オンライントレード

エリオット波動理論

エリオット波動理論
しかし、僕自身も深く知っているわけでもなく、 重要だと思う部分だけ をトレードに活かしているので、そこまで難しく考えなくて大丈夫です。

「elliott waves theory」を日本語に翻訳する

There is no other trading theory that uses the time element like the Elliott Waves theory does, and this is important when making a forecast.

Even though all those rules make the theory look like a complicated one (which, to some extent, it エリオット波動理論 is), Elliott Waves theory is one of the most powerful, if not the most powerful, trading theory that exists.

Complex corrections are of multiple types, though, and these types are given by the retracement level the intervening wave reaches.In other words, the 61.8% level is decisive for the analytical thinking that should be used エリオット波動理論 with Elliott Waves theory.

Fibonacci Expansion Tool & Elliot Waves Theory - Guide for エリオット波動理論 Forex Traders Using the Fibonacci Expansion Tool EfficientlyThe whole of Elliott Waves theory is based on Fibonacci levels and sequences, and エリオット波動理論 it is not possible to count waves or to trade with Elliott if no Fibonacci levels are involved.

One may have an idea regarding a specific price target, but if that idea is not エリオット波動理論 backed up by a time horizon, the whole forecast is useless.The articles in this project dedicated to Elliott Waves theory offer clear guidance for counting waves and reaching profitable trade set-ups.

This extension can エリオット波動理論 be effectively calculated with this Fibonacci Expansion tool, which offers both a target for エリオット波動理論 エリオット波動理論 the opening trades, and the correct labelling.Fibonacci Time Zones is also widely used with Elliott Waves theory, as this trading theory is one of the few that エリオット波動理論 allows a trader to incorporate the time エリオット波動理論 element into any price forecast.

In a zigzag, the c-wave is always an impulsive wave, and this makes it a wave many traders want to be in.Expansion Levels to ConsiderIn order of their エリオット波動理論 エリオット波動理論 importance, the following are the expansion levels to be considered when trading with Elliott Waves theory:The 161.8% level - This is the defining level that gives the extension in an impulsive wave, but エリオット波動理論 エリオット波動理論 it has applications in corrective waves as well.

However, it represents a must-have in order to reap all the benefits the Elliott Waves theory can offer.These three Fibonacci trading tools are the only ones that are used together with the Elliott waves theory, and are also offered by エリオット波動理論 the MetaTrader 4 trading platform.

In Elliott エリオット波動理論 Waves theory, the Fibonacci Retracement tool has great application when interpreting the second and エリオット波動理論 the fourth waves in an impulsive wave, as well as the overall a-b-c corrective エリオット波動理論 structure that follows a five-wave impulsive move.エリオット波動理論 Fibonacci Expansion is another technical analysis tool used in close relation with Elliott Waves theory because, as mentioned in the previous articles dedicate to this trading theory, in a five-wave structure, at least one wave needs to be extended.

According to Elliott Waves theory, for every market action one should expect a reaction; or for エリオット波動理論 every move the market makes, a correction should come.

Both categories are used in the correct interpretation and count with Elliott Waves theory, but their application is a bit different.The Most Important Retracement LevelsAs retracement levels are more popular, it is only normal to start with them.

This is a flat that is quite rare, despite the fact that many Forex traders エリオット波動理論 consider such a c-wave stretches more than 138.2% beyond the end of the エリオット波動理論 a-wave, and, as was the case with the previous categories, it signals a consolidation on a larger degree.Knowing what type of flat the market is forming is vital for the overall interpretation of エリオット波動理論 Elliott Waves theory.

『エリオット波動理論』が多くの投資家を惹き付けてやまないのはなぜか?

『エリオット波動理論』が多くの投資家を惹き付けてやまないのはなぜか?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 エリオット波動理論 5 位

賛否両論!『エリオット波動理論』

エリオット波動理論が生まれたのは90年以上前(戦前)です。ところが一世紀近く経った現代でも、いまだ賛否両論ある投資理論としてよく話題になりますよね。FX情報商材の中にもエリオット波動理論を取り入れたものが多く存在します。

”市場だけでなく人間行動や宇宙の法則だって俺の「波動理論」で説明できるぜ!”

1938年8月、Ralph Nelson Elliott(ラルフ・N・エリオット 1871~1948 米国)は、彼の3番めの著書(論文)である『The Wave Principle』の中でエリオット波動理論の骨子を提唱しました。

その後、エリオットは自身の理論を拡張させて、すべての集団的人間行動に適用しようと試みました。最終的には宇宙の法則をも、エリオット理論で説明できると考えるに至ったわけです。なんとも壮大ですね。

ただ、この晩年の主張が、エリオット波動理論の信ぴょう性を毀損したことは言うまでもありません。エリオット理論によって集団の行動や宇宙までも説明できるとの主張が、あまりにもトンデモ理論だったからです。

海外ではエリオット波動理論信者を「Elliotticians」と呼ぶ

海外では、エリオット波動理論を信奉するアナリストやトレーダーを、ひと括りにして Elliotticians と呼んでいます。

「Elliott」に「 ian 」という形容詞(〜する人)を加えて、”エリオット波動理論実践者”とか”エリオット波動理論信者”という意味をもたせています。

  • Music(ミュージック)→Music ian エリオット波動理論 (ミュージシャン)
  • Technique(テクニック)→Technic ian (テクニシャン)
  • Comedy(コメディ)→Comed ian (コメディアン)

Elliotticians は造語ですが、呼び方は「エリオティシャンズ(複数形)」ですかね…。

Elliotticians というフレーズをエリオット波動理論が自ら使うときは仲間意識そして自尊心の現れによるものであり、エリオット波動論否定派が使うときは、波動理論信者を軽蔑するとき(あいつらは Elliotticians だからね…など)に用いられたりするわけです。

海外でエリオット波動理論はどのように評価されているか?

Elliotticians という造語の存在からわかると思いますが、一定の熱烈な信奉者が存在しています。その一方で、彼らをカテゴライズして奇異の目で見る人々も数多く存在している。つまり日本とそれほど変わりない状況なのですね。完全に二分しています。

一方、エリオット波動理論をたんなる机上理論である(=使えない)と判断しているトレーダーたちは、トンデモ理論を信じる彼らと一定の距離を置き、交わろうとしない。いわば水と油状態なのですね。分断されていると言えます。双方によるまともな議論がほとんど存在しないのです。

  • I’ve been told if you ask 10 Elliotticians about the future, you’ll get 10 different answers.(10人の エリオティシャン に未来について尋ねると、10通りの答えが返ってくるってよ 笑)
  • Five different Elliotticians may have 5 different interpretations of the エリオット波動理論 market’s current whereabouts and next move. (5人の異なる エリオット波動理論 エリオティシャン は、マーケットの現状とその未来について5つの異なる解釈を持つ場合があるんだぜ)
  • 10 Elliotticians will produce much more than 20 variations.(10人の エリオティシャン は、20以上のバリエーションを生み出すってよ!)

エリオット波動理論は、いかようにも都合よく解釈できる”こじつけ理論・後付け理論”であるとの主張ですね。

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

エリオット波動理論の何が人を惹き付けるのか?

1.神秘性&ロマン

一つは、エリオット波動理論の神秘性です。万物を説明できる理論として構築されたエリオット波動理論。マーケットだけでなく市場を形成する人間の集団心理、はては宇宙の法則までもがエリオット波動理論で説明できる…という壮大さに惹かれるのではないでしょうか。

マーケットの不可解な動きを万物の法則によって解き明かすことができるのではないか?というところにロマンを感じる人が少なくないような気がします。

2.優位性(の錯覚)

もう一つは、エリオット波動理論の解釈の多さによる優位性の錯覚です。エリオット波動理論には上昇5波下降3波だけではありません。それ以外にも数多くの枝分かれしたロジックが存在します。

  1. ダイアゴナル・トライアングル
  2. エンディング・ダイアゴナル・トライアングル
  3. リーディング・ダイアゴナル・トライアングル
  4. シングルジグザグ
  5. ダブルジグザグ
  6. トリプルジグザグ
  7. レギュラーなフラット
  8. 拡大型フラット
  9. ランニングフラット
  10. 対称型トライアングル
  11. 上昇型トライアングル
  12. 下降型トライアングル
  13. 逆対称型トライアングル

1〜3が「上昇・下降波」の派生パターン、そして、4〜13が「調整波」の派生パターンです。ここまでくると、相場をいかようにも後解釈できるのですね。結果、エリオット波動理論が機能していると(優位性があると)錯覚しやすいのではないかと考えます。

3.ある種の優越感

言い過ぎかもしれませんが、エリオット波動理論信者たちは他の投資家が知らないor気付いていない法則(原理)を自分たちだけが知っている(理解している)…というある種の優越感を持っているのではいでしょうか?

目に見えない不思議な法則が機能するところを目の当たりにしたとき、人はその存在を認め頼ろうとする…スピリチュアルビジネスにも通ずるところがありますね。

4.マーケットの不確実性

そして最大の原因は、マーケットの不確実性にあると考えています。エリオット波動理論が機能した(ように見える)相場もあるし、そうでない相場もある…つまり正解がないということです。相場に絶対的な正解がないからこそ、あらゆる理論が同時に存在し続けられるのですね。もしも相場に絶対的な正解があるならば、それを解き明かす理論は1つのはずです。まあエリオット波動理論に限らず、すべての理論に言えることですが…

特定の理論に傾倒しすぎずに、相場をフラットに見る目を養おう

もう少し、相場をフラットに眺められるようになれば、トレードはもっとシンプルになると思うのですが、どうなのでしょうね。特定の理論に傾倒しすぎることなく、市場にときおり現れるわずかな歪みが作り出する優位性をサクッと刈り取る。そのためにどんな準備をすれば良いのかを徹底的に考え続けることが大切であると考えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる