FX手法

個人事業主の方必見

個人事業主の方必見
らくらく個人事業と株式会社「どっちがトク?」がすべてわかる本" width="" 個人事業主の方必見 height="140px" />

フリーランスのための節税マニュアル【個人事業主必見】: いまからはじめる!How to 確定申告 Kindle Edition

オールカラー 個人事業の始め方

<改訂2版></p>
<p>らくらく個人事業と株式会社「どっちがトク?」がすべてわかる本

Customer reviews

To calculate the overall star rating and percentage breakdown by star, we don’t use a simple average. Instead, our system considers things like how recent a review is and if the reviewer bought the item on Amazon. It also analyzes reviews to verify trustworthiness.

Review this product

Filter reviews by

  • English
  • Japanese

Top reviews from Japan

There was a problem filtering reviews right now. Please try again later.

After viewing product detail pages, look here to find an easy way to navigate back to pages you are interested 個人事業主の方必見 in.

会社設立をする方必見!失敗しない会社設立のポイントとは?

会社設立するか個人事業主でいくか? メリット、デメリットとは

会社を設立すると法人税、個人事業主には所得税が課税されます。
どちらの税金も利益に対して課税されるのは同じですが、法人税は利益が増えても原則一定税率なのに対し、所得税は利益が増えるほど税率が高くなる累進税率で課税されます。
そのため、利益が大きい場合は、法人税が有利になります。
目安としては、年間の利益が500万を超えると法人が有利になります。
また個人事業にはなく、法人にのみ認められている節税などもあります。
具体的には下記のような点で法人が有利になります。

メリット3 資金調達が楽になる

創業時の融資については、会社設立の方が有利になることがあります。
これは金融機関が法人の方が社会的な信用力高いことを認めているからです。
また銀行融資以外でも、株式会社では、出資という形でお金を集めることができます。
個人事業には出資と言う概念はありません。

メリット4 優秀な人材が集まりやすい

採用難の昨今、求職者が会社を選ぶ時代です。
選ばれる会社とは、安定した労働環境で待遇も良いイメージがある会社です。
そのため、個人事業よりも法人の方がイメージ的に選ばれやすいです。 個人事業主の方必見
特に大企業で働いていた優秀な人材は、個人事業よりも法人への応募の確率が高まっています。

メリット5 決算日を自由に設定できる

メリット6 事業承継がしやすい

メリット7 個人資産が差押えを受けない

仕入先への支払いなどを支払うことができなくなった場合には、個人事業では事業主が個人財産を使って返済をしなければいけません。
これに対して法人では、法律上出資の範囲内での責任に留まります。
ただし中小企業の場合は、銀行融資には代表者個人の保証を求めるケースが多いため、個人としての返済義務が発生します。

3.会社設立5つのデメリット

デメリット1 時間やコストがかかる。

会社設立をする際には、時間としては2週間から1ヶ月程度かかります。
これに対して個人事業は、税務署に開業届を提出するだけですので、1日あれば開業できます。
費用面では、会社設立には登記代や定款認証料など最低でも20万円程度(※)がかかりますが、個人事業は費用がかかりません。
また設立後は、法人の場合は赤字であっても最低7万円前後の住民税均等割という税金が発生します。
個人事業の場合は、赤字になると税金は発生しません。

デメリット2 社会保険に強制加入

デメリット3 事務負担の増加

デメリット4 会社のお金を自由に使えない

4.最新情報!2022年は会社設立がお得!

①定款認証手数料の改定

②代表者住所がインターネットで非開示に。

令和4年9月1日から登記情報をネットで閲覧できるサービスについて、代表者の住所が非開示となります。
法務局で登記簿謄本を取得する場合は、従来通り、代表者住所が記載されています。
ただし、DV等の事情がある場合には、登記官に申し出ることで、法務局での閲覧も非開示にできます。

③起業に失敗した時の失業給付期間が最長4年に

今回は、会社設立を検討するときのポイントおよび会社設立のメリット、デメリット、2022年の改正点について解説しました。
弊社の会社設立のご相談の現場では、当記事のように理論的に検討を進める一方、起業される方のモチベーション面も重視しています。
損得を超えて「ワクワクする起業=後悔しない起業」と考えているからです。
「自分は法人と個人事業のどちらが良いのか?」のご相談は、無料でお受けしておりますので、お気軽にお電話ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる