FXトレード

パラメータの設定やエントリーポイントを解説

パラメータの設定やエントリーポイントを解説

一目均衡表とは、日本人が考案したトレンド系のインジケーターです。

ゼロからはじめるWindows API - WinMain 関数 すべての始まり編

現在、多くのアプリケーションが.NET Framerowkに移行していますが、こうした新しい仮想プラットフォームの背景にはWindows APIが使われています。既存のネイティブコードとの相互運用を検討する場合や、.NET Framework ではサポートされていない低水準な処理にはWindows APIの知識が今も求められます。また、ゲームやマルチメディアのような、ハードウェアの性能を最大限に発揮させなければならない分野では、今もC++とWindows APIの組み合わせは現役です。

WinMain() 関数

パラメータ

パラメータの設定やエントリーポイントを解説 パラメータの設定やエントリーポイントを解説
hInstance アプリケーションの現在のインスタンスハンドル。
hPrevInstance 常にNULL
lpCmdLine コマンドライン文字列
nCmdShow ウィンドウの表示状態
任意のアプリケーション終了コード

この関数が受け取るhInstanceパラメータは、操作対象の実体を識別するためのハンドルと呼ばれる値です。現在で言うオブジェクトに相当するもので、Windows APIではハンドルによってアプリケーションやウィンドウなどを識別します。hPrevInstanceパラメータは、古い 16 ビットの Windows 3.x 時代に使われていたパラメータです。Windows 95 と Windows NT 以降では常に NULL が渡されるため、気にする必要はありません。

lpCmdLine パラメータは、コマンドラインから渡された NULL で終わる文字列が格納されています。この他に、GetCommandLine() 関数から文字列を受け取る方法もあります。通常、コマンドラインから文字列を受けるには パラメータの設定やエントリーポイントを解説 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 GetCommandLine() 関数を使うべきでしょう。

最後の nCmdShow パラメータには、ウィンドウの表示方法を表す値が格納されています。このパラメータに指定される有効な値は SW_ から始まる定数として定義されています。このパラメータは、ウィンドウを生成した後、ウィンドウの表示状態を設定する ShowWindow() 関数に渡す値として利用できます。

WinMain() 関数の戻り値は、アプリケーションの終了コードです。ウィンドウを生成していない場合、通常は 0 を返します。ウィンドウを生成している場合、ウィンドウへの終了要求と共に終了コードが渡されるので、この値を戻り値として利用します。

初めて Windows API を学習するとき、標準の C 言語では見られなかった型に疑問を感じるかもしれません。例えば、lpCmdLine パラメータの設定やエントリーポイントを解説 パラメータに渡されるのはコマンドライン文字列ですが、その型は char の配列やポインタではなく LPSTR です。しかし、これは typedef による char へのポインタへの別名にすぎません。同様に HINSTANCE のようなハンドルも、void へのポインタの別名です。これら Windows API 用のデータ型や、Windows API で提供される関数を呼び出すために Windows.h ヘッダファイルをインクルードしてください。

この関数の戻り値の直後、関数名の直前にある WINAPI というトークンは、関数の呼び出し規約を指定する修飾子の一種で、#define ディレクティブによって __stdcall に置き換えられます。関数の呼び出し規約とは、関数へのパラメータの渡し方などを定めたもので、例えば C 言語で作られた関数を、他の言語や開発ツールで作られたプログラムから呼び出すには、関数の呼び出し規約を一致させる必要があります。

WinMain() 関数を含め、多くの Windows API は __stdcall を呼び出し規約としています。一方、特に呼び出し規約を指定しなかった通常の関数は __cdecl パラメータの設定やエントリーポイントを解説 という呼び出し規約が使われます。アプリケーションが起動されるとき、Windows システムは WinMain() 関数を __stdcall 規約に従って呼び出します。

サンプル 01

このサンプルは、WinMain() 関数から開始する Windows アプリケーションです。ウィンドウを生成するなどのコードは書いていないため、プログラムを実行しても何もせずに終了するだけです。面白みに欠けますが、Windows アプリケーション開発を学習するとき、すべてはここから始まります。

Visual C++ 2008 を使ってコンパイルする場合、プロジェクトの新規作成時に表示される「新しいプロジェクト」ダイアログから「空のプロジェクト」を選択してください。または「Win32 プロジェクト」を選択した後に表示されるダイアログの設定で「空のプロジェクト」を選択する形でもかまいません。他の設定でプロジェクトを作成すると、余分なコードが自動生成されてしまいます。自動生成されるコードは便利かもしれませんが、学習時には何も書かれていない状態からコードを書いたほうが本質に迫れます。

「空のプロジェクト」を選択した場合、ソースファイルを手動で追加する必要があります。「プロジェクト」メニューの「新しい項目の追加」を選択して、「ソースファイル」フォルダに新しいファイルを追加してください。C++ ファイルでもかまいませんが、本シリーズの範囲では C 言語の機能しか使わないので、明示的に拡張子を *.c と入力することで C 言語としてコンパイルします。

あとは、この関数の中でウィンドウの生成や初期化処理を行い、目的のプログラムを構築していきます。Windows によって公開されている関数は無数にあるので、そのすべてを網羅することはできませんが、今後も本シリーズを通して、多くの Windows アプリケーションで共通して使われる基本的な関数や、特徴的な面白い機能などを紹介します。

【完全解明】究極のストキャスティクスのパラメーター設定法、おすすめの期間とは?

【完全解明】究極のストキャスティクスのパラメーター設定法、おすすめの期間とは?

テクニカル分析

【完全解明】究極のストキャスティクスのパラメーター設定法、おすすめの期間とは?

ストキャスティクスのパラメーター設定方法について学びたい。

とれろく

記事公開から既に5万人以上のトレーダーに読んで頂いており、ストキャスティクスを極めたい方に超好評のコラムです。

当ストキャスティクスの解説記事 要点まとめ
・ストキャスティクスは日本語で推計学という意味
・ストキャスティクスは高値と安値に対し、終値がどの位置にあるのかを示す
・「%SD」のパラメーター設定により、ストキャスティクスは2種類に分類
・Slowストキャスティクスはシグナル遅、勝率高、利益小、損失大となる傾向有
・Fastストキャスティクスはシグナル早、勝率低、利益大、損失小となる傾向有
・ストキャスティクスの使い方の1つにゴールデンクロス、デッドクロスがある。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説
・ストキャスティクスのダマしを回避するならSlowストキャスティクスを採用
・レンジ相場ならFastストキャスティクス一択
・押し目買い、戻し売りでストキャスティクスは使える。
・ストキャスティクスを応用すると、半値戻し、1/2戻し、1/3戻しで使える。
・%Kに影響するパラメーターXは概ね20以上がオススメ
・%Dに影響するパラメーターYは2~3程度、状況によりもっと大きな値がオススメ
・%SDに影響するパラメーターZはFastストキャスティクスの1がオススメ
・ストキャスティクスのダイバージェンスはトレンド転換を測れる。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説
・ダイバージェンスを確認したいなら%Kのパラメーターは長く取ること。
・ストキャスティクスとRSIは全く別のオシレーター系テクニカル指標
・MetaTrader4(MT4)でもストキャスティクスは使える。

とれろく

ストキャスティクス(Stochastics)とは?

英語でStochasticsと表記し、日本語の意味は推計学

ストキャスティクスは当日の終値が過去の高値、安値に対してどの位置にあるかを数値化し、買われすぎ、売られすぎを推計するテクニカル指標です。

とれろく

パラメーター「%SD」の設定値で種類が変わる。

ストキャスティクスはスローストキャスティクススティクスと、ファストストキャスティクスの2種類に分類できます。

「%SD」を2以上に設定→Slowストキャスティクス(スローストキャスティクス)
「%SD」を1に設定→Fastストキャスティクス(ファストストキャスティクス)

Service

Pod内のポートの定義は名前を設定でき、Serviceの targetPort 属性にてその名前を参照できます。これは単一の設定名をもつService内で、複数の種類のPodが混合していたとしても有効で、異なるポート番号を介することによって利用可能な、同一のネットワークプロトコルを利用します。 この仕組みはServiceをデプロイしたり、設定を追加する場合に多くの点でフレキシブルです。例えば、バックエンドソフトウェアにおいて、次のバージョンでPodが公開するポート番号を変更するときに、クライアントの変更なしに行えます。

多くのServiceが、1つ以上のポートを公開する必要があるように、Kubernetesは1つのServiceオブジェクトに対して複数のポートの定義をサポートしています。 各ポート定義は同一の protocol または異なる値を設定できます。

セレクターなしのService

  • プロダクション環境で外部のデータベースクラスターを利用したいが、テスト環境では、自身のクラスターが持つデータベースを利用したい場合
  • Serviceを、異なるNamespaceのServiceや他のクラスターのServiceに向ける場合
  • ワークロードをKubernetesに移行するとき、アプリケーションに対する処理をしながら、バックエンドの一部をKubernetesで実行する場合

Endpointsのipは、loopback (127.0.0.0/8 for パラメータの設定やエントリーポイントを解説 IPv4, ::1/128 for IPv6), や link-local (169.254.0.0/16 and 224.0.0.0/24 for IPv4, fe80::/64 for IPv6)に設定することができません。

セレクターなしのServiceへのアクセスは、セレクターをもっているServiceと同じようにふるまいます。上記の例では、トラフィックはYAMLファイル内で 192.0.2.42:9376 (TCP)で定義された単一のエンドポイントにルーティングされます。

エンドポイントスライス

アプリケーションプロトコル

AppProtocol フィールドによってServiceの各ポートに対して特定のアプリケーションプロトコルを指定することができます。 この値は、対応するEndpointsオブジェクトとEndpointSliceオブジェクトに反映されます。

仮想IPとサービスプロキシー

Kubernetesクラスターの各Nodeは kube-proxy を稼働させています。 kube-proxy は ExternalName タイプ以外の Service 用に仮想IPを実装する責務があります。

なぜ、DNSラウンドロビンを使わないのでしょうか。

  • DNSの実装がレコードのTTLをうまく扱わず、期限が切れた後も名前解決の結果をキャッシュするという長い歴史がある。
  • いくつかのアプリケーションではDNSルックアップを1度だけ行い、その結果を無期限にキャッシュする。
  • アプリケーションとライブラリーが適切なDNS名の再解決を行ったとしても、DNSレコード上の0もしくは低い値のTTLがDNSに負荷をかけることがあり、管理が難しい。

user-spaceプロキシーモード

このモードでは、kube-proxyはServiceやEndpointsオブジェクトの追加・削除をチェックするために、Kubernetes Masterを監視します。 各Serviceは、ローカルのNode上でポート(ランダムに選ばれたもの)を公開します。この"プロキシーポート"に対するどのようなリクエストも、そのServiceのバックエンドPodのどれか1つにプロキシーされます(Endpointsを介して通知されたPodに対して)。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 kube-proxyは、どのバックエンドPodを使うかを決める際にServiceの SessionAffinity 項目の設定を考慮に入れます。

最後に、user-spaceプロキシーはServiceの clusterIP (仮想IP)と port に対するトラフィックをキャプチャするiptablesルールをインストールします。 そのルールは、トラフィックをバックエンドPodにプロキシーするためのプロキシーポートにリダイレクトします。

iptables プロキシーモード

このモードでは、kube-proxyはServiceやEndpointsオブジェクトの追加・削除のチェックのためにKubernetesコントロールプレーンを監視します。 各Serviceでは、そのServiceの clusterIP と port に対するトラフィックをキャプチャするiptablesルールをインストールし、そのトラフィックをServiceのあるバックエンドのセットに対してリダイレクトします。 各Endpointsオブジェクトは、バックエンドのPodを選択するiptablesルールをインストールします。

kube-proxyがiptablesモードで稼働し、最初に選択されたPodが応答しない場合、そのコネクションは失敗します。 これはuser-spaceモードでの挙動と異なります: user-spaceモードにおいては、kube-proxyは最初のPodに対するコネクションが失敗したら、自動的に他のバックエンドPodに対して再接続を試みます。

IPVSプロキシーモード

ipvs モードにおいて、kube-proxyはServiceとEndpointsオブジェクトを監視し、IPVSルールを作成するために netlink インターフェースを呼び出し、定期的にKubernetesのServiceとEndpointsとIPVSルールを同期させます。 このコントロールループはIPVSのステータスが理想的な状態になることを保証します。 Serviceにアクセスするとき、IPVSはトラフィックをバックエンドのPodに向けます。

IPVSプロキシーモードはiptablesモードと同様に、netfilterのフック関数に基づいています。ただし、基礎となるデータ構造としてハッシュテーブルを使っているのと、kernel-spaceで動作します。 これは、IPVSモードにおけるkube-proxyはiptablesモードに比べてより低いレイテンシーでトラフィックをリダイレクトし、プロキシーのルールを同期する際にはよりパフォーマンスがよいことを意味します。 他のプロキシーモードと比較して、IPVSモードはより高いネットワークトラフィックのスループットをサポートしています。

  • rr : ラウンドロビン
  • lc : 最低コネクション数(オープンされているコネクション数がもっとも小さいもの)
  • dh : 送信先IPによって割り当てられたハッシュ値をもとに割り当てる(Destination Hashing)
  • sh : 送信元IPによって割り当てられたハッシュ値をもとに割り当てる(Source Hashing)
  • sed : パラメータの設定やエントリーポイントを解説 見込み遅延が最小なもの
  • nq : キューなしスケジューリング

特定のクライアントからのコネクションが、毎回同一のPodにリダイレクトされるようにするためには、 service.spec.sessionAffinity に"ClientIP"を設定することにより、クライアントのIPアドレスに基づいたSessionAffinityを選択することができます(デフォルトは"None")。 また、 service.spec.sessionAffinityConfig.clientIP.timeoutSeconds を適切に設定することにより、セッションのタイムアウト時間を設定できます(デフォルトではこの値は18,000で、3時間となります)。

複数のポートを公開するService

いくつかのServiceにおいて、ユーザーは1つ以上のポートを公開する必要があります。Kubernetesは、Serviceオブジェクト上で複数のポートを定義するように設定できます。 Serviceで複数のポートを使用するとき、どのポートかを明確にするために、複数のポート全てに対して名前をつける必要があります。 例えば:

例えば、 123-abc や web という名前は有効で、 123_abc や -web は無効です。

ユーザー所有のIPアドレスを選択する

Service を作成するリクエストの一部として、ユーザー所有のclusterIPアドレスを指定することができます。 これを行うためには .spec.clusterIP フィールドにセットします。 使用例として、もしすでに再利用したいDNSエントリーが存在していた場合や、特定のIPアドレスを設定されたレガシーなシステムや、IPの再設定が難しい場合です。

ユーザーが指定したIPアドレスは、そのAPIサーバーのために設定されている service-cluster-ip-range というCIDRレンジ内の有効なIPv4またはIPv6アドレスである必要があります。 もし無効なclusterIPアドレスの値を設定してServiceを作成した場合、問題があることを示すためにAPIサーバーはHTTPステータスコード422を返します。

サービスディスカバリー

PodがNode上で稼働するとき、kubeletはアクティブな各Serviceに対して、環境変数のセットを追加します。 これはDocker links互換性のある変数( makeLinkVariables関数を確認してください)や、より簡単な _SERVICE_HOST や、 _SERVICE_PORT 変数をサポートします。この変数名で使われるService名は大文字に変換され、 - は _ に変換されます。

例えば、TCPポート6379番を公開していて、さらにclusterIPが10.0.0.11に割り当てられている redis-master というServiceは、下記のような環境変数を生成します。

Serviceにアクセスする必要のあるPodがあり、クライアントであるそのPodに対して環境変数を使ってポートとclusterIPを公開する場合、クライアントのPodが存在する前に Serviceを作成しなくてはなりません。 そうでない場合、クライアントのPodはそれらの環境変数を作成しません。

CoreDNSなどのクラスター対応のDNSサーバーは新しいServiceや、各Service用のDNSレコードのセットのためにKubernetes APIを常に監視します。 もしクラスターを通してDNSが有効になっている場合、全てのPodはDNS名によって自動的にServiceに対する名前解決をするようにできるはずです。

例えば、Kubernetesの my-ns というNamespace内で my-service というServiceがある場合、KubernetesコントロールプレーンとDNS Serviceが協調して動作し、 my-service.my-ns というDNSレコードを作成します。 my-ns というNamespace内のPodは my-service という名前で簡単に名前解決できるはずです( my-service.my-ns でも動作します)。

他のNamespace内でのPodは my-service.my-ns といった形で指定しなくてはなりません。これらのDNS名は、そのServiceのclusterIPに名前解決されます。

Kubernetesは名前付きのポートに対するDNS SRV(Service)レコードもサポートしています。もし my-service.my-ns というServiceが http という名前のTCPポートを持っていた場合、IPアドレスと同様に、 http のポート番号を探すために _http._tcp.my-service.my-ns というDNS SRVクエリを実行できます。

KubernetesのDNSサーバーは ExternalName Serviceにアクセスする唯一の方法です。 DNS Pods と Serviceにて ExternalName による名前解決に関するさらなる情報を確認できます。

Headless Service

場合によっては、負荷分散と単一のService IPは不要です。このケースにおいて、clusterIP( .spec.clusterIP )の値を "None" に設定することにより、"Headless"とよばれるServiceを作成できます。

ユーザーは、Kubernetesの実装と紐づくことなく、他のサービスディスカバリーのメカニズムと連携するためにHeadless Serviceを使用できます。 例えば、ユーザーはこのAPI上でカスタムオペレーターを実装することができます。

この パラメータの設定やエントリーポイントを解説 Service においては、clusterIPは割り当てられず、kube-proxyはこのServiceをハンドリングしないのと、プラットフォームによって行われるはずの ロードバランシングやプロキシーとしての処理は行われません。DNSがどのように自動で設定されるかは、定義されたServiceが定義されたラベルセレクターを持っているかどうかに依存します。

ラベルセレクターの利用

ラベルセレクターを定義したHeadless Serviceにおいて、EndpointsコントローラーはAPIにおいて Endpoints レコードを作成し、 Service のバックエンドにある パラメータの設定やエントリーポイントを解説 Pod へのIPを直接指し示すためにDNS設定を修正します。

ラベルセレクターなしの場合

ラベルセレクターを定義しないHeadless Serviceにおいては、Endpointsコントローラーは Endpoints レコードを作成しません。 しかしDNSのシステムは下記の2つ両方を探索し、設定します。

    タイプのServiceに対するCNAMEレコード
  • 他の全てのServiceタイプを含む、Service名を共有している全ての Endpoints レコード

Serviceの公開 (Serviceのタイプ)

Kubernetesの ServiceTypes によって、ユーザーがどのような種類のServiceを使いたいかを指定することが可能です。 デフォルトでは ClusterIP となります。

    ClusterIP : クラスター内部のIPでServiceを公開する。このタイプではServiceはクラスター内部からのみ疎通性があります。このタイプはデフォルトの ServiceType です。 : 各NodeのIPにて、静的なポート( NodePort )上でServiceを公開します。その NodePort のServiceが転送する先の パラメータの設定やエントリーポイントを解説 ClusterIP Serviceが自動的に作成されます。 : にアクセスすることによって NodePort Serviceにアクセスできるようになります。 : クラウドプロバイダーのロードバランサーを使用して、Serviceを外部に公開します。クラスター外部にあるロードバランサーが転送する先の NodePort と ClusterIP Serviceは自動的に作成されます。 : CNAME レコードを返すことにより、 externalName フィールドに指定したコンテンツ(例: foo.bar.example.com )とServiceを紐づけます。しかし、いかなる種類のプロキシーも設定されません。

NodePort タイプ

もし type フィールドの値を NodePort に設定すると、Kubernetesコントロールプレーンは --service-node-port-range フラグによって指定されたレンジのポート(デフォルト: 30000-32767)を割り当てます。 各Nodeはそのポート(各Nodeで同じポート番号)への通信をServiceに転送します。 作成したServiceは、 .パラメータの設定やエントリーポイントを解説 spec.ports[*].nodePort フィールド内に割り当てられたポートを記述します。

もしポートへの通信を転送する特定のIPを指定したい場合、特定のIPブロックをkube-proxyの --nodeport-address フラグで指定できます。これはKubernetes v1.10からサポートされています。 このフラグは、コンマ区切りのIPブロックのリスト(例: 10.0.0./8, 192.0.2.0/25)を使用し、kube-proxyがこのNodeに対してローカルとみなすべきIPアドレスの範囲を指定します。

例えば、 --nodeport-addresses=127.0.0.0/8 というフラグによってkube-proxyを起動した時、kube-proxyはNodePort Serviceのためにループバックインターフェースのみ選択します。 --nodeport-addresses のデフォルト値は空のリストになります。これはkube-proxyがNodePort Serviceに対して全てのネットワークインターフェースを利用可能とするべきということを意味します(これは以前のKubernetesのバージョンとの互換性があります)。

もしポート番号を指定したい場合、 nodePort フィールドに値を指定できます。コントロールプレーンは指定したポートを割り当てるか、APIトランザクションが失敗したことを知らせるかのどちらかになります。 これは、ユーザーが自分自身で、ポート番号の衝突に関して気をつける必要があることを意味します。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 また、ユーザーは有効なポート番号を指定する必要があり、NodePortの使用において、設定された範囲のポートを指定する必要があります。

注意点として、このServiceは :spec.ports[*].nodePort と、 .spec.clusterIP:spec.パラメータの設定やエントリーポイントを解説 ports[*].port として疎通可能です。 (もしkube-proxyにおいて --nodeport-addressses が設定された場合、 はフィルターされたNodeIPとなります。)

LoadBalancer タイプ

外部のロードバランサーをサポートするクラウドプロバイダー上で、 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 type フィールドに LoadBalancer を設定すると、Service用にロードバランサーがプロビジョニングされます。 実際のロードバランサーの作成は非同期で行われ、プロビジョンされたバランサーの情報は、Serviceの .status.loadBalancer フィールドに記述されます。 例えば:

LoadBalancerタイプのサービスで複数のポートが定義されている場合、すべてのポートが同じプロトコルである必要があり、さらにそのプロトコルは TCP 、 UDP 、 SCTP のいずれかである必要があります。

いくつかのクラウドプロバイダーにおいて、 loadBalancerIP の設定をすることができます。このようなケースでは、そのロードバランサーはユーザーが指定した loadBalancerIP に対してロードバランサーを作成します。 もし loadBalancerIP フィールドの値が指定されていない場合、そのロードバランサーはエフェメラルなIPアドレスに対して作成されます。もしユーザーが loadBalancerIP を指定したが、使っているクラウドプロバイダーがその機能をサポートしていない場合、その パラメータの設定やエントリーポイントを解説 loadBalancerIP フィールドに設定された値は無視されます。

Azure において、もしユーザーが指定する loadBalancerIP を使用したい場合、最初に静的なパブリックIPアドレスのリソースを作成する必要があります。 このパブリックIPアドレスのリソースは、クラスター内で自動的に作成された他のリソースと同じグループに作られるべきです。 例: MC_myResourceGroup_myAKSCluster_eastus

割り当てられたIPアドレスをloadBalancerIPとして指定してください。クラウドプロバイダーの設定ファイルにおいてsecurityGroupNameを更新したことを確認してください。 CreatingLoadBalancerFailed というパーミッションの問題に対するトラブルシューティングの情報は、Azure Kubernetes Service(AKS)のロードバランサーで静的IPアドレスを使用する や、高度なネットワークを使用したAKSクラスターでのCreatingLoadBalancerFailedを参照してください。

NXPAN13156TrustZoneセキュアサブシステムの説明

TrustZone forARMv8MをPlatformSecurityArchitecture(PSA)と組み合わせることで、包括的なセキュリティ基盤が提供されます。 このサブシステムには、セキュアバスコントローラー、NXPで実装されたデバイスアトリビューションユニット(IDAU)、セキュリティアトリビューションユニット(SAU)、およびセキュアGPIOが含まれます。 コアプラットフォームに組み込まれているTrustZoneには、セキュアと非セキュアの両方のメモリ保護ユニット(MPU)があります。

  • TrustZoneforCortex-M33とプラットフォームセキュリティアーキテクチャには次のものがあります。
  • ARMV8-Mの追加状態
  1. セキュアおよび非セキュアスタックポインタ
  2. デュアルスタック制限チェック
  3. 各状態のプライベートSysTickタイマー
  • セキュリティアトリビューションユニット(SAU)、
  • セキュアメモリと非セキュアメモリを備えたメモリ保護ユニット(MPU)。
  • パラメータの設定やエントリーポイントを解説
  • NXPモジュールには次のものが含まれます
  1. 定義されたアトリビューションユニット(IDAUインターフェイスを使用)
  2. 安全なバス制御
  3. 安全なGPIOコントローラー
  4. セキュアDMAコントローラー

NXP AN13156 TrustZone Secure 1

ARMv8MCortex-M33用のTrustZone

TrustZoneは、スマートフォン、タブレット、スマートTVを保護するためにすべてのCortexAで使用されているテクノロジーです。 TrustZoneは、分離とアクセス制御を実装して信頼できるソフトウェアとリソースを分離し、主要コンポーネントの攻撃対象領域を減らす手段を提供します。 作成された信頼できるエンクレーブは、信頼できるソフトウェアを保護でき、重要なセキュリティサービスを保存および実行するのに理想的です。 ベストプラクティスでは、このコードを小さくする必要があります。viewセキュリティサービスを提供するedコード。 エンクレーブは、信頼できるハードウェアを保護して、信頼できるソフトウェアを強化および強化することもできます。 これには、暗号化アクセラレータ、乱数ジェネレータ、および安全なストレージのハードウェアアシスト用のモジュールが含まれます。 セキュリティは、システムの観点から考える必要があります。セキュリティは、CPU、メモリ、周辺機器、およびこれらのデバイスを相互に接続するすべてのIPをカバーする必要があります。
分離は単なる基盤です。セキュリティは保護のレイヤーに関するものであり、さらにHWとSWを追加してさらにレイヤーを追加します。

セキュアおよび非セキュアのメモリアトリビューション

メモリは、セキュア、非セキュア(NS)、または非セキュア呼び出し可能(NSC)にすることができます。 これらは、セキュリティアトリビューションユニット(SAU)によってプログラム可能として定義されているか、実装定義アトリビューションユニット(IDAU)がNXPによって固定されています。 安全なデータは、安全なコードでのみ読み取ることができます。 セキュアコードは、セキュアモードのCPUでのみ実行できます。 NSデータには、セキュア状態と非セキュア状態の両方のCPUからアクセスできます。 NSコードはセキュアコードでは実行できません。 NSCは、NSコードがセキュアゲートウェイ(SG)オペコードに分岐して実行するための特別な領域です。 これは、NSコードがS関数を呼び出す唯一の方法です。 SGがNSC領域で実行され、CPUがNS状態の場合、CPUはS状態に移行します。

注意
NSC領域外で合法的に実行できるのはSG命令のみであるため、実際のS関数への分岐はセキュアモードで実行されます。

CPUの状態は、セキュア特権、セキュア非特権、特権(ハンドラー)、または非特権(スレッド)のいずれかになります。 SメモリのNSC領域は、Sアプリケーションコードがセキュア機能の特定のアドレスを漏らさずにSメモリ内の機能にアクセスするためのベニアを提供します。 SG命令を実行すると、CPUはCPU-NSからCPU-Sに変更され、Sメモリ内のセキュア関数へのベニヤ呼び出しが実行されます。 CPU-NSがSG命令ではないNSC領域のアドレスを呼び出すと、例外フォールトが作成されます。 例外障害により、CPUは安全な状態になります。 安全なアプリケーションコード開発者は、NSC領域内にSアプリケーションコードへの関数呼び出しを作成し、NSアプリケーションがSメモリ内の関数を使用できるようにします。

NXP AN13156 TrustZone Secure 2

ARMv8Mの追加のCPU状態

NXP AN13156 TrustZone Secure 3

効率的な組み込み実装のために、ecureおよび非セキュアコードを単一のCPUで実行します。 非セキュア状態のCPUは、非セキュアプログラムメモリからのみ実行できます。 非セキュア状態のCPUは、両方のNSメモリからのデータにのみアクセスできます。 安全で信頼できるコードには、新しい安全なスタックポインタとスタック制限チェックがあります。 SおよびNSリージョン用に個別のメモリ保護ユニット(MPU)があり、状態ごとにプライベートSysTickタイマーがあります。 セキュア側は、割り込みのターゲットドメインを設定できます。

安全なバス

安全なバスには、PPC(Peripheral Protection Checker)、MPC(Memory Protection Checker)、およびMSW(Master Security Wrapper)が含まれます。 これは、PUFとPRINCEおよびAES間の安全なバスと同じではありません。

アドレスによって定義されるセキュリティ

CPU0用のArmTrustZoneのNXPIDAU実装では、アドレスビット28を使用して、アドレス空間を潜在的なセキュア領域と非セキュア領域に分割します。 アドレスビット28はメモリアクセスハードウェアでデコードされないため、各物理的な場所は、それらが配置されているバスのXNUMXつの場所に表示されます。 他のハードウェアは、どの種類のアクセス(非セキュアな呼び出し可能を含む)が任意のアドレスに許可されるかを決定します。

アトリビューションユニット

NXP AN13156 TrustZone Secure 3


すべてのアドレスは安全または非安全です。 ARMV8M内のSecurityAttributionUnit(SAU)は、MPUと連携します。 RT8でサポートされるSAUリージョンは500つあります。 NXPには、実装固有のデバイスアトリビューションユニット(IDAU)が組み込まれており、安全なOSをアプリケーションから切り離すことができます。

RT500IDAUおよびセキュリティアトリビューションユニット

IDAUは、アドレスビット28を使用して、28つの場所でメモリのエイリアシングを可能にするシンプルな設計です。 アドレスビット0が=28の場合、メモリは非セキュアです。 アドレスビット1=8の場合、メモリはセキュアです。 SAUはXNUMXつのメモリ領域を許可し、ユーザーがIDAUの固定マップをオーバーライドして非セキュア領域を定義できるようにします。 デフォルトでは、すべてのメモリがセキュアに設定されています。 IDAUを有効にするには、少なくともXNUMXつのSAU記述子を使用する必要があります。 IDAUまたはSAUのいずれかがリージョンをマークする場合、そのリージョンは安全です。 NSCエリアは、IDAUのNS領域で定義できます。

セキュリティバスコントローラ

RT500は、セキュアバスコントローラモジュールのマトリックスを使用して、MCU内のデータフローを管理します。 周辺機器保護チ​​ェッカー(PPC)、メモリ保護チェッカー(MPC)、マスターセキュリティラッパー(MSW)と、セキュリティロックおよびエラーログ、安全な割り込みマスキング、ハイパーバイザー割り込み、およびGPIOマスキングの組み合わせ。 M33コアやDMAエンジンなどのバスマスター間のバスマトリックスはMSWでラップされ、セキュリティサイドバンド信号がtに使用されます。amper検出。 バススレーブポートごとにPPCがあります。 MPCは、メモリとバスブリッジに使用されます。

NXP AN13156 TrustZone Secure 5


メモリ保護チェッカー

MPCは、すべてのメモリデバイス、オンチップフラッシュ、SRAM、および外部メモリデバイスで使用されます。 メモリブロックには、「セクター」ごとに32つのチェッカー設定があり、通常、メモリはXNUMXセクターに分割されます。 例ampつまり、128 KBのメモリは、セクターあたり4kBの粒度になります。 すべてのルールは、セキュア制御レジスタバンクで設定されます。 ルールを設定するには、ユーザーは最高レベルの「セキュア特権」を持っている必要があります。 デフォルト状態のままにすると、特権レベルは無視されます。 デフォルトでは、セキュリティレベルのみがチェックされます。

マスターセキュリティラッパー

セキュリティロック

  • すべてのPPCおよびMPCチェッカー設定
  • すべてのマスターセキュリティレベル(MSW)設定
  • SAU設定
  • 安全なMPU設定
  • CM-33のセキュアベクトルオフセットアドレス(S_VTOR)
  • 安全でないMPU設定
  • CM-33の非セキュアベクトルオフセットアドレス(NS_VTOR)

デモアプリケーション

SDK Examp1
  1. 安全な部分と安全でない部分の間のアプリケーションの分離
  2. TrustZone環境構成
  3. 安全な機能を安全でない世界にエクスポートする
  4. 安全な世界から安全でない関数を呼び出す
  5. ベニヤテーブルを作成しています。
  • 環境

ボードのセットアップ

  • ツールチェーン 組み込みワークベンチ8.50.9またはMCUXpressoIDE11.3.0またはKeil5.33
  • ソフトウェアパッケージ SDK_2.パラメータの設定やエントリーポイントを解説 9.1_EVK-MIMXRT595
  1. hello_worldデモ(SDK \ boards \ evkmimxrt500 \ trustzone_ex)を実行する手順を実行するには、MCUXpresso SDK for RT595の使用開始(SDK-> docs内にあります)に従ってください。amples \ hello_world)MCUXpresso、IAR、またはKeilを使用します。 TrustZoneベースのアプリケーションの手順は、他のアプリケーションとは少し異なります。 スタートガイドのTrustZoneベースのアプリケーションの手順に従ってください。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 MCUXpressoのtrustzoneベースのプロジェクト(hello_world&secure_fault)をインポートするときに、SDKデバッグコンソールオプションからUARTを選択します。
  2. USBケーブルを介して開発プラットフォームをPCに接続します。
  3. PCでPuTTYやTeraTermなどのターミナルアプリケーションを開き、デバッグシリアルポート番号に接続します(COMポート番号を決定するため)。 次の設定で端末を構成します。
  • 115200ボーレート
  • 8データビット
  • パリティなし
  • 1ストップビット
  • パラメータの設定やエントリーポイントを解説 パラメータの設定やエントリーポイントを解説
  • フロー制御なし

このアプリケーションは、SAUを使用してセキュアメモリと非セキュアメモリを構成する方法と、XNUMXつの状態でそれらを切り替える方法を示しています。 アプリケーションには、セキュアと非セキュアのXNUMXつのプロジェクトがあります。 strcmpコールバック関数が通常モードで定義されている間、SecureのみがUARTおよびNSCで定義されているUARTへの関数printfへのエントリを処理できます。 アプリケーションは、セキュアコードから非セキュアコードを呼び出し、非セキュアコードからセキュアコードを呼び出す機能を実装し、実行結果をXNUMXつの状態で出力します。

SDK Examp2
  • 役員 EVK-MIMXRT595
  • デバッガ ボード上の統合CMSIS-DAPデバッガー
  • その他 1マイクロUSBケーブル
  • ボードのセットアップ デモをロードして実行するために、PCとボード上のJ40リンクの間にマイクロUSBケーブルを接続します。
  • ツールチェーン IAR組み込みワークベンチ8.50.9またはMCUXpressoIDE11.3.0またはKeil5.33
  • ソフトウェアパッケージe SDK_2.9.1_EVK-MIMXRT595
  • 安全な世界から通常の世界への無効な移行:
  • すべてのコアレジスタがクリアされていないため、データ漏洩の可能性があります
  • 通常の世界へのアドレスの最もLSBをクリアする必要があります
  • これが満たされないため、安全な障害が発生します。 両方の問題は、cmse_nonsecure_callキーワード属性を使用することで解決できます。 この属性が通常の世界への関数呼び出しに使用される場合、コンパイラーは次のことを行います。
    1. 潜在的なデータ漏洩を回避するために、使用されているすべてのレジスタをクリアします
    2. LSBアドレスビットをクリアする
    3. BXNS命令を使用してアドレスにジャンプします
  • 通常の世界から安全な世界への無効なエントリポイント:
  • 通常の世界からの無効なデータアクセス、例ample 1:
  • エントリ関数の無効な入力パラメータ:
  • 通常の世界からの無効なデータアクセス、例ample 2:

ポインタはアドレス0x00130000に設定されています。 このアドレスには、SAUでは非セキュア属性がありますが、AHBセキュアコントローラではセキュア属性があります。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 このアドレスからデータを読み取ると、データバスエラーが発生します。 テスト#3と比較すると、このエラーはSAUではなくAHBセキュアコントローラーによってキャッチされます。これは、SAUではこのアドレスがセキュアではないため、SAUの観点からは通常の世界からのアクセスが正しいためです。

TrustZoneテクノロジーは、CPUに組み込まれたハードウェアによる分離により、セキュリティに対する効率的でシステム全体のアプローチを提供します。 これは、XNUMXつのドメインを並べて実行し、設定された構成ごとにリソースを共有することによって行われます。 専用のセキュリティサブシステムを実装するよりも、ハードウェアリソースと全体的な設計作業の方が効率的です。 これにより、アプリケーションをセキュリティクリティカルな側面から汎用的な側面に分離することができます。つまり、攻撃対象領域を減らすことができます。 SDK exampこれらのファイルは、TrustZoneを構成してセキュア状態と非セキュア状態を設定する方法、これらの状態を切り替える方法、およびさまざまなセキュア障害を処理する方法を示しています。

リファレンス

  1. RT500ユーザーマニュアル。
  2. RT500データシート。
  3. EVK-MIMXRT595のMCUXpressoSDKリリースノート(SDK内にあります)。
  4. ECUXpresso SDK for EVK-MIMXRT595の使用開始(SDK内にあります)。
  5. MCUXpressoSDKAPIリファレンスマニュアル。

このドキュメントの情報は、システムおよびソフトウェアの実装者がNXP製品を使用できるようにするためにのみ提供されています。 このドキュメントの情報に基づいて集積回路を設計または製造するために、本契約に基づいて付与される明示的または黙示的な著作権ライセンスはありません。 NXPは、本書に記載されている製品に通知することなく変更を加える権利を留保します。

「標準」を含むすべての動作パラメータは、お客様の技術専門家がお客様のアプリケーションごとに検証する必要があります。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 NXPは、その特許権または他者の権利に基づくライセンスを譲渡しません。 NXPは、次のアドレスにある標準の販売条件に従って製品を販売しています。 nxp.com/SalesTermsandConditions.

変更を加える権利– NXPセミコンダクターズは、仕様や製品の説明を含むがこれらに限定されない、このドキュメントで公開されている情報をいつでも予告なしに変更する権利を留保します。 このドキュメントは、本書の発行前に提供されたすべての情報に優先し、置き換えられます。

セキュリティ—お客様は、すべてのNXP製品が未確認または文書化された脆弱性の対象となる可能性があることを理解しています。 お客様は、お客様のアプリケーションおよび製品に対するこれらの脆弱性の影響を軽減するために、ライフサイクル全体を通じてアプリケーションおよび製品の設計と運用に責任を負います。 お客様の責任は、お客様のアプリケーションで使用するために、NXP製品によってサポートされる他のオープンテクノロジーおよび/または独自技術にも及びます。 NXPは、いかなる脆弱性についても責任を負いません。 お客様は、NXPからのセキュリティ更新を定期的に確認し、適切にフォローアップする必要があります。 お客様は、対象のアプリケーションの規則、規制、および標準に最適なセキュリティ機能を備えた製品を選択し、その製品に関する最終的な設計上の決定を行い、その製品に関するすべての法的、規制、およびセキュリティ関連の要件への準拠について単独で責任を負うものとします。 NXPが提供する可能性のある情報やサポートに関係なく。 NXPには、製品セキュリティインシデント対応チーム(PSIRT)があります( [メール保護] )NXP製品のセキュリティの脆弱性に対する調査、レポート、およびソリューションのリリースを管理します。

NXP、NXPロゴ、よりスマートな世界のためのNXP SECURE パラメータの設定やエントリーポイントを解説 CONNECTIONS、COOLFLUX、EMBRACE、GREEN CHIP、HITAG、ICODE、JCOP、LIFE、VIBES、MIFARE、MIFARE CLASSIC、MIFARE DESFire、MIFARE PLUS、MIFARE FLEX、MANTIS、MIFARE ULTRALIGHT、MIFARE4MOBILE、MIGLO、NTAG、ROAD LINK、SMARTLX、SMART パラメータの設定やエントリーポイントを解説 MX、STARPLUG、TOP FET、TRENCHMOS、UCODE、Freescale、Freescaleロゴ、AltiVec、CodeWarrior、ColdFire、ColdFire +、Energy Efficient Solutionsロゴ、Kinetis、Layerscape、MagniV、mobileGT、PEG、PowerQUICC、 Processor Expert、QorIQ、QorIQ Qonverge、SafeAssure、SafeAssureロゴ、StarCore、Symphony、VortiQa、Vybrid、Airfast、BeeKit、BeeStack、CoreNet、Flexis、MXC、Platform パラメータの設定やエントリーポイントを解説 in a Package、QUICC Engine、Tower、TurboLink、EdgeScale、EdgeLock、 eIQおよびImmersive3Dは、NXP BVの商標です。他のすべての製品名またはサービス名は、それぞれの所有者に帰属します。 AMBA、Arm、Arm7、Arm7TDMI、Arm9、Arm11、Artisan、big.LITTLE、Cordio、CoreLink、CoreSight、Cortex、DesignStart、DynamIQ、Jazelle、Keil、Mali、Mbed、Mbed Enabled、NEON、POP、RealView、SecurCore、Socrates、Thumb、TrustZone、ULINK、ULINK2、ULINK-ME、ULINK-PLUS、ULINKpro、μVision、Versatileは、米国およびその他の国におけるArm Limited(またはその子会社)の商標または登録商標です。 関連する技術は、一部またはすべての特許、著作権、意匠、および企業秘密によって保護されている場合があります。 全著作権所有。 OracleおよびJavaは、Oracleおよび/またはその関連会社の登録商標です。 Power ArchitectureおよびPower.orgのワードマーク、およびPowerおよびPower.orgのロゴと関連するマークは、Power.orgによってライセンス供与されている商標およびサービスマークです。

私たちのホームページに到達する方法: nxp.com
Web サポート: nxp.com/support

一目均衡表は最強!売買シグナルの見方3つと実践での使い方を紹介

FX一目均衡表とは?

FX一目均衡表


一目均衡表とは、日本人が考案したトレンド系のインジケーターです。

複数の線と雲によって視覚的にとらえられる便利なもの で、マスターすると有利にトレードできます。

インジケーターに関しては下記の記事で詳しく解説していますよ!

パラメータの設定やエントリーポイントを解説 FX最強なインジケーターはこれ!勝率を上げるための活用法5つ

・FX 一目均衡表の基礎用語について

用語説明
基準線過去26日間の高値と安値の平均値をつなぎ、ラインにしたもの。
転換線過去9日間の高値と安値の平均値をラインにしたもの。
先行スパン1基準線と転換線の中間地を26日先に表示したライン。
先行スパン252日間の高値と安値の平均価格を26日先に表示したライン。
遅行スパン(遅行線)当日の終値を26日前に表示。
先行スパン1と先行スパン2の間の面積

FX 一目均衡表の理論3つ

FX 一目均衡表の理論3つ

理論1:時間論

一目均衡表は、時間の流れを重視しています。

時間論では 基本の数値の「9、17、26」で相場のリズムを計り、トレンドの転換点を予測する ので、この数字が大切です。

理論2:波動論

波動論は、チャートの動きを6つの波動でとらえる理論です。

これらのチャートの動きを覚えておくと エントリーの判断に役立つ ため、しっかりと覚えておきましょう。

理論3:水準論

水準論とは値幅の算出の仕方で、いつエグジットするかを予測する理論です。

波動論と同じく4つの計算の図をすべて覚えておくと、 トレンドの転換点におけるチャートのパターンにもとづいて取引できます。

一目均衡表の見方と使い方3つ

一目均衡表の見方と使い方3つ

一目均衡表は5つの線と雲で構成されており、それぞれの見方が重要になります。

  • 基準線・転換線
  • 遅行スパン(遅行線)

一目均衡表の見方1:雲

先行スパン2本で挟まれた雲は、サポート・レジスタンスとして機能します。

  • ローソク足が塗りつぶされた部分である雲に支えられているのでトレンドが継続する
  • ローソク足が雲を抜けたので、トレンドが転換する など

チャートの動きを「 雲が厚いからここは安心などの根拠で予測可能なので、覚えておきましょう。

一目均衡表の見方2:基準線・転換線

基準線と転換線は、 2本のクロスでエントリーと決済の判断を行えます。 パラメータの設定やエントリーポイントを解説

移動平均線とよく似ていて、レンジ相場でだましが増えます。

一目均衡表の見方3:遅行スパン(遅行線)

遅行スパンは、 現在のレートとの関係で上昇・下落のサインがわかります。

過去の価格を示しており、現在のレートと比較して上下のどちらに進みたがっているのかを見極めるのです。

一目均衡表の設定は『標準』がオススメ

一目均衡表の設定は標準のものがオススメ!

考案者の独自の理論と相場観に基づいて作られているので、 標準の「9、27、26」のパラメータをオススメします。

時間の流れによるトレンドの変化をチャートに描くため、理論を身につけたうえでアレンジするよりも、素直に標準設定を使ったほうがうまくいくのです。

一目均衡表を使いこなすコツ3つ

一目均衡表を使いこなすコツ3つ

知っておくと利益を出しやすいコツを1つずつ解説しますね。

  • 最強の三役好転を狙う
  • 上位の時間足から
  • ほかのテクニカル分析と組み合わせる

1:最強の三役好転を狙う

一目均衡表でもっとも信頼のおける状態は、3つの状況がすべてそろった「三役好転」です

  • チャートが雲より上に存在する
  • 転換線が基準線を上回っている
  • 基準線が横ばい、または上向き
  • 遅行スパンがチャートを上回る

三役好転の具体例

このように三役好転の状況では、 強いトレンドが発生する可能性が高く利益を上げやすい ので、この強力なサインを覚えておきましょう。

2:上位の時間足から

上位の時間足での確認が、一目均衡表で儲けるコツです。

理由は 上位の時間足のほうがサインの信頼度があがる からで、短い時間のデイトレードでは日足などを確認してから細かい時間足で分析していくのが定石になっています。

3:ほかのテクニカル分析と組み合わせる

ほかのテクニカル分析と組み合わせて使う点が、重要なコツになります。

なぜなら、 一目均衡表だけに頼りすぎると、回避しにくいだましに遭うからです。

一目均衡表のおすすめテクニカル手法2つ

一目均衡表のおすすめ手法2つ

  • MACDとRSI、一目均衡表で順張り
  • 一目均衡表とオシレーター系の逆張り

1:MACDとRSI、一目均衡表で順張り

三役好転を逃すと、一目均衡表のみではエントリーポイントがわかりにくいので、 別のサインを出すMACDやRSIと組み合わせましょう。

MACDのクロスと一目均衡表のサインによるエントリーや、MACDとRSIのダイバージェンスでトレンドの弱まりを確認したら決済が可能です。

2:一目均衡表とオシレーター系の逆張り

オシレーター系のRCIやストキャスティクスと組み合わせると、逆張りの手法も使えます。

その理由は、 トレンド系の一目均衡表でサインが出ないときにはレンジ相場の可能性が高い からです。

FXで一目均衡表を使うなら 外貨ex byGMO

外為exbyGMO

  • 1,000通貨から取引したい人
  • 豊富なテクニカル指標を使いたい人
  • MT4チャートを使いたい人

外貨ex byGMOは、 36種類のテクニカル指標と豊富なExチャートを備えています

一目均衡表を使うのにオススメで、そのほかのテクニカル指標と組み合わせて有利なトレードが可能です

一目均衡表のMT4の表示方法について

一目均衡表のMT4の表示方法について

MT4では、一目均衡表は標準機能の「Ichimoku Kinko Hyo」や、カスタムインディケーターの「Ichimoku」でチャートに表示させられます。

今回は標準の「Ichimoku Kinko Hyo」を使用して、ご紹介します。

まずは、MT4チャートの挿入からインディケータを選び、トレンドから「Ichimoku Kinko Hyo」を選択します。

FX一目均衡表のパラメーター

一目均衡表のカラー設定表示について

ポイントとしては、 この『雲』を上記のような塗りつぶしの設定 にすることです。

FX一目均衡表の雲などの表示について

FX 一目均衡表のまとめ

FX 一目均衡表のまとめ

上記で紹介した「一目均衡表のおすすめ手法2つ」を実践すると、今後は一目均衡表の使い方で悩むことは一切なくなり、一目均衡表と組み合わせるインジケーターを知ることができます。

  • 一目均衡表は5本の線と雲で判断するインジケーター
  • 3つのサインがそろった三役好転は最高のタイミング
  • ほかのインジケーターと組み合わせて精度向上
  • 36種類のテクニカル指標と豊富なExチャートが使える:外貨ex byGMO

「なんだか難しそうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、一目均衡表の使い方を理解したトレードが簡単にできるようになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる