バイナリーオプション

投資スタイル別のおすすめも

投資スタイル別のおすすめも
相場を気にしない売買とは「 定期的に購入する積立投資 」のことです。

【株式投資】投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説

短期投資は最短で数分程度、長くとも数週間程度のペースで、頻繁に取引(トレード)する株式投資スタイルです。常に相場を確認し、多少の値動きを見逃さずに取引する必要があるため、時間のある方や株式投資上級者向けの投資スタイルです。短期投資は、1日で取引を完結する「デイトレード」と、数日から数週間かけて取引する「スイングトレード」に分類されます。素早く判断を下すことができる人や、投資活動に多くの時間を割くことができる方におすすめできる投資スタイルです。
ちなみにFX(Foreign Exchange:外国為替取引)では、特別な場合を除いてほとんどが数分〜数時間、数日の短期で取引されます。

デイトレード|数分~数時間程度

スイングトレード|数日~数週間

短期投資のメリット

短期投資は、資金効率がよく、少ない投資で多くの利益を得る可能性がある投資スタイルです。1つの取引で損をしても、また別の取引で持ち直すこともできます。 取引は短期で完結するため、いち早く売買の結果を出したいという方には最適かもしれません。
また、企業の業績や経済状況の影響を受けにくい投資スタイルでもあります。企業を細かく分析する手法は面倒だ、と感じる方におすすめできる投資スタイルです。

短期投資のデメリット

短期投資で得られる利益は少額であるため、多くの利益を得るためには何度も取引を繰り返す必要があります。そのため、取引手数料もかさみます。
そして、初期投資が少ないと何度取引を繰り返しても資金が増えません。まとまった利益のためには、まとまった初期投資が必要です。
また、取引所が閉まっても常に株価チャートやニュースをチェックする必要があります。 市場にとってサプライズとなる情報が不意に出たとき、株価は短期的に大きく変動します。 しばしば「短期投資ならチャートだけに注目していれば良い」と思い込む人がいますが、 短期投資ではこのような急変動の影響を大きく受けるため、チャートだけでなくさまざまな新情報やニュースにも注目していなければいけません。さらに、長期投資よりリスクの高い手法でもありますから、損失を出したときに割り切れる心持ちも大切です。
そのため、 ある程度投資に慣れた人で、かつ投資へ多くの時間を割ける人でなければ難しい投資スタイルでしょう。

【あわせて読みたい】
株式投資のテクニカル分析とは?初心者にもわかりやすく基本を解説!

ファンダメンタルズ分析とは|長期投資向け

テクニカル分析とは|短期投資向け

中期投資のメリット

中期投資のデメリット

長期投資のメリット

長期投資は、短期的な株価の変動に影響を受けづらい投資スタイルです。株価の細かな浮き沈みに一喜一憂することがないため、精神的にも安定して投資できます。一度投資先を選べばあとは手間もかからないため、時間がない人でもチャレンジしやすい投資スタイルです。取引回数も少なく済むため、取引手数料のようなコストも抑えることができます。また、企業からの配当や、株主に対する特別サービス「株主優待」も享受できます。
また積立投資を長期的に行う(月に1回など)ことで、1回でまとめて投資して保有するよりも、株や投資信託の取得単価の削減を期待できます。これを「ドル・コスト平均法」と呼びます。特に、投資信託で長期・積立投資を 行え ば銘柄や資産の分散効果も期待でき、「長期・分散・積立」という投資の3原則を実践できます。詳しくは、投資信託に関連する記事を参照してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる