FX動画

バイナリー オプション 月収 1 億

バイナリー オプション 月収 1 億
基礎知識

紀伊國屋書店

・最初にやってはいけない落とし穴ビジネス 一覧
心理負担度 ☆☆☆
時間拘束度 ☆☆☆
参入難易度 ☆☆☆ 3つの星で各項目をひと目で評価
1)株式投資 ※初めにやるものではない。心理負担が大きく、本業に支障が出る
2)FX ※ 損してもいい範囲内でやらないと、間違いなく心が折れる
3)投資信託 ※ 元手が大きくない今では、小銭しか稼げない
4)転売(カメラ・せどり等)
※労働が2つになり、最初としては時間的拘束が大きすぎる。仕入れでお金が先に出て行
く不安もある
5)アフィリエイト
※ラクそうに見えて実は重労働。回収は先になる上、虚業コンプレックスでの燃えつきに
注意
6)YouTuber
※典型的な蓄積型だが、月200本×半年を積み重ねられる時間の余裕はあるか?

●ステップ2:成長に応じてビジネスを「複線化」し続ける
※ 経済的基盤を構築することで資金が必要だったり多少リスクがあったり結果が出るの
に少し時間がかかるようなビジネスに挑戦できるようになる。権利収入には自分の時間が
取られないのでマネタイズに時間を投下できる。稼げるようになると、抱えるリスクもヘ
ッジできるようになり、ますます磐石になっていく。
○「自動課金型→労働型→情報発信型」の流れを守りつつ複線化する
・前提はここまでで自動入金の基盤をつくり、精神的・時間的余裕をつくること
・不動産投資家は「働く実感が欲しい」と悩む人が多い
・向き不向きをチェック!自分に合ったビジネスや投資に集中してマネタイズせよ
・勇気が増した今なら、落とし穴も飛び越えられる

a)自動課金系(コインパーキング、コインランドリー、トランクルーム)
b) ネットビジネス(転売 バイナリー オプション 月収 1 億 or トレンドアフィリエイト)
c) 金融系(バイナリーオプション or FX自動売買)
d) 稼げたノウハウで情報発信(メルマガ、セミナー講師)
e) コンサルやスクール、会員制ビジネスなどの販売
f) ノルマがなく、消耗品系ではないMLM(抵抗ない人だけ)

g) ベンチャー企業への出資
h) 物販代行業者への出資
i) 外貨を複利で運用する
j) 国内金融投資(ソーシャルレンディング)
k) 海外金

小林 昌裕[コバヤシ マサヒロ]
1982年生まれ。大学卒業後、建築材料メーカーに就職。営業職としてガムシャラに働くも、祖母の葬式で、社用の電話をかけながら集合写真に撮られた自身の姿を見て、社畜のような人生を見つめ直す。2009年1月に転職。同年7月、不動産投資用に区分マンションを購入。以降、26?30歳の間に、3戸の区分マンション、4棟のアパートやマンションを購入し、合計43戸のオーナーになる。2014年に会社を退職し、現在は、20余りのキャッシュポイント(太陽光発電、アフィリエイトなど)を持つ。年収は1億5000万円ほど。年150回のセミナーを開催し、1万2000部のメルマガを配信。労働収入だけではなく資産収入を構築するためのノウハウを広める。

Prologue お金を増やすには、何よりも「順番」が大事!(勇気は稼ぎながら身につけよう;ストックビジネスには順番がある ほか)
1 最初は必ず「不動産」から始めよう!(「家賃」を手に入れるというカルチャーショック;現金があってもローンで買うべし ほか)
2 さらなる副収入は、14のビジネスから選ぼう!(ビジネスの複線化は5つのカテゴリーから;月々の上がりが入ってくる「自動課金系」 ほか)
3 ファイナルステップ、無敵のお金の増やし方(最後は「権利収入」を増やして磐石に;太陽光よりも高利回り、次世代の「バイオマス発電」 ほか)
Epilogue お金を増やせるかは「マインドセット」で決まる!(5つのステージ「稼ぐ」「貯める」「増やす」「守る」「継承する」;「守る」「継承する」ならアンティークコイン ほか)

著者等紹介

小林昌裕[コバヤシマサヒロ]
1982年生まれ。大学卒業後、建築材料メーカーに就職。2009年1月に転職。同年7月、不動産投資用に区分マンションを購入。以降、26~30歳の間に、3戸の区分マンション、4棟のアパートやマンションを購入し、合計43戸のオーナーになる。2014年に会社を退職し、現在は、20余りのキャッシュポイント(民泊ビジネス、太陽光発電など)を持つ。年150回のセミナーを開催し、1万2000人の読者にメルマガを配信。労働収入だけではなく資産収入を構築するためのノウハウを広める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

バイナリーオプション専業トレーダーの生活とは

基礎知識

    バイナリー オプション 月収 1 億
  • バイナリーオプションで生活するためにするべきことがわかる
  • 専業トレーダーがどれくらい稼ぐことができるのかがわかる

バイナリーオプションで大金を稼ぎたい!

バイナリーオプションで稼げるようになって会社を辞めたい!

  • 1 バイナリーオプションの専業トレーダーになる方法
    • 1.1 安定的に高勝率を出す必要がある
    • 1.2 資金管理を徹底する
    • 1.3 メンタルがブレている時点で専業トレーダーにはなれない
    • 1.4 稼げるようになってもすぐに脱サラしてはいけない
    • 3.1 バイナリーオプション 成功者

    バイナリーオプションの専業トレーダーになる方法

    安定的に高勝率を出す必要がある

    まず、バイナリーオプションで生活していくためには 安定した勝率を出し続けなければなりません

    そして安定して高い勝率を出すのであればできるだけ 取引回数は絞った上で自分の中で根拠が強いポイントでエントリーすることを心がけましょう

    個人的には 1日3回程度、多くて5回くらいを目安に取引を行い勝率を高めた上で掛金を大きくしていくのが理想的 だと考えています。

    この記事で得られる事バイナリーオプションにおける勝率の重要性がわかる 自分がなぜ勝てないのか?がわかる 勝率を上げる方法がわかるこんにちは、松井です。バイナリーオプションでなかなか勝率が上[…]

    家にある不要品の転売から年収1億になったIT長者

    川島和正

    1億円を稼ぐためには、生半可な努力では到底達成できない。「こうれすれば稼げますよ!」との情報商材を読んでも、それは絵に描いたモチだ。 6/25発売の週刊SPA!の特集「実録[1億円稼ぐ]錬金術」では、1億円達成者たちの体験談をもとに、「どこよりもリアルで即効力のある1億円達成術」を掲載。その中の一人、IT長者の川島和正氏の成功談は凄いの一言だ。 「メルマガの広告収入とアフィリエイト収入が1億円。塾会費で8000万円。諸経費を引いた年間の個人収入は1億円以上です」 浮世離れした収入額を訥々と語るのはIT長者の川島和正氏。月収24万円の会社員を辞め、わずか7年間で巨額の富を築いた川島氏の原点は、粗利数百円程度のネット転売にあったという。 「最初は家にある不要品。それからタダで仕入れたアーティストのチラシなど、細々としたものをオークション転売していました」 稼ぎは月5万円がやっと……とはいえ、チリも積もれば山となる。資金が増えるにしたがい、アナログレコードの限定盤など、高い利益率の見込める商品へと転換していった。 「ネット転売だけでは儲けにも限界がある。そこで気づいたんです。これまでの過程で得たノウハウを情報として発信すればカネになるのでは……と」 そこで川島氏が目を付けたのが、情報商材。販売したのは「人気コンサートでいい席をとる方法(9700円)」と「古物商営業許可の申請の仕方(2970円)」だ。 「わずか数日で書き上げ、数十ページのドキュメントにまとめたら、チケットの取り方は1000万円、古物商は3000万円近くを売り上げることができました。メルマガとアフィリエイトに着手し始めたのもこの頃ですね」 黎明期のアフィリエイト業界において、利益率の高いクレジットカードの紹介を中心にホームページを量産。「ネットビジネスで大きく稼いだ」という実績にバイアスがかかったのか、その頃からメルマガ購読者も加速度的に増加。広告依頼も増え、あっという間に資産1億円を突破した。さらに、それまでの成功体験をまとめた『働かないで年収5160万円稼ぐ方法』は28万部のベストセラーになるなど、成功が成功を呼ぶ相乗効果が生まれたのだ。 この後、彼の成功談はまだ続くのだが、それは本誌で確認してほしい。ほかにも、「ボロ屋不動産投資」「FX長期運用」「バイナリ―オプション」「ワイン投資」「ネットポーカー」など、さまざまなジャンルで1億円への道を探求。億り人を目指すなら、これを読むしかない! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる