FXデイトレードとは

ローソク足で相場を分析

ローソク足で相場を分析
テクニカル分析の強化

相場に勝つローソク足チャートの読み方

投稿元:

投稿元:

<目的>
相場に勝つためのローソク足チャートの読み方をマスターする。
ローソク足の役割、分析を理解する。

<メインブランチ>
●ローソク足
ローソク足チャートは5つのシグナルを発している。1.相場基調の強弱 2.売り手・買い手の勢力関係 3.建て玉の需給バランス 4.材料出現後の反応度合い 5.投資家の心理状態
特に投資家の心理状態を素直に表しているため、これを先読みし、他者よりも先んじて仕込み(大底確認後)、冷静に利食い売りを行うことが大事だ。

●投資家心理
・「見たいものしか見ない」・・・押し上げ材料のみ目を向ける一方、悪材料を隅に追いやる。
・「買えば上がる。上がるから買う」・・・バンド・ワゴン効果。個人の行動・意見が多数者の行動・意見に引きずられやすいという群集心理的現象。
・高値づかみの恐怖・・・天井付近では売買件数が急激に減少。株価上昇率が鈍化につれ、次第に利食い売りが始まり、含み益が大きい投資家から入りやすく、高値で買った投資家ほど対応は遅れがちになる。その後、含み益が急速に減少し、やがて含み損となる。体力のない投資家が見切り売りを始めれば、下落に拍車がかかり、パニック売りとなる。

●戦略
・投資家行動を心理面から分析し、勝率アップを目指す。
・全体像を大局的に見て投資判断を下す。
・欲望のコントロール
・ローソク足で最も重要な価格は引け値(終値)
「ヒゲの長さ」「行き詰まり線」「足型の出現位置」

<感想>
初心者でもわかるように事細かく書かれていたので、良書だと思う。
ローソク足の複合線は何十種類もあるので教科書・辞書として使っていきたい。

投稿元:

投稿元:

FXを始めて10か月目に購入。
24時間動いてる為替では酒田五法的なものが当てはまるか?はわからないが、参考までに読んだ本。
昔の人の知恵が詰まっていると思うので暇なときに読み直している。

川口一晃の「私のテクニカルストラテジー」

具体的にテクニカル分析を始める前に確認をしておきたいことがある。それは投資の世界で行われている分析のことである。実は投資の世界には大きく分けて2つの分析手法がある。一つは『ファンダメンタルズ分析』、他方は『テクニカル分析』である。
簡単に説明すれば、ファンダメンタルズというのは、国や企業の景気や業績といった経済状態を表す指標のことを指し、経済的基礎条件と言われている。そうした指標の分析を通じて投資の世界に利用するものがファンダメンタルズ分析である。
テクニカル分析というのは、過去の値動きからトレンドないしは買われ過ぎ状態・売られ過ぎ状態を分析し、将来の価格の動きを予測するものである。

ところで、投資の“ローソク足で相場を分析 現場”からひと言本音をつけ加えておきたい。
投資の世界で負けない投資家を目指すのであれば、テクニカル分析や価格の分析を自分の武器にしていくことをお勧めする。
実は、多くの投資家が費やしている投資の研究時間、分析時間を図に書くとピラミッド型の図になるのではなかろうか(図1)。

図1

図2

■価格の分析

ローソク足を使ったチャート

バーチャート

■ローソク足の基本

ローソク足は4つの価格から構成されている。始値、終値、高値そして安値の4つである。
例えば、日足(ひあし)、これは一日の値動きを1つのローソク足で示すものである。一日の始まった価格を始値という。これに対して、一日の中で最後に取引された価格を終値という。そして、一日の値動きの中で、一番高い価格で取引された高値および一番安い価格で取引された安値を記録していく。
週足(しゅうあし)であれば、月曜日の始値が週の始値になり、金曜日の終値が週の終値になる。
時間足(じかんあし)であれば、例えば10時から11時といった1時間の値動きを記録する。10時の価格が始値であり、11時直前の最後の取引が終値となる。

陽線 陰線

その描き方は、まず始値の水準に横線を引く。次に終値の水準にも横線を引く。つまり、長方形のボックスが出来上がる。
次に、始値よりも終値の水準が高い、すなわち価格が上昇して取引を終えた場合には白抜きにする。これを『陽線』と呼ぶ。逆に、始値より終値の水準が低い、すなわち価格が下落した場合には黒く塗りつぶし『陰線』と呼ぶ。もちろん、白や黒といった色は識別さえ出来れば色は何色でも構わない。ただ、昔は自分でグラフ用紙にローソク足を描いて勉強したことから、白と黒が基本になっている。
この長方形の上の部分から高値までの水準に線を描く。逆に、安値の水準まで底の部分から線を描くのである。この高値や安値を示す線のことを『ヒゲ』と呼ぶ。高値を示す線を『上ヒゲ』、安値を示す線を『下ヒゲ』と呼ぶ。これで完成である。

ローソク足の分析方法!ローソク足1本で次の相場展開が予測できる?

ローソク足一覧表

テクニカル分析の強化

「FX教習所」のお時間がやってまいりました。
7時限目の今回はFXトレードに不可欠の 「ローソク足の分析方法」 をテーマにお送りします!

  1. 今後価格が上がる・下がる・横ばい、どの方向にいきやすいか
  2. チャートの反発ポイント
  3. 値動きの勢い

ローソク足の見方!各部分は何を表している?

具体的には、ローソク足1本分から以下の 4つの基本情報 を読み取ることができるんです(・∀・)

ローソク足の各部分の名称

  1. 始値:(ある一定期間の) 始まりの価格
  2. 終値:(ある一定期間の) 終わりの価格
  3. 高値:(ある一定期間の) 1番高い価格
  4. 安値:(ある一定期間の) 1番低い価格

各部分には名前がついており、上下に伸びている細い部分(始値or終値と高値or安値の間)を ヒゲ ローソク足で相場を分析 と呼び、四角形になっているところ(始値と終値の間)を 実体 と呼びます。

終値が始値よりも高かった場合は 陽線 、終値が始値より低かった場合を 陰線 と呼んでいます!

ローソク足(陽線と陰線)

期間設定によって、様々なローソク足の見方ができる!

期間は 「時間」 + ローソク足で相場を分析 「足」 で表されていて、「1分足」であれば、1分間の始値・終値・高値・安値を表しているというイメージです(・∀・)

各時間足のローソク足の本数

時間足ごとの関係性

・日足で 陽線 が数本続くと、1時間足ではジグザグと右肩上がりの 上昇トレンド を形成したり
・日足で 陰線 が数本続くと、1時間足ではじわじわと右肩下がりの 下降トレンド を形成したり

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる