投資

バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは

バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは
さて、ここまでダウ理論を使ったトレードテクニックをご紹介してまいりました。今後の取引にダウ理論を積極的に活かしていこうと考えていただけた方もいるでしょう。

バイナリーオプションにダウ理論を活用!勝率を高める重要な考え方

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプション攻略の基本「ダウ理論」とは

ダウ理論とは、19世紀の終わり頃にチャールズ・ダウが提唱した 市場の値動きの特徴を示している相場理論 です。

株式や商品先物などでも活用できる汎用性の高い理論で、当然ながら 為替市場にも適用することが可能 です。もちろんバイナリーオプション取引でも、値動きを予測するための基礎となる理論と考えることができます。

はじめに一言でまとめておくと、ダウ理論は 「相場の値動きは法則性や癖をもって動くことが多い」 と示している理論で、チャールズ・ダウはこれをわかりやすく6つの基本法則としてまとめています。

市場予測のための理論としてはかなり古い部類に入りますが、当時としては画期的でわかりやすいものでした。その後も現代に至るまで 多くの投資家がバイブルのようにして理解 しているため、必然的にどの相場の動きにもダウ理論の影響があらわれています。

ダウ理論の「6つの基本原則」をわかりやすく解説

ダウ理論の6つの基本原則は、深く掘り下げていくとシンプルそうに見えて複雑な部分もあります。

基本原則1:平均はすべての事象を織り込む

現在の株価や為替レートなどの価格は、人為的に行われている政府などからの発表、自然発生的な災害、さらには市場心理までありとあらゆる事象の結果が反映されている。

逆に言えば、 相場価格が示されているチャートがすべてを物語っている と解釈することもできるでしょう。

各国の大統領などの要人発言
雇用統計など重要な経済指標の発表
金利政策の実施

さらには投資家の考え方や事情なども影響を及ぼす因子とされていて、 見ている市場に関係するものはすべて影響する と考えても過言ではありません。

基本原則2:トレンドには3つの種類がある

ここでのトレンドの意味は一般的な理解と大差はなく、市場の相場の流れのことを指します。ダウ理論はトレンドが値動きを支配する要因としてとらえられていて、以下のように時間軸ごとに 「短期」「中期」「長期」のトレンドがある と提唱しているのが特徴です。

短期トレンド:3週間未満
中期トレンド:通常3週間~3か月
長期トレンド:通常1年~数年間

ダウ理論では、 時間軸の違いによって違うトレンドが発生することも、同調して全ての時間軸でトレンドが発生することもある としています。

つまりトレンドに乗って取引をするのは定石の1つですが、 時間足を意識して多角的な視点で市場の相場を分析しなければ本当のトレンドを見落とす 可能性があることを示しています。

基本原則3:主要トレンドは3段階からなる

基本原則として3つ目に挙げられているのは、トレンドの局面に関わるものです。

トレンドを作り上げる直接的な要因は投資家による売買であり、買い手や売り手の意向によって上昇や下落を起こします。そのステージが 「先行期」「追随期」「利食い期」の3段階 あると提唱しているのが特徴です。

先行期は投資家の一部が底値買いをしている段階です。買い集めの時期にあたるこの際には 価格は緩やかに上昇 していきます。

次に追随期に入ると先行期の投資家によって生み出されたトレンドに反応して多くの投資家が買い始めます。 チャート上にも明確なトレンドが見える バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは ので次々に投資家が気付いて買いを入れていき、大きな上昇トレンドが生じるのが一般的です。

利食い期に入るとまだ価格上昇があるのに気付いたばかりの投資家が参入してくるので価格は上昇する可能性がありますが、先行期に買った投資家を先駆けとして追随期に買った投資家も売って利益確定を始めます。この動きが強まり、 価格上昇を見て参入する投資家が減るとトレンドが転換 するというのがトレンドの流れです。

バイナリーオプション取引では追随期を狙うとダマシも少なくて勝ちやすい 傾向があります。先行期でエントリーするとダマシも多いので、その後にテクニカル分析を駆使してエントリーするのが基本的な考え方です。

基本原則4:平均は相互に確認されなければならない

「相互に確認されなければならない」という原則の 平均の意味は平均株価を指します 。もともとダウ理論は株式市場で考え出されたものですが、為替取引でも関係があるので見ておきましょう。

つまり、 互いに関連がある分野では、基本的に全て同じようにトレンドが発生する はずだと考えられます。「工業株は上がっているけれど鉄道株は下がっている」ようなときには本物のトレンドが発生しているわけではないと考えるべきだというのがダウ理論です。

バイナリーオプションにおいては通貨の相関関係で同じことが言えます 。ドルが相対的に売られているとUSD/JPYは下落しますが、EUR/USDは上昇するはずです。このような動きが見られないときには、トレンドが発生しているかどうかを疑う必要があります。

基本原則5:トレンドは出来高でも確認されなければならない

これも株式市場において通用するポイントで、 株式投資の世界では「出来高は株価に先行する」 とよく言われています。

出来高を見て買うべきだと判断した投資家が動くケースが多いのは容易に想像できるでしょう。そのため、株価が上がるときは出来高が伴うのが通常で、もし 反対に出来高が伴わない場合はトレンドが長続きしない、あるいは騙し だと判断できます。

基本原則6:トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

このようにして見ると、 トレンド転換は高値と安値の更新状況が入れ替わることで生じる と言えます。

バイナリーオプションでこれが重要なのは、トレンドの転換シグナルを見極めることで 「トレンド中」「トレンドの転換点」「トレンドがない」 という3つの視点でトレード戦略を考えることができるからです。

バイナリーオプションをダウ理論で攻略①:MTF分析を使ってみよう

続いては、バイナリーオプションの攻略法をダウ理論に基づいて考えてみましょう。

MTF分析とは

MTF分析とは「マルチタイムフレーム分析」のことで、 複数の異なる時間軸のチャートを見て分析する手法 です。

簡単に言うと 「上位の時間足を見ながら下位の時間足でタイミングを見計らってエントリーする」 のがMTF分析です。

具体的には、注目したいのが15分足の場合には4時間足、1時間足を見ながら15分足を見るというやり方を指します。 下位足では下降トレンドを表していても、上位足では上昇トレンドという場合もある からです。

MTF分析の具体的なやり方

それでは次に、MTF分析の具体的なやり方を見ておきましょう。

STEP1:移動平均線を3本表示する

期間は25日、75日、200日といった形で設定します。設定のときに 「スタイル」の項目で色分けをしておく と見やすくすることが可能です。色以外のラインスタイルも変えられるので自分なりに見やすいパターンを作ると良いでしょう。

STEP2:パーフェクトオーダーを確認する

パーフェクトオーダーは すべての時間足の移動平均線を確認 します。例えば、15分足でトレードを考えているときには、5分足と1時間足で三本の移動平均線を見て、やはり同じ方向を向いていてトレンドの勢いが強いかどうかを調べます。

STEP3:トレンド方向に押し目買いor戻り売りでエントリー

パーフェクトオーダーが発生しているような強いトレンドが見られているときには、色々なエントリー方法があります。その中でも バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは 確度が高いのは「押し目買い」「戻り売り」を狙う 方法です。

相場の値動きには、トレンドと逆の方向に動いた後に再びトレンドと同じ方向に価格を戻す傾向があります。このポイントを狙うと値動きを読みやすく、 特にトレンドが強いときほど押し目買いや戻り売りが発生しやすくなる ので有利です。

バイナリーオプションをダウ理論で攻略②:明確なトレンド転換のシグナルを見極めよう

次にダウ理論の基本原則6「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」を応用したバイナリーオプション攻略法を見ていきましょう。

「明確な転換シグナル」ってどれ?

転換シグナルとして 「戻り高値」と「押し安値」 の二つが明らかなものです。この二つは通常はトレンド継続のときのエントリーポイントとしても使えます。

つまり、下降トレンドが発生しているときに一時的に価格が上がったら戻り高値を付けた後に価格がまた下がっていきます。この際に 戻り高値が前の戻り高値よりも低い場合にはトレンドが続きますが、高い場合にはトレンドが転換 します。

押し安値が出たときに前の押し安値よりも高い場合にはトレンドが継続されて価格が再び上昇していきますが、 押し安値が前の押し安値よりも低い場合には下降トレンドへの転換シグナル だと考えることができます。

この考え方を理解していれば トレンドと逆行が起こった後の値動きを見てエントリー することができるでしょう。

ラインを引いて根拠を強める

ライントレードによって根拠を強めるのも効果的な攻略法です。

サポートライン

このような引き方をすることで上昇トレンドが継続する様子を見て取れますが、裏を返せば サポートラインを上から下にチャートが突き抜けた場合にはトレンド転換 が起こったと判断することが可能です。

図のDのように 直前の安値を下回り、押し安値をブレイクした場合は下降トレンドに転換 したと考えられるでしょう。ここで投資家は目線を下方向に切り替えますから、赤矢印で記した押し安値のラインでLowエントリーを仕掛けるというのが定法となります。

レジスタンスライン

高値や安値は直前の値よりもだんだんと小さくなりながら右肩下がりで相場も下落していくのが基本的な動きで、 トレンド転換が起こるのはレジスタンスラインをチャートが下から上に突き抜けた場合 です。

このとき チャートが直前の高値を上回っているなら上に向かう力が生じている と考えて、トレンド転換の可能性が高いととらえるのが妥当です。

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】 バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で.

「待ち」もテクニックのひとつ

レンジ相場になってしまったときにはどうやってエントリーしたら良いか悩む人も多いでしょう。結論から言えば、 知識やテクニックが少ない初心者は「待つ」のが賢明な判断 です。

レンジ相場から抜け出してトレンドが再開するときがやってくるので、それまで準備を進めておきましょう。準備とはただ指をくわえて待っているわけではなく、 エントリーはせずにトレンド再開のタイミングを探す ことを意味します。

レンジの上下や戻り高値、押し安値にあたるポイントに水平ラインを引けばトレンドが生まれるポイントを見定められます。 水平ラインを超えたらトレンド再開になる可能性が高い ので、その後の押し目、戻り目を狙ってトレードしましょう。

バイナリーオプションはダウ理論だけでは勝てない?!確実に勝率アップを狙うには

さて、ここまでダウ理論を使ったトレードテクニックをご紹介してまいりました。今後の取引にダウ理論を積極的に活かしていこうと考えていただけた方もいるでしょう。

しかし、 ダウ理論とて万能ではありません 。ダウ理論にこだわっているとなかなか勝率が上がらずに悩むことも多いのです。

ダウ理論の問題点

ダウ理論は冒頭で触れたように世界中の投資家が基本とする考え方ですが、誰もがその通りに取引をしているわけではありません。 裏をかこうとする投資家もいる ので、当然イレギュラーも起こり得ます。

また、もともと株式投資のために生み出された理論なのが注意すべき点でしょう。中長期取引を見据えると有用な理論ですが、バイナリーオプションのように 短期取引の分析では転換点を見極めるのが困難 です。

勝率アップのために取り組むべきこと

本当に勝率を高めるには、 ダウ理論だけでなく他の様々な知識やテクニックも身につけることが大切 です。その取り組みを根気よく続けていれば、ダウ理論と並行して活用することできっとバイナリーオプションを攻略できるようになります。

学びは確実性と迅速さが重要ですから、ここは 高勝率を維持し続けているプロトレーダーのノウハウを入手 するのが得策でしょう。

私はLINEでたくさんのトレーダーとつながっています。もちろん単にトレーダー仲間を増やしているというわけでなく、私をプロとして認めてつながってくださった方に、 バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは 私が培ってきたテクニックを「限定情報」としてお届け しているのです。

ブログやYouTubeなどの オープンスペースでは未公開の情報が満載 です。これからバイナリーオプションで高みを目指したいという思いがあるなら、ぜひ受け取ってください。

バイナリーオプションで勝てるようになるために、ダウ理論を知っておくのはとても重要です。昔からあるトレーダーのための相場理論なので、今後ずっとバイナリーオプションをやっていきたいならきちんと記憶に刻み込んでおきましょう。

バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは?重要なポイントはたった一つ!

バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは?重要なポイントはたった一つ!

この記事でわかること バイナリー攻略に必須のマルチタイムフレーム分析の意味 MTFの活用方法 MTFを利用する上での注意点 木を見て森を見ず。 「物事の一部しか見れず、全体を見失ってしまう」という意味 .

② エリオット波動との組み合わせ

ダウ理論と同時に利用すると強いエリオット波動に関する解説図

そう、ダウ理論の 「トレンドには3つの段階が存在する」 と非常に似ていますよね。

ダウ理論と同時に利用すると強いエリオット波動に関する解説図2

バイナリーオプション攻略には手法の組み合わせが重要

バイナリーオプション攻略には手法の組み合わせが重要画像

ハイローオーストラリアの詳細情報

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。 高い利益率とスムーズな入出金 を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

ハイローオーストラリアを使ったライングループ配信の実態を徹底解明

この記事でわかること ライングループ配信の実態 ライングループ配信のメリット・デメリット ライングループ利用でハイローオーストラリアの口座が凍結する理由と対策方法 悪質なライングループを見極める方法 .

チャート分析の効果が10倍!?本当は教えたくないバイナリーオプション攻略術

この記事でわかること バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは バイナリー攻略に最も効果的なチャート分析方法 どうも、あつしです。 今回は、バイナリーオプションで取引を行うにあたって一番大切な「チャート分析効果を10倍にする方法」をお伝えしま .

【最新情報】ハイローオーストラリアのペイアウト率変更の内容と対策方法

この記事でわかること ハイローオーストラリアのペイアウト率の変更内容 ペイアウト率が低くなってしまった理由 ペイアウト率変更に対しての対策方法 どうも、あつしです。 早速ですが、海外バイナリーオプショ .

【超便利】ハイローオーストラリアのお気に入り機能の活用方法を徹底解説

この記事でわかること ハイローオーストラリアのお気に入り機能の活用方法 お気に入り機能の活躍事例 お気に入りに追加しておくべき通貨ペアの選び方 お久しぶりです、亮太郎です。 突然ですが、あなたはハイロ .

ハイローオーストラリアのレートがおかしいと噂される原因と対策方法

この記事でわかること ハイローレートがおかしいと言われる原因 ハイローオーストラリアで連敗する理由 デモ口座とリアル口座のレートが異なる理由 MT4レートとハイローレートが異なる理由 ハイローオースト .

バイナリーオプション版ダウ理論の使い方【くわしく解説します】

バイナリーオプション

どうもこんにちは。 「ショウ」 です。

このページで解説している内容

このページで解決する問題は、下記のとおり。

バイナリーオプションの初心者「バイナリーオプションのダウ理論とは何だろうか?その基本的な仕組み・使い方はどうやるのだろう?」

この記事の信頼性

バイナリーオプションのダウ理論とは?

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論のことです。ダウさんが提唱したから[ダウ理論]なんですね。

アメリカの[ダウ工業平均株価]を提唱したのも、チャールズ・ダウであり、テクニカル分析の先駆者として認知されています。

価格(全体)はすべての事象を織り込む

などの、 [6つの基本原則] があり、現在のバイナリーオプション分析でも広く利用されています。

バイナリーオプションダウ理論:6つの基本原則

バイナリーオプションダウ理論の [6つの基本原則] は、下記のとおりです。

原則①:価格はすべての事象を織り込む

・すでに発表済みの経済指標や金融政策
・自然発生的な出来事(地震などの災害)
・投資家の売買行動(利確や損切り)

現在の価格は、これらすべての事象をすでに織り込んでいるという考え方をあらわします。

現時点での価格は、全ての利用可能なファンダメンタルズ情報を織り込んでいるため、ファンダメンタルズ分析による将来の価格予測はできない。

将来の価格を予測するには、現在の価格の値動きを分析すればよい。

少し難しい言葉で説明をすると、経済学的には効率的市場仮説というものがあり、市場はすべての情報を織り込んでおり「効率的である」と仮定されています。

原則②:トレンドは短期・中期・長期の3つに分類できる

バイナリーオプションダウ理論の原則②は「トレンドは短期・中期・長期の3つに分類できる」です。

【ダウ理論:3つのトレンド状況】

・①短期トレンド:3週間未満
・②中期トレンド:3週間~3ヵ月
・③長期トレンド:1年~数年間

原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される

バイナリーオプションダウ理論の原則③は「主要なトレンドは3つの段階から形成される」です。

1.先行期(第一段階)

2.追随期(第二段階)

3.利確期(第三段階)

このダウ理論が示すとおりに、1.の先行期でエントリーできればそれにこしたことはありませんが、先行期ではダマしも多くなりますので、バイナリーオプションでは 2.の追随期が起こりそうなタイミング を テクニカル分析でとらえてエントリー をおこないます。

原則④:価格は相互に確認される必要がある

バイナリーオプションダウ理論の原則④は「価格は相互に確認される必要がある」です。

・EURとユーロ国債の金利
・USD/JPYとEUR/JPY、EUR/USDの価格

USD/JPYを取引するなら、米国債金利と日本国債金利、ダウ工業平均と日経平均株価を確認しながら取引をすればOKです。

原則⑤:トレンドは出来高でも確認されなければならない

バイナリーオプションダウ理論の原則⑤は「トレンドは出来高でも確認されなければならない」です。

バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは
原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される。

原則⑥:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

バイナリーオプションダウ理論の原則⑥は「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

バイナリーオプションのダウ理論 画像04

[明確な転換シグナル]とは、このトレンドの継続を否定するもので、下記のとおりです。

バイナリーオプションにおけるダウ理論の解説!FXでの使用パターンとは何が違うのか?

バイナリーオプションにおけるダウ理論の解説!FXでの使用パターンとは何が違うのか?


ダウ理論とは、19世紀にアメリカ人金融ジャーナリスト”チャールズ・ ダウ”が考案した相場理論のことです。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには 3 種類ある
  3. 主要トレンドは 3 段階からなる
  4. 平均は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

これをバイナリーオプションで利用するには、平均の部分を” バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは 為替レート “に置き換える必要があります。

1.平均はすべての事象を織り込む

そのすべてが 平均株価に反映されている という教えです。

為替に置き換えたならば” 為替レートはすべての事象を織り込む “となります。

トレード初心者

ミナト

トレード初心者

トレード初心者

投資家はエントリー後、 どこで決算しよう かと考えます。

ミナト

トレード初心者

結局のところ、 チャールズ・ ダウ氏が言いたかったことは” チャートをしっかり見なさい! “ということですね。

2. トレンドには 3 種類ある

ダウ理論のトレンド3種類とは、 一定期間のトレンドサイクルの種類 を指します。

ダウ理論では、
価格変動が1年~数年間継続する「主要トレンド」、
3週~3カ月間継続する「二次トレンド」、
3週間未満の「小トレンド」の3つに分類しており、
これらのトレンドは相互に関連しているとしています。
FXなら短期・中期・長期といったマルチタイムフレーム(MTF)分析の考え方に類似しています。

トレード初心者

  • 長期の月足→下降トレンド
  • 中長期の日足→下降トレンド
  • 中期の4時間足→上昇トレンド
  • 短期の5分足→上昇トレンドがトレンドが弱まり、レンジ相場に移行したところ

ダウ理論では、 長期のチャートをメイン と考えます。

全体的には現在も下降トレンド中で、中期の上昇トレンドは 調整局面 とみなします。

短期のレンジ相場は、中期の上昇トレンドの 調整局面 ということになります。

バイナリーオプションで、長期間のチャートばかり重視していては、 短期の方向感が掴めない 可能性があります。

トレード初心者

バイナリーオプションは、現在から一定期間で 価格が上に行くか下に行くかを当てる取引方法 です。

バイナリーオプションでのアレンジ


バイナリーオプションでは短期の取引用に 期間の解釈をアレンジ して使用します。

  1. 主要トレンド:1時間足で発生しているトレンド
  2. 二次トレンド:30分足・15分足で発生しているトレンド
  3. 小トレンド :5分足・1分足で発生しているトレンド
  1. 1と2の期間で全体の流れを把握
  2. 3の5分足・1分足でタイミングを計る


一般的なトレンドの3種類は、 上昇トレンド ・ 保ちあい(レンジ) ・ 下落(下降)トレンド に分けられます。

3.主要トレンドは 3 段階からなる


ダウ理論での主要トレンド3段階

バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは

それぞれのトレンドには、
第1段階の先行期(先行投資家が仕込む時期で動きが緩やか)、
第2段階の追随期(上昇銘柄に追随買いが入り急激な価格変動)、
第3段階の利食い期(一般投資家も参加し始めるが、先行期に買った投資家は売り抜ける)
があると説いています。


①先行期

トレード初心者

  • もうこれ以上下がらない(底値ではないか)と判断した大口の投資家が反転を狙い少しづつ買いポジションを増やす期間
  • もうこれ以上、上がらない(天井ではないか)と判断した大口の投資家が、反転を狙い少しづつ売りポジションを増やす期間

どうしてもバイナリーオプションでこの先行期にトレードするなら短期狙いでターボ取引になりますね。

②追随期
為替チャートが反転となり、画像ではしっかりと上方向を向いています。

この時期は、安定したトレンド方向になるため、15分やスプレッドのある取引にもチャレンジできます。

③利食い期

利食い期はまだ トレンドが続いている状態 です。

例えば画像の時期のように上昇トレンドの利食い期なら、まだ上昇中なので 基本的にはハイエントリー で購入します。

ミナト

しかし、一方方向の上昇ではないので トレンドラインなどのテクニカル分析で確かめながらのトレード になります。

バイナリーオプションではターボの5分などで 慎重にHigh(買い)エントリー を行い、 高値が更新しなくなったら様子をみましょう 。

※詳しくは後の項 トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する を参考にして下さい。

ミナト

4.為替レートは相互に確認される必要がある

トレード初心者

トレード初心者

ミナト

チャートで相互的に確認するというのは「 トレンドが発生する時は一つの指標だけではなく、他の指標も同じ方向を示す 」という意味になります。

  • 移動平均線は、短期線が中期線と長期線を上から下に突き抜ける”デットクロス”と方向を示す。
  • 3本のラインが揃って下を向いています。
  • MACDもデットクロスと下降トレンドを示す0.00より下でラインが移動しています。

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

  • 株価が上昇・出来高も増えている→上昇トレンド
  • バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは
  • 株価が下落・出来高が減少→下降トレンド
  • その他→一時期なトレンド、又はだまし

なぜかというと、FXはほとんどが市場を介さない 相対(あいたい)取引 となっているからです。

相対取引とは、取引の当事者間で価格や取引量を決めて行う取引のことです。外国為替市場はこの相対取引が中心となります。

FX取引の場合はFX業者と顧客との間の相対取引となります。

FX業者により、価格に若干の差が生じるのはこのためです。

これに対し、株式市場のように取引所で行われる取引は取引所取引と呼ばれます。

出典:OANDAラボ 用語解説 OANDA JAPAN

MT4で Volume という出来高っぽいインジケーターがあります。

このインジケーターは正直、FXやバイナリーオプションのトレードに 役に立つがどうか不明 です。

  • 株価が上昇・出来高も増えていたのに、株価は上昇・出来高は減少に変わってきた。
  • そろそろ利益確定したいトレーダーが増えてきたかもしれない。
  • トレンド転換に備える
  • 為替も連動して転換するかも…

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する


ダウ理論でいうトレンドとは上昇トレンドと下降トレンドのことです。

【知ってて当然】元祖相場の法則『ダウ理論』と『グランビルの法則』を全部解説!

テクニカル分析まとめ

みなさんは“トレンド相場”についてどの程度ご存知でしょうか^^?
一言で言えば 『一方向に向かって継続的に進んでいる相場』 ですよね(^_^)

私はこの “トレンド相場を制することがバイナリーオプションを制すること” だと考えてます^^

こういったことを知ることで、トレンド相場の “どこで”“どんなタイミングで” エントリーすればイイのかが見えてきます💡

今回の記事は、読んでいただいた方が トレンドの仕組みを正しく理解すること、そして実際に戦略を立てられるようになるまで を目的としています^^

せっかくご覧いただくなら根本から徹底的に理解してもらいたいので、今回は“全てのトレンド手法の根源”と言っても過言ではない 『ダウ理論』 と 『グランビルの法則』 について、この一記事で全てまとめあげました😁

テクニカル分析の元祖『ダウ理論』って??

ダウ理論とは、1890年代後半にかけて「チャールズ・ダウ」という人が提唱した、 相場の価格変動についての理論体系 ですね(*゚∀゚) (「理論」とか聞くとちょっと小難しそうに感じるかもしれませんが、責任持って私が分かりやすく解説していきますのでご安心を!笑)


【ダウ理論:6つの基本法則】

  1. 平均は全ての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

なので今回は “私がバイナリーオプションのトレードに必要だと考える法則” を4つピックアップして、詳しく解説していきますね😊

この4つは主にトレンドの仕組みや特徴・傾向の部分なのでまだ直接勝ちに繋がる知識ではありませんが、どれも トレンド相場攻略のベースとなる考え方 です😳

「実際にトレンド相場でどういう戦略でトレードしたらイイか」という考え方は 【グランビルの法則】 に基いて記事後半からお話していきますので、まずはこの 【ダウ理論】 でしっかりとトレンド相場の理解から進めていきましょう(*゚∀゚)❗

【ダウ理論の法則①】平均は全ての事象を織り込む

  • 経済指標
  • 景気を大きく左右する重大な発表
  • 国の印象を下げる事件・事故
  • 自然災害

一見、私たちバイナリーオプショントレーダーにとっては縁遠い情報にも見えますが、経済指標のみならず事件や自然災害まで、 「こういった事象は全て値動きとしてチャートに反映されている」 というのがダウさんの考えです😁

このように、 国の景気を左右するような事象は全て投資家の売買の判断材料 になります。

災害時のチャートの動き

つまりどんな事象が起きようとそれらは結局チャートの値動きとして反映されるため、 よりテクニカルな視点が重要 であることを説いたのがこの法則です^^

これがダウさんの導き出した答えであり、 “テクニカル分析の元祖” と呼ばれる所以ですね😁

【ダウ理論の法則②】トレンドには3種類ある

冒頭で私は 「トレンドを制することがバイナリーオプションを制すること!」 なんて偉そうに言いましたが、実はそのトレンドの重要性を説いたのもこのダウさんだと言われてるんですよね(^_^)(どこまで偉大なのよ…笑)

  • ①主要トレンド:1年~数年のサイクル。
  • ②二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
  • ③小トレンド :3週間未満のサイクル。
  • ①主要トレンド:月足、週足、日足(長期足)
  • ②二次トレンド:4時間足、1時間足(中期足)
  • ③小トレンド :30分足、15分足、5分足、1分足(短期足)

これら1つ1つの時間軸はそれぞれが独立して動いているのではなく、全てが 1つの通貨の値動き であるということ。

そして 小さい時間軸は大きい時間軸の中のほんの一部の値動きに過ぎない ってことですね✨

時間軸の仕組み

  • 大きい時間軸の調整局面で発生した小さい時間軸のトレンドは一時的なものであること
  • 小さいトレンドはいずれ大きいトレンドの流れに飲み込まれるということ

小さいトレンドはあくまで大きいトレンドの調整局面に過ぎないため、 大きいトレンドが再びトレンド方向に進み始めれば当然小さいトレンドは崩れます 。 (逆に小さいトレンドが大きいトレンドと同じ方向に進んでいれば、それはエントリーの強い判断材料にもなりますね^^)

【ダウ理論の法則③】主要トレンドは3段階からなる

  • ①先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。
  • ②追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。
  • ③利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

トレンドの3つの段階

続いてその上昇を察知した市場参加者たちがそれに乗っかるように買いを入れていき、それに伴って相場は加速度的に上昇していきます。
これが 追随期 、“トレンドの完成”とも言えるかもしれません😁

これが 利食い期 、“トレンドの衰退”ですね(^_^)

つまりこれって “永遠に続くトレンドはない” ってことでもありますよね^^?

トレンドの3つの段階を実際のチャートで見る

なぜなら “終わりの傾向さえわかっていればそれまでは積極的にトレンド相場にチャレンジできるから” です😁

そして肝心の 「どこからどこまでがトレンド相場なのか」 ってことは次の法則で明らかになります🎶

【ダウ理論の法則④】トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

そしてトレンド相場を主戦場とするなら、当然 “チャートのどこからどこまでがトレンドなのか” ってことは絶対に知っておかなきゃですよね^^?

この法則の中でダウさんは 「明確な転換シグナルが現れるまでトレンドは継続する」 と言ってます。

上記の法則内には明記されていないのですが実はダウさん、「こうなったらトレンドだよ」っていう “トレンドの定義” もしっかりと打ち出しており、これを理解することで転換シグナルも簡単に見極めることができるんです(^_^)

  • 上昇トレンド …直近の高値・安値を 切り上げている 相場
  • 下降トレンド …直近の高値・安値を 切り下げている 相場

上昇トレンド

下降トレンド

そしてここまでを覚えてしまえば“転換シグナル”の確認もラクチン🎶
ズバリこのトレンドの定義が “崩れたとき” が転換シグナルです^^

転換シグナル

でも逆に考えれば、 『これらの条件が崩れない限りトレンドは続く』 ということがわかっているので、安心してトレンド相場を攻略していけますよね(*゚∀゚)♪

(ちょっと休憩)ダウ理論まとめ

今回の1つ目のテーマ 【ダウ理論】 の解説は以上となります😊

気づいた時には “バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは 空気を吸うように当たり前になってる” 、それぐらいトレーダーの中で浸透しているのがダウ理論です😄

ダウ理論まるわかりチャート

【ダウ理論一目でまるわかりチャート】

さて、ダウ理論でお話したところは主に “トレンドの仕組み” についてでした😊

続いてはその戦略の部分についてお話していきたいと思うのですが、その前に “じゃあそもそもなぜトレンド相場でトレードすることが大切なのか” について私の見解も踏まえてお話しておきたいと思います😊

大衆の心理に乗っかること、同調すること。それがトレンド相場のトレードです^^

エントリー方向の問い

相場は勢い良く上昇しているわけですから、多くの方は そのままトレンドの進行方向に向かってエントリーしたくなる んじゃないでしょうか^^?

このことから私は “できるだけ大衆の心理に乗っかること” こそ少しでも楽に利益を獲得する秘訣だと思ってます(*´∀`*)

ただ トレンドには調整が入るため、ずっと一方向に進み続けているとは限りません よね?

そこで登場するのが本日2つ目のテーマ 【グランビルの法則】 (*゚∀゚)❗

そして何を隠そう 私がこれまで作成した攻略法の多くは、このグランビルの法則をベースに形作られている と言っても過言ではありません😳

『グランビルの法則』移動平均線と8つの売買ポイント

まずグランビルのスゴイところは何と言っても、 “相場の値動きを予測するために使うのはテクニカルツール『移動平均線』1本のみ” ということ^^

でもなぜ移動平均線がそれほど多くの人に使われているのかって考えると、それは “グランビルの法則という明確な判断基準があるから” なんじゃないかって私は思ってます(^_^)

およそ60年も前に『ジョセフ・E・グランビル』さんによって提唱されたこのグランビルの法則では、移動平均線を使った 8つの売買ポイント が示されています💡

グランビルさん紹介

『グランビル』移動平均線を使った4つの買いの法則

グランビルの各法則は、基本的に “ローソク足が移動平均線に対してどのようなアクションを起こしたか” というところに着目していきます^^

【買いの法則①】相場が下落後、移動平均線が横ばいになるか上昇しつつある局面でローソク足が移動平均線を下から上にクロス!

キーワードは「移動平均線が横ばいになるか上昇しつつある局面」ってとこ💡
移動平均線が横ばい、あるいは上昇しつつあるということは、すでに “下降の勢いは衰えて相場が転換しようとしている可能性がある” 局面なんですよね(^_^)

ただここで注意してほしいのは、 “抜けたからといって必ずしもそのまま上昇トレンドになるとは限らない” ってこと。

【買いの法則②】相場・移動平均線が上昇している局面で、ローソク足が移動平均線を上から下にクロス!

これはあくまで私の経験則ですが、どちらかというと 移動平均線を下抜けた後に再度上昇して上抜けたときの方が利益獲得の可能性は高い と感じますね😊

【買いの法則③】ローソク足が上昇する移動平均線の上にあって、移動平均線に向けて下落するもクロスをしないで再び上昇!

それは “必ずしも移動平均線で跳ね返るとは限らない” ということ💡

そのまま移動平均線を抜けてしまう可能性だってもちろんあるので、 しっかりと移動平均線で反発、上昇したことを確認してから上エントリーを狙っていくことが大切 です✨

【買いの法則④】移動平均線が下落している局面で、ローソク足が移動平均線とかけ離れて大きく下落!

移動平均線の特性として 「移動平均線とローソク足の間に空いた乖離はいつか必ず埋まる」 と言われたりもします💡

下降トレンド乖離

素直にトレンド方向に沿ってトレードした方が安全なのはたしかですし、 トレードを始めたばかりの初心者さんはまずしっかりとトレンドの流れに沿ったトレードをマスターしてほしい なっていうのが正直な気持ちです(^_^)

つまり 大元であるこの売買の法則を予め知っていることで、そういった手法をより自分の中に浸透させ、効果的に扱うことができるようになる はずです(*´∀`*)

『グランビル』移動平均線を使った4つの売りの法則

基本的には買いと売りが逆になるだけなので、先ほどご紹介した 買いの法則の真逆 だと考えてもらえれば問題はありません^^

【売りの法則①】相場が上昇後、移動平均線が横ばいになるか下降しつつある局面でローソク足が移動平均線を上から下にクロス!


【売りの法則②】相場・移動平均線が下降している局面で、ローソク足が移動平均線を下から上にクロス!


【売りの法則③】ローソク足が下降する移動平均線の下にあって、移動平均線に向けて上昇するもクロスをしないで再び下降!


【売りの法則④】移動平均線が上昇している局面で、ローソク足が移動平均線とかけ離れて大きく上昇!


上昇トレンド乖離

(あと一息!)グランビルの法則まとめ

グランビルの法則の8つの売買ポイント

【グランビルの法則:8つの売買ポイント】
※画像はクリックすると拡大します^^

なぜならこのグランビル3つ目の法則が 私の7年間の投資人生の中で最も安全且つ、勝率が高いと感じたから です(*´∀`*)

きっとそれは “バイナリーオプションが短期取引だから” なんじゃないかなって思うんです。

バイナリーオプションのトレードで最も有効なグランビル3つ目の売買ポイント

だからこそ 一度波に乗ったトレンド相場の中で何度も利益を狙っていける わけですが、かといってむやみやたらにエントリーすればイイってわけじゃないですよね^^?

じゃあトレンド相場を攻略する上で何が大切かっていうと、 “勢いがついているところを狙う” こと😁

そこでこれでもかってぐらい有効なのがグランビル3つ目の売買ポイント 『押し目買い』 なんですよね✨

押し目買いのポイント

2つの理論を話し終えて感じたこと^^

ダウ理論、グランビルの法則は、バイナリーオプションのトレードに必要不可欠な“テクニカルツール”を利用せずともこれほどまで相場を読み解くことができるんですから、まさしく “根っこの知識” と言ってイイです😊 (グランビルはMAを1本だけ使ってますけどね🎶)

もしこれらの法則を知らなかった方は、きっとこの記事を読む前と読んだ今で、チャートの見え方が随分と変わっているんじゃないかなと思います(^_^) バイナリーオプションでダウ理論を活用する方法とは
今なら “どんな相場でどのようにエントリーすればイイか” が見えてくる気がしませんか^^?

これからバイナリーオプションに取り組んでいく中で、今回学んだことが気づけばいつの間にか “空気を吸うように当たり前” になっているはずです😁

ダウ理論とグランビルを理解した上で攻略法を見て欲しい^^!

ちなみに今回お話した『ダウ理論』『グランビルの法則』は、 “攻略法を使ってトレードしていくためにあって然るべき知識” として考えていただけたらなと思ってます😊

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる