無断転載を禁じます。
無断複写、転載、配布などの行為は、法律的な制裁を受ける場合があります。
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

今週の市場見通し:複雑な投資テーマが強気な市場を支えるが、長期的なトレンドは引き続き軟調

<<166|S&P500>と ダウ工業株30種平均 の両方が先週金曜日に2020年11月以来の最高の週を終えた後、市場のシナリオは強気に反転したようだ。この2つの主要株価指数は、ハイテク株の多い NASDAQ とともに、それぞれ過去5日間の取引で少なくとも6%上昇した。小型株の Russell 2000 も同様に上昇して先週の取引を終えた。しかし、このような楽観的な見方ができる理由は不明で、アナリストの説明も食い違っている。

株氏市場の上昇は良い傾向なのか否か

SPX 日次チャート

米国10年債利回り 日次チャート

ドル 週次チャート

金 日次チャート

BTC/USD 週次チャート 2020-2022

原油 日次チャート

今週の予定

21:30: 中国 強気相場と弱気相場 – 製造業PMI : 47.4から48.0への上昇を予想

3:55: ドイツ – 失業者数 : -1.3万人から-1.6万人への悪化を予想

5:00: ユーロ圏 – CPI : 前年同期比7.4%から7.7%への上昇を予想

8:30: カナダ – GDP : 前月比1.1%から0.5%への低下を予想

21:30: 豪州 – GDP : 前四半期対比3.4%から0.7%への低下を予想

3:55: 強気相場と弱気相場 ドイツ – 製造業PMI : 54.7での横ばいを予想

4:30: 英国 – 製造業PMI : 54.6での横ばいを予想

8:15: 米国 – ADP雇用統計 : 247千件から300千件への上昇を予想

10:00: 米国 – ISM製造業PMI : 54.4から54.5への上昇を予想

10:00: 米国 – OLTS求人労働異動調査 : 11.400Mへの低下を予想

10:00: カナダ – カナダ銀行 政策金利決定 : 1.00%から1.50%への上昇を予想

21:30: 豪州 – 小売売上高 : 前回は前月比0.9%

11:00: 米国 – 原油在庫 : -1.019Mから-0.737Mへの上昇を予想

8:30: 米国 – 非農業部門雇用者数変化 : 428千件から320千件への上昇を予想

8:30: 米国 – 失業率 : 3.6%から3.5%への低下を予想

10:00: 米国 – ISM非製造業PMI : 57.1から56.4への低下を予想

☆ テクニカル分析 ☆ 強気相場と弱気相場 日経平均 下値を試す動きになりそうだ。目先的な過熱感を冷ますということで25日移動平均線や基準線で下げ止まるのかどうかが注目される。 ☆ 相場雑感 ☆ .

金曜日は雇用統計を受けて東京は0.強気相場と弱気相場 6~7%の上昇、上海や深セン株、さらに香港株まで急騰 して週を終えました。欧州は1%前後下がって引けています。 上海/深セン株は先週だけで10%以.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,761.57+347.69+1.27%
日経225先物 (F)27,575.0+115.0+0.42%
韓国総合株価指数2,670.65+11.66+0.44%
NYダウ32,899.70-348.58-1.05%
独DAX14,460.09-25.08-0.17%
S&P/ASX 2007,238.80+62.90+0.88%
米ドル指数102.185+0.353+0.35%
1,853.90-17.50-0.94%
原油 WTI120.26+3.39+2.90%
21.940-0.強気相場と弱気相場 335-1.50%
米国綿花2番138.88-0.23-0.17%
排出権87.09+0.75+0.87%
米国シカゴコーン727.30-1.70-0.23%
米国コーヒー232.43-7.02-2.93%
ドル/円130.88+1.05+0.81%
ドル/ウォン1,251.83+10.65+0.86%
ユーロ/ドル1.0719-0.0026-0.24%
ユーロ/円140.27+0.77+0.56%
トルコリラ/円7.9717+0.強気相場と弱気相場 0954+1.21%
豪ドル/円94.32+0.01+0.01%
ポンド/円163.47+0.21+0.13%
大塚ホールディングス4,341.0+24.0+0.56%
ソフトバンクグループ5,418.0+116.0+2.19%
トヨタ自動車2,165.0-28.0-1.28%
三菱UFJフィナンシャル・グループ739.7-1.2-0.16%
ブイ・テクノロジー3,040.0+5.強気相場と弱気相場 0+0.16%
東芝5,779.0-143.0-2.41%
みずほフィナンシャルグループ1,533.0+5.0+0.33%

米テスラのマスク氏、人員削減を撤回 「固定給社員は横ばいに」

来週の相場で注目すべき3つのポイント:米5月CPI、景気ウォッチャー調査、ANYCOLORのIPOなど

北朝鮮が短距離弾道ミサイル8発、複数カ所から 米韓演習の翌日

マライア・キャリーさん、クリスマス定番曲めぐり提訴される

為替週間見通し:底堅い動きか、米金融正常化への期待持続

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる