デイトレード

トレンドの定義

トレンドの定義
2019.トレンドの定義 01.24 2020.09.01 SNSマーケティング ツイッター(Twitter) 田村 理寛 田村 理寛

Googleトレンドとは何ですか?

このページのリンクからサービスに加入すると、Reeves and SonsLimitedがコミッションを獲得する場合があります。 私たちを参照してください 倫理声明.

Googleトレンドは、最も人気のある検索キーワードを調査してランク付けする動的なWebサイトです。 通常、Googleの検索エンジンは、いくつかのパラメータを使用してデータをフィルタリングします。 一見すると、Googleは、Googleの検索ボックスに入力したキーワードやフレーズを精査して結果を表示します。

最も重要なのは、Googleトレンドがすべての人気のある検索クエリを自動的に更新することです。 この情報は、リアルタイムでさまざまな地域に基づくことができます。 ボタンをクリックするだけで、アメリカだけでなくオーストラリアでも、世界中のトレンドを知ることができます。 興味深いことに、データはカテゴリーに基づいてソートされます。

好都合なことに、それはあなたの電子メールで迅速な通知を受け取ることができます。 Googleトレンドは、すべての記事を体系的に分類します。 サブスクリプションボックスで、それを選択するオプションがあります。 トップデイリー検索 トレンドの更新。 また、毎日の検索トレンドをすべて選択して、過去24時間の最新のフィードを取得できます。

Googleトレンド:このツールはどこで利用できますか?

Googleトレンドは時間の経過に伴うデータを分析します。 これは、キーフレーズが検索された頻度を示しています。 つまり、このデータを使用してキーワードの優位性を把握します。 これは私を研ぐための息をのむような開始点のようです 検索エンジン最適化 スキル。

そして、これは私がコンテンツ作成にどのように役立つかです。 それは、次に何を書くべきかについて素晴らしいトピックを私に与える提案を与えます。 もちろん、これは私が興味を持っているニッチに依存します。たぶん、あなたはYouTubeブロガーであるか、レビューをしている、または魅惑的なポッドキャストを持っているかもしれません。Googleトレンドはあなたにとって必須のツールです。

さらに魅力的なのは、Googleトレンドが包括的な洞察を提供するという事実です BOX 市場でうまくやっている 私が新人だとしたら dropshipping ビジネス、私は非常に簡単に市場動向を分析することができます。 特定の地域で大量の販売を生み出しているニッチ市場に落ち着くのに役立ちます。

Googleトレンドのデータを調整する方法

運が良ければ、Google Trendsは、ユーザーが問題なく機能を使いこなせるようにするための精巧なガイドを用意しています。 Googleの最重要課題は、比較をより簡単にすることです。 実際、Google Trendsはそれを簡単で単純なものにしています。 あなたが知る必要があるのは数字の読み方だけです。

通常、1-100のスケールでグラフを分析します。 それは聞こえるのと同じくらい簡単です。 Googleトレンドは、地理的な場所全体の検索の総数と特定の時間範囲でデータを分割します。 頼りになる驚くべき事実のXNUMXつは、Googleのデータが操作されないことであり、非常に公平です。

これは、いかなる形のバイアスにもチャンスを残しません。 それにもかかわらず、GoogleトレンドではXNUMXつの方法で情報を微調整できます。 共通の存在 リアルタイム 自発的で、過去7日間に実行された検索のサンプルを示すデータ。

または、Googleが提示 リアルタイムではない データ。 2004年にさかのぼる履歴データの傾向を取得します。それ以外に、Googleトレンドは、実際の検索の前の過去36時間の関連検索結果を提供します。

注目すべき機能はどれですか?

このツールには、他にはない巧妙で巧妙な機能が搭載されています。 それから始めましょう 検索バー キーフレーズを確認できます。 控えめに言っても、Googleトレンドは非常にわかりやすく、迅速に動作します。 用語やトピックがどのように傾向を示しているかを示しています。

使用しましょう 「スポーツウェア」 説明のため。 Googleトレンドは、選択した地域と時間に基づいて、時間の経過に伴う製品の関心を計算します。 0〜100の値で結果を表示する方法は驚くべきものです。このキーフレーズが100に到達した場合、これは人気のピークにあることを意味します。 一方、スコアが50の場合、これはその用語の人気度が半分であることを意味します。

スムーズな理解を深めるために、Googleトレンドには ヘルプボタン グラフの結果をさらに説明します。 また、ダッシュボードにはさまざまなオプションがあり、結果を調整するのに役立ちます。 たとえば、スポーツウェアが特定の国でその人気をどのように獲得しているかを知りたいと思います。 Googleには固定された地理的境界に基づいてデータを取得する機能があるので、傾向を把握するのは簡単です。

それを促進するために、時間範囲を簡単にカスタマイズできます。 どういう意味? 過去24時間、または過去5年間のすべてのトレンドにアクセスできます。 私がすべての時間に集中したい時間を選ぶという選択は、すべて私の自由です。 ワンクリックで。

  1. ウェブ検索
  2. YouTube検索
  3. Googleショッピング
  4. ニュース検索
  5. 画像検索

人目を引くように見えるのは、GoogleトレンドでこのデータをCSVファイルにダウンロードして、サードパーティの分析ツールにエクスポートする方法です。 このデータは、Microsoft ExcelやGoogleシートアプリケーションなどのアプリケーションとも互換性があります。 掘り出し物には、Facebookなどのソーシャルメディアサイトで情報を共有できるようになったという事実があります。 Twitter、LinkedIn、および Twitter.

Googleトレンドの比較

これは、Googleトレンドで最も価値のあるツールのXNUMXつです。 実際、それは活用するために非常に多くの属性を持っています。 作成したHTMLコードを自分のページに埋め込むオプションを使用して、リアルタイムで更新できます。 また、Googleには、XNUMXつ以上の検索アイテムを対比させる独自の機能があります。

ここで、Googleトレンドは、特定の期間内に製品が他の製品よりもどのようにして牽引力を獲得するかを示しています。 この種のデータは、販売見込みの高い商品を販売したいユーザーにとっての資産です。 それは私に正しい指針を与えて、私を勝利のニッチ​​に導きます。 実際のところ、グラフは、選択した時間に基づく人気の違いを間違いなく示しています。 過去7日間、1か月、または過去24時間の場合もあります。

もう5つのエキゾチックな機能は、Googleトレンドの平均棒グラフです。 非常に正確で細心の注意を払って、比較されたすべてのアイテムの平均人気数をキャプチャします。 より詳細で例外的に見えるのは、地域に基づいてトレンドをランク​​付けする能力です。 Googleトレンドでは、検索数が最も多い上位XNUMXつの地域を表示しています。 また、検索ボリュームが少ない地域を含めるオプションもあります。

特に私の商品がどこで人気があるかを示す地図が表示されます。 濃い青色のエリアは、製品検索のオッズが高い地域を表しています。 重要なフレーズの人気度は常に、特定の期間と場所で行われたGoogle検索の総数に関連していることに注意してください。

関連トピックアップデート

このセクションは、非常に魅力的で、その作業にかかっています。 Googleトレンドは、ユーザーがメイントピック以外に検索した他のトピックについての最終的な評価を提供します。 相対的なスケールでスコアが表示されます。 このセクションを最大限に活用するために、関連トピックを上から最小に並べ替えることができます。 スコアはリストされ、スムーズな比較のために濃い色で強調表示されます。

結果を最適化するために、Googleトレンドには、グラフにアクセスするための探索ボタンが含まれています。 そして、あなたが一番好きなのは、関連するトピックについてさえ、その比較効率です。 値の最も高いものから最も少ないものへと並べ替えることができます。 Googleトレンドでは、これをパーセンテージで表します。 このツールは非常にシームレスでプレーンなセーリングのように見えます。

Googleでは、この高収量のWebサイトを使用して、関心をサブリージョンごとに分類しています。 そのような情報があれば、どこに目を留めるべきかがわかります。 さまざまなサブリージョンを比較することは可能です。 それは人気と興味の中心の両方がどこから来たのかを即座に示します。

Googleトレンドとは:最後の言葉

間違いなく、Google Trendsは最もユニークで未来的なツールであり、世界中のあらゆるトピックに目を向けてくれます。 それは非常に機知に富み、多くの点で便利です。 それはユーザーフレンドリーで航行がかなり簡単であることが証明されています。 ブログやYouTubeチャンネルでトピックを取り上げたいユーザーに適しています。

通常、グーグルでの高いランキングはとてもやりがいがあります。 その結果、GoogleトレンドはSEOを大幅に改善します。 そして、良い結果はここで終わりません。 それは彼らの製品をグローバルに販売したいオンライン商人にとってプラスです。 Googleトレンドをチェックするのをお見逃しなく 公式サイト そしてその機能をテストします。

ダウ理論を基礎からわかりやすく解説!FXトレード利確・損切に使えます。

ダウ理論トレンド定義

目次1 FXとは2 FXのメリット・デメリット3 少ない資金でも大きな運用ができる4 24時間いつでもトレードが可能5 口座開設から取引まで FXとは 日本円を外国の通貨に換える取引を「外国為替取引」 .

NDD方式とDD方式の違い

FXのNDD方式とNDD方式(STP・ECN)とは?という初心者にわかりやすく解説

目次1 FXのNDD方式とDD方式2 FXにおけるNDD方式とDD方式の違いとは2.1 DD方式とはディーラー(FX会社)が介在する相対取引方法2.2 NDD方式とはディーラー(FX会社)が介在しない .

FOMCとは

FOMCとは、日程や時間から利上げやテーパリングとの関連までわかりやすく説明

今回は、株やFXなどの投資家であれば知っておかなければいけない、FOMC(Federal Open Market Committee)日本語で言う連邦公開市場委員会の解説を .

環境認識方法

ド素人でも簡単にできるFXの環境認識方法(移動平均線手法)を解説!

FX資金管理【基礎】

【資金管理】FXで勝ちたいなら絶対に理解しないといけない資金管理法

この記事で解決できるお悩み 資金管理の大原則 おすすめの資金管理方法 トレンドの定義 なぜ資金管理が重要なのかの理由 おすすめのFX資金管理ツール 目次1 投資 .

検索データから見える激変する旅行者トレンドとは? 新たな時代を勝ち抜く秘策、ヤフーの旅行業界向けイベントを取材した(PR)

ヤフーは2021年8月、旅行業界向けのライブ配信イベント「Yahoo! JAPAN Travel Day」を開催した。業界特化型イベントとして、旅行業界の広告主を対象にYahoo! JAPANユーザーの旅行に関する最新の検索動向などを伝えるもので、今回が初めての開催。ヤフーのビッグデータから導き出した分析結果をもとに、コロナ禍前後で様変わりした旅行者の姿を解説し、今後の観光再開に向けて、打ち手のヒントとなる情報を提供した。

目まぐるしく変わる旅行への意識、消費者は何を求めているのか?

How:どんな旅行を検討しているのか?

宿泊施設自体でレジャーを楽しむ、目的に合致した旅行を探す、といった傾向が強まっている

Where:どこへの旅行を検討しているのか?

トップ3を占めた大阪、京都、東京がランキング圏外に

Who:誰が旅行を検討しているのか?

海外旅行を待望するシニア層の需要が見て取れる

When:いつ検討していつ旅行するのか?

What:どこの旅行サービスを検討しているのか?

データをもとに動き出した旅行業界

「Yahoo! JAPAN Travel Day」には、旅行、交通など旅行業界の大手広告主を中心に約30社、130名超が視聴した。開催した8月は、まだ新型コロナウイルスの感染が拡大中で、旅行業界は状況の改善後を見据えた需要獲得策を準備する段階にあった。

MS統括本部 第二営業本部 営業2部 セールス1、2 リーダーの吉川美咲氏

MS統括本部 第二営業本部 営業2部 セールス2の榊麗菜氏

コロナ禍で様変わりした生活者の変化をつかむためには、データ活用が重要だ。第二営業本部 本部長の三村真氏は、「約100のサービスを展開するYahoo! JAPANの検索データは人々のニーズの指標となるものであり、その変化を見れば生活者のインサイトも分かる」と、ヤフーだからこそ提供できるデータの価値を説明。価値あるデータを可視化して共有し、コロナ禍後の反転攻勢を、旅行業界と二人三脚で目指す方針を示している。

トレンドの定義 イベントに登壇したMS統括本部 第二営業本部のメンバー。左から、営業1部セールス3リーダー酒井淳氏、本部長・三村真氏、営業2部セールス2榊麗菜氏、営業2部セールス1、2リーダー吉川美咲氏

Twitter(ツイッター)トレンドの仕組みと検索方法【2020年最新解説記事】

2019.01.24 2020.09.01 SNSマーケティング ツイッター(Twitter) 田村 理寛 田村 理寛

Twitter(ツイッター)トレンドの仕組みと検索方法【2020年最新解説記事】

Twitter(ツイッター)のトレンド機能の仕組みについて解説しています。

Twitterは国内、国外問わず大人気のSNSです。2020年現在、国内でも4500万人が利用しており、大きな影響力を持ちます。

そのTwitterにはトレンドという機能があります。これはとても便利な機能なのですが、よく仕組みがわからないという方や、見方があんまりよくわからないという方も多くいます。


>>集客・販促のノウハウ集を一括ダウンロード!<<

Twitterトレンドとは?仕組みを解説

Twitterトレンドがどのような仕組みで計算されているかというと、アルゴリズムにより決定されます。

Twitterトレンドの検索方法!トレンドの見方

パソコンで閲覧する

スマートフォンで閲覧する

日本国内の地域別や海外のトレンドを閲覧する

見方がそれでもわからない!という方に

それでもTwitterの見方がわからない!という方には ツールの活用 という手段もあります。

また世界のトレンドもわかりますので、日本のトレンドだけではなく世界のトレンドを先取りしたい方にも便利なツールとなっています。

Twitterトレンド 用語解説

トレンド入り

急上昇ワード

トレンド大賞

トレンド大賞とは、正式名称を#Twitterトレンド大賞といい、国内のツイッター利用者4500万人以上の今年1年を通したツイートを集計、分析して流行語を決めるというものです。

過去のトレンドを調べる方法

Twitterで話題のツイート

2018年12月には、水曜日のダウンタウン内の企画である「#モンスターハウス」が話題になりました。これは、人気番組の「テラスハウス」に似た内容で、5人の男女とお笑い芸人のクロちゃんによるリアリティー企画です。 トレンドの定義 初回の放送から徐々にクロちゃんのモンスター具合がツイッターで話題になっていましたが、最終回を迎えるにあたり、としまえんにクロちゃんが収監されたとあって周辺地域はたくさんの人だかりで大騒ぎとなりました。 110番通報などが相次ぎ収監は中止となりましたが、世界のトレンドで「クロちゃん」が1位になるなど、とても話題になりました。

2018年10月には、渋谷のハロウィーンで一部の人が暴徒化したこともニュースに取り上げられるほどとなり、Twitterでも話題になりました。 年々ハロウィーンが注目されるようになっていますが、トラックを倒すなどの問題に発展するようになったため規制が必要なのではないかといった声が多く集まりました。 同じくハロウィーンの話題としては、「地味ハロウィーン」という言葉もトレンド入りしました。 この地味ハロウィーンというのは地味な仮装で行うハロウィーンのことで、よくある魔女やカボチャといった仮装は禁止で、家から着てきても恥ずかしくないような仮装がコンセプトになっています。

若者トレンドを押さえるキーワードはズバリ「共感」と「共創」。若者のリアルな声を若年層マーケティングに生かす方法とは?

昨今、若者は様々なシーンで「〇〇離れ」と言われていますが、いまの若者は実際何にお金と時間を費やしているのでしょうか?それはずばり「ヲタ活」です。昨年、SHIBUYA109 lab.が500人の若者に調査を行ったところ、なんと7割以上が「ヲタ」であると回答したそう。対象はアイドルやアニメ、ユーチューバー…などさまざまですが、 自分が価値を感じるものにお金と時間を費やすことが、いまの若者の実態 だと長田氏は説明しました。

「ヲタ活」を通して共通の趣味を持つ人と繋がりたい

①#隠しきれないヲタク/#わーーーー○○ヲタさんと繋がりたい/#量産型ヲタク
趣味の合う人と繋がるきっかけを作るために、好きな人物やキャラクターの名前をハッシュタグに盛り込んで投稿することが流行っているそうです。好きなものが同じであればお互いに共感しやすく、このハッシュタグからは ヲタ活限定の友達を募集する若者特有の行動 も見えてきます。

②#推しのいる生活/#推しの生誕祭/#ネップリ
これらは、 推しの人物やキャラクターを、自分の生活の中に取り込んでいる ことを示すハッシュタグです。例えば「#推しの生誕祭」というハッシュタグでは、推しの人物の誕生日に、その人物のグッズや写真を並べて自分の部屋をデコレーションし、ケーキまで用意して勝手にお祝いしている投稿などが見られます。これには「自分はこれだけ好きなんだ!」という他人へのマウントではなく、「自分でこれだけ買うことで満たされる」という、 あくまで自己満足で行っているという心情 が表れているそうです。

③#ソンムル交換/#お菓子交換
こちらは韓流アーティストやジャニーズグループなどのアイドルファン同士が、コンサート会場で初めて会った時に、メッセージ入りのお菓子を交換する際に付けるハッシュタグです。

このようなヲタ活関連のハッシュタグを付けることで、共通の趣味を持つ人とSNS上でコミュニケーションを取ったり、リアルな場で実際に会って交流したりすることが当たり前になってきていることがわかります。従来のオタクのイメージから、「ヲタ」と聞くとニッチな活動のように感じられますが、 いまの若者にとって「ヲタ活」は当たり前であるという認識を持つことが重要 だと、長田氏は解説しました。

若者の心をつかむのは「カリスマ性」ではなく「共感性」が高いコンテンツ

昨年SHIBUYA109 lab. が発表した、『トレンド大賞2018』の中でトレンド入りしたタレントやユーチューバーには、ある2つの共通点があると述べました。それは 「応援したくなること」 と 「親近感があること」 です。

若者が応援したくなるのは「共創の余地がある」人物

以前は、例えば安室ちゃんのような「イットガール」=カリスマ性を備えた完璧な人が、若者から多くの支持を得ていました。しかし時代は変わり、現代では 「自分の応援でビックになっていく」、「距離感が遠くなく近づけそう」、また「あわよくば実際に会って交流できそう」と思えるような人のほうが、若者の心を掴んでいる とのこと。

ファンと同じ目線に立っていたり、ファンの意見をそのまま反映したりするような人物は特に人気を集めやすく、 「完璧な人」よりも「ファンと共創していく余地がある人」のほうが支持される ように変化してきました。

距離を近く感じることが若者の喜びにつながる

この若者の心理を上手く捉えているのが、SHIBUYA109のTwitter公式アカウントです。SHIBUYA109のアカウントでは、その時のタイアップやポップアップのコンテンツに合わせて、ファンにしかわからない用語を使ってツイートするなど、ファンに寄り沿った投稿を心がけているそう。 まるで「中の人もファンなの?」と思わせるようなコミュニケーションを図る ことで、若者に親近感を持たせてたくさんの共感を得られます。

また、ツイートに対するコメントには必ず返信することで、 「企業とフォロワー」という関係ではなく、「中の人とフォロワー」という関係づくり をしており、フォロワーと近い距離感での運用を心がけていると加えました。その結果、SHIBUYA109のアカウントは現在20万フォロワーまで成長し、以前まではキャンペーンの前後で増減していたフォロワーも、今ではキャンペーンが終わった後でも離れないようになってきているそうです。

企業が若者の心を掴むために押さえたいツボ

まず「共創する余白を作る」とは、 ファンが企業や商品に入り込める隙を持たせておくこと を意味します。完璧なものや完成形を提供することよりも、 ファンと一緒に創り上げていくような、共創する余地を持たせること のほうが、若者のファンを獲得する上では大切なのです。

次に「小さい“わかってる~!”を積み重ねる」とは、若者に「この企業は自分たちのことをわかっている」と思わせるような、企画づくりやSNS投稿などを、継続的に行っていくことです。これまで説明してきたように、 若者にとってその企業に親近感が持てるかどうかは、ファンになるかならないかを左右する重要なポイント です。

さいごに、企業のSNSアカウントは、画一的な連絡網になってしまいがちです。呼吸をするようにSNSを使っている若者にとって、SNSはリアルと同じくらい大切なコミュニケーションの場です。そんなSNSで、単なる新商品情報の発信やイベント情報の発信を行っても、企業からの一方通行なコミュニケーションとして捉えられてしまい、若者には振り向いてもらえません。 たとえ企業アカウントであっても、それを運用している中の人の人間性が伝わるような投稿をしたり、コメントに対して必ず返信したりするなど、 SNSを「若者と企業のコミュニケーションが生まれる場」として意識すること を忘れてはなりません。

若者トレンドを知るには若者のリアルな声を汲み取ることが重要

だからこそ、企業が若者の心を掴み、次世代ファンになってもらうためには、これまでと同じマーケティングのやり方だけではなく、 若者のリアルな声を傾聴すること を大切にしなくてはなりません。 若者のツボをきちんと理解し、同じ目線に立って考えることが、若年層マーケティングでは最も重要になるのではないでしょうか。

若年層に向けたブランディングと次世代ファンづくりの方法とは

第2部は「若年層に向けたブランディング~次世代ファンのつくり方~」と題して、株式会社トライバルメディアハウスのマーケティングデザイン事業部 シニアプロデューサー/Spark! 所長の鳴海 まい氏が登壇。SNSやアプリを中心に、ミレニアル世代・若年層マーケティングについて日々研究しているトレンド研究所『Spark!』の観点から、次世代ファンの作り方について解説しました。

なぜいま次世代ファンづくりなのか?

そもそも、企業が若年層にアプローチするメリットはあるのでしょうか? 鳴海氏はそのメリットについて、 「影響価値」 と 「推奨価値」 の2つの観点から解説しました。

若年層が持つ影響力と推奨力に着目

SNSアカウント保有者には、毎日のようにSNSを更新または確認している「アクティブユーザー」と、そうでない「非アクティブユーザー」が存在しますが、若年層は他の世代と比較するとアクティブユーザー率が高いことが特徴です。そのため現代の若者は、呼吸をするようにSNSを使って自分の世界観を表現したり、SNSを介して友人とつながったり交流したりしています。つまり、 若年層がSNSに投稿したくなるような仕掛けを考えることができれば、マスメディアなどにも取り上げられるような、世の中ゴトとなる話題までも生み出せる可能性がある のです。タピオカやチーズタッカルビなどが、その良い例です。

また若年層は、学校やサークル、部活、バイト先などの比較的狭いコミュニティ内で生活していると言えます。若年層に向けたプロモーションを考える際は、 一人ひとりの背景にそのようなコミュニティが存在することを忘れず、 そのコミュニティの中でどう情報が広がっていくことが理想的かを、イメージすることが大切 です。

若年層マーケティングを行う手順とは

企業が若年層へアプローチする際には、以下の3つのステップが重要だと解説しました。

  1. 若年層を知る
  2. 若年層に向けた文脈づくり
  3. 若年層へアプローチ

若年層を知るために意識すべきこと

若年層の実態を知るには、まず 一人ひとりがさまざまな興味の対象を持っている ということを知り、それらをしっかりと理解する必要があります。例えば、アイドル応援専用アカウントをもつ人と、ポートレートなどの写真専用アカウントを持つ人とでは、それぞれ共感ポイントや刺さる文脈が大きく異なります。

また若者の間で流行っているものに関しては、それらのモノやコトが、どういう文脈で話題化したのかを分析していくことが大切です。 「誰にどんな文脈が刺さり、どうトレンドになっているのか」を把握し、丁寧に理解すること を心掛けましょう。

若年層のSNSの使い方から見る「文脈づくり」の重要性

①〇〇専用アカウント

いま若者の間では、 「アカウントの統一性」 トレンドの定義 が重視されています。若者のInstagramを見ると、推しメン応援専用アカウント、カフェ専用アカウント、カメラ専用アカウント、中にはピンク色専用アカウントといったものまで存在しており、若者にとっては、好きなモノ・コトごとにアカウントを使い分けることが当たり前になっているのです。そのため 企業側がInstagramを運用する際にも、投稿内容や世界観に統一感を持たせることが求められます。

また、発信のためだけでなく、情報収集においても 「専用アカウント」 が活用されています。例えば、カフェの情報を知りたい時はInstagramでカフェ専用アカウントをフォローしておくと、自分の知りたい情報だけを手に入れることができます。

②Who文脈とWhat文脈

それではなぜ、若者の間で専用アカウントが増えたのでしょうか。最近では、 「誰が」話すかよりも、「何を」話すかが重要視される ようになってきました。 「私の好きなカフェ」という文脈の投稿では、自分のことを知る人しか興味を持ちませんが、「〇〇カフェが好き」というWhat文脈で投稿すると、同じ趣味を持つ不特定多数の人と繋がることができるというのです。

この「誰が」よりも「何を」が大切になってきていることについて、定量的なデータも現れています。2019年5月の結果では、「#〇〇好きさんと繋がりたい」というハッシュタグがついたツイートは、1カ月だけで120,000件も投稿されていますが、その2年前の2016年5月は、約半数の60,000件しか投稿されていませんでした。この結果からも、 この数年間で、SNS上で同じ趣味の人と繋がって情報交換をしたり、共感し合ったりするニーズが高まっている ことが分かります。

③位置情報の創出
Instagramでは、 架空の位置情報を創作して投稿すること が新たな若者トレンドになってきています。「女子高生の日常生活」や「プリント倶楽部」、友達の名前などの位置情報を、Facebookのチェックイン機能を使って登録・作成し、お互いに利用し合っているのです。

また先述したように、若者の間では「誰が」話すかよりも「何を」話すかが重視されていますが、それと同時に、 若者はSNSを「自己表現ツール」として捉えています。 いかに自分を表現するかが大切であるため、専用アカウントも人によって工夫が凝らされたものばかりです。

若年層へアプローチするには「創作」できるものを取り入れる

①すでに盛り上がっているネタを後押し

まず意識すべきなのは、「すでに盛り上がっているネタを後押しする」ことです。長田氏の話にもあった「#ネップリ」のように、若年層は「創作」も大好きなことから、 企業アカウントの投稿やプロモーションなどの施策でも自分のオリジナリティを出せるものであることが重要 です。

これはハードルの高いことのように感じられますが、Twitterを使って簡単にトレンドをキャッチアップすることもできます。 「#流行りの」「#流行りのやつ」「#流行りのポーズ」「#流行りの加工」などといったハッシュタグで検索していくと、だんだん若者の間で流行っているものが見えてくる と、鳴海氏はアドバイスしました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる