無料セミナー

MACDの使い方

MACDの使い方
以下画像はMACD画面の見方になります。(クリックで拡大)

更なる精度を!移動平均の発展形MACDの使い方MT5での使い方

MT5使い方

MT5 MACDの使い方

赤いラインがシグナル線 で 灰色のバーが短期EMAと長期EMAの差を表したMACD になります。 緑ラインがゼロライン と言って短期EMAと長期EMAの差がないラインになります。

使われ方としては、日足以上のスイングトレードでトレンドの転換・底打ち感を把握するために使われていることが多いです。

1.クロスオーバー

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスと同じようなものです。

MACDがシグナルを MACDの使い方 青〇 のように下抜ければ 売り赤〇 のようにうわ抜ければ 買い ゼロラインと交差しても 買い このような使われ方が一般的です。

2.売られすぎ買われすぎのサイン

3.MACDの注意点

この記事の冒頭でも説明しましたが、MACDは移動平均線の発展形になりますので、弱点としてレンジ相場での分析にはあまり効果がありません。

たった5分で劇的に変化するMACDの設定方法

タク(笑顔)

タク

  • 移動平均線とMACDを組み合わせた大循環MACD
    • 大循環MACDを使えば一足早くエントリーできる
    • 3本のMACD線は2つの移動平均線の間隔をとった指標
    • 大循環MACDのパラメータ設定
    • 移動平均線とMACDでエントリータイミングを掴む
    • 大循環MACDで判断する「買い」のタイミング
    • 大循環MACDで判断する「売り」のタイミング
    • この状況だと買い売りどっち?

    本書で紹介している大循環MACDにおすすめのFX会社

    FX会社 おすすめポイント 詳細へ
    多機能なチャート分析ツールMT4と使いやすいアプリを提供! 公式
    公式サイトが大循環MACDのチャートを提供!ダウンロードで即反映! 公式

    移動平均線とMACDを組み合わせた大循環MACD

    タク(笑顔)

    タク

    大循環MACDを使えば一足早くエントリーできる

    タク(考える)

    タク

    3本のMACD線は2つの移動平均線の間隔をとった指標

    3本のMACD線の説明

    ゼロラインのクロスは移動平均線のクロス

    3本のMACD線を使ってトレンドの勢いを分析する

    3本線でトレンド転換を把握する

    各移動平均線の間隔をとることでトレンドの転換が予測しやすくなるという大きなメリットがあります。 この解説にはトレンド転換のサインであるゴールデンクロスとデッドクロスが欠かせません。 MACDの使い方 この2つはどちらも2つの移動平均線の間隔が0に近づき、クロスした時点で発生します。つまりトレンド転換のクロスは間隔をみれば予測できるというわけです。 ここまでの説明をみて、 「え?別に間隔くらいなら移動平均線だけみてれば把握できるんじゃないの?」 と感じる方も多いと思います。確かに移動平均線が2本ならそれは簡単でしょう。ただ、移動平均線が3本になると把握すべき間隔の数が3つになるので瞬時に把握することは困難です。 このように3本のMACD線を用いることで、移動平均線でトレンドの状態を瞬時に把握し、MACDでトレンドの転換を予測することができます。そして、これを活用して一足先にエントリーすることが可能になるのです!! -->

    タク(考える)

    タク

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる