取引戦略

レジスタンスライン

レジスタンスライン
鈴木拓也

フィボナッチ速度/レジスタンスファンドローイングオブジェクト

速度/レジスタンスファンとは、トレンドの サポート および レジスタンス とトレンド修正が上昇または下落する価格レベルの識別に使用する分析ドローイングツールです。速度/レジスタンスファンは、速度レジスタンスラインが上(時間を表す)および下(価格を表す)に描画される基準トレンドラインで構成されます。これらの速度ラインは、基準トレンドラインの開始ポイントと終了ポイント間の距離の時間/価格パーセントに基づき描画されます。

分析に使用される最も一般的な速度ラインパーセントは 1/3 と 2/3 です。ただし、多くのアナリストは、33%、50%、66% の一般的な パーセントリトレースメント 数値とフィボナッチ数値シリーズに基づくパーセントを使用します。

オブジェクトコンポーネント (オブジェクトを選択するとオブジェクト上に小さな四角形が現れます) の ショートカット メニューを使用して、色、スタイル、線の太さ、オブジェクト固有の設定などを変更することもできます。

フィボナッチ速度/レジスタンスファンオブジェクトのドローイング

  1. チャート分析ウインドウをアクティブにします。
  2. ドローイングツールバーの [ドローイング] メニューから、 [フィボナッチ速度/レジスタンスファン] アイコンを選択します。マウスが速度/レジスタンスファンの形状に変わります。
  3. 速度/レジスタンスファンの起点を固定する場所をクリックします。
  4. レジスタンスライン
  5. マウスを上下左右に動かして価格エクステンションラインの位置を決めて、再度クリックします。
  6. 任意設定: [ドローイング] > [スナップモード] をクリックして、ドローイングオブジェクトが交差する最初と最後の足の始値、高値、安値、または終値までドローイングオブジェクトを「スナップ」します。詳細については、 「スナップモード」を参照してください。

フィボナッチ速度/レジスタンスファンオブジェクトの移動

  1. フィボナッチ速度/レジスタンスファンオブジェクトを含む [チャート分析] ウインドウをアクティブにして、オブジェクトを選択します(オブジェクトを選択するとオブジェクト上に小さな四角形が現れます)。
  2. トレンドラインのいずれかの端をドラッグしてトレンドラインを延長または短縮するか、またはこのトレンドラインに基づき基準トレンドラインおよびアークの傾斜を変更します。基準トレンドラインの両端の四角形を除く、速度/レジスタンスファンの任意の部分をドラッグすると、基準トレンドラインの属性を変更しないで、速度/レジスタンスファンを水平および垂直に移動できます。これにより、このトレンドラインに基づく基準トレンドラインまたはファンラインの傾斜を変更しないで、速度/レジスタンスファンの位置を変更することができます。
  3. 任意設定: [ドローイング] > [スナップモード] をクリックして、ドローイングオブジェクトが交差する最初と最後の足の始値、高値、安値、または終値までドローイングオブジェクトを「スナップ」します。

フィボナッチ速度/レジスタンスファン設定の設定

  1. フィボナッチ速度/レジスタンスファンオブジェクトが含まれるチャート分析ウインドウをアクティブにします。
  2. 任意の速度/レジスタンスファンオブジェクトのラインを右クリックします。ショートカットメニューから レジスタンスライン [速度/レジスタンスファンの設定] を選択します。

  1. [設定] タブをクリックします。
  2. 速度/レジスタンスファンは基準トレンドラインに基づいています。この基準トレンドラインを表示する場合は、[トレンドライン] チェックボックスを選択します。このチェックボックスをオフにすると、チャート上にトレンドラインが表示されます。
  3. [グリッド] チェックボックスを選択し、基準トレンドラインの回りに四角形を、[価格を分割] オプションに基づきファンラインが基準トレンドラインと交差するポイントに水平線を、[時間を分割] オプションに基づきファンラインが基準トレンドラインと交差するポイントに垂直ラインを引きます。
  4. [パーセント] でチェックボックスを選択し、対応するボックスに値を入力します(例えば、.5 は 50%、.6 は60%、.7 は 70%、など)。このパーセントによって、ファンラインが基準トレンドラインと交差するポイントが決まります。例えば、[価格を分割] を選択すると 40% (.40) のポイントに引いたファンラインは最高値の 40% のポイントで基準トレンドラインと交差し、[時間を分割] を選択すると、最長時間の 40% のポイントで交差します。

トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

テクニカル指標・チャート分析

チャートで高値と高値、もしくは安値と安値を結んだ線のことを、トレンドラインといいます。

チャートにトレンドラインを引く理由

トレンドラインを引くことによって、現在どのように推移しているのかを一目で判断することができ、 右肩上がりなら上昇トレンド 、 右肩下がりなら下降トレンド 、 上下の狭い範囲で水平ラインが引けるならレンジ相場 となります。

トレンドラインは2つある

複数の安値と安値を結んだ線のことを、サポートラインと呼びます。
反対に、複数高値と高値を結んだ線のことを、レジスタンスラインと呼びます。

サポートラインの見方

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

サポートラインの売買サイン

押し目買いと戻り売りを解説!

押し目買い

押し目形成後の水平ブレイクアウト

押し目形成後の水平ブレイクアウト

「グランビル8つの法則」の見方・使い方を図解入りで解説!

レジスタンスラインの見方

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

レジスタンスラインの売買サイン

戻り売り

トレンドラインの引き方は接点と足種がポイント

まずはチャートで 「複数の高値」 または 「複数の安値」 を結ぶ線を引いてみましょう。

つまり、 トレンドラインを引くときの足種は、日足など時間軸が長くなるほど、その分信頼性も高くなる ので、最初のうちは日足あたりから始めてみるといいでしょう。

ヒゲをトレンドラインに収めるべき理由

  1. まず前提としてトレンドラインを引くとき、上昇トレンド時なら意味ある安値同士(下降トレンド時なら、意味ある高値同士)を結ぶ必要がある。
    「意味ある〜」とは❷、❹の条件を満たす安値を指す。
  2. サポートラインを下回る安値があってはならない。
    (※安値はラインに被ってはいけない。下回った安値があれば、意味のない安値を結んだことになる。)
  3. 描画したサポートラインを下回る安値がこの先出現したら、その時点で描画したサポートラインの役目は終わり、それと同時に下降トレンドに転じたかを見極めていく必要がある。
    もし反転上昇したら、新しいサポートラインを探し出す。
  4. サポートラインは、レートが過去の高値(山のピーク)を上方ブレイクした時点で描画できる。

そして トレンドラインというのは、一度でも突破されたら、それまでのトレンドラインとして機能しなくなるため、トレンドラインと呼べないルール です。
(※これは日本テクニカルアナリスト協会の会員なら知っているお話です。)

そのため トレンドラインが突破されたら、新たにトレンドラインを再描画する必要がある ということです。

トレンドラインを引くときの注意点

いかに トレンドラインの信頼性を上げるかに注目するなら、ドルストレートで流動性が高い通貨ペアを選ぶことが重要 となります。

初心者の通貨ペア選び|テクニカル分析の効きと流動性の深い関係

初心者におすすめな通貨ペアは?通貨ペアごとの特徴・選び方を解説!

ライン分析は他にも色々ある

チャートの縦軸とローソク足に注目! トレンドラインより水平線が重要な1つの理由

保ち合いのチャートパターンを一覧で解説!

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX会社

外為オンライン|新規取引口座開設でキャッシュバック最大150,000円

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて分析ができます。
またリピート系自動売買 「iサイクル2取引」 によって、手間をかけずに運用も可能です。

株のサポートライン、レジスタンスラインの引き方!機能から徹底解説!

ここからは実際のチャートを用いて、サポートライン、レジスタンスラインの引き方を紹介します。

サポートライン、レジスタンスラインはどの証券会社アプリでも引くことができますが、僕も愛用している SBI証券アプリが便利 です。

SBI証券アプリでは自動的にサポートライン、レジスタンスラインの候補を出してくれるので、初心者でも簡単に線を引くことができます。(磁石マークのアイコンをセット)

サポートラインはレジスタンスラインになりえ、レジスタンラインはサポートラインになりえる

メドピアのチャートの転換点

  1. 下落のサポートライン
  2. 上値のレジスタンスライン
  3. サポートラインとならずに割り、大きく下落
  4. レジスタンスライン
  5. 上値のレジスタンスラインを超え、急上昇
  6. 上値のレジスタンスラインを超えられず下落
  7. レジスタンスラインを突破し、大きく上昇

一方で、⑥ではレジスタンスラインを突破したことにより、「新高値」を取りその後株価は2,000円まで上昇しました!

レジスタンスラインを突破して、 わずか2週間弱で約20%の利益 を手にするチャンスであったと考えると、いかに 「レジスタンスライン突破」+「新高値」 が強い手法であるかわかりますね!

株のサポートライン、レジスタンスラインの引き方のまとめ

本記事では「株のサポートライン、レジスタンスラインの引き方」について書きました。

上値目途、下落目途になることはもちろんですが、株取引で利益を出す目線で行くと、サポートライン割れ、レジスタンスライン突破を狙うことが重要です。

特に、 「新高値」+「レジスタンスライン突破」 は比較的短期間で利益を出せる可能性があるため、ぜひマスターできるようにしてください!

【圧倒的に稼ぐ!】水平線の正しい引き方とFXトレード手法を解説

鈴木拓也

鈴木拓也

水平線の引き方について動画で学ぶ

  • 水平線の特徴
  • ブレイク後の水平線の機能逆転
  • 水平線を使ったトレード手法

水平線の特徴

水平線とは安値と安値、または高値と高値を水平に結んで引ける線のことです。

水平線の2つの種類:レジスタンスラインとサポートライン

現在レートよりも下に引ける安値と安値を結んだ水平線がサポートライン(支持線)、上に引ける高値と高値を結んだ水平線がレジスタンスライン(抵抗線)です。

  • サポートライン:安値と安値を結んだ現在レートよりも下の線
  • レジスタンスライン:高値と高値を結んだ現在レートよりも上の線

これらの水平線が引けると、 次にレートがその水平線に達した時に反転すると予想できます。

レジスタンスとサポートの役割逆転

一度水平線がブレイクされると、今後は機能が逆転するという特徴があります。

例えば、下図の左側のように、一度レジスタンスラインがブレイクされると、今後はその レジスタンスラインがサポートラインとしての役割を持つ ようになり、レートの下落を下支える支持線の機能を持ちます。

また、右側のように一度サポートラインをブレイクすると、 サポートラインがレジスタンスラインとしての役割を持ち 、レートの上値を抑える抵抗線として機能します。

水平線の重要度は反転回数と時間足で決まる

その中から、 重要度が高い水平線と重要度が低い水平線を見極め、重要度が高い水平線だけを選んでトレードに使うことで、勝率を一気にアップさせることができる のです。

  • 反転回数が多い水平線ほど重要度が高い
  • 上位足で引ける水平線ほど重要度が高い

例えば、2回しか反転していない水平線と、5回反転している水平線とでは、5回の方が重要な水平線となります。

つまり、今後も反転する可能性が高いですし、仮にブレイクしたとすると、レジサポ転換で再び機能する可能性が高い水平線と認識できます。

また、4時間足で引ける水平線と、5分足で引ける水平線とでは、4時間足の水平線の方がよりたくさんの投資家の意識が集まっているため重要度が高いです。

水平線が機能する大衆心理とは?

水平線に限らず、テクニカル分析のシグナルが機能する理由としては、「 世界中のトレーダーが同じものを見ているため 」という本質的な背景があります。

水平線も同様に、そのライン上で何度も反転していれば、他のトレーダーが「水平線に近づいたら買いを入れよう」と思い、何人も同じような考えのトレーダーがいれば、実際にレートはその水平線付近で反発するのです。

それは、それまで買っていた投資家が損失を抱えてしまうことになりますので、 彼らの損切り注文、加えて新規で売りを仕掛けるトレーダーも参入し、一気にレートが下に急落 します。

これがいわゆる、「水平線のブレイクアウト」と呼ばれるものです。

水平線の正しい引き方

水平線の引き方で注意したいのが、「ローソク足のひげも考慮して引く」ことです。

なぜなら、海外のトレーダーはローソク足以外のバーチャートなどを使っている人も多く、その足の最高値と最安値に注目して線を引くからです。

また、水平線が機能する理由は、世界中のトレーダーが同じ線を引いているからと上記で説明しましたが、ヒゲを考慮しないと、 他の投資家と異なるラインを引いている ことになってしまい全く機能しないかもしれません。

最後に、もう1点注意点ですが、水平線を引く時は、アバウトに考えましょう。

  • ひげも考慮して水平線を引く
  • 他の投資家も注目していそうなラインを見つける
  • 数pipsの誤差は仕方ないのでアバウト(少し大雑把)に引く

鈴木拓也

鈴木拓也

水平線を使ったトレード手法

水平線を用いたトレード(理論編)

基本的な戦略としては、 水平線の反発を狙ったエントリーと、水平線のブレイクを確認してのエントリー です。

例えば、ブレイクでエントリーした後に、 (a)すぐに反発し、下落のシグナルはダマしになる可能性 もあります。

加えて、サポートラインをブレイクした瞬間に多くのトレーダーが売りを仕掛けますので 、 (b)しばらくして売ったトレーダーの利益確定の買いにより、元のサポートラインの水準まで戻るケース(リターンムーブ)もよく現れます。

水平線を使った初心者にオススメのトレード手法としては、最初のブレイクでトレード金額の全額を使うのではなく、半額くらいのロットでエントリーし、玉は残しておくのです。

また、リターンムーブの発生もよく起こるパターンなので、リターンムーブ後の第二波だけを狙って取引するのも手堅い手法の一つです。

水平線を用いたトレード(実践編)

まず、買いで入る場合には、レートが水平線に到達し、そこでレートが反発したのを確認してエントリーします。間違っても、水平線に達した瞬間にエントリーをしてはいけません。

そして、売りでのエントリーは、水平線を勢いよく下抜けた瞬間にエントリーをします。ただし、上記でも説明した通り、その後の戻り(リターンムーブ)が起こる可能性もあるので、ここでトレード金額の全額を注ぎ込んでエントリーをするのはややリスクが高いです。

サポートラインとレジスタンスライン

今回の場合、下の赤線がサポートライン、上の赤線がレジスタンスラインとなります。
今回の場合という意味ですが、例えばもしサポートされているラインを割り下方向に向かったとします。その後、戻りをつけようと上昇した際にサポートしていたラインが反対にレジスタンスとして機能することがあるから"今回の場合"という表現を用いています。レジスタンスラインとサポートラインが反転することをいわゆるレジサポ転換と言います。

ということは、 そのラインに達した際に反転する可能性がある ということになります。

  • サポートラインで買っていた人たち(逆張り勢)が損切りとして、売りに入ったため
  • サポートライン(レジスタンスライン)を割ると、上記のことが原因で大きく下がることが予想されるため、売りで入る人が多くなったため

もう一つ重要なことは、日足や4時間足のサポートライン、レジスタンスラインは強いが、1時間足や30分足のラインは比較的弱いことです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる