株初心者向け

チャート基本操作

チャート基本操作
上に移動させると拡大、 下に移動させると縮小します。

また、時間スケールの時と同様に、価格目盛り上でダブルクリックすると自動で調整されます。

チャート基本操作

チャートの初期設定では「Bid(売値)」が表示されます。
Bid(売値)、Ask(買値)のどちらが表示されているかの確認は、チャート画面の上部に記載がございます。
各取引システムでのBid/Askの切り替え方法は、以下の通りです。

■ダウンロード版取引システムをご利用の場合
チャート画面左上部のBid/Askの切り替えボタンで切り替えることができます。

■ブラウザ版取引システムをご利用の場合
チャート画面左上部のBid/Askの切り替えボタンで切り替えることができます。

■タブレット専用アプリをご利用の場合
チャート画面右上部の「環境設定(歯車のマーク)」をタッチして、チャート設定画面を開きます。「売買」の項目よりBid/Askを切り替えることができます。

■iPhone専用アプリをご利用の場合
チャート画面右上部の「設定」をタッチして、チャート設定画面を開きます。「売買」の項目よりBid/Askを切り替えることができます。

■Android専用アプリをご利用の場合
画面下部のタブバー(表示されていない場合は「バーを表示」ボタンをタッチ)の右端にある「設定」をタッチします。チャート設定画面の「売買」の項目よりBid/Askを切り替えることができます。

■モバイル(携帯電話)版をご利用の場合
メニュー画面の「チャートを見る」を選択します。チャート設定画面よりBid/Askを切り替えることができます。

テクニカル指標やチャートの設定の保存方法を教えてください。

チャート上で利用可能なテクニカル指標を教えてください。

チャート基本操作 チャート基本操作 チャート基本操作 チャート基本操作 チャート基本操作 チャート基本操作 チャート基本操作
ダウンロード版(計28種類) ブラウザ版(計16種類) タブレット専用アプリ(計12種類)
トレンド系 ・単純移動平均線(SMA) ・単純移動平均線(SMA) ・単純移動平均線(SMA)
・指数平滑移動平均線(EMA) ・指数平滑移動平均線(EMA) ・指数平滑移動平均線(EMA)
・加重移動平均線(WMA) ・一目均衡表 ・ボリンジャーバンド
・複合型移動平均線(GMMA) ・ボリンジャーバンド ・一目均衡表
・一目均衡表 ・DMI ・MACD
・ケルトナーチャネル ・MACD ・DMI
・新値足 ・RCI・RCI
・ボリンジャーバンド ・フィボナッチリトレースメント ・複合型移動平均線(GMMA)
・DMI ・エンベロープ
・MACD ・パラボリック
・RCI
・フィボナッチリトレースメント
・ギャン
オシレーター系 ・単純移動平均乖離率(SMA) ・単純移動平均乖離率(SMA) ・乖離率
・指数平滑移動平均乖離率(EMA) ・ウィリアムズ%R ・ストキャスティクス
・加重移動平均乖離率(WMA) ・サイコロジカルライン ・スローストキャスティクス
・アルティメットオシレーター ・ストキャスティクス ・RSI
・ウィリアムズ%R・ピボット
・ウィリアムズA/D ・RSI
・サイコロジカルライン
・篠原レシオ
・シャンデモメンタムオシレーター
・ストキャスティクス
・ピボット
・ROC
・RSI
・VLDMI
分析系
・サポート&レジスタンス
iPhone専用アプリ(計12種類) Android専用アプリ(計12種類) モバイル(携帯電話)版
トレンド系 ・移動平均線(SMA) ・移動平均線(SMA) ※ロウソク足のみ
・指数平滑移動平均線(EMA) ・指数平滑移動平均線(EMA)
・ボリンジャーバンド ・一目均衡表
・一目均衡表 ・ボリンジャーバンド
・複合型移動平均線(GMMA) ・複合型移動平均線(GMMA)
・MACD ・DMI
・DMI ・MACD
・RCI ・RCI
オシレーター系 ・乖離率 ・RSI
・ストキャスティクス ・ストキャスティクス
・スローストキャスティクス ・スローストキャスティクス
・RSI ・乖離率

チャート画面を印刷することはできますか?

■ダウンロード版取引システムの場合
チャート画面の左側に並んだボタンの一番下にあるプリンターのマークのアイコンでチャート画面の画像データがパソコンに保存できます。
印刷は、保存した画像データから行ってください。

■ブラウザ版取引システムの場合
チャート画面を印刷するための特別な機能は用意されておりません。
キーボードのPrint ScreenやウィンドウズのSnipping Toolなどを利用し、画面の表示状態を保存して下さい。
印刷は、保存した画像データから行ってください。

チャートウィンドウは最大何画面まで表示できますか。

パソコン用の取引システムでは、チャート画面を追加して複数枚表示することができます。
チャートの表示枚数に制限はございませんが、多数枚表示した場合はデータ通信量が増加し、取引ツール全体の動作が遅くなったり画面が固まってフリーズしたりする場合がございます。
ご利用のパソコンの性能や画面の表示状況に応じて、必要な枚数のみでご利用されることをお薦めいたします。

TradingViewのチャートの基本操作(スクロール・スケール変更)

TradingViewのチャートをスクロール

Tradingviewのナビゲーションボタンでのスクロール

※今回利用するのは赤丸で囲ったボタン

③キーボードの矢印キーでのスクロール

キーボードの左矢印キー「←」右矢印キー「→」を1回押すと、ローソク足1本分スクロールします。

矢印キー「←」「→」Ctrl (Macの場合は O ption )を 同時に 押すと、スピードよくスクロールできます。

欠点として横移動しかできないことが挙げられますが、それなりに過去にさかのぼりたい時に便利です。

スクロールしたチャートを現在まで戻す方法

Tradingviewのチャート最新化する方法

チャート右下の「>>」ボタンをクリックすると、現時点のチャートまで移動します。

過去チャートを見てから現在のチャートを見たいという時に使いましょう。

TragingViewのローソク足スケールの変更方法

  1. マウスで拡大縮小
  2. ナビゲーションボタンでの拡大縮小
  3. 描画ツールの「 」ボタンでの拡大
  4. ドラッグによる時間・価格スケールのみの拡大・縮小

①マウスで拡大縮小

チャート上でマウスホイールを 前に回転するとスケールが拡大 し、 後ろに回転するとスケールが縮小 されます。

Tradingviewのマウスで拡大

Tradingviewのマウスで縮小

②ナビゲーションボタンで拡大縮小

「+」「-」ボタンをクリックすると、チャートが拡大縮小されます。

③描画ツールの「 」ボタンで拡大

Tradingviewの描画ボタンで拡大

カーソルの形が に変わり、 ドラッグで範囲指定をするとドラッグした部分だけが拡大表示されます。


もとに戻したい時には、「ズームイン」ボタンの下に「ズームアウト」ボタンが表示されているので、 クリックしましょう。

④ドラッグによる拡大・縮小

時間スケールの拡大・縮小

Tradingviewのドラッグによる拡大・縮小

価格スケールの拡大・縮小

Tradingviewの価格スケールの拡大・縮小

上に移動させると拡大、 下に移動させると縮小します。

また、時間スケールの時と同様に、価格目盛り上でダブルクリックすると自動で調整されます。

スケールのリセット方法

Tradingviewのスケールをリセット方法

ナビゲーションボタンの「」ボタンをクリックすると、 スケールが標準状態に戻リます。

Visualize all data in charts

Repsona provides chart visualization of the state and activity within a チャート基本操作 project. Explains how to use and チャート基本操作 utilize the chart screen.

|Who can use this feature|Plans that can use this function| |---|---| |All|All|

Chart screen

Click "Chart" from チャート基本操作 the "Project Menu".

Project Menu

In Repsona, you can see three types of charts.

Cumulative flow chart

Display the cumulative flow chart. A cumulative flow chart is a stacked chart of task status for the entire project. You can see チャート基本操作 at a glance how many tasks have not been started, how many tasks チャート基本操作 are in progress, and how many tasks have been completed for the entire project.

Tag ratio

Shows the percentage of tags in your project in a chart. For example, if tags such チャート基本操作 as department name and genre name in charge are attached to each task, you can check at a glance whether the amount of tasks is biased to a specific tag.

Burndown chart

Display the burndown chart. This is チャート基本操作 a chart showing the number of unfinished tasks, and you can see at a glance how many tasks you need to complete at what pace by the milestone deadline.

Gray is チャート基本操作 the ideal line, yellow is the planned チャート基本操作 line, and blue is the actual line. The yellow feature line is calculated and drawn based on the due date set for each task. The チャート基本操作 blue actual line shows the number of tasks that have reached Done (completion status) as of that date.

Other charts

We are planning to develop additional charts to visualize the productivity of the project team. We are continuously upgrading the version.

5.1 チャート作成とビジュアル化

カスタムツールチップ機能は、属性設定->ツールチップ->編集ボタンで実行する。このボタンを押下すると、下図のようなダイアログが出される。当該ダイアログにカスタムツールチップの入力、Tips、ボタンを含む。カスタムツールチップ入力の初期値は、SaCa DataVizでユーザがバインディングしているデータによって生成する。ユーザが上記内容を参考にしてツールチップの内容をカスタマイズすることが可能である。ボタンは確定ボタン、キャンセルボタン、リセットボタンがある。詳細説明は下記の通り: 確定ボタン:ユーザがツールチップの内容を変更していない場合、ツールチップの内容が前回のままで変わらない。ユーザがツールチップの内容を変更した場合、SaCa DataVizでユーザが変更した内容によってツールチップの内容を表示する。
注意:

  1. カスタムツールチップ機能を提供するチャートの場合、ユーザがカスタムツールチップの入力内容をクリアしたら、SaCa DataVizはデフォルトとしてユーザがカスタムツールチップ機能を使用していないこととする。
  2. チャート基本操作 チャート基本操作
  3. 任意のチャートに対して、ユーザが1回目に編集ボタンを押下した後、入力内容を変更せずに確定ボタンを押下した場合、デフォルトとしてユーザがカスタムツールチップ機能を使用していないこととする。ユーザがカスタムツールチップ機能を使用した後、再度カスタムツールチップ編集に入った場合、何も変更せずに確定ボタンを押下したら、前回のカスタムツールチップの入力内容が表示されるが、何か変更して確定ボタンを押下したら、新しい入力内容が表示される。
    リセットボタン:ユーザがカスタムツールチップ機能をあきらめて、SaCa Datavizのデフォルトとする内容で表示すること。 キャンセルボタン:今の変更をあきらめること。

5.1.8.1 チャート基本操作 使用規約

SaCa DataVizで、ユーザがチャートツールチップの内容をフォーマットによって表示することが可能である。ユーザがバインディングしたフィールドを鉤括弧(<>)で囲めばよい。カスタムルールに沿わない行の場合、デフォルトとしてツールチップの表示対象外とする。例えば、<>、 (ERRORはバインディングしたフィールドではない)。デフォルトとするツールチップの表示内容は下図の通り:

その場合のツールチップの内容は下図の通り。最後の行にある 出荷総額: 元 は、カスタムツールチップで定義されているが、埋めるためのデータが見つけられないため、表示しないこととする。

5.1.8.2 マルチシリーズ規約(図例あり)

5.1.9 設定を即時に更新しない機能

チャート作成中、チャートを期待通りに表現するため、ドラッグしたデータフィールドやフィルタ条件を複数回変更する必要がある。但し、データリクエストと関係ある操作を変更(フィールドや条件を変更)したら、データリクエストが出される。データリクエスト自体が遅延あるため、複数回要求すると待ち時間が発生する。ユーザ体験を向上させるため、SaCa DataVizでデータリクエストに対して即時に更新しないような機能を提供する。 即時に更新しない状態で、ユーザがフィールドや条件を複数回操作することが可能になり、図を作成する時、機能ボタンを再度押下すればよい。 機能アイコンは右図の赤枠の通り。

5.1.チャート基本操作 10 ラベル

5.1.11 現在設定情報クリア

チャート編集画面メニューバーのを押下すれば、現在設定したデータバインディングとフィルタ条件等の情報をクリアできる。これで、チャートを新たに作成して分析できる。但し、チャート選択情報が残ったままである。

5.1.12 エクスポート

datavizのチャートに対して、リソースをエクスポートすることが可能である。チャートの場合、画像がエクスポート可能で、テーブルの場合、Excelをエクスポート可能である。
チャートの場合にエクスポートした画像:

テーブルの場合にエクスポートしたExcel:

【全まとめ】TradingViewの使い方を徹底特集!チャートの表示方法から便利機能まで!

※:サクソバンク証券、FOREX.com以外の上記スプレッドはいずれも原則固定・例外あり。
※:サクソバンク証券は連携によるTradingViewの利用のみ対応。みんなのFX、LIGHT FX、ゴールデンウェイ・ジャパンは各社ツール内でTradingViewのチャートを利用可能。FOREX.comとOANDAは取引ツール内でのTradingViewの利用、連携によるTradingViewの使用の両方に対応しています。
※1:OANDAはベーシックコースとプロコースがTradingViewに対応しているのですが、上記スプレッドはベーシックコースのスペックを記載しています。

TradingViewのチャート画面

TradingView

※使い方の知りたい箇所をクリックすると、下記の詳しい解説に飛びます。

TradingViewの使い方

①:チャート画面の使い方

通貨ペアを表示させる

TradingView

TradingView

TradingView

時間足・チャートタイプを変更する

TradingView

TradingView

時間足 1分足、3分足、5分足、15分足、30分足、45分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、日足、週足、月足
チャートタイプ バーチャート、ローソク足、中空ローソク足、平均足、ライン、エリア、ベースライン、練行足、ラインブレイク、カギ足、ポイント&フィギュア、レンジ

TradingView

ロウソク足の色やテーマカラーを変更する

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

スケールの使い方と設定方法

TradingView

タイムゾーンを変更する

TradingView

経済指標をチャート上に表示させる

TradingView

単位変換と通貨変換

単位変換と通貨変換

単位変換と通貨変換

カスタム計算式と反転チャート

カスタム計算式と反転チャート

カスタム計算式と反転チャート

②:インジケーターの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

1834年以降のゴールドチャート

FXキーストンTradingViewインジケーターを無料配布中!

FXキーストンオリジナル!TradingViewインジケーター無料配布中!

③:描画ツールの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

全表示/非表示をショートカットキーで操作することもできます。 【Ctrl+Alt+H (Windows)】 または【Cmd+Opt+H (MacOS)】のショートカットキーを使えば、マウス操作をせずとも描画ツールを出したり消したりすることが可能です。

TradingView

④:アラートの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

⑤:ウォッチリストの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

⑥:チャートのレイアウトの変更

TradingView

TradingView

TradingView

TradingViewデスクトップアプリ徹底解説!インストール方法から使い方まで!

⑦:SNS機能で投資アイデアを共有する

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView対応のFX業者・ブローカーを解説!

TradingViewの対応国内FX会社・ブローカー一覧表

チャート基本操作 チャート基本操作 チャート基本操作
FX会社 通貨ペア 取引単位 ドル円スプレッド Trading View利用形式 公式サイト
サクソバンク証券 150
通貨ペア以上
1,000
通貨単位
変動制 連携 詳細
みんなのFX 29
通貨ペア
1,000
通貨単位
0.2
取引ツール内蔵 詳細
LIGHT FX 29
通貨ペア
1,000
通貨単位
0.2
取引ツール内蔵 詳細
ゴールデンウェイ・ジャパン 30
通貨ペア
1,000
通貨単位
0.1
取引ツール内蔵 詳細
OANDA Japan 69
通貨ペア
1
通貨単位
0.4
銭(※1)
連携または取引ツール内蔵 詳細
FOREX.com 84
通貨ペア
1,000
通貨単位
変動制 連携または取引ツール内蔵 詳細

※:サクソバンク証券、FOREX.com以外の上記スプレッドはいずれも原則固定・例外あり。
※:サクソバンク証券は連携によるTradingViewの利用のみ対応。みんなのFX、LIGHT FX、ゴールデンウェイ・ジャパンは各社ツール内でTradingViewのチャートを利用可能。FOREX.comとOANDAは取引ツール内でのTradingViewの利用、連携によるTradingViewの使用の両方に対応しています。
※1:OANDAはベーシックコースとプロコースがTradingViewに対応しているのですが、上記スプレッドはベーシックコースのスペックを記載しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる