日本のバイナリーオプション業者

トレーダーエキスパートをサーチいたします

トレーダーエキスパートをサーチいたします
デザイン製も高いEcoFlow Waveはキャンプ場でも目立つこと間違いなし

トレーダーエキスパートをサーチいたします

5月19日 『表現者たち』では、加古隆さん(※名前「隆」は旧字体、生の上に一が入ります。)にインタビュー! 『どうしたの?~木曜相談室~』の相談員は、為末大さんです。

“歴史の大きなうねり”を表現した「パリは燃えているか」

吾妻アナ: きょうのゲスト、作曲家そしてピアニストの加古隆さんにスタジオにお越しいただきました。よろしくお願いいたします。おはようございます。
加古さん: よろしくお願いします。
吾妻アナ: 加古さんといえばお帽子。いつものスタイルで、「あぁ、本物が私の目の前に来てくださったんだ」とちょっと興奮しております。
加古さん: そうですか(笑)。
吾妻アナ: トレードマークで、ずっとかぶっていらっしゃいますよね。最初にかぶろうと思ったきっかけは何かあったんですか?
加古さん: テレビ番組の収録の仕事でアフリカに行ったんです。その時に演出の方から「日射病になるので、必ず帽子をかぶってください。」 と言われて、それがきっかけです。
吾妻アナ: その後は日ざしがなくても、加古さんのスタイルとしてかぶっていらっしゃる?
加古さん: そのことがあってからしばらくしてからですけど。僕は帽子が大嫌いだったんです。「似合わないから嫌だ」と思っていたんですけど、どうしても必要だったので、ある方に作ってもらったんです。「誰にでも似合う帽子があるんですよ」とその方がおっしゃって、僕に似合うように作ってくれて、それが気に入って。「ステージでかぶってみるとおもしろいかもしれない」と言う人がいて、それからです。
吾妻アナ: “お帽子姿=加古さん”というのはぴったりつながります。アフリカの日ざしがきっかけだったというのは初めて知りました。それでトレードマークがパッと出来たというのはすばらしいな、羨ましいなと思います。
加古さん: 偶然のことでしたね。

1947年大阪府出身。東京藝術大学・大学院作曲研究室修了後、フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立高等音楽院にて現代音楽の巨匠とも称されるオリヴィエ・メシアンに師事し、アカデミックな作曲家としての道を目指していたが、1973年パリでフリージャズ・ピアニストとしてデビュー。
帰国後はピアノ・ソロ曲からオーケストラ作品まで幅広い分野の作品、映画音楽、ドキュメント映像の作曲も数多く、自身が演奏した60以上のアルバムを発表している。代表作に、パウル・クレーの絵の印象から作曲したピアノ組曲「クレー」、NHKスペシャル「映像の世紀」のテーマ曲「パリは燃えているか」がある。

映像の世紀バタフライエフェクト

総合 毎週月曜 午後10時ほか

トレーダーエキスパートをサーチいたします
吾妻アナ: 何度聞いてもぎゅーっと心がつかまれるというか…。20世紀、激動の世界中の映像が頭に思い浮かんで。ざわざわする、それでいてずっと聞いていたい、という不思議な曲だなと、初めて聞いた時から何度聞いても同じような感覚になるんです。
加古さん: 大変、ありがたいことだと思います。僕自身が計算してそういうふうに作れたわけではないと思うんですけれども。
吾妻アナ: 27年前、1995年に番組が始まっていますから、作ったのはそれよりちょっと前になるんですか?
加古さん: 前の年の年の瀬でしたね。最初にプロデューサーの方から、「“100年という歴史の大きなうねり”トレーダーエキスパートをサーチいたします を表現してほしい」と、それがまず1つ。もう1つは「この番組はゴールデンタイムに放送するんです」とおっしゃって、僕は意味が分からなかったんです。何のことかなと思ったら、「出だしから記憶に残る、心をつかむようなメロディーが欲しい」と。言うのはたやすくて、見つけるのはなかなか大変ですけれども…。この2つを聞いて、僕なりに、“『アラビアのロレンス』のような、大きな歴史ロマンの映画の音楽”、そんなことをイメージすればいいのかなと考えて、曲探しをしました。
吾妻アナ: ゴールデンタイム、視聴者の方が1番テレビをご覧になる時間帯で、しかも民放も含め各局がすごく力を入れている番組が放送されている時間帯なので、とにかく最初にぐっと曲で(視聴者の心を)つかんでもらいたいというプロデューサーの気持ちも分かりますが。
この曲は27年前から『映像の世紀』のテーマ曲として、いろいろとバージョンを変えながら脈々と放送が続いている。ずっと流れ続けているってすごい曲ですよね。
加古さん: 本当に幸せな曲だと僕は思っています。
吾妻アナ: 作る時もプロデューサーの意向に合わせて100曲以上作った中からの1曲だという話だったり、制作に3か月以上かかったりという話を伺いました。生み出すにはそれだけパワーが必要だったんですね。
加古さん: 曲を作るというのは、精神的なパワー、要するに心の中の火を燃やさないとだめなので、それにはやっぱりエネルギーがいります。運動するパワーとは違うんですけれども。
100曲というのは、番組のディレクターの方が冗談で言ったらしいんですよ。「100曲書いてくれ」って。僕は真面目な性格だから本当に100曲書いたんです。そうしたら驚いちゃって、そういうふうに言っておけば10曲ぐらいは書いてくれるかなくらいに思って言ったんだけど(笑)、本当に書かれちゃったから、これは全部使わないとだめだから大変な思いをされたみたいですよ。とても見事に使ってくれました。
吾妻アナ: この曲は『映像の世紀』という番組のテーマで作られたとのことですが、どんな映像に合わせた曲なのかというのは分かっていたんですか?
加古さん: いえ。(作曲時に)第1作の編集くらいまでは進んでいましたけれど、映像として具体的には見ることはできませんでした。ただコンセプトというか、どういうシーンがくるか、例えば第一次世界大戦の映像、第二次世界大戦の広島や長崎の映像もくるだろう、そういうことは想像がつくわけです。ですからいろいろなシーンを想像しながら、こういうタッチのものが、こういうところにふさわしい、というようなことを思いながら、曲探しをしました。
吾妻アナ: 番組のタイトルに“トレーダーエキスパートをサーチいたします 世紀”ですから、100年間。平和よりも争いの方が多かろうと、そういうイメージはありましたか?
加古さん: いえ、僕が作曲に取りかかった時は、あまりそんなことは考えていませんでした。とにかく「20世紀を、いろいろな映像で見ていただくんだ」というふうに思っていたのですが、実際の放送が始まって進むにつれて、本当に“戦争の世紀”だったんだという事を、強く思うようになりました。
吾妻アナ: この「パリは燃えているか」というタイトルは、どの時点で決まったんですか?
加古さん: 最初の放送を見てからか…前後だと思うんですが…。このタイトルを思いついたのはもうすでに“戦争の世紀”であったということを深く自覚してからなんです。“パリ”という言葉は、僕は若い時に長くそこにいたのですが、都市には人間が生み出した豊かな生活とか、文化、文明が集約され、象徴されている本当に美しい町で、人間のすばらしい面を表しています。“燃えているか”という言葉は、やはり破壊・戦争のイメージで。このことが愚かなことだと全世界のみんなが理性で分かっているのに繰り返しているという、その人間の2面性を表すのにふさわしい言葉だし、この曲とイメージとしても合っていると感じたんです。

“走る哲学者”と呼ばれた為末大さん アスリートとして、哲学者としてお答えします。

為末大さんは電車の運転見合わせのため、7キロの道のりを自転車で駆けつけてくださいました。

ポータブルエアコン「EcoFlow Wave」の完成度が高すぎる! パワーだけじゃない真夏のキャンプにも推せる理由

検索

デザイン製も高いEcoFlow Waveはキャンプ場でも目立つこと間違いなし

本体操作はシンプルで、すぐに把握することができる。近くにいなくても残り稼働時間がアプリでわかるのも便利

価格は本体のみで16万9400円、専用バッテリパックセットが27万5000円。
その他、同社ポータブル電源であるDELTA Maxセットが41万1400円、
DELTA Proセットが56万8700円

本体重量はスペック表通り、実測でも17.5kg

室内エアコンと同等、さらに8時間稼働と性能で右に出るものなし

パワフルさと稼働時間を両立した電源企業ならではの設計

多くの給電方法に対応している点も使いやすい、車両用充電ケーブルは付属

対応したポータブル電源の利用で効率が通常電源より28%アップ

接続に専用ケーブルを使うことでエアコンとバッテリが通信し、電力マネジメントをしているようだ

とにかく大風量! 外でも使えるエアコンに

他社のポータブルエアコンとの決定的な違いをもう一つ挙げるとすればそれは「風量」だ。計測したところ、吹き出し口付近の風速が6.9m/s、1mほど離れても2.8m/sと、これだけ見ると以前レビューしたZero Breeze Mark2も負けてはいない。ただ、圧倒的なのが、吹き出す風の面積だ。1mくらいの距離で2.トレーダーエキスパートをサーチいたします 5人分程度を賄える風面積も考慮すると、その差は歴然。電源を入れた瞬間に「これは冷えそうだ」と感じられるほどだった。

Zero Breeze Mark2は携帯性が高いものの、屋外での使用には風量が足りない

吹き出し口からの風温度もかなり正確に計測、表示されていた

大きさを考えると寝る時だけ吹き出し口にホースをつけてテント内を冷やすのが良いかもしれない

ドレン排水の心配もなし、実用性は完璧といえるレベル

Waveでは排水の心配が基本要らないというところも実用度を底上げしている。湿度が高すぎる場合を除き、基本的に凝結水は自動蒸発するため、保守作業や日常のメンテナンスも軽減してくれる。地味な部分だが、Zero Breeze Mark2を使っているとき、屋外でも案外この水に悩まされていたのでこの仕様はうれしい。

アプリの反応速度もよく、非常に使いやすい

気温と傾斜には注意が必要だが、実用度MAXのポータブルエアコン

木村ヒデノリ
ROSETTA株式会社CEO/Art Director、スマートホームbento(ベントー)ブランドディレクター、IoTエバンジェリスト。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる