戦略

損益とは

損益とは

控除上限額シミュレーション 控除上限額シミュレーション

はじめる前にチェック!

あなたのシミュレーション結果

あなたの控除上限額(目安)は

損益とは 損益とは
項目 所得税 住民税
給与所得 0 円 0 円
配偶者控除 0 円 0 円
配偶者特別控除 0 円 0 円
扶養控除 0 円 0 円
社会保険料控除 0 円 0 円
小規模企業共済掛金控除 0 円 0 円
生命保険料控除(所得税ベース) 0 円 0 円
地震保険料控除 0 円 0 円
寡婦控除 0 円 0 円
ひとり親控除0 円 0 円
障害者控除 0 円 0 円
医療費控除 0 円 0 円
基礎控除 0 円 0 円
所得控除の合計 0 円 0 円
課税総所得金額 0 円 0 円
上記に対する税額(寄付金適用前) 0 円
住宅ローン控除後所得税額(寄付金適用前) 0 円
実際の所得税額(寄付金適用前) 0 損益とは 円
住民税課税有無 課税
住民税所得割額 0 円

あなたの控除上限額(目安)は

損益とは 損益とは 損益とは
項目 所得税 住民税
給与所得 0 円 0 円
譲渡所得(株式譲渡/上場) 0 円 0 円
譲渡所得(株式譲渡/非上場) 0 円 0 円
配偶者控除 0 円 0 円
配偶者特別控除 0 円 0 円
扶養控除 0 円 0 円
社会保険料控除 0 円 0 円
小規模企業共済掛金控除 0 円 0 円
生命保険料控除
(所得税ベース)
0 円 0 円
地震保険料控除 0 円 0 円
寡婦控除 0 円 0 円
ひとり親控除 0 円 0 円
障害者控除 0 円 0 円
医療費控除 0 円 0 円
基礎控除 0 円 0 円
所得控除の合計 0 損益とは 損益とは 円 0 円
課税総所得金額 0 円 0 損益とは 損益とは 円
上記に対する税額
(寄付金適用前)
0 円
住宅ローン控除後所得税額
(寄付金適用前)
0 円
実際の所得税額
(寄付金適用前)
0 円
住民税課税有無 課税
住民税所得割額 0 円
損益とは損益とは 損益とは 損益とは
項目 所得税 住民税
給与所得 0 円 0 円
譲渡所得(株式譲渡/上場) 0 円 0 円
譲渡所得(株式譲渡/非上場) 0 円 0 円
配偶者控除 0 円 0 円
配偶者特別控除 0 円 0 円
扶養控除 0 円 0 円
社会保険料控除 0 円 0 円
小規模企業共済掛金控除 0 円 0 円
生命保険料控除
(所得税ベース)
0 円 0 円
地震保険料控除 0 円 0 円
寡婦控除 0 円 0 円
ひとり親控除 0 円 0 円
障害者控除 0 損益とは 損益とは 0 円
医療費控除 0 円 0 円
基礎控除 0 円 0 円
所得控除の合計 0 円 0 円
課税総所得金額 0 円 0 円
上記に対する税額
(寄付金適用前)
0 円
住宅ローン控除後所得税額
(寄付金適用前)
0 円
実際の所得税額
(寄付金適用前)
0 円
住民税課税有無 課税
住民税所得割額 0 損益とは 損益とは 円

続けて実際の税の控除額を計算

損益とは
必須 自治体への合計寄付金額
損益とは
項目 所得税 住民税
寄付金控除(所得税) 0 円
所得控除の合計(寄付金適用後) 0 円 0 円
課税総所得金額(寄付金適用後)0 円 0 円
課税譲渡所得等の金額(上場) 0 円 0 円
課税譲渡所得等の金額(非上場) 0 円 0 円
上記に対する税額(寄付金適用後) 0 円
住宅ローン控除後所得税額(寄付金適用後) 0 円
実際の所得税額(寄付金適用後) 0 円
算出所得割額 0 円
寄付金税額控除(住民税) 0 円
寄付金適用後所得割額 0 円

この控除上限額の中でもらえる
お礼の品の組み合わせ

ご提案できるお礼の品の
組み合わせが見つかりません。

お礼の品が全て削除されました。

お礼の品を探してみよう

金額から探す

カテゴリから探す

損益とは

会員ならもっと便利に
ふるさとチョイスをご利用いただけます。

お気に入り

自動入力で手間いらず

最新情報をお届け

収入からパッとまるわかり! ふるさと納税上限額計算表

《例1》 年収400万円の独身者または共働きの方であれば控除上限額の43,000円まで寄付ができ、
41,000円分が所得税や住民税から還付・控除されます。 《例2》 ご夫婦で暮らす年収600万円の方は68,000円、妻と高校生のお子さん1人を扶養している
年収700万円の方であれば77,000円が目安です。

損益とは 損益とは
給与収入
(年間)
独身もしくは
配偶者控除のない共働き夫婦※1
夫婦のみ
(配偶者控除あり)
夫婦(配偶者控除
あり)と子(16歳以上
19歳未満)※2
年金暮らしの
夫婦
※3
300万円 28,000円 19,000円 11,000円 19,000円
350万円 34,000円 25,000円 17,損益とは 000円 28,000円
400万円 43,000円 33,000円 25,000円 36,000円
450万円 53,000円 41,000円 32,000円 45,000円
500万円 61,000円 49,000円 40,000円 59,000円
550万円 70,000円 61,000円 49,000円 68,000円
600万円 77,000円 68,000円 60,000円 78,000円
650万円 98,000円 76,000円 68,損益とは 損益とは 000円 100,000円
700万円 109,000円 85,000円 77,000円 111,000円
750万円 120,000円 109,000円 87,000円 122,000円
800万円 131,000円 120,000円 111,000円 134,000円
850万円 141,000円 130,000円 120,000円 146,000円
900万円 153,000円 141,000円 132,000円158,000円
950万円 165,000円 153,000円 144,000円 172,000円
1000万円 177,000円 165,000円 156,000円 185,000円
1500万円 384,損益とは 損益とは 000円 380,000円 368,000円
2000万円 552,000円 546,000円 534,000円
3000万円 1,034,000円 1,027,000円 1,013,000円
5000万円 2,056,000円 2,046,000円 2,031,損益とは 損益とは 000円
1億円 4,316,000円 4,312,000円 4,297,000円

※1「共働き」は配偶者の給与収入が201万円超である場合となります。
※2 中学生以下(15歳以下)は還付・控除額に影響しないため、表内に示していません。そのため「夫婦と子 (小学生1人)」の場合は、夫婦と同額になります。 損益とは
また、「夫婦と子2人(16歳以上の高校生と、15歳以下の中学生)」は、「夫婦と子1人(16歳以上19歳未満)」と同額の計算です。
※3 「年金暮らしの夫婦」は、70歳以上の夫婦を想定した数字です。

所得税や住民税からはどんな割合で還付・控除されるの? ふるさと納税 還付・控除額の計算方法

  • 年齢: 30歳
  • 年収: 400万
  • 家族構成: 独身
  • 控除上限目安: 43,000円

《ふるさとさんの場合》

❶所得税 約2,100円 + ❷住民税 4,100円 + ❸住民税 約34,800円 = 合計 約41,000円が控除に!

《計算方法を解説》

❶ 所得税からの還付 =(ふるさと納税の寄付金額 - 2,000円)×(所得税の税率(0~45%)×1.021)

《ふるさとさんの場合》 約2,100円=(43,000円 - 2,000円)×(5%×1.損益とは 021)

❷ 住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税の寄付金額 - 2,000円)×10%

《ふるさとさんの場合》 約4,100円=(43,000円 - 2,000円)×10%

❸ 住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税の寄付金額 - 2,000円)×(90% - 所得税率×1.021)※1

《ふるさとさんの場合》 約34,800円=
(43,000円 - 2,000円)×(90% - 5%×1.021)

※具体的な計算は、お住まいの市区町村にお問い合わせください。住民税からの控除(特例分)が住民税所得割額の2割以上の場合は
〈住民税からの控除(特例分) = (住民税所得割額)×20%〉で住民税からの控除分を計算します。
※1.所得税率は、課税総所得金額195万円以下~4,000万円超まで7段階別に異なります。 ただし、この式上の記載「所得税の税率」部分については、実際は住民税の課税総所得金額から人的控除差調整額を控除した金額で計算した課税総所得金額で見た所得税率となります(ほとんどの方は所得税の税率ですが、ごくまれに実際の所得税の税率と乖離する場合があります)。 詳しくは国税庁や各自治体の税務署にお問い合わせください。

忘れずに!申請方法は2つ ふるさと納税の税金控除を
受けるためには?

その1 確定申告

確定申告とは、通常自営業の方や不動産収入がある方などが対象となり、一つの企業から給与を受け取っている給与所得者は確定申告をする必要はありません。
しかし、年間2000万円を超える給与収入があった方、医療費控除や住宅ローン控除や寄付金控除を受ける場合などは、サラリーマンであっても確定申告が必要になります。
ふるさと納税は上記の寄付金控除になりますので、ふるさと納税を行った方も確定申告が必要となります。

その2 ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる便利な仕組みです。「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄付した自治体に送るだけなので、とってもかんたん!寄付金上限額内で寄付したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。
難しくも、面倒でもありませんから、おすすめです。

農業経営支援クラウドサービス「ベジパレット」の正式版をリリース

株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 北野裕行、東証スタンダード市場:3800、以下 ユニリタ)は、農業経営者に経営効率化への気付き情報を提供する農業経営支援クラウドサービス「ベジパレット」の正式版をリリースしました。ベジパレットは、従来型の営農日誌ソフトと異なり、農業経営の利益を最大化するために必要な情報を提供するクラウドサービスです。今後、クラウドサービスの特長を活かしたバージョンアップを通じ、さらに効果のある機能を追加してまいります。

  • 「ベジパレット」とは

    損益とは
  • 「ベジパレット」が持つ、利益を最大化するための3つの特長


2.「圃場グループごとに損益(P/L)の可視化」
管理者または作業者が複数の圃場を担当している場合、担当者ごとに採算が取れているかを判断するのは手間がかかります。
このような農家の困り事を解決するため、ベジパレットが用意したのは圃場グループ機能です。
任意の複数圃場をグループにすることで、圃場グループごとに収支を確認できます。
また、圃場の作付ごとに収支の内訳も見ることができます。


3.「正確な圃場収支の比較」
2つの圃場の収支を比較する際に当然面積が異なるため、単純な比較ができず、単位面積あたりの収支を知る必要があります。
ベジパレットは圃場に対し、複数の作付に使う面積の配分や、作付に対して、複数の圃場からそれぞれ何割の面積かを指定することによって、面積あたりの詳細な収支が確認できます。圃場の収支を比べることによって、新しい気付きや問題点の発見に繋がります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる