為替ニュース

売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も

売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も
データ分析ツール

ビットコインのロングとショート比率を分析して買い時と売り時を見極める方法

ビットコインのロングとショート比率を分析して買い時と売り時を見極める方法

初心者A

初心者B

仮想通貨のロング/ショートの比率って何が分かる?(一般的な基礎をチェック)

  • ロング/ショート比率で何が分かるのか?
  • ロング比率が高い場合の特徴
  • ショート比率が高い場合の特徴

ロング/ショート比率で何が分かるのか?

ロング比率が高い場合の特徴

ショート比率が高い場合の特徴

仮想通貨のロング/ショート比率が見れるサイトを紹介!

「ビットコインLSチェッカー」で主要取引所のロング/ショート比率を確認

「Datamish」なら、主要アルトコインのロング/ショート比率もチェック可能!

主要取引所における全体のロング/ショート比率を見るなら「bybt」

「Trading View」のチャート機能を活用してロング/ショート比率を見る

NAO

信用情報と回転日数を確認しよう!

信用倍率は 1倍以上(買い方が売り方よりも多い)が一般的 と言われています。1倍を割っている銘柄の場合には 取組妙味が出てきた と表現することがあります。これは、 空売りというものが「将来的な買戻しによる潜在的な買い圧力」になり得るということ と、 信用倍率が1倍を割るということは「買残<売残」であるため「逆日歩」が発生する可能性がある ということを意味しています。売り方が増加することによる、踏み上げ(空売りの買戻しによる株価上昇)が起こりやすいからです。

では 1倍を割っている銘柄が「買い」かというと、必ずしもそうではありません 。業種が違えば信用倍率の水準が異なることがあるため、 同業他社同士で比較したり、あくまで参考指標の1つとして利用するのがよいと思います 。信用倍率が1倍を割っている場合、業績下方修正などサプライズの可能性もあり、そういった「信用倍率が1倍割れ=買い」は必ずしも成立するわけではありません。逆に信用倍率がすごく大きくても、買って良い銘柄はあります。株価が右肩上がりになっている場合は(大きな下落局面がないため)空売りが行われず(分母が極端に小さい)信用倍率が数十倍~百倍以上、と言うようなケースもあるからです。

信用取引を新規に建ててから返済するまでにかかる日数のことです。
回転日数 ={(融資残+貸株残)×2 }÷(融資新規+融資返済+貸株新規+貸株返済)で算出されます。
回転日数が短いほど相場が活発であると言われています。 概ね10日前後で相場が活況、5日以下で過熱 と判断されているようです。

また、株価動向と回転日数から信用取引をしている買い方と売り方の状況を見ることにも使えます。例えば、回転日数5日で、過去5日間の平均株価(5MA)が現在株価よりもかなり低い場合、売り方のほとんどは含み損を抱えていることになります = もう少し株価が上がると、踏み上げてくる可能性があるとも判断できます。
こうした場合、回転日数が5日 → 過熱 → 相場終焉が近い → 「売り」と判断して空売りをしてしまうと、踏み上げによる一段高にやられてしまう可能性があります。 回転日数は市場参加者がどの程度返済まで余裕を持っているのかを【おおよそ】で判断できる指標 ということですね。

月額利用料金

kabuステーション®(本体)ご利用料は 990円(税込)/月 ですが、広範な無料利用条件により、当社でお取引いただいている多くのお客さまがkabuステーション®を無料でご利用いただけます。

無料利用条件

kabuステーション®(本体)は、以下のいずれかに該当する場合、 無料 でご利用いただけます。

kabuステーション®
(通常プラン)

  • 初回申込み の翌々月第1営業日まで
  • 当社全取引における 約定回数が1回以上 で翌月無料(SQ決済は対象外)
  • お申込日の前営業日(継続は前月末)のお預り資産100万円以上で翌月無料
  • 信用口座開設済みの場合無料(新たに信用口座を開設する場合は開設完了日以降の申込から無料)
  • 先物オプション、FX、取引所CFDいずれかの口座を新規開設すると翌月無料

Fintechプラン

Premiumプラン

  • リアルタイム株価予測
  • フル板表示機能
  • 始値/終値予測機能
  • ストップ高安リアルプレアラート
  • xenoFlash for kabu.com
  • リアルタイム資産評価
  • 取引明細照会
  • kabuステーション®API
  • リアルタイム株価予測
  • フル板表示機能
  • 始値/終値予測機能
  • ストップ高安リアルプレアラート
  • xenoFlash for kabu.com
  • リアルタイム資産評価
  • 取引明細照会
  • kabuステーション®API
  • フル板表示機能 最大【5枚】表示
    (フル板画面1枚、デイトレ板画面4枚)
  • ワンクリック発注モード(デイトレ板画面内機能)
  • リアルタイム株価予測画面 最大【2枚】表示

課金ルール等

ご注意事項

証券投資に関する手数料等およびリスクについて

当社お取扱商品の手数料等およびリスクの詳細については、契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、 約款・規定集および当社ホームページの「ご投資にかかる手数料等およびリスクについて」 (https://kabu.com/company/info/escapeclause.html) 等をよくお読みの上、投資の最終決定はご自身のご判断とご責任でおこなってください。

  • 現物株式(プチ株®含む)について
  • 上場投資信託等(ETF、ETN、REIT等)について
  • https://kabu.com/company/info/escapeclause.html#anc02
  • 売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も
  • 信用取引について
  • https://kabu.com/company/info/escapeclause.html#anc07
  • 先物・オプションについて
  • https:売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も //kabu.com/company/info/escapeclause.html#anc08
  • SORについて
  • https://kabu.com/company/info/escapeclause.html#anc15

その他
逆指値などの自動売買を含むすべての注文は、必ず約定するものではありません。
当社自動売買システムにおけるトリガー(発注条件)判定と発注は市場から送信されるデータを元にしています。
この市場から送信されるデータが遅延したり、トリガー(発注条件)判定において情報が不足する場合には自動売買が正しく機能することができません。予めご注意ください。 詳細及び最新情報は当社ホームページ(https://kabu.com/)にてご確認ください。
お問い合わせ・ご相談・苦情等
お客様サポートセンター フリーコール 0120-390-390
※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは 03-6688-8888 (※通話料は有料になります)
苦情について当社以外の窓口 売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も 売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター フリーダイヤル 売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も 0120-64-5005
【金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号】
【銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号】
【電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号 】
【加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会】

au Kabucom Securities Co., Ltd. All rights reserved.

auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会・一般社団法人 日本STO協会・一般社団法人 日本投資顧問業協会・一般社団法人 第二種金融商品取引業協会(加入順)

BitMEXとBitfinexのロング/ショートポジション数量(L/S比率)がわかるサイトを紹介

blockchainwhispers.com

データ分析ツール

BitMEX(ビットメックス)でのトレードで参考になりそうな面白いサイト「blockchainwhispers(ブロックチェーンウィスパー)」を見つけたのでご紹介します。

BitMEXとBitfinexのロング/ショート

ロング/ショートポジション数量比率の調べ方

まずこのサイトに危険性がないか調べてみました。
ドメインを調べたところアメリカのサイトのようですが、
BitMEXとBitfinexのロング/ショートポジションの数量を調べるのはblockchainwhispersサイトの「BitMEX Position Calculator 」ページにアクセスするだけなので簡単です。

BitMEXとBitfinexのロング/ショートポジションの数量

サイトのトップページからアクセスする場合は、メニューの「TOOLS」→「BitMEX Position Calculator」をクリックしましょう。

BitMEXとBitfinexのロング/ショート

取引所名ロングショート
Bitfinex $142,489,792 (41.15%) $203,795,793 (58.85%)
BitMEX $385,329,338 (56.35%) $298,525,106 (43.65%)
合計 $527,819,130 (51.売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も 24%) $502,320,899 (48.76%)

ちょっとだけ怪しい?

仮想通貨トレードのトレードシグナル配信

ところでこのサイトは仮想通貨のトレードシグナル配信をメインにしている有料サロンを主な商材?にしているようです。

BitMEXの計算機ツールのような

BitMEXとBitfinexのロング/ショートポジションの数量以外にも、BitMEXの計算機ツール のようなロスカット価格や目標価格がわかるシュミレーション機能もありました。

チャットルーム

チャットルームもありましたが全員英語ですね。プレミアムメンバー用のチャットルームというのもありました。

なんかメンバー登録するページもありました

なんかメンバー登録するページもありました。サロンみたいなやつに勧誘されるかもしれないですね。やめておきましょう。

LS比率を視覚的にみるならDatamishもおすすめ

Datamish

また、bitfinexのロングショート比率を確認できる有名な海外サイトに「Datamish 」というのもあります。こちらはbitfinexだけですが主要アルトコインのポジション情報も見れます。

アドバンスドトレーダー

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。 売買比率(ポジション比率)を見れるツールの使い方も
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

トレード戦略を立てよう【XM】トレーダーダッシュボードの見方・使い方

基本手法

XM(XMTrading)では、売買の傾きを確認できる「トレーダーダッシュボード」という便利なツールが用意されています。

トレーダーダッシュボードとは

「トレーダーダッシュボード」を見れば、XMで口座を開設しているトレーダーの保有しているポジションの売買比率を確認できます。

  • 通貨ペア:ユーロドル、ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロポンド
  • 貴金属:金、銀
  • 資源:オイル
  • 指数:JP225、GER30、US30

トレーダーダッシュボードの見方

  • 緑:未決済の買いポジションの比率
  • 赤:未決済の売りポジションの比率

「トレーダーダッシュボード」の棒グラフを見ればざっくり判断できますが、詳しく比率を知りたい時はグラフの左右のパーセンテージ(比率)に注目してください。

トレーダーダッシュボードを利用した取引方法

順張りでトレーダーダッシュボードを利用する手法

チャートも同様に買いの方向と判断できれば、買いでエントリーして、トレンドについて行こうという戦略です。

逆張りでトレーダーダッシュボードを利用する手法

エントリーのタイミングは、一方的に傾いたポジションはやがて反対に動くので、80%〜90%に触れた時です。

トレーダーダッシュボードの注意点

  • トレーダーダッシュボードには機関投資家のポジションは含まれない
  • トレーダーダッシュボードはトレンドを表しているわけではない
  • リアルタイムのポジション比率ではない
  • 全市場のポジションを表しているわけではない

また、XMの「トレーダーダッシュボード」はリアルタイムではなく、1時間遅れの表示なので、急激な価格変化の場合は対応できません

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる